英語学習は好きだけど、どうすればビジネスレベルになれる? 私がENGLISH COMPANYを受講した話。

英語学習は好きだけど、どうすればビジネスレベルになれる? 私がENGLISH COMPANYを受講した話。

「英語は好きだけど、ビジネスレベルには届いてないな……」
「新しい勉強法をやってみよう! でも、本当に効果あるのかな?」

そう思ったことはありませんか? 

伊藤慎二さんも同じように悩んでいました。英語学習への興味はあったものの、「この方法でいいのか?」という疑問が拭えず、長続きしなかったそう。

そんな伊藤さんを変えたのは、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」でした。

90日のトレーニングで、TOEIC®が620点から820点に。200点も上げることができたのです。

伊藤慎二さんがENGLISH COMPANYを受講する前のTOEICスコア

「ENGLISH COMPANY」受講前のスコア

伊藤慎二さんがENGLISH COMPANYを受講したあとのTOEICスコア

「ENGLISH COMPANY」受講後のスコア

担当した丸島トレーナーによれば、「音声知覚」と「返り読み」を改善する必要があったそう。ディクテーションやオーバーラッピング、チャンクリーディングなど、弱点を克服するトレーニングを実践しました。

「すべきことをトレーナーに提示してもらえば、それをこなすだけ」と考えた伊藤さんは、毎日1〜1.5時間の学習を継続。「英語コンプレックス」の克服に成功したそうです。

どんなふうに英語学習を続けたのか、伊藤さんと丸島トレーナーに詳しく聞いてみましょう。

ブロークンな英語でなら交流できるけど……

——どうして英語を学ぼうと思われたのですか?

伊藤さん:大学では国際交流サークルに入り、フィリピンに短期留学し、ほかにも英語を独学し……英語への興味はもち続けてきました。ブロークンな英語でならコミュニケーションできるようになりましたが、ビジネスで通用する英語力を身につけたいと思ったんです。

——「ENGLISH COMPANY」は、どうやってお知りに?

伊藤さん公式サイトを見つけ、学習法、サービス内容、受講生インタビューなどを読んで惹かれて。口コミサイトでも評判がよかったので、体験授業を受けてみました。

ENGLISH COMPANYを受講した伊藤慎二さん

「第二言語習得研究」という学問に基づいた話が印象的でしたね。言語習得のステップや、各ステップに適した学習法があることなどを、理論的に理解できました

そのうえで実際のトレーニングを体験できたので、納得感が高く、参加してよかったと思いましたね。ここなら効率的・効果的に学習できそうだと。

オンラインサポートなど、学習を続けやすそうな環境が整っていたこともあり、受講を決めました。

「音声知覚」ってなんのこと?

——伊藤さんにはどんな「課題」がありましたか?

丸島トレーナーネックは「音声知覚」と「返り読み」でしたね。

リスニングには「知覚」と「理解」という2段階があります。音を正しくキャッチし、もっている知識を使って意味を理解するわけです。

まずは「音声知覚」を鍛え、音を正しくキャッチできるようにする必要がありました。

リーディングでは、文の最後まで目を通してから訳し上げていく「返り読み」をされていましたね。でも、前から順番に読んでいくほうが速いので、返り読みのクセを直す必要もあったわけです。

ENGLISH COMPANYの丸島トレーナー

——具体的には、どんなアプローチを?

丸島トレーナー:音声知覚については、「音声変化」のルールを学ぶことから始めました

ネイティブスピーカーは、音をつなげたり落としたり、弱く短く発音することがあります。こういった音の変化を「音声変化」というんです。

音声変化には法則があるので、それを学んでいただきました。

その後、聞こえてくる英語を書き取る「ディクテーション」と、音源に重ねて発音する「オーバーラッピング」。正しい発音を再現できるようにするトレーニングです。

返り読みの改善については、英語の語順のまま、意味のかたまり(チャンク)ごとに理解していく「チャンクリーディング」に取り組みました。前から順に、意味の区切りにスラッシュを入れて読んでいくようお伝えし、徹底していただきました。

伊藤さん:これまで、読んだら簡単に理解できる英文も、リスニングだとさっぱり聞き取れないことがあったんです。

でも、音声変化のルールを初めて知り、その原因がわかった気がしました。「自分が想定している音」と「実際に発音されている音」はこんなに違うのか、と。

おかげで、かなり聞きやすくなりました。トレーニング前半が終わる頃には、特に意識せず音声変化ができるようになったんです。

チャンクリーディングについては、英文の読み方なんて考えたこともなかったので、最初は苦労しました。何度もリマインドしてもらったおかげで、いまではその読み方が当たり前になりましたね。

リーディングスピードが上がり、TOEIC®のリーディングパートにかかる時間が20分以上短くなりました

シャドーイングに毎日取り組んだ

丸島トレーナー:伊藤さんは音声変化の理解が早く、短期間で見違えるように発音がよくなりました。

シャドーイングに毎日取り組んでいただいたところ、4回めくらいのトレーニングで、「プロソディシャドーイング」はほぼ完璧でしたね。その後は「コンテンツシャドーイング」に移り、さらに速度を上げるなどして負荷を高めていきました。

——「プロソディシャドーイング」と「コンテンツシャドーイング」とは?

丸島トレーナー:シャドーイングは、意識しなくても音声知覚できるようにするためのトレーニングです。その効果を引き出すには、学習フェーズに合わせた適切な方法で行なうことが必要になります。

プロソディーシャドーイングは、音にフォーカスした、聞こえた音を正確に再現することを意識する方法です。一方のコンテンツシャドーイングでは、音をまねるだけでなく、意味内容もイメージします。

まずは音まねから始め、それができるようになってから、より負荷の高い方法を……というわけですね。

ENGLISH COMPANYを受講した伊藤慎二さんと丸島トレーナー

伊藤さん:シャドーイングは、インターネットなどで調べ、やってみたことがありました。でも、正しいやり方や、効果がある理由がわからないままだったので、効果を感じられずやめてしまったんです。

やはり、プロの指導下で取り組むのがベストですね。

シャドーイングは、毎日の入浴中やランニング中に行なっていました。お風呂でブツブツ言っているとのぼせるのですが(笑)いい感じにリラックスできて内容がイメージしやすくなり、楽しく取り組めました。

日に日に、英語がクリアに聞き取れるようになっていく実感がありましたね。特にコンテンツシャドーイングができるようになってからは、音とイメージがマッチしていく感覚をつかめ、リスニングの理解力がぐんと伸びたように思います。

生徒の成長に合わせ、毎回最適なレベルの教材を

丸島トレーナー伊藤さんの英語力の伸びに合わせ、毎回最適なコンテンツを提供できるよう気を配りました

第二言語習得には「i+1(アイプラスワン)」という考え方があります。現在のレベルより少し難しいくらいのインプットで、学習効果が高まるというものです。

簡単すぎず難しすぎず、少しだけチャレンジングになるよう、慎重に教材を選びました。

伊藤さん:そうだったんですね!

力が伸びている実感があるのに、「今日は楽勝だったな〜」と思えるトレーニングが1回もないのが不思議でした。そのたびに「やはり英語は奥が深くておもしろい。自分はまだまだだな、頑張ろう!」と奮起していたんです。

丸島さんの狙い通りだったんですね……(笑)

「丸島さんの狙い通り」と笑う伊藤慎二さん

——ほかには、どのようなことに取り組まれましたか?

丸島トレーナー:基礎文法は身についていたため、「ENGLISH COMPANY」のオリジナル文法コンテンツ「コアグラマー」で、苦手分野だけ補強しました。不定詞や前置詞を、感覚で理解できるようになったと思います。

すべての基礎となる「語彙力」の増強にも、しっかり取り組んでいただきました。

最終的には、ビジネス上級レベルも含め、単語帳3冊を2周。瞬発力アップのため、2周めは、聞いた単語の意味を口頭で素早く答えるテストをしました。

伊藤さん:語彙はかなり増えたと思います。

単語をひとつひとつ書いたりせず、接触回数を増やすため、スピードを意識して繰り返し目を通すよう言われました。覚えにくい単語は「画像検索」でイメージをクリアにしたり、簡単な英文をつくったりする方法も教えてもらいました。

おかげで、効率的に取り組めたと思います。

学習は1日1〜1.5時間

——1日の学習時間はどれくらいでしたか? 

伊藤さん1時間から1時間半くらいでしょうか。仕事は忙しかったものの、スキマ時間を見つけて取り組みました。トレーニングがある日は早めに来て自習スペースを利用したり、会社に早く行って学習時間を確保したり。

「いまの課題」「それをどう克服するか」「それに基づいた今日の学習内容」を、丸島さんが毎日オンラインで教えてくれたんです。とにかく、そのとおりにやり遂げました。

あまり丁寧に返信できず、やや無愛想に思われていたかもしれませんが(笑)学習進捗の報告だけは欠かしませんでした。丸島さんが常に寄り添ってくれていると思うと、心温まりましたし、励まされましたね。

独学では到底、続けられなかったと思います。ありがとうございます。

丸島トレーナー:「ENGLISH COMPANY」のコンテンツを信頼し、頑張っていらっしゃるのを感じていましたから、私も誠意をもってサポートしてきたつもりです。こちらこそありがとうございます。

——90日間のトレーニングはいかがでしたか?

丸島トレーナー:お伝えしたことを、毎回高い精度でやり遂げていらっしゃいました。ひたむきなお姿を拝見し、もっと英語力を伸ばすお手伝いをしたい、と思わされましたね。

大幅なスコアアップというかたちで英語力の伸びを証明でき、本当に嬉しく思います。

互いにほめ合う伊藤慎二さんと丸島トレーナー

伊藤さん英語に長年興味をもちつつも、自分に適した学習法がわからず、独学で少しトライしてはやめる、ということを繰り返してきました。そうするうちに英語コンプレックスを抱えていた私ですが、ついに克服できたんです。

これからも、「ENGLISH COMPANY」で得た知識や学習法を活かし、英語と向き合い続けようと思います。

——英語学習に興味のある方に、アドバイスをお願いします。

伊藤さん:独学されている方も多いと思いますが、限界を感じることもあるのではないでしょうか。私の場合、「本当にこれでいいの?」「もっといい方法があるのでは?」と不安がよぎりましたし、質問できない状況では長続きしませんでした。

そうした悩みを解決してくれたのが「ENGLISH COMPANY」です。

私だけを丁寧に見てくれるプロトレーナーに任せ、すべきことを提示してもらえば、それをこなすだけ。私にはそれが合っていたと確信しています。

***
プロトレーナーのアドバイスを信じ、その学習法を確実に続けたからこそ、伊藤さんは成果を出せたのですね。「ENGLISH COMPANY」の卒業後も、得られた知識を活かして学習を続けるそうです。

あなたも伊藤さんのように、プロトレーナーのアドバイスを受けてみませんか?

無料の体験授業では、弱点の分析と、それに合った学習法のアドバイスが受けられます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

>>ENGLISH COMPANY公式サイト

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら