パーソナルトレーニングで生活が変わった! 2か月でTOEIC500→800達成の経験を山本さんが語る。

社会人に最短距離の学習戦略を1

海外のクライアントと、楽しく雑談できるようになりたいな。
次のTOEIC IPテストではもっといい点をとって、みんなから一目置かれたいな。

そう思ったことはありませんか?

山本大亮さんも、「本腰を入れて英語に挑戦しよう」と思い立ったひとり。英語パーソナルトレーニングジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」の門を叩き、90日の短期集中プログラムを始めました。

すると90日どころか、60日で成果を出せたそう。プログラム開始前はTOEICで500点だったのに、805点をとれたのです。

トレーニング開始60日でTOEIC805点を獲得!
トレーニング開始60日でTOEIC805点を獲得!

決め手は、パーソナルトレーナーの板井さんが、山本さんのために組んだカリキュラムでした。発音は得意な山本さんの弱点が「基本的な語彙と文法」だと見抜き、特に効果の高いトレーニングを、特に効果のある順番で用意したのです。

山本さんは、英語力が大きく伸びただけでなく、「生活の質が変わった」のだそう。山本さんご本人と、パーソナルトレーナーの板井さんに詳しく聞いてみましょう。

トレーニング開始時の課題は「単語と文法」

——300点のスコアアップおめでとうございます! まずは、英語を勉強しようと思ったきっかけをお聞かせいただけますか?

山本さん:会社でTOEICスコアの基準があったのもそうですが、それより、世界中の人と知り合いになりたい気持ちがずっとあったんです。英語に挑戦しようとこれまでも何度か思っていて、そろそろ本腰を入れようと。

——入会前は、どんな学習に取り組んでこられたんですか?

山本さん:会社の研修で、アメリカに1年半ほど滞在したことがあります。

ただ、インストラクターは英語を話す人だったのですが、まわりはみんな日本人で、完全に日本語環境でした。インストラクターのきれいな発音がかっこいいなと思って、まねして発音したりしていました(笑)

板井トレーナー:トレーニング開始時から、発音はとてもお上手でしたね(笑)

——トレーニング開始時には、どんな課題がありましたか?

板井トレーナー発音はとてもお上手だったんです。でも、内容や意味はそれほどきちんと理解されていませんでした

山本さん:音だけまねていたんです。

板井トレーナー:トレーニング開始時のテストでは、基礎的な語彙や文法も危ういところがありました。だから、手をつけたのは単語と文法からでしたね。

単語を覚える前に、LINEでスタンプ送信

——具体的には、どんなことから始めたんですか?

板井トレーナー:基礎的な単語がないと始まらないので、1か月で1,120語を完全に覚えていただきました。目標は、1日100個。

その100個を20個ずつ、5つのブロックに分け、どの時間でどのブロックに取り組むか一緒に決めました。山本さんはとてもお忙しかったので、スキマ時間の活用を習慣にしてほしかったんです。

山本さん:とても効果がありました。

ENGLISH COMPANYを受講した山本大亮さん
ENGLISH COMPANYを受講した山本大亮さん

忙しくても、意外とスキマ時間ってあるんですよね。でも、準備をしていないと、15分とか10分のスキマってうまく使えないものです。

「いまから単語を覚える」というタイミングで、板井さんにLINEでスタンプを送ると決めていたのがよかったと思います。あれだとサボれないので(笑)

板井トレーナー:習慣化って、「自動的に続けられる仕組み」をつくることなんですよ。習慣化さえできれば、「やる気」とか「モチベーション」とか関係なくなりますからね。

>>ENGLISH COMPANYの「英語を続ける技術」とは

山本さん:「決められたスキマ時間にスタンプを送り、単語を覚える」をとにかく繰り返しました。おかげで、最初の1,100個は比較的スムーズでした。

2か月めから「パターンプラクティス」へ

——文法についてはどのように?

板井トレーナー最初の1か月は、おすすめした文法のテキストを読んでいただいただけです。

——読むだけですか? 文法を教えることはしなかった?

板井トレーナー:そうですね。「わからないところがあったら教えてください」とはお伝えしましたが。

ENGLISH COMPANYの板井トレーナー
ENGLISH COMPANYの板井トレーナー

文法ってただのルールですから、きちんと本を読めば必ずわかるんですよ。わかりやすい教材はたくさんありますし。

でも、大切なのは「理解する」ことより「使えるようにする」ことです。ほとんど反射的に使える「自動化」という状態が大切なんです。

山本さん:たしかに、ルール自体はシンプルですよね。ルールを覚えることも、そんなに難しくありませんでした。

板井トレーナー:文法のトレーニングができるようになるまでは、「知識の充実」に力を入れました。

英語学習において、知識と技能は別です。知識がなければ始まらないけれど、知識だけでは運用できません。

あまりにも単語の知識がないと、単語がわからないせいで詰まってしまいますから、あえて文法のトレーニングは行なわなかったんです。文法を理解して、基礎的な単語がしっかりインプットできた2か月めに、「パターンプラクティス」というトレーニングを始めました。

——パターンプラクティスとは、どんなものですか?

板井トレーナー:文法は、「知っているだけ」とか「穴埋め問題なら解ける」とか、 そういうレベルでは役立ちません。いちいち文法を意識しなくても意味をすっとイメージできるよう、「型(パターン)」をインプットしていくトレーニングです。

スライドを使ってゲーム感覚で身につくよう、教材をつくっています。

山本さん:こなすうち、文を読むのがとてもスムーズになりました。つっかえるところが極端に減ってきましたね。

「基礎固め→シャドーイング」で読むスピードが上がった!

板井トレーナー:音読やシャドーイングは、最初からお得意でしたからね。意味がわかるようになると、音と内容がリンクして、学習効果が高まってきます。

シャドーイングには2種類あるんですよ。

ひとつは、音にスムーズについていくための「音声」を重視したシャドーイング。山本さんは、初めからとても上手でした。

もうひとつが、文章の内容をイメージし、理解しながらのシャドーイングです。

山本さん:意味をイメージしながらシャドーイングすると、途端に難しくなりました(笑)

板井トレーナー:第二言語習得研究では、「意味がわからない文の音読は効果が薄い」ことが明らかになっているんです。

——やみくもに音読すればいいわけではないのですね。

山本さん単語や文法をインプットしてからシャドーイングしているうち、読むスピードが明らかに速くなってきたんですよ。「頭から読む」「訳さずに読む」ことが身体で理解できたような。

「基礎固め→シャドーイング」で読むスピードが上がった!

「いまの自分に最適なトレーニング」とは?

——それで、60日で300点もスコアアップしたんですね。決め手は学習プランでしょうか?

板井トレーナー:はい。ENGLISH COMPANYは、第二言語習得研究の知見を応用した科学的なトレーニングを行なっています。

しかし、ひとつひとつのトレーニングよりも、どうカリキュラムを組み立てるかが大切です。

カリキュラムとは、何をどの順番で行なうか。いま、この瞬間に、最も効果のあることだけやるのが大切なんです。

シャドーイングにしてもパターンプラクティスにしても、「そのトレーニングが特に効果的な時期」があります。学習が進むにつれ、取り組むべきことは変わりますから、それを見極めてカリキュラムをデザインするのが効果的なんです。

山本さん:たしかに、基礎的な単語や文法が固まってからのシャドーイングは、自分でもわかるくらい効果が違いました。シャドーイングは聞いたことがあったし、やり方は調べればわかるだろうけど、「いまの自分にどんなトレーニングが最適か」は自分でもわかりにくいですよね……。

板井トレーナー:「音読は上手だけど、基礎の語彙や文法に穴がある」とわかったあと、何をどう始めるか、どう組み合わせるかが重要です。特に、短期間で結果を出すには効率が重要ですから。

山本さん:じつは、職場で「英語をやってます!」と公言していました。私がやるなら、職場のみんなでTOEICを受験しようという流れだったんです。

500点だった私が、2か月勉強して800点になったとわかると「え?」みたいな。「頑張ったな!」とかじゃなく(笑)

——それだけ上がると、そんな反応にもなりますよね(笑)

山本さん:ほんとに、板井さんが総合的に見てくれたから。有意義な日々でした。

英語力が上がっただけではなく……

——最後に、トレーニング期間を終えられた感想をお願いします。

山本さん:板井トレーナーに初めてお会いしたとき、「英語を使って世界の人と知り合いになりたい」とお伝えしていたんです。だから、TOEICのスコアを英語力の指標にしたとはいえ、もっと大きな視点での「使うための英語」を意識してくれました

トレーニングの結果としてスコアが伸びましたが、発信力もついたのではないかと思います。

それから、板井トレーナーの「習慣化」のアドバイスのおかげで、生活の質が変わりました。本当に感謝しています。

これまで無駄に過ごしていた時間も、工夫すれば有意義になるんです。生活が変わったことは、英語力が上がったのと同じくらい大きな収穫でした。

何かを短期間で身につけるって、こういうことなんですよね。

板井トレーナー:成果を出される方は、やっぱり仕組みをつくるのがお上手です。習慣化ですよね。

やる気がある日もない日も、気分が乗っているときもそうでないときも、淡々と当たり前に継続できる力が、成果を呼び込むのだと思います。

お疲れさまでした。これからも頑張ってください。

***
ENGLISH COMPANYで生活が変わったのは、山本さんだけではありません。2015年のオープン以来、英語学習コーチングサービス「STRAIL」と合わせ、1万6,000人以上が受講しました。

ENGLISH COMPANYは、「英語で悩むビジネスパーソンを助けたい」という想いで始まったジムです。

フルタイムで仕事をしているのに、1日3時間も4時間も勉強しないと英語が身につかないのであれば、どうでしょう? 家族や友だちと過ごす時間を削ったり、趣味を諦めたりしないといけなくなります。

そんな生活は、精神的に豊かだと言えるのでしょうか?

英語を勉強するために、生活を犠牲にしないでほしい
生活を大きく変えないまま、短時間で英語力が伸びる方法があると知ってほしい

そんな想いで生まれたのが、ENGLISH COMPANYです。ぜひ、公式サイトを詳しく読んでみてください。

夜10時(※)まで電話で相談できますし、無料の体験授業は24時間申し込みできます。体験授業では、パーソナルトレーナーが弱点を見抜いた「診断シート」をつくってくれるので、それをもとに自分で勉強するのもいいですね。

>>StudyHacker ENGLISH COMPANY

最後までお読みくださり、ありがとうございました。あなたの生活にもぜひ、ENGLISH COMPANYの高密度なトレーニングを加えてみてください。

(※2022年9月1日以降、平日は夜9時、土日祝は夜7時までとなります)

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら