トリバゴ

トリバゴとは

・ トリバゴとは、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど、国内外の宿泊施設・プランを一度に比較、最安値の宿泊プランを検索できるウェブサービス、およびアプリのことである。2005年に設立され、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州のデュッセルドルフに本社(trivago GmbH)を置いている。

・ トリバゴは2007年にホテル料金を比較するサービスを開始し、2012年2月以降は、オンライン旅行会社のエクスペディアのグループ会社となっている。1カ所のキーワード入力で、複数の宿泊プラン検索サービスの検索結果を表示することが可能なので、瞬時に最安値の宿泊プランを探し出すことができる。このため、最安のホテルを探すのに、たくさんの検索サイトを見比べる手間が省けるのである。

・ 2017年3月現在、250社以上の宿泊施設予約サイト、約100万軒の宿泊施設が検索対象となっていて、サイトへの訪問者は年間約14億人と発表されている。地域別に特化した55(2017年3月現在)のトリバゴウェブサイトが運営されており、日本では東京・西新宿にtrivago Japanのオフィスがある。

テレビCMを重視

・ トリバゴは、Googleなどのウェブ広告に過度に依存するのは経営上危険であるという考えや、認知度の向上に効果的であるという理由から、ウェブ広告よりもテレビCMを重視している。本社のあるドイツ連邦共和国では2008年からCMを放映し始め、現在では世界中で、それぞれの地域に合わせたテレビCMが放映されている。

・ 日本では、外国人女性が流暢な日本語でトリバゴを紹介するCMがいくつかのパターンで放映されており、株式会社ビデオリサーチによる調査では、2017年1月1日~3日の間に関東地区でオンエアされたCMの「商品・サービス別CM本数」部門において、第3位であった。

トリバゴを利用することのメリット

・ トリバゴのトップページの検索スペースに行先を入力すると、「日付」や「部屋の種類」の画面とともに宿泊先の候補がいくつも表示される。「予算」「ホテルのランク」「ユーザー評価」「目的地の距離」など、100を超える条件が指定できるので、自分好みの宿泊先を簡単に見つけることができる。また、検索結果がすべて税込金額で表示されるため、宿泊施設の利用料金を比較しやすいという利点がある。

・ SNS上では、航空券やツアー料金なども含めた旅行全般の検索を取り扱う、国内企業「トラベルコ」と比較されることが多い。トラベルコは国内サイトの安心感と旅行全般を取り扱う便利さがあり、トリバゴにはホテル専門の細かい条件検索や最安値を提示できるというメリットがあるので、目的に合わせて使いわけるのがよいだろう。

(参考) Wikipedia|トリバゴ trivago Japan|トリバゴ 観光経済新聞社|お正月のCM本数でトリバゴが3位 ビデオリサーチ発表 株式会社オープンドア|トラベルコ

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら