独学では限界がある。プロトレーナーのサポートで、英語コンプレックスを解消。TOEIC®スコア200点アップを達成!

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 TOP画像
短期間で一気に英語力を伸ばせると評判の英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、英語教育や言語学に関する高い専門性をもつ英語パーソナルトレーナーが続々と参画し、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づくトレーニングを提供しています。

今回は、90日のトレーニングを終えられた伊藤慎二さんと担当の丸島トレーナーにインタビューを行いました。伊藤さんはENGLISH COMPANYでのトレーニングで英語コンプレックスを克服し、見事TOEIC®スコア200点アップを達成されました。

<受講前>

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 スコアシート画像

<受講後>

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 スコアシート画像2

 ビジネスレベルの英語力を身に付けたい

——トレーニングおつかれさまでした。TOEIC®では820点というハイスコアを取得されましたね、おめでとうございます。本日はよろしくお願いいたします。

伊藤さん:ありがとうございます。よろしくお願いします。

丸島トレーナー:よろしくお願いします。

——伊藤さんはどうして英語を学ぼうと思われたのですか?

伊藤さん:大学では国際交流サークルで活動したり、フィリピンで短期語学留学をしたり、その他独学で英語学習をしたりとこれまで英語への興味は持ち続けてきました。こうした経験を経て、ブロークンな英語でならある程度コミュニケーションをとれるようにはなったのですが、そろそろきちんとビジネスで通用する程度の英語力に身に付けたいと思ったのです。

——ENGLISH COMPANYのことはどのようにお知りになったのでしょうか?

伊藤さん:インターネットでENGLISH COMPANYのホームページを見つけました。学習法、サービス内容、受講生インタビューなどを読んで惹かれるものがあり、その後口コミサイトで実際に受講された方の体験談や感想などを調べたところ評判が良かったので、体験授業に参加してみました。

——体験授業の感想を教えてください。

伊藤さん:第二言語習得研究という学問の知見に基づいた話を聞けたのが印象的でした。言語習得のステップやその各ステップに適した学習法があることなどを理論的に理解した上で実際のトレーニングを体験することができたので納得感が高く、参加して良かったと思いました。ここなら効率的・効果的に学習できそうだと思いましたし、オンラインサポートなど学習を続けやすそうな環境が整っていたので、受講を決めました。

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 伊藤様ソロ画像

課題は「音声知覚」と「返り読み」

——丸島トレーナーにうかがいます。伊藤さんの当初の課題はどのようなものでしたか?

丸島トレーナー:「音声知覚」と「返り読み」の2つがネックでした。

リスニングのメカニズムは「知覚→理解」という2段階に分かれているとされています。まず聞こえてきた音を正しくキャッチし、すでにもっている知識を使いながらその意味を理解していくのです。伊藤さんの場合、まずは正しく音をキャッチできるようにする必要がありました。

リーディングでは、「返り読み」といって、英文に一度最後まで目を通してから訳し上げていく読み方をされていました。でも英語の語順のまま読み進めるほうが速いのは明らかですから、その点の改善に取り組みました。

——具体的にはどのようなアプローチをされたのでしょうか?

丸島トレーナー:音声知覚については、「音声変化のルール」を学ぶことからはじめました。ネイティブスピーカーは英語を発音する際に、一部の音を繋げたり落としたり、弱く短く読んだりすることがあります。こういった音の変化を「音声変化」といいます。音声変化には法則性がありますから、それをルールとして学んでいただきました。

ルールを理解した後は、聞こえてくる英語を書き取る「ディクテーション」と、英語の音源に重ねて発音する「オーバーラッピング」というトレーニングを通じ、自力で正しい発音を再現できるようにしていきました。

返り読みの改善については、英語の語順のまま、チャンクと呼ばれる意味のかたまりごとに内容を理解していく「チャンクリーディング」に取り組みました。必ず前から、意味の区切りごとにスラッシュを入れながら読んでいくようにお伝えし、徹底していただきました。

伊藤さん:これまで、文字で読めば簡単に理解できるような英文を、リスニングだとさっぱり聞き取れないということがあったんです。でも、音声変化のルールというものを初めて知って、その原因が分かった気がしましたね。自分が想定している音と実際に発音されている音はこんなにも違うのか、と。おかげで音がかなり聞きやすくなりましたし、トレーニング前半が終わる頃には自分で英文を読むときでも特に意識せず音声を変化させられるようになっていました。

チャンクリーディングについても、英文の読み方なんて今まで考えたこともありませんでしたから最初は苦労しましたが、何度もリマインドしてもらったおかげで、今ではその読み方が当たり前になりました。リーディングスピードが上がり、TOEIC®のリーディングパートにかかる時間も20分以上短くなりました。

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 授業風景画像

効果的なシャドーイングとは

丸島トレーナー:伊藤さんは音声変化ルールの飲み込みが早く、短期間で見違えるように発音が良くなったのが印象的でした。シャドーイングにも毎日取り組んでいただいたのですが、「プロソディシャドーイング」は4回目のトレーニングくらいでほぼ完璧にできるようになりました。その後は「コンテンツシャドーイング」に移り、さらに速度を上げるなどして負荷を高めていきました。

——「プロソディシャドーイング」、「コンテンツシャドーイング」とは何でしょうか?

丸島トレーナー:シャドーイングは最近ではよく知られる学習法になりましたが、これは主に「音声知覚の自動化」(音に特に意識を払わなくても自然に聞き取れるようにする)が目的のトレーニングであり、その効果を引き出すためには学習フェーズに合わせた適切な方法で行うことが重要です。「プロソディーシャドーイング」は、音にフォーカスし、聞こえた音を正確に再現することを意識する方法で、「コンテンツシャドーイング」は同時に意味内容までイメージしながら行う方法です。まずは音真似だけの練習から始めて、それができるようになってから、内容を思い浮かべながら行う、より負荷の高い方法に移行していくことが望ましいのです。

伊藤さん:実はシャドーイングはここに通う前にも、独自にインターネットなどで情報収集をして試みたことがありました。でも結局何が正しいやり方なのか、どうして効果があるのかなどがわからないまま、効果も感じられずやめてしまいました。今となっては、やはりプロの指導下で取り組むのがベストだとよくわかりました。

シャドーイングは毎日入浴中やランニング中に行うようにしていました。お風呂の中でブツブツ言っていると次第にのぼせてくるのですが(笑)、それでいい感じにリラックスできて内容もイメージもしやすくなり、楽しく取り組めました。英語の音が日に日にクリアに聞き取れるようになっていく実感がありましたし、特にコンテンツシャドーイングができるようになってからは音とイメージがマッチしていく感覚がつかめ、リスニングでの理解力がぐんと伸びたように思います。

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 丸島トレーナーソロ画像

学習フェーズに合わせたアレンジ

丸島トレーナー:トレーニングでは伊藤さんの英語力の伸びに合わせ、毎回最適なコンテンツを提供できるよう気を配りました。第二言語習得については、「i+1(アイプラスワン)」という考え方があります。これは、学習者の現在のレベルより少し高い程度の理解可能なインプットをすることで学習効果が高まるという考え方です。これに則り、トレーニングでは簡単すぎない、難しすぎない、少しだけチャレンジングなものを扱えるように慎重に教材を選びました。

伊藤さん:そうだったのですね!効果測定の点も上がっていて、自分では力が伸びている実感があるのに、「今日は楽勝だったな〜」と思えるようなトレーニングが1回も無いことを不思議に思っていました。そしてそのたびに「やはり英語は奥が深くて面白いものだ。自分はまだまだだな、頑張ろう!」と奮起していました。全て丸島さんの狙い通りだったのですね……(笑)

 ——その他はどのような点に取り組まれましたか?

 丸島トレーナー:伊藤さんの場合、基礎文法はすでに身に付いていたので、ENGLISH COMPANYオリジナル文法コンテンツ「コアグラマー」を使用し苦手分野だけを補強しました。不定詞や前置詞を感覚で理解できるようになっていただけたと思います。

また、全ての基礎となる語彙力の増強にもしっかりと取り組んでいただきました。最終的にはビジネス上級レベルのものを含め、単語帳3冊を2周することができました。2周目は瞬発力アップのために、筆記式ではなく、聞いた単語の意味を口頭で素早く答えていただく形式でテストしました。

伊藤さん:語彙はかなり増やすことができたと思います。丸島さんからは1つ1つの単語をじっくり書いて覚えるようなことはせず、接触回数を増やすためにスピードを意識しながら繰り返し目を通すよう言われ、その要領で学習を進めました。どうしても覚えられないものはインターネットで画像を検索してイメージをクリアにしたり、アウトプット練習も兼ねて簡単な英文を作りながら覚えていくようにも教えてもらいました。おかげで効率的に取り組めたと思います。

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 授業風景画像2

プロトレーナーにお任せ

——一日の学習時間はどれくらいでしたか? 

伊藤さん:1時間から1時間半くらいでしょうか。忙しい仕事の隙間時間を見つけて取り組みました。トレーニングがある日は早めに来て自習スペースを利用したり、会社に早く行って学習時間を確保しました。

丸島さんは、私の今の課題、その課題をどう克服するか、そしてそれに基づいた今日すべき学習内容を毎日オンラインサポートでシェアしてくれましたので、とにかくその通りにやり遂げました。あまりていねいに返信することもできず、やや無愛想な感じに思われていたかもしれませんが(笑)、毎日学習進捗の報告だけは欠かしませんでした。丸島さんが常に寄り添ってくれていると思うと心温まりましたし、励まされました。独学では到底続けられなかったと思います。ありがとうございます。

丸島トレーナー:伊藤さんがENGLISH COMPANYのコンテンツを信頼して頑張ってくださっているのを感じていましたから、私も誠意を持ってサポートしてきたつもりです。こちらこそありがとうございます。

——それでは、90日間のトレーニングの感想を教えてください。

丸島トレーナー:伊藤さんはこちらがお伝えしたことを毎回精度高くやり遂げてくださいました。そのひたむきなお姿を拝見しては、もっと英語力を伸ばすためのお手伝いをしたい、と思わせてくださる方でした。今回こうして見事に大幅スコアアップという形で英語力の伸びを証明できたことを、本当に嬉しく思います。

伊藤さん:英語には長年興味を持ちながらも、自分に適した学習法がわからず、独学で少しトライしてみてはやめてしまう、ということを繰り返し、いつしか英語コンプレックスを抱えてしまっていた私でしたが、ついに克服することができました。これからもここで得た知識や学習法を活かし、英語と向き合い続けて行こうと思います。

——それでは最後に、これから英語を学ぼうとお考えの方にアドバイスをお願いします。

伊藤さん:独学で英語学習をしている方も多くいらっしゃると思いますが、限界を感じることもあるのではないでしょうか。私の場合は、本当にこれでいいの? もっと良い方法があるのでは? と不安がよぎることがありましたし、質問したくてもすぐできない状況では長続きしませんでした。そうした悩みを解決してくれたのが、ENGLISH COMPANYです。私だけをていねいに見てくれるプロトレーナーにお任せして、すべきことを提示してもらえば、あとはそれをこなすだけです。私にはそれが合っていたと確信しています。

【ENGLISH COMPANY】伊藤様 ツーショット画像 ***

 「本来こうしたインタビューにはあまり乗り気なほうではないのですが、お世話になりましたので……」と、今回快く協力してくださった伊藤さん。2人が嬉しそうにお互いを褒め合う姿からは、しっかりとした信頼関係を感じることができました。

ENGLISH COMPANYは現在、関東に12スタジオ(四谷、恵比寿、有楽町、有楽町第2、品川、神田、新宿、横浜、池袋、六本木、銀座、大宮)・関西に3スタジオ(京都/四条烏丸、梅田/大阪、兵庫/神戸)で展開しています。

また、オンラインでもトレーニングをご受講いただけます。多忙で通学が難しい方、スタジオが無い地域にお住まいの方も、お気軽にご相談下さいませ。

無料体験授業のお申し込み、お問い合わせはこちら

ENGLISH COMPANY 公式サイト

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら