ワッパーの中立性

ワッパーの中立性とは

・ ワッパーの中立性(Whopper Neutrality)とは、ネット中立性の廃止による影響を説明する目的で米国のバーガーキングが行った社会実験。2018年1月24日、「ワッパーの中立性」をめぐってバーガーキングの店員と客がやりとりする動画が公開された。この動画は翌25日までに92万回以上再生され、「タイム」や「フォーチュン」といった大手メディアによって取り上げられた。ワッパーの中立性は日本でも話題になり、1月25日に「ネット中立性」がTwitterのトレンドに入った。

・ バーガーキングはワッパーの中立性を実施した理由として、「ネット中立性は米国でホットな話題だが、理解するのは非常に難しいことがある」ためだと述べた。ネット中立性の廃止が生活にどれだけ影響するか理解してもらうため、バーガーキングの看板商品であるハンバーガー「ワッパー」とインターネットを置き換えて説明したのだという。

動画「ワッパーの中立性」の流れ

・ 動画「ワッパーの中立性」の流れは以下の通り。まず、画面に「ごく最近、ネット中立性が“廃止”された」という文が現れる。そして若者が何人か登場するものの、誰もネット中立性とは何か説明できない。すると、「では、ワッパーを使って解説しましょう」とテロップが表示され、舞台はバーガーキングの店内に移る。

・ バーガーキングの店員が「1番の方」と客を呼び、注文された商品を渡す。そこに、ワッパーを注文した客たちが、自分の分はまだかと店員に詰め寄るが、店員はメニューを指し示し、ワッパーには3種類あると説明する。すなわち、「遅いMbpsのワッパー」(4.99ドル、約545円)、「速いMbpsのワッパー」、(12.99ドル、約1,418円)「かなり速いMbpsのワッパー」(25.99ドル、約2,835円)だ。なお、Mbpsとは1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位であり、この数値が大きいほど通信速度が速い。

・ 上記の説明を聞いた客たちは、戸惑ったり苦笑したりといった反応を見せる。彼らに対し、バーガーキングの店員は「当社は、チキンバーガーやフライドチキンを売るほうがもうかると考えているので、ワッパーへのアクセス速度を落としている」「ワッパーはもう用意できているが、まだ提供することを許されていない」と述べる。

・ 店員はワッパーを持ち、決められた提供時間まで時計を見ながら客を待たせる。いら立った客のなかには、店員の手からワッパーを奪おうとする人もいる。ある女性客は、店員からワッパーを受け取って立ち去っていく男性客に対し、「ワッパーに26ドルも払ったの?」と驚きながら声をかけ、店員は「彼の優先順位のほうが高い」と説明する。

・ そして客たちはバーガーキングの外で、カメラに対し「ワッパーの注文でネット中立性の重要さに気づかされるとは思わなかった」「ワッパーがネット中立性について教えてくれた。ばかばかしいが、それが真実だ」などの感想を述べる。最後に、「インターネットはワッパーのように、誰にでも平等であるべきだ」というメッセージが画面に表示され、ネット中立性の維持を訴えるオンライン署名のURLが紹介される。

ワッパーの中立性が訴えたネット中立性とは

・ ワッパーの中立性が訴えたネット中立性とは、インターネット上のコンテンツはすべて公正に扱われるべきだという考えのこと。政府独立機関である連邦通信委員会(FCC)は、民主党のバラク・オバマ政権下にあった2015年、ブロードバンド回線事業者がユーザーによる競合他社のコンテンツへのアクセスをブロックしたり、コンテンツの表示速度を不当に遅くしたりといった行為をとることを規制したため、ネット中立性が保たれていた。

・ しかし、2017年に共和党のトランプ氏が米大統領に就任すると、同氏はネット中立性に基づく規制に反対の立場をとっているアジット・パイ氏をFCCの新委員長に起用した。そして同年12月、FCC内で投票が行われ、3対2で規制の廃止が決定した。FCCは、ブロードバンド回線事業者に対する監督権限のほとんどを放棄したとのこと。

・ ネット中立性に基づく規制が廃止されたことにより、webサイトの運営者はブロードバンド回線事業者に特別料金を払わないと、webサイトをスムーズに表示してもらえないといった事態も起こりうる。そのためネット中立性の維持を訴える人は多く、GoogleやAmazonといった大企業もネット中立性の廃止に反対している。Googleは「大小のネット中立性支持者たちと、これからも活動を続ける」と声明を発表した。

(参考) YouTube|Burger King | Whopper Neutrality Study Hacker|ネット中立性 Twitterトレンド速報|ネット中立性 Bloomberg|FCC Votes to End Net Neutrality Rules Time|Burger King Whopper Ad Explains Net Neutrality Fortune|Burger King Just Made a Commercial About Net Neutrality...Using Whoppers?

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら