読書

「読書家」なのに「話が浅い」人に欠けているもの。“この3つ” であなたの話は深くなる

普段から本をたくさん読んでいるのに、読んだ本について話ができないと感じたことはありませんか? 本の感想や自分の意見をしっかり述べられる人のことを見て、うらやましく思ったことはないでしょうか? 「それって自分のことだ……」と感じた、読書家なのに…

読書の質を左右する超重要「黄金の方程式」ここにあり! “この3つ” 意識できてますか?

「仕事がデキる人は読書を怠らない……」「ビジネスパーソンにとっては良質な書籍との出会いが大事……」「頭のいい人はインプット量が違う……」このようなことを一度は聞いたことがあるはず。とはいえ、「まねしたいけれども具体的な方法がわからない」という方…

読書がはかどる「3つの黄金比」ここにあり! 本は「9:1」で選びなさい

「いまいち読書が進まないな……」「読んだはずなのに内容を全然覚えていない……」「本を開いていても途中で気が散ってしまう……」読書に関して、こんなことを感じている人はいませんか。読書という行為は、私たちに新たな知見をもたらしてくれるだけでなく、創…

勉強不足の社会人はNG! 具体的に何をすればいい?

社会人が勉強不足だと何が問題なのでしょう。勉強不足のデメリットと、勉強不足の人におすすめの行動を紹介します。

「ビジネス書が好き」なのに「仕事はデキない」人がやっている、5つの残念な読み方

ビジネス書をたくさん読んでいるのに、仕事に活きてこない……本を読んだ直後はモチベーションが上がるけれど、時間が経つと結局いつも通り……。 ビジネス書が好きで、多くの本を読んでいるみなさんほど、こんな悩みを抱える瞬間があるのではないでしょうか。も…

「結局、地頭ってどうすればよくなるの?」あなたの地頭力が高まる本、厳選4冊をご紹介

ビジネスパーソンが「読むべきだ」と言われる本は、世の中に数多くあります。読書に精を出すみなさんほど、どの本から読めばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。 そこで今回は、「これからの時代を生き抜くために必須の『地頭力』が高まる本」にテー…

本を読んでも「へぇ」で終わる人におすすめ。 “読書×◯◯” の合わせ技が最強だった話

みなさんは、次のような読書をしているという心当たりはありませんか? 「本はいいものだから何冊読んでもいい」という、目的のない読書 「ベストセラーだから読もう」という、本選びに主体性がない読書 読み終わっても「へぇ」で終わってしまう、成長につな…

“会話下手” を克服できる良書って? 社会人の雑談力を真に高める本、厳選4冊をご紹介

社会人にとって重要な「雑談」。雑談力があれば、うまくアイスブレイクができるだけでなく、相手と信頼関係を築けたり、よりよい評価を得られたりと、ビジネス上手にもなれます。 そんな雑談は、重要ではあるもののこれといった正解のない分野。雑談に関する…

あなたはどのタイプ? 普通に読むのはもう飽きた人におすすめ「ワンランク上の読書術」3選

読書を習慣にしているみなさん。こんなふうに考えることはありませんか? 「もっと、効率的にたくさんの本を読みたい」「本のなかから、欲しい情報をサクッと見つけ出したい」「せっかく読んだ本の内容を忘れたくない」 これらが叶う3つの読書術を紹介します…

本を「3倍」速く読む方法。「心のなかで音読してしまうクセ」どうすればなくせるか

「本を読む時間をなかなか確保できない……」「1冊の本を読むのに時間がかかってしまう……」そんな悩みを抱える人にとって、「速読」は憧れでしょう。日本人の平均読書スピードは、1分あたり500~700文字。それを凌駕するスピードで本を読めるようになったら、…

読んだ本を記録しないなんてもったいない! ノートやアプリを使って読書をもっと有意義に。

本を読んだらそのままにしていませんか。この記事では、読んだ本について記録するメリットに加え、「読書ノート」や「アプリケーション・WEBサービス」を用いた効果的な記録の仕方をご紹介します。

読書が続かない人には “この3つ” が欠けている! 本を読み始める前に◯◯を決めなさい

「流行っている本を友人にすすめられて買ってはみたものの、読みきる自信がない」「シリーズの初巻だけは頑張って読み終えたが、次へ続かない」読書において、こうした悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。一説には、書籍1冊の平均文字数は、およそ10…

1日 “たった20分” で心が軽くなる。ハーバード大教授が提唱「downtime」のすごい効果

「気分が落ち込んでしまい、仕事がなかなか手につかない……」「毎日ストレスだらけで、ふさぎがちになってしまう……」このように、精神的な疲れを感じている人はいませんか? この現代社会、ストレスは付き物。しかし、そのストレスに左右されて仕事や体の調子…

“あの7文字”を言えるか言えないかで、ビジネスパーソンとしての未来が変わる

ビジネスパーソンとして成長していくために重要なものはなんでしょうか? その答えは「教えてください」という言葉だと語るのが、自己実現法「宝地図」によって人生を大きく変え、ビジネス書や自己啓発書でヒット作を生んでいるベストセラー作家でもある望月…

「5つの読書術」あなたにピッタリなのはどれ? チャートですぐにわかります

みなさんには、仕事に関連する本を普段から読む習慣がありますか? 読む習慣がある人は、どんなふうに本を読んでいるでしょうか? 読書習慣の有無や本を読む目的、さらには生活スタイルなどによって、最適な読書方法は変わってきます。試しに、以下のチャー…

わかりやすい世界史の本ってある?

世界史が楽しく学べるわかりやすい本を、司書資格を持つライターが5つ厳選して紹介します。

【外出自粛】読書初心者が家で本を楽しむ方法。「6分割ノート」で精読もバッチリ!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請の影響で、家で過ごす時間が増えたという人も少なくないはず。「なにか有意義なことに時間を使いたい!」と思い、本を手に取る方も多いのではないでしょうか。 しかし、普段あまり本を読まない人がいざ読書に精…

外出自粛で退屈……「家にいながら」退屈を解消する方法はコレだ!

新型コロナウイルスの影響から、世間は外出自粛ムード一色。 外出がほとんどできず、日々のストレスを発散する手立てがない……自宅で毎日同じ生活を続け、もう飽きてしまった……。そんな方は、ちょっとした行動の変化で、退屈な日々を一掃できるようになるかも…

世界史の面白い本を5冊厳選してみた。

世界史の面白い本を5冊、よりすぐって紹介します。

「結局、本はどれを読めばいいのか?」社会人が真に読むべき良書の見極め方。厳選6冊もご紹介

読書は、エリートになるために必要な大事な勉強のひとつだ――そう信じて、日々努力して読書している人は多いはず。 ただ、有象無象に数だけは多い本の中から、自分にとって本当に価値のあるものを見つけ出すのは難しいですよね。どんな本を読めば自己成長につ…

【外出自粛】家でどう過ごす? “この3つ” の自分磨きで有意義な休日を。

昨今、世界中に混乱をもたらしている新型コロナウイルス(2020年4月現在)。日本でも “不要不急の外出自粛” が要請されており、家にこもりきりの休日に退屈を感じている方も多いのではないでしょうか。 しかしどうせなら、物事はなるべく前向きに捉えるのが…

認知機能が上がりEQも高まり……読書をしないビジネスパーソンが損している5つの理由

みなさんは、最低でも月に1冊は本を読んでいますか? 楽天が運営するオンライン書店「楽天ブックス」が2019年1月28日に発表した調査結果によると、ビジネスパーソンの6割は、読書量が月に1冊未満なのだとか。 「読書をしたほうがいい」とわかっていながら、…

「読書×3色ボールペン」の組み合わせで、驚くほど効率よく本を読めるようになった話。

みなさんは、最近読んだ本の内容を思い出すことができるでしょうか? 何か有用な知識やスキルを身につけるためにたくさんの本を読んでいる、という人は多いと思います。ですが、読書はするけれど何が書いてあったか思い出せる本はあまりない、という人もまた…

斜め読みとは? 素早く情報収集する基本テクニックを解説

斜め読みとは、素早い情報収集に必須の速読テクニック。斜め読みの意味と方法を理解し、本や新聞からどんどん情報を吸収しましょう。斜め読みのやり方・コツを解説します。

きれいすぎる本棚は “死んでいる”!? 「生きている本棚」に変えてみたら頭の中が整理された

あなたは、買いためた本をどのように本棚に並べているでしょうか。多くの人は、おそらく「買った順」「50音順」「作者ごと」「ジャンルごと」というようなルールで並べているかと思います(あるいは、「本の並べ方なんて考えたこともなかった」という人もい…

1日 “たった1行” から始めて読書好きになれました。「1行読書」が未来にもたらす大きな効果。

紙の本を読んだほうがいいと、先輩や上司によく言われる。活字嫌い仲間だった同僚が、本を読み始めたと聞いて焦った。なぜか後輩は本好きが多い。それでも、本を読む気が全くしない。いったい、どうしたらいいですかね? ならば「1日1行だけでも読むこと」か…

“読んで終わり” にならない最高の紙習慣! 「KWL表」で読書の学びが圧倒的に深まるワケ。

必要に迫られて本を読むものの、知識がいまひとつ身につかない……。いつも本が “読んで終わり” になっている気がする……。そんな悩みを抱えている人はいませんか? せっかく本を読むのであれば、書かれてあること全部とは言わないまでも、身になる知識を何かし…

中国古典『菜根譚』から『嫌われる勇気』まで――成功者を成功者たらしめた愛読書たち。

どんな人であれ、心のどこかで「一流になって成功を手に入れたい」と夢見ていることと思います。 そこで今回は、実際に成功者となった人々の「愛読書」に注目してみました。いったいどんな本を読んで知識をつけてきたのか。その類まれな感性はどんな本から手…

本を全然読まないと「3つの超重要メリット」が逃げていく。

「本を読んだほうが良いとは思うけれど、仕事も忙しいし、なかなか気が進まない」というビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? ある調査では、一般の人よりも富裕層のほうが読書量が多いということがわかっています。全国の20代・30代のビジネスパー…

「読書×マインドマップ」で学びが圧倒的に加速する! やっぱり書くのは最高だった。

読んだ本の内容を忘れないよう、読書後のアウトプットを実践してみても、なかなか効果が実感できないと感じることはありませんか? いろいろな方法を試してみても自分にあったものが見つからない人や、そもそもどんなアウトプットをしていいかわからない、と…

速読の効果は嘘!? 本当に意味のある速読術3選

速読は本当に効果があるのか検証! 意味のある速読・ない速読とは何か説明します。実際に役立つ速読術の方法・コツも解説。

リーダーが絶対に読むべき4冊の名著たち。部下のやる気が出ない原因は “動機づけ” にあった!?

「終身雇用制は崩壊した」ともいわれる昨今、どんな大企業に勤める人でも安穏とはしていられません。ただ、自分を成長させるためにビジネス書を読もうにも、ひとたび書店をのぞけばそこにあるのはビジネス書の渦……。いったい、どの本を選べばいいのでしょう…

「起業したい人」が読むべき5冊の名著たち。自伝を使った “追体験” がとても大切なワケ。

ビジネスパーソンとして成長するには、実務のスキルを伸ばすことはもちろん、勉強も欠かせません。その勉強のための手段というと、やはり「読書」が筆頭に挙げられるでしょう。ところが、世間にはビジネス書があふれているだけに、どの本を読めばいいのかわ…

ビジネス書ビギナーがいきなり「名著」に手を出してはいけない理由。

ビジネスパーソンとして成長するためにも、もっと本を読まなければ――。そう思いながらも、書店に並ぶ膨大な数の本のなかから「どんな本を読めばいいのかわからない」という人もいるでしょう。 そこでお話を聞いたのは、マーケティング戦略コンサルタントの永…

本を全然読まないと4つの「超重要スキル」が衰える。

「読書はタメになる」とは聞きますが、具体的にどのようなメリットがあるのか、いまいち実感しにくいものですよね。なかには「自分は実践から学ぶタイプだから、本なんか要らないよ」なんて思っている方もいるかもしれません。 でもじつは、読書の習慣がない…

記憶のデータベース「言語性知能」は今からでも伸ばせる! 音楽・読書・ルテイン摂取が有効なワケ。

もっと賢くなりたいなら、あるいは目標を達成したいなら、とにかく知能を向上させましょう。「もう大人だから無理なのでは?」などと心配する必要はありません。年齢を重ねても鍛えられる「言語性知能」を伸ばす方法を紹介します。 知能とは? 「知能」に関…

読書が脳に及ぼす効果とは? 読書がもたらす11のメリット

脳が活性化する、語彙が増えるなど、読書には多くの効果があります。最新の研究で判明した読書の効果と、効果的な読書法を一挙紹介。

デキる・デキないの差は “この30分” の使い方で決まる!? やっぱり「電車でスマホ」は最悪だった。

昼休み、同僚とランチをしたあとの束の間の時間。通勤の移動時間。寝る前に一息ついているとき。 そんな「ちょっとした時間」を、あなたはどのように過ごしているでしょうか。同僚とおしゃべりをし続ける、目的もなくスマートフォンをいじる、ボーっとテレビ…

「速読したがる人」に欠けている大事な視点。“読むのが遅い” は無理に克服しなくていい。

「速読」だけでなく「瞬読」という言葉まである昨今、本を読む速度が遅いことに劣等感を抱いている人は決して少なくないはず。 でも、読むのが遅いからといって劣等感を抱く必要はありませんよ。読書スピードが遅いことで劣等感を感じなくてもよい理由と、速…

イーロン・マスクがすすめる4冊の本。スペースXは『指輪物語』から始まった!?

ビジネス、芸術、スポーツなど各界で活躍する超エリートの中には読書家が多い、というのはよく知られていることですよね。読書によって自分の視野が広がると言いますが、読書家のエリートたちは、さまざまな分野の本を読むことで、簡単には結びつかない点と…

何歳からでも「言語性知能」は伸ばしていける。やっぱり本が最強ツールだった!

目標に向かって進んでいき、その目標を叶える——。そのような成功体験の積み重ねこそが、自らの自己肯定感を高め、幸せな未来をつくってくれます。ただ、目標を達成する勝率の高め方を知ることも、とても大切なことでしょう。 これまで、世の中のたくさんの識…

おすすめ読書術10選【2019年最新版】

「本を読んでも頭に入ってこない」「読むのが遅すぎる」という人必見! 編集部おすすめの読書術を10個紹介します。マインドマップ読書術、Kindleならではの読書術など。

重ければ「ナイフで解体」すればいい。分厚い本を読むための “読書前の工夫” が斬新すぎる。

日々さまざまな読書術を実践していくなかで、「読んでいる最中」のテクニックや「読後」のアウトプットに工夫をしている人は多いと思います。では「読書前」に工夫をしている人はというと、意外と少ないのではないでしょうか? じつは、一流の読書家と呼ばれ…

本1冊を “たった30分” で読む裏ワザ。これなら年100冊だって余裕!

時間がなくて本を読めない、という悩みを抱える人は多いでしょう。 きちんと本を読もうと思えば、どんなに薄い本でも最低2~3時間、ものによっては何日もかかります。平日忙しい方ならば、読書の時間を確保するのは大変ですよね。 今回は、およそ30分で1冊の…

読書習慣ほぼなし→年間100冊。とあるベストセラー作家の「本を読み続ける方法」が地味にすごい。

「本を読むことがいいのはよくわかっているんです。わかっているけど時間がないんですッ!」というあなたが、今日から本を読み始める方法を紹介します。 “時間がない” は言い訳? カリフォルニア大学サンディエゴ校が2009年に発表した報告書によると、2008年…

全部「白黒」つけたがる人がマズイ理由。

仕事や人生において、白黒つかないからと立ち止まってばかりでは、一向に前へ進めません。前に進むのに必要なのは、白黒つけることではなく、曖昧さを受け入れることです。 だからこそ、社会では「曖昧さ耐性」が求められています。楽しく人生の駒を進めるこ…

あの福沢諭吉も夜に読んでいた!? 「夜の読書」がもたらすメリットがすごい。

朝活ブームの昨今、「早起きして本を読もうと思ったけれど、睡魔に負けた……」という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。なかには、早起きできない自分に対して自己嫌悪を抱く人もいるかもしれませんね。 人間が、早起きを苦にしない「朝型」…

「弁護士の読書」と「医師の読書」が異なる興味深い理由。“多く広く” と “少なく深く” の違いはなぜ生まれるのか?

ビジネスパーソンの皆さんがこれまで散々見聞きしてきたであろう「読書の大切さ」。しかし、読書の大切さを理屈では分かっていても、実になる読書を実践するのは難しいもの。 本の読み方にしろ選び方にしろ、読書法は人それぞれで正解がないものです。でも、…

大人こそ「絵本」を読むべき4つの理由。“右脳が鍛えられる” という意外な事実。

かわいらしい絵とわかりやすい文章が綴られた絵本は、子どものための読み物……。そうイメージする人は多いことでしょう。しかし、絵本は大人にこそメリットが多い読み物なのです。 絵本が大人に与える効果は、絵による癒やし効果だけではありません。なかには…

京大首席合格者が読書後に実践する「A4用紙アウトプット術」が思考整理に効く。

近頃、ビジネス書などで盛んに叫ばれているのが「アウトプット」の重要性。京大に首席合格し、現在はウェブサイト「勉強革命.com」を運営して効率的な勉強法を発信し続けている粂原圭太郎(くめはら・けいたろう)さんも、その重要性を説くひとりです。 独自…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら