人間の脳は青色を見ると「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを分泌します。このセロトニンはストレスを軽減しポジティブな気持ちにさせてくれるので、勉強を持続することができるでしょう。また「書き間違えた」単語をそのままにすると「エピソード記憶」として保存され、より記憶に残りやすいのだとか。

覚えたいことは青ペンでひたすら書きなぐってみましょう!

studyhackerdays-2-02

■参照コラム記事はこちら↓
【東大生オススメ! 『青ペン書き殴り勉強法』はモチベーションにも効果あり。】

■連載『Study Hacker Days』はこちら↓
studyhackerdays-bottom-banner