就活前にTOEIC®の点を上げたい! 1日1時間しか英語学習できないけど、どうする?

StudyHacker ENGLISH COMPANYを受講した西林真里さんと担当の辰巳トレーナー

「そろそろ就職活動が始まるな。TOEIC®の点は高いほうがいいけど、どうやったら上がるんだろう?」
「独学するにも、時間がつくれそうにないな……」

大学生のあなたは当てはまりそうですか?

西林真里さんも、就職活動に不安を抱えていました。TOEIC®の成績を上げたいとは思っていても、アルバイトを3つもしており、勉強時間を1日1時間しかとれなかったそうです。

そんな西林さんは、英語パーソナルトレーニングジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」の短期集中プログラムを始めることに。90日後、TOEIC®の点は600点から850点にまで上がっていました

西林真里さんのTOEICスコア

たったの90日、1日わずか1時間で成果を出せたのは、どうしてなのでしょうか? 西林さんご本人と、担当した辰巳トレーナーに聞いてみましょう。

助動詞・前置詞が聞き取れない……

——トレーニング開始時、西林さんの英語力はいかがでしたか?

辰巳トレーナー:大きな問題が、ふたつありました。ひとつはリスニングで、「大枠はつかめるけれど細かいことが全然入ってこない」状態でした。

西林さん:そうですね。「地図の話」や「食べ物の話」といったトピックはわかっても、内容はほとんどわかりませんでした。

辰巳トレーナー:「内容語」という、名詞や動詞などの目立つ言葉は聞き取れていました。でも、「機能語」と呼ばれる、助動詞や前置詞などが聞き取れていなかったんです。

だからこそ、「大枠はつかめるけれど細かいことが全然入ってこない」状態だったんですね。

機能語は、弱く曖昧に発音されることが多く、前後の単語とくっつくこともあるため、聞き取りにくいものです。音の聞き取りをトレーニングするには、聞き取った英語を書き取る「ディクテーション」を行ないます。

西林さんには、まず「音声変化」の知識を学んでもらい、それからディクテーションをしていきました。音声変化を自動化できるよう、シャドーイングも。

※音声変化:ネイティブが英語を話すとき、「省エネ」目的で発音を変えること
※シャドーイング:英語を聞き取りつつ、少し遅れて同じように発音するトレーニング
※自動化:意識しなくてもできるようになること

西林さん:「課題」の発見も、課題を解決する方法も、知らないことばかりでした。自分ひとりでは無理だったと思います。

StudyHacker ENGLISH COMPANYを受講した西林真里さん

「返り読み」のクセを直すトレーニング

——もうひとつの課題とは?

辰巳トレーナー:「返り読み」していたことです。西林さんが英文を読む様子を横から見たところ、視線がちょっと進んで戻る、戻っては止まる、ということを繰り返していました

少しずつ訳しながら読んでいたんです。日本語と英語では文構造が大きく異なるので、訳しながら読むと視線が戻り、時間がかかってしまいます。

西林さん:ひとつの文をきちんと訳さないと前に進めなかったので、読むのが遅くなってしまっていました。

辰巳トレーナー返り読みのクセを直すため、「チャンクリーディング」を行ないました。英文をチャンク(小さな意味のかたまり)に区切って、チャンクごとに処理していくトレーニングです。

StudyHacker ENGLISH COMPANYの辰巳トレーナー

ひとつのチャンクが小さくなってもいいので、必ず前から解釈していくことを意識していただきました。

西林さん:チャンクリーディングは初めてでしたが、やってみると、読むのがだんだん楽になりました。

辰巳トレーナー1か月くらい経ち、返り読みのクセを直すことができましたね。

——では、読むスピードがだいぶ速くなったのですね。

辰巳トレーナー:以前と比べれば、ずいぶん速くなりました。ただ、西林さんは大学生でしたから、ビジネスに関する内容をイメージしづらかったんです。

文章を読むときは、文中にない背景知識(スキーマ)を利用して理解を深めたり、高速化したりします。西林さんには、スキーマが不足していたんです。

スキーマを獲得するため、TOEIC®の問題などから、ビジネスに関連するものを集中的に扱いました

西林さん:おかげで、おぼろげながらビジネスの知識もついてきました(笑)。

——課題を解決したことで、TOEIC®の点が大きく上がったんですね。

辰巳トレーナー:それもありますが、就職活動でアピールできるスコアが必要だったため、特にTOEIC®を意識した対策を行ないました

TOEIC®の試験時間は2時間もあるので、集中力の維持が大変です。受講期間の後半では、各トレーニングで常に集中を維持できるよう、簡単な部分はスキップしスピードを上げるなど、負荷を高めました。

西林さん:TOEIC®を受験すると、いつも眠くなってしまったのですが、そんなことはなくなりました(笑)。集中力が大きく向上したと思います。

「英語ができるようになりたいなら、たくさん勉強して」とは言わない

——西林さんは、アルバイトを3つかけもちしていたそうですね。その状況で成果を出されたのは、すばらしいと感じます。

西林さん1日1時間くらいしか勉強できないとお伝えしていたので、それをふまえたスケジュールを組んでいただけました

西林真里さんと辰巳トレーナー

おかげで、必要なことに毎日取り組めたと思います。無駄なことがありませんでした。

辰巳トレーナー:勉強時間を多くとれるなら、それに越したことはありません。

ですが、「英語ができるようになりたいなら、たくさん勉強してください」と受講生に言うのは違うと思っています。経営コンサルタントに「売上を伸ばしたい」と相談して、「残業してください」と言われるようなものですから。

パーソナルトレーナーがやるべきなのは、生産性を高めることです。見えている現象から課題を発見し、それを分解したうえで解決法を提案し、その方法に注力していただく。

さまざまなトレーニングがありますが、大事なのは「必要なタイミングで、必要なレベルの教材で行なうこと」。適切なトレーニングに適切なタイミングで取り組むことで、無駄をそぎ落とすんです。

——就職活動に向けて英語学習を必要としている学生さんに、メッセージをお願いします。

西林さん:就職活動を考えたとき、「自分には強みがない」と思っていました。サークル活動はしていませんでしたし、目立った実績もなかったんです。

そんななかで、英語を集中的に勉強しようと思いました。何かに集中して取り組み、目標を達成する経験が、就職活動やその先の人生を支えてくれるのではと思ったんです。

必要なのは、思いきって始めることだけでした。本当に、決心してよかったと感じています。

辰巳トレーナー:お忙しいなか、西林さんは真摯に取り組んでいらっしゃいました。これからも応援しています。

これから英語を学ぼうとしているみなさんも、思いきって始めさえすれば、方法は私たちがご用意します。ぜひ一歩、踏み出してみてください。

***
西林さんが成功できた最初のきっかけは、「思いきって始めたこと」だったのですね。あなたも、西林さんに続いてみませんか? 

ENGLISH COMPANYのパーソナルトレーナーは、「課題の発見」を得意としています。西林さんの課題は「機能語が聞き取れないこと」でしたが、あなたの課題はなんだと思いますか?

無料で受けられる「体験授業」で突き止めてみましょう! 詳しくは、公式サイトをご覧ください。

>>StudyHacker ENGLISH COMPANY

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら