海外ドラマ『フレンズ』を使った効果的な英語の勉強法

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方01

英語学習の教材としておすすめできるもののひとつが、映画やドラマ。映画やドラマを使って英語を勉強することで、問題集に取り組むのとは異なるどんなメリットや効果があるのか、気になりませんか。今回は、海外ドラマ『フレンズ』を取り上げて、具体的にどのような学習メリットや学習効果が期待できるのか、『フレンズ』を使った効果的な学習方法をご紹介しましょう。

英語の勉強に役立つ海外ドラマ『フレンズ』とは

海外ドラマ『フレンズ』で英語を勉強するメリットを説明する前に、まずは『フレンズ』がどのようなドラマなのか簡単にご紹介します。

『フレンズ』は、1994年から2004年まで放映されたアメリカのシチュエーションコメディードラマ。ニューヨークにあるマンハッタンのアパートで共同生活を送る男女6人の友情や恋愛模様をコミカルに描いています。全部で10シリーズ放映され、ストーリー総数は236話。一部を除いて1話完結型で、コミカルな発言や出来事があったときに、観客の笑い声が入っているのが特徴です。

以下6人の登場人物を中心にストーリーが進行していきます。

【フレンズの主要登場人物】

  • レイチェル(Rachel)
    モニカの高校時代の親友。郊外のお嬢様として育ち、わがままな一面がある。
    ある医者との結婚から逃げたのち、モニカとのルームメイト生活を始め、自立した女性を目指す。
  • モニカ(Monica)
    ロスの妹でレイチェルの高校時代の親友。6人のリーダー的存在。
    料理や家事が得意。潔癖症。
  • フィービー(Phoebe)
    モニカの元ルームメイト。楽観的で変わり者の性格。
    貧しい複雑な家庭で育ち、マッサージセラピストやギターの弾き語りで生計を立てている。
  • ジョーイ(Joey)
    モニカの向かいの部屋に住むチャンドラーのルームメイト。俳優志望。
    ナルシストで女性好きな一面があるが、心優しい性格をもつ。頭を使うことが苦手。
  • チャンドラー(Chandler)
    モニカの向かいの部屋に住むジョーイのルームメイト。
    ひょうきんでドライな性格があり、他人や自分の言葉や容姿を皮肉でよく茶化す。
  • ロス(Ross)
    モニカの兄でチャンドラーの大学時代のルームメイト。古生物学者。
    高校時代、レイチェルに一方的に好意を寄せていた。

2021年5月には、定額制動画配信サービスU-NEXTにて、17年ぶりに主要キャストが集った特別番組『フレンズ:ザ・リユニオン』の日本語字幕版が配信されました。2021年5月31日(月)~6月7日(月)の初週において、海外ドラマにおける歴代初週視聴ランキングで第1位になり、『フレンズ』の人気がいまだに衰えていないことがわかります。

そんな『フレンズ』を使って英語を勉強することで、具体的にどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方02

 

『フレンズ』で英語を勉強するメリット

『フレンズ』で英語を勉強する主なメリットは、次の3つに分かれています。

  1. セリフの意味合いが理解しやすい
  2. 1話あたり約20分と短い
  3. カジュアルな会話表現が学びやすい

順番に見ていきましょう。 

【メリット1】セリフの意味合いが理解しやすい

『フレンズ』などの映画やドラマなどの映像作品を使って英語を勉強するメリットのひとつは、物語の流れや状況設定、視覚情報などを頼りにすることができるため、セリフの意味合いが理解しやすいこと。『フレンズ』も例に漏れず登場人物の表情が非常に豊かで、かつジェスチャーが豊富なため、視聴者にどんな意味合いを伝えているのか理解しやすいのです。教科書などの文字で見ているだけではわかりづらいニュアンスまで、登場人物の表情や文脈から読み取りやすいメリットがあります。

【メリット2】1話あたり約20分と短い

次のメリットも連続ドラマ作品には当てはまりやすいものですが、1話あたり約20分と短いこと。繰り返し視聴したり、日常のちょっとしたスキマ時間に英語を勉強したりするのに最適な長さです。

忙しいなかでも十分な勉強量を確保するためには、一日にまとめて長時間英語を勉強するよりも、日々の細切れ時間を洗い出し、それらを足し合わせると効果的。細切れ時間のひとつを『フレンズ』で英語を勉強する時間に充てることもできますね。多忙で英語の勉強の時間を長く確保できないという方に最適です。

【メリット3】カジュアルな会話表現が学びやすい

『フレンズ』で英語を勉強するもうひとつのメリットは、カジュアルな会話表現が学びやすいこと。仕事、恋愛、人間関係や社会生活一般など日常的な場面での英語表現が豊富に登場するため、さまざまなシチュエーションに応じた便利な表現を学ぶことができます。

さらに、『フレンズ』ではストーリー内にジョークやユーモアが豊富に含まれているため、どのようなひとことがアメリカ人におもしろいと感じさせるかがわかります。こうしたジョークを学ぶと、アメリカ人と英語でコミュニケーションをする際に、笑いをとりやすくなるかもしれません。反対に、ジョークに時事的な内容が含まれることもあるため、なぜそのジョークがおもしろいのかは簡単には分かりづらいこともあります。背景情報を調べてみたり、アメリカ人の知人と話す際に話題にして尋ねてみたりと、その後の学習につなげられると理想的ですね。

また、学校などでは学べない英語のスラングも知ることができるため、英語圏の友人とカジュアルなコミュニケーションをする際に便利な表現も学べますよ。

『フレンズ』で英語を勉強することには、以上のメリットがあります。

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方03

『フレンズ』を使った英語の勉強で期待される効果

『フレンズ』で英語の勉強を継続することで、以下の3つの効果が期待できますよ。

  1. リスニング力が向上する
  2. 英会話で使える言い回しが身につく
  3. アメリカの風習に関する理解度が向上する

どういうことか、それぞれ説明しましょう。

【効果1】リスニング力が向上する

『フレンズ』で英語を勉強し続けることで期待できる効果のひとつは、リスニング力の向上。

第二言語習得研究の知見によると、最も効率的な言語習得には「大量のインプットと少量のアウトプット」のバランスが必要と言われています。「リスニングやシャドーイングのための教材では内容的に退屈に感じてしまい続かない」という人も、海外ドラマ『フレンズ』で勉強することで、楽しみながら英語音声のインプットを一定量取り入れることができ、リスニング力向上につなげることが可能です。

具体的には、英語の音声知覚(聞き取った音を英語の音として理解する力)を伸ばすことができ、ネイティブスピーカーの話す自然なスピードの英語にも対応しやすくなっていきます。学習者が聞き取りやすいようにスピードを調節している「聞き取りやすい英語」が多い市販のリスニング教材と比べて、『フレンズ』をはじめとするドラマ、映画作品は、発話スピードや発音が実際の会話の場面に近いのが特徴。『フレンズ』では、一部の音をつなげたり、弱く短く読んだりするなど「省エネ」で話すネイティブスピーカー特有の「音声変化」により多く触れることができます。

音声変化が起きている箇所も含めて聞き取れるようになることで、実際のコミュニケーションにおいてもリスニング力の向上が期待できるのです。

【効果2】英会話で使える言い回しが身につく

メリットの箇所で述べたとおり、『フレンズ』は英会話で実際に使える言い回しの宝庫。たとえば、シーズン1では、以下のような会話表現が登場します。

  • How should I know?(知っているわけないだろ)
    【場面】ロスの昔の妻であるキャロルが同性愛者だったことについてルームメイトと話しているときにロスが述べたセリフ。 ”She didn’t know (that she is a lesbian).”「(キャロル自身が同性愛者だったことを)彼女が知らなかった」と述べてから、ロス自身がなおさら知らなかったことを強調している反語的表現。
  • This is probably for the best.(これでよかったのかもしれないわ)
    【場面】ある歯医者と結婚式を取り行なったものの、式の途中に結婚を考え直し、逃げてきたレイチェルに対して旧友のモニカが述べたセリフ。
  • What are you up to tonight?(今夜の予定は?)
    【場面】昔からレイチェルのことが好きだったロスが、レイチェルをデートに誘おうとキッチンで述べたセリフ。
  • Two seconds.(ちょっと待ってて)
    【場面】モニカのデート相手であるポールがモニカの部屋にやってきたときに、モニカが述べたセリフ。直訳は「2秒」だが、「少しのあいだ」という意味合いで使われている。

こうした言い回しが実際の英会話で使えると、表現の豊かさがより増しますね。さらに、映像を見ながら表現の使い方が理解できるため、どのような言い方、タイミング、ジェスチャーで発言すればいいのかまで確認でき、言い回しが定着しやすくなります

これには学術的にも関連する指摘があり、心理学者のぺイヴィオの「二重符号化理論」によると、言語をイメージとともに取り入れることで、理解や記憶力が高まるそう。映像や状況のイメージなども通して表現を学ぶことで、使い方がより確実に身につけられるのです。

【効果3】アメリカの風習に関する理解度が向上する

『フレンズ』では季節のイベントのシーンが盛りだくさん。日本とは異なるアメリカの季節のイベントの過ごし方を理解することが可能です。

たとえばアメリカのバレンタインデーは夫婦や恋人、家族などで愛と感謝を伝えあう日であり、男性から女性にプレゼントをあげて気持ちを伝えるのが一般的。女性から男性へチョコレートをあげる一般的な日本のバレンタインデーとは異なりますね。こうした風習の違いを『フレンズ』を通して理解することが可能です。

ほかにも、日本とは違うハロウィンやクリスマス、新年などの過ごし方だけでなく、日本ではあまりなじみのない感謝祭(Thanksgiving Day)の過ごし方が見えてきます。

英語を勉強しながら、アメリカの風習に関する深い理解も期待できるのが『フレンズ』です。

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方04

『フレンズ』で英語を勉強する際の注意点

『フレンズ』を使って英語を勉強することでさまざまなメリットや効果がある一方で、注意すべき点もあります。これから説明する注意点を把握していないと、期待される効果が得にくくなる恐れがあるため、しっかり押さえておきましょう。

【注意点1】基礎レベルの英文をスムーズに理解できる英語力が必要

『フレンズ』で英語を勉強する効果を得るためには、基礎的な英文をスムーズに理解できるスキルが必要です。

英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を運営する株式会社スタディーハッカー取締役で、言語教育情報学修士・TOEIC990点・TESOL(英語教育の国際資格)をもつ田畑翔子氏は、わからない単語が多いのにひたすら英語を聞く勉強をしても効果が薄いと語ります。

リスニングには、耳から入った音声を英語の音として認識する「音声知覚」と、語彙や文法の知識、背景知識などを頼りに意味を把握する「理解」のプロセスがあります。音声を単語として認識できなければ、雑音を聴いているのと同じで、セリフに注意を向けることができません。よって、『フレンズ』を使ってリスニングスキルを伸ばすという効果が得られなくなってしまうのです。

英語力に不安を感じている場合は、基礎的な語彙や文法の知識、簡単な英文であればスムーズに理解できるリーディングスキルを身につけるのを優先すべきと田畑氏は述べています。

【注意点2】海外ドラマの勉強は副次的な要素

次に注意すべき点は、『フレンズ』などの海外ドラマを使った勉強が、あくまで英語学習の副次的な要素に過ぎないこと。ただ『フレンズ』を見るだけで英語力が勝手に伸びると思い込んではいけません。

大切なのは日頃の英語の勉強を怠らないこと日々の英語学習を継続してこそ、『フレンズ』による英語の勉強の効果が現れるのです。そして教材としてドラマ、映画を活用するのであれば単なる娯楽として「視聴して楽しんで終わり」にするのではなく、繰り返し視聴して発音練習に活用したり、わからない語句について調べてみたり、あくまで学習の素材として利用する姿勢が重要です。

【注意点3】英語表現が最新ではないということもある

もうひとつの注意点は、『フレンズ』で使われている英語表現が必ずしも最新であるとは限らないこと。特にスラングやジョークは流行り廃りが激しい側面があります。よって、およそ20年前の作品である『フレンズ』の劇中で使用されているスラングやジョークが、現在使われていない可能性があることも把握して学習するようにしましょう。

観終わったあと、『フレンズ』で使われたジョークやスラングが現在でも使われているか調べてみると英語の勉強になりますね。アメリカ人の知人と話す際や、英会話レッスンの場などで、話題として取り上げて意見を聞いてみるのもいい勉強になります。

『フレンズ』を使った英語の勉強は、以上の3点に注意してくださいね。

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方05

『フレンズ』を使った効果的な英語の勉強法

ここからは『フレンズ』を使った効果的な英語の勉強法をご紹介しましょう。主に次のようなやり方が効果的です。

1. 日本語字幕または吹き替え版で鑑賞する
2. 英語字幕で鑑賞する
3. 何度も繰り返し鑑賞する
4. 登場人物になりきってシャドーイングやオーバーラッピングをする
5. 英語でツッコミや感想などを言ってみる
6.   覚えたセリフを独り言やSNSなどで使ってみる

順番に説明しましょう。

【勉強法1】日本語字幕または吹き替え版で鑑賞する

まず行なうのは、日本語字幕吹き替え版を観賞し、あらすじや内容を理解すること。内容をあらかじめ頭に入れることで、英語字幕で観たときにストーリーが理解しやすくなりますよ。動画配信サービスのNetflixやHuluで鑑賞すると、日本語と英語ですぐに字幕が切り替えられるので、おすすめです。

【勉強法2】英語字幕で鑑賞する

次は、あらすじを理解しているストーリーを英語字幕で鑑賞します。先述の田畑氏いわく、少なくともどこかのタイミングでは字幕なしで鑑賞するよりも英語字幕つきで鑑賞して内容をしっかりと理解する機会を設けるほうが学習効果が高いのだそう。いきなり字幕なしで鑑賞するのは、勉強のハードルが高く挫折しやすいのでおすすめしません。

また、多聴の一環として取り組むのであれば、多少意味がわからない箇所があっても、鑑賞している段階では一時停止をしたり、メモをとったりはしないのもポイント。ストーリーを楽しみながら勉強するのを優先してください。

どうしても気になる単語や表現・文化的な要素がある場合、あるいは字幕だけでは意味が分からないという箇所や表現がある場合は、ひととおり1話ぶんを観終わってからインターネットなどで調べてみるといいでしょう。

【勉強法3】何度も繰り返し鑑賞する

英語字幕で観終わったら、今度はセリフを覚えてしまうくらい同じストーリーを何度も繰り返し鑑賞しましょう。セリフを覚えるほど観ることで、「理解できる英語」の割合が増え、語彙や言い回しが頭に残りやすくなりますよ。

【勉強法4】登場人物になりきってオーバーラッピングやシャドーイングをする

登場人物をひとり決めて、登場人物になりきってオーバーラッピングやシャドーイングを行なうのも英語のリスニングスキルに効果的なやり方です。

オーバーラッピングとは、流れてくる音声に最初から最後までピッタリ重ねて読み上げていくトレーニング。オーバーラッピングでは、リスニング力向上の効果の箇所で述べた英語の音声変化も含めて、登場人物の話すスピードに合わせて読み上げなければなりません。音声変化されている箇所も含めて、流れてくるセリフに完全に重ねて読み上げられ、英語ネイティブの音声変化などを忠実に再現できれば、私たちが認識している英語の音と実際の英語ネイティブの発音のギャップが埋まり、細部までにいたるリスニング力が鍛えられるのです。

オーバーラッピングの例として、英語字幕を表示させ、字幕が表示されているあいだにあらかじめ決めておいた登場人物のセリフをオーバーラッピングをするやり方が挙げられます。

一方シャドーイングは、流れてきた音声に続いて、1、2語遅れでまねして発音するトレーニング。発音そのものだけでなく、アクセントやトーンなど完全に再現させながら発音していきます。

シャドーイングが初めての場合は、英語字幕を表示させつつ、あらかじめ決めた登場人物の発音に集中して聴きながら、まねをするつもりでシャドーイングしましょう。慣れてきたら英語字幕を消してシャドーイングしていきます。登場人物の発音をまねしてシャドーイングができたら、音だけでなく意味も意識してシャドーイングしてみましょう。聞き取った英語の意味がすぐに理解できるようになっていきますよ。

ここまでが『フレンズ』を使って英語のリスニングスキルを鍛える勉強法です。 

【勉強法5】英語で感想などを言ったり書いたりする

『フレンズ』を使ったアウトプットスキルの勉強の例はふたつ。ひとつめは、鑑賞し終わったエピソードの感想を英語で言ったり書いたりしてみること。

特に印象的だったシーンや、おもしろいと思ったシーンを1分間でスピーチしてみたり、鑑賞日記として記録をつけてみたりすると、アウトプットの機会をつくれますよ。「英語でなんと表現すればよいか」「表現が合っているか」といった疑問をもちながら取り組み、あとで知らない表現や間違って使用していた表現を辞書などで確認していくと、アウトプットで使える語彙を増やすことが可能です。ストーリーについて書く場合も、作品内で使われていたフレーズや表現をなるべくそのまま活用してしまうと学んだ内容の定着にも効果的です。

【勉強法6】覚えたセリフを独り言やSNSで使ってみる

アウトプットスキルを鍛えるもうひとつの勉強例は、ストーリー内で覚えたセリフを独り言やSNSでも使ってみること。感想を言ったり書いたりするときと同様に、「このセリフの使い方は正しいか」「もっと別の言い回しがないか」と、自分で自分をモニタリングしながらフィードバックしていくことが、正しい使い方を覚えるうえでとても大切。声に出すのが難しければ、口だけ動かしたり、心のなかで唱えたりするのもOKです。

『フレンズ』を活用した英語の勉強法は以上のようなやり方を試してみてください。

海外ドラマ『フレンズ』で英語の勉強の効果を高めるやり方06

『フレンズ』による英語の勉強をさらに効果的に行なうために

『フレンズ』を使って楽しみながら英語を勉強するためには、基礎レベルの英文をスムーズに理解できる英語力が必要と、注意点のところで述べました。こうした英語力を身につけるために必要なのは、「自らの英語レベルや弱点の把握」「効率的な英語トレーニング」「学習習慣の形成」の3つ。

上記3つをすべて実現できるのが、英語パーソナルジムENGLISH COMPANYです。

第二言語習得研究や英語教育の専門性豊かなトレーナーによる英語力診断であなたの英語力に関する現状の課題や立ち位置を把握し、課題解決のための集中トレーニングを行なっていけば、ストーリーを楽しむのに必要な英語力を効率よく身につけることができるでしょう。さらに学習習慣形成のサポートもあるため、着実に続けられる英語学習のやり方も身につきます。

***
『フレンズ』は楽しく英語を勉強するのに最適な教材。ただし、本当に勉強の効果が得られるかどうかは、自らの課題の把握と正しい勉強法の継続ができるかによります。現状の英語力を把握し、今回紹介した勉強法を実践していけば、『フレンズ』で英語を勉強する効果がきっと得られるはずです。

監修:StudyHacker ENGLISH COMPANY

(参考)
ゲイリー・サスマン、 ジャニーン・ディロン、 ブライアン・ケーンズ (2021), 『FRIENDS FOREVER「フレンズ」ー6人は永遠に友達!  25周年記念オフィシャル・ガイドブック』, 竹書房.
STUDY HACKER|英語の勉強におすすめの教材・ツールを「プロ」が厳選してみた
プレジデントオンライン|字幕で見放題"海外ドラマで英語上達"の技
WarnerBros.com|Friends Season 1
U-NEXT|HBO Maxオリジナル『フレンズ:ザ・リユニオン』が、U-NEXTの海外ドラマ歴代初週視聴ランキング第1位に!
STUDY HACKER|「映画」は英語学習にうってつけの教材! でも “わからないのに聞き流す” のは絶対NG
梅田礼子(2021), 「アメリカTVドラマにみる謝罪とその受け入れ」, 和歌山大学クロスカル教育機構研究紀要, Vol.2, pp.78-99.
ケビン・S・ブライト、マーサ・カウフマン、デヴィッド・クレーン 製作総指揮, フレンズ <ファースト・シーズン>:エピソード1「マンハッタンの6人」. ジェニファー・アニストン出演, 1994, ワーナー・ブラザース・テレビジョン, 1994(Netflix).
StudyHacker ENGLISH COMPANY 著, ナナトエリ 作画(2021),『マンガでわかる 最速最短! 英語学習マップ 新装増補版』, ベネッセコーポレーション.
STUDY HACKER|英語のライティングスキルを効率よく伸ばす勉強法とおすすめの教材

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら