詫びソースコード

「詫びソースコード」とは

・ 詫びソースコードとは、Android・iOS対応のゲームアプリケーション『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』内における不具合の原因をユーザーに説明するため、公式サイト上に掲載された、ゲームプログラムのソースコード。2017年11月15日頃に確認された同ゲームの不具合がインターネット上で深刻に問題視されていたところ、不具合の原因だったとされるソースコードが同16日に公開され、異例の対応だとして話題となった。その結果、「詫びソースコード」はTwitterのトレンドに入った。

・ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』のようないわゆるソーシャルゲームでは、不具合が発生した際、正常にプレイできなかったことへの補填としてユーザーにアイテムが配られることが珍しくない。2017年11月現在、Androidのアプリケーションとして売り上げ第2位の『Fate/Grand Order』では「聖晶石」、第3位の『グランブルーファンタジー』では「宝晶石」、第4位の『パズル&ドラゴンズ』では「魔法石」といった具合だ。不具合が発生したことへの「お詫び」として配布されるこれらのアイテムは、ユーザーから「詫び石」と呼ばれている。今回発生した『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の不具合に関しても、全ユーザーに対して「龍石」300個が配られると発表された。このように、不具合が発生すると「詫び石」の配布が行われることが一般化するなか、ソースコードが公開されるという異例の事態が起こったため、このソースコードは一部の人に「詫びソースコード」と呼ばれはじめた。

不具合および「詫びソースコード」の概要

・ 多くのソーシャルゲームには、主に課金によって入手できる上述の「石」のようなアイテムがあり、それらと引き換えに「ガシャ(ガチャ)」を回すことで、強いキャラクターやアイテムがランダムで手に入る。ゲームによっては、「ガシャ」で得られるキャラクター・アイテムごとの排出確率をユーザーに提示しているものの、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』ではその数値がユーザーごとに異なって表示されていることが発覚し、ゲーム運営側がユーザーごとに「ガシャ」の確率を操作しているのではという疑惑が持ち上がった。自身のゲームアカウント内で特定キャラクターの排出確率が0%になっていると主張するユーザーも現れたことから、不信感を表明するユーザーが続出し、「炎上」状態になっていた。

・ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』内「ガシャ」の排出確率についてインターネット上で問題となったことが影響し、運営元である株式会社アカツキの株価は11月15日に急落してストップ安となった。運営側は事態を重く見たと思われ、翌16日に不具合の背景を説明し、ソースコードの公開という異例の対応をとった。それによると、今回の不具合はあくまで「表示上の不具合」であり、実際の排出確率は全ユーザーで同じだったという。以下はその説明の一部である。

ユーザー様ごと、ないし同一ユーザー様での「出現キャラ一覧」及び「出現キャラ提供割合」表示タイミングにより、異なる内容が表示されてしまう不具合が発生しておりました。(中略) 「出現キャラ一覧」及び「出現キャラ提供割合」のキャラクター一覧を表示する際には、端末上にて主に以下の処理を行います。 ・キャラクターカードを識別するためのID番号 (以下、カードIDとする)のリストをサーバーから取得する ・カードIDリストを、キャラクター名称に変換して表示する この変換処理において、誤ったキャラクター名称に変換され、一覧の内容が破損しておりました。

(引用元:バンダイナムコエンターテインメント公式サイト|「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」一部ガシャの「出現キャラ一覧」及び「出現キャラ提供割合」表示に関する不具合につきまして

「詫びソースコード」をめぐる意見

・ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』内「ガシャ」の排出確率表示に関する問題は、ソーシャルゲームというジャンル全体の信用に関わるため、インターネット上で大きく注目された。「詫びソースコード」の公開という異例の対応もあり、「新しすぎ」「完全にプログラマ公開処刑案件」などと話題になった。

・ しかし、「詫びソースコード」については「ソースコードの公開までしたのは対応として十分」と評価する人もいた一方、「こんなもの、なんの証拠能力もない」「理解できるのなんてごく一部だろうし、そのコードが実際に使われているという保証はない」など、厳しい意見が多かった。また、「これからのwebサービスとかゲーム業界で不具合ある度、詫びソースコード公開の流れになったら怖い」と懸念する人もいた。

(参考) バンダイナムコエンターテインメント公式サイト|「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」一部ガシャの「出現キャラ一覧」及び「出現キャラ提供割合」表示に関する不具合につきまして ITmedia NEWS|ソシャゲ不具合の原因、ソースコード開示して説明 「詫びソースコードとは斬新」と話題に ITmedia ビジネスオンライン|「ドッカンバトル」ガチャ確率は「プログラムの誤り」 アカツキ、一転ストップ高 ITmedia ビジネスオンライン|「ドッカンバトル」ガチャ確率疑惑でアカツキがストップ安 Twitterトレンド速報|詫びソースコード Google Play|売上トップの Android アプリ ねとらぼ|「パズドラ」「モンスト」いまだに“確率表示なし”はセーフか ガチャ問題、4月1日から施行された「新ガイドライン」の影響は Twitter|詫びソースコード

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら