コミュニケーション

あなたも絶対やっている「時代遅れ」な4つの仕事テク。アップデートしないと取り残される!

あなたが当たり前だと思って使っているビジネススキル。じつはもう「古い」可能性があります。従来のやり方にしがみついたままでは、いつまでもデキる人にはなれませんよ。 この記事では、時代遅れなビジネススキルを4つ取り上げ、代わりに実践すべきテクニ…

対人関係4つの姿勢。あなたのコミュニケーションは「理想」のスタイルに当てはまる?

相手に意見を伝えづらいと思うことはありませんか? 反感を買うかもしれないと遠慮してしまったり、自分の意見を主張するあまり相手を否定してしまったり。気持ちのよいコミュニケーションは、案外難しいものです。 自分も相手も傷つけない上手な自己表現の…

「欠点だらけのあの人」がなぜか好かれるヒミツ。彼らの魅力は “欠点を素直に認めていること” にあり

「あーもう、またAさん間違ってる」「Bさんはすぐカッとなるよね」などと口々に言われながら、なぜか人に好かれる人物がいます。彼らの魅力とは、いったいなんでしょう? ――私は誰よりも失敗がないよう注意を払い、誰よりも働いて、誰よりも努力している。そ…

「周囲の協力をさくっと得られる人」は何をしているのか? 頼み事に “罪悪感” なんて不要です

人に何かを頼むのが苦手で、どんなに忙しくても全部ひとりで請け負ってしまう……そんな人はいませんか? 人に頼らず物事をこなすことで身につくスキルもありますが、頼み事を適切にできることも、社会生活を送るうえでは重要です。今回は、上手に頼み事をする…

「繊細すぎて疲れている人」の脳に「音楽」がとてもいい理由

繊細で敏感な人にとって、この世のなかはどこもかしこも刺激だらけ。絶え間ない刺激のせいでいつもぐったり疲れていますが、音楽との相性はとてもいいそうです。 音楽は、ストレスのない社交活動を実現し、癒やしを与えてくれるのだとか。今回は、いつもぐっ…

「文字で伝えるのがうまい人」は “この6つ” を意識している。

新型コロナウイルスの影響で、仕事のデジタルシフトが急加速しています。オフィスで顔を合わせて気軽に会話する機会は減り、メールやチャットなどテキストでコミュニケーションする場面が増えてきたのではないでしょうか。 相手の表情が見えず文字だけでやり…

あなたに「存在感」がちょっと足りない理由。印象に残る人は “いい意味で” 相手を裏切っている

「いつも自分をなかなか覚えてもらえない気がする……」「チームのなかにいると存在感が消えてしまう……」せっかく仕事でよい関係を築きたいと思っているのに、自分の印象を相手へ残すことができず悩んでいる人はいませんか? ただ普通に話をしているだけでは、…

厄介な人間関係もこの3大原則でスッキリ。うまくいく黄金比「5:1」を知っていますか?

職場での代表的な悩みのひとつが「人間関係」。まわりから好かれようと頑張りすぎて疲れてしまったり、苦手な人と日々仕事をしなければならずストレスを抱えたりする人は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、職場の人間関係を楽にする3つのコツをご紹…

「一見いい人」なのに「関わるとなぜか疲れる人」に要注意。知らないうちに支配下に置かれている

いつも頼れる唯一無二の親友、常に悩みを聞いてくれる上司――。一見いい人に見える彼らが「マニピュレーター」と呼ばれるタイプだったら要注意ですよ。仕事や私生活でこのタイプの人に振り回されないように、対策を考えていきましょう。 「一見いい人」なマニ…

“疲れるだけの話し合い” にうんざり? 「成果が出る議論」たったひとつのコツ、教えます

グループワークでメンバーと意見が対立し、言い争いになってしまった。会議で自分の意見を通そうと思うあまり、相手を強く否定してしまった。意見を主張し合ったわりに結論が出ず、残ったのは疲労だけ……。 このような経験はないでしょうか? 相手の粗探しを…

IQよりも重要! 成功に必須の「2つの能力」あなたには備わっている?

いまよりも仕事力を上げたいが、数あるビジネススキルのうちどれを高めればいいのか、正直よくわからない。そんなあなたが気にするべきなのは、「EQ(心の知能指数)」と「SQ(生き方の知能指数)」です。デキるビジネスパーソンになるために、このふたつの…

「口数が少ない」のに「信頼される人」がしている3つの工夫。彼らは “空気を読む” のが格段にうまい

自分は話すのが得意じゃないから、仕事で成功をつかめるはずがない……。そう思っている人、ちょっと待ってください。どちらかと言うと寡黙で口数が少ないタイプなのに、なぜか周囲から絶大な信頼を得ている――そんな人が身近にいないでしょうか。 他人に評価さ…

「繊細で疲れやすい」はずなのに「心地よく仕事をしている人」には6つのヒミツがあった

HSPと呼ばれる「非常に敏感な人」のなかでも、不安な面持ちで仕事をする人と、リラックスした様子で仕事をする人がいます。このふたりの違いはいったいなんでしょう? じつは、ちょっとした秘訣があるのです。アメリカの心理学者 エレイン・N・アーロン博士…

いつも嫉妬してる人は脳に大ダメージ!? この2ステップで解放されよう

自分より仕事がデキる同僚がいると揚げ足をとりたくなる……。上司がひいきしている人に対して嫌がらせをしたくなる……。「嫉妬」という感情に振り回されている人はいませんか? 一度抱えてしまうと容易に消し去れないのが嫉妬というもの。結果、自分自身を苦し…

あなたが「なぜかチームワークを苦手に感じる」3つの意外な理由

「ひとりでやる仕事は問題なくできるのに、チームだとなぜかうまくいかない」「チームで仕事をする際、協調性がおざなりになりがち」このように、チームでほかの人と一緒に仕事をすることが苦手な人はいませんか? チームで仕事をすることが苦手なのは、消極…

「なぜか会話を続けたくなる人」は自然と “これ” ができている。話下手なら「話をさせれば」問題ナシ

「職場の人と、仕事のこと以外に何を話せばいいのかわからない……」「沈黙は怖いけれど、話すのが得意じゃない……」このように、自分の雑談力のなさを嘆いている人はいませんか? でも、明治大学教授の齋藤孝氏いわく、話下手な人でも「雑談上手」になれるとの…

他人思いの「優しいあの人」が成功に一番近い理由。“自己チュー” だと圧倒的に損する

「自分の作業ばかり優先してしまい、同僚になかなか協力できない」「自分と関わりの薄い人に優しくしても無駄だ」仕事やプライベートの場面で、親切な行動をとれていない人はいませんか? そのような人は、他人に優しくしても自分には利益がないと考えている…

オキシトシンとは? メリット&デメリットまとめ

オキシトシンとは何かわかりやすく解説。オキシトシンの作用・効果や増やす方法、セロトニンとの違いなど。

HSP気質とは? 特徴と付き合い方まとめ

HSPとは何か、特徴をわかりやすく解説。HSPの有名人やHSP診断テストの紹介も。

“助けられ上手” は絶妙な言い回しでお願いしている。「催眠言語」の驚くべき効果

「ほかの人に頼むのは申し訳ない」と感じてひとりで仕事をたくさん抱えてしまったり、「どうお願いすればいいかわからない」と誰も頼れなかったりして、困ってはいませんか? 自分だけですべてをこなそうとするとストレスになりますし、仕事の進捗にも影響が…

「人脈なし状態」の放置は本当にマズい。最高の人脈をつくれる “3ステップ” 教えます

みなさんは、「人脈づくり」と聞くと何を想像するでしょうか。「人脈があったほうがよさそう」なのはわかるが、実際に「どんな人脈をどうやってつくったらよいのか?」わからないと思う人が多いのではないでしょうか。 今後のキャリアについて考えると、人脈…

「本音を引き出せる人」と「全然答えてもらえない人」は何が違うのか?

みなさんは、対話や議論の場で、相手からうまく意見を引き出せているでしょうか? 視野を広げ、発想を豊かにするのに有効なもののひとつが哲学です。議論がぐっと活発になる、哲学質問術をご紹介しましょう。 たいていの質問は「誘導尋問」 たとえば、同僚に…

“いい声” は圧倒的にお得。一流に近づける「話し方のキモ」ここにあり!

「意見を求められたものの、うまく答えられず印象を下げてしまった」「質問の答えになっていない話し方をしてしまった」会議や面接などで、自分の発言にいつも後悔してしまう人はいませんか? うまく話すことができれば、相手からの評価はきっと高まるはず。…

好奇心旺盛だけど傷つきやすい、刺激を求めるけど疲れやすい――矛盾だらけの「HSS」がラクになるコツ

アメリカの心理学者が見いだした、HSPと呼ばれる非常に敏感な人々のなかには、一見するとHSPとは思えない外向的なタイプ「HSS型HSP」が存在します。 「とても傷つきやすいのに、刺激を求めずにはいられない」という方は該当するかもしれません。じつはいつも…

気遣いができない残念な人には「想像力」が足りてない。この2つの方法で空気も未来も読めるように!?

ビジネスパーソンにとって必要不可欠な能力のひとつが「想像力」です。「想像力をもって仕事をしろ」と指導されることも多くありますが……「想像力とは具体的に何を指すのか?」「どうすれば向上させられるのか?」など、よくわからない方は多いかと思います…

“会話下手” を克服できる良書って? 社会人の雑談力を真に高める本、厳選4冊をご紹介

社会人にとって重要な「雑談」。雑談力があれば、うまくアイスブレイクができるだけでなく、相手と信頼関係を築けたり、よりよい評価を得られたりと、ビジネス上手にもなれます。 そんな雑談は、重要ではあるもののこれといった正解のない分野。雑談に関する…

意見を言おうにも「自分の意見がわからない」という問題。◯◯に注目するとスタート地点に立てる

「意見はあるのに、会議でなかなか発言できない......」「反対されるのが怖くて、ほかの人に合わせることしかできない......」このように、自分の意見をうまく言えず悩んでいる方はいませんか? 自分の意見を言うのは、人によっては勇気が必要かもしれません…

「劣等感」で壊れる人とそうでない人の決定的な差

「同期は仕事で成果を出しているのに私なんて.......」「友人は成績も運動神経もすべて私より上だ...…」このように、自分と他人を比べて劣等感を抱いてしまうことは、誰にでもあるはず。 人によっては、劣等感から逃げたくなることもあるでしょう。しかし、…

「コミュ力がない」は性格の問題ではなかった! コミュ力がない人に “致命的に欠けている” 3つのこと

相手と話が通じていない気がする……自分の考えをチームメンバーや上司にうまく伝えられない……説得力ある主張ができない……こんなふうに悩んでいる人はいませんか? 「コミュニケーション能力」がビジネスの世界で必須のスキルだということは、さまざまな場所で…

ストレスだらけの人に足りないのは “この3つ”。「素直になれない人」は、もうやめよう

「些細なことでイライラする。自分はいつもストレスだらけだ……」と、お悩みではありませんか? もしかしたら、あなたは「人一倍ストレスを感じやすい人」なのかもしれません。ストレスを感じやすい人ほど、抱えるストレスの量は多くなるものです。 今回の記…

「ミラーリング」はどうやればいい? 心理学的な効果も詳しく解説!

日常やビジネスで人間関係をうまく構築するのに役立つ、心理学における「ミラーリング」の実践方法を詳しくご紹介します。

「キレやすい人」はキレる代わりに◯◯を伝えるべき。自分も相手も損しない “怒り” の賢い対処法

仕事も人生も、なかなか思うようには進まないもの。ついイライラして、周囲に不機嫌な態度をとってしまうこともあるでしょう。 そんな感情をもて余しているなら、まずは「怒り」を理解することから始めてみませんか。アドラー心理学によれば、怒りの構造を知…

相手の本音を引き出せない理由は“勝手な仮説”にあり。大事なのは「答えを決めつけない」こと

議論を深める場や日常的なコミュニケーションの場で、相手の「本音」を引き出したい――。どんなに時代が変わっても、ビジネスではコミュニケーションこそが大切だとも言われるなか、相手の本音を引き出す対話術を身につけておきたいものです。哲学をビジネス…

相手の心をずる賢く支配する厄介者「マニピュレーター」に、あなた自身がなっているかもしれない

職場でもプライベートでも、他者の心をコントロールして利益を得ている “厄介者” がいます。アメリカの心理学者ジョージ・サイモン氏は、そういった特徴を持つ人を「マニピュレーター」と定義しました。 しかし、他人事ではありません。もしかしたら私たちも…

仕事の愚痴は言わないほうがいいの?

仕事の愚痴は言わないほうがよい、と考える人も多いでしょう。しかし、愚痴を言うことにはメリットもあるのです。仕事への愚痴をどうするべきか解説します。

相手の気持ちが読み取れないときに試してほしい3つのこと

どうも、あの人の本心がわからない。このまま企画を進めていいものだろうか?――そんな不安をお持ちなら、「相手の気持ちがわからないときに役立つ3つのこと」を試してみてはいかがでしょう。専門家の説明をもとに紹介します。 相手の気持ちを読む方法とは? …

形容詞ばかり使っていると説得力ある話なんてできない。

自分の考えを述べたものの思うように伝わらなかった……。自分の意図とは違ったかたちで受け取られた……。そんなふうに悩んでいる人はいませんか? もしかするとその原因は、知らず知らずのうちに使いすぎている「形容詞」にあるかもしれません。形容詞を多用す…

嫌われる人の話し方「いや、でも……」。その “否定癖”、あなたも直さないとマズいかも

会話の中で、相手に「いや、そうではなくて」「でも、私は違うと思うな」などと否定されてばかりいると、嫌な気持ちになりますよね。なにかと否定してくる人というのは、少なからずいるものです。 では逆に、あなたにはそんな否定癖はないでしょうか。じつは…

「空気が読めない」は脳科学で克服できる。自己嫌悪に陥ったとき試してほしい3つのこと

「自分の発言で場が静まり返ってしまった」「相手が迷惑そうな顔をしている。話しかけるタイミングを間違えてしまったようだ」 こんなとき、「自分はなんて空気が読めないんだろう……」と自己嫌悪に陥った経験はありませんか? もちろん思い過ごしの可能性も…

「話を聞いてもらえず」「人を動かせない」人の残念すぎる特徴。“いつも否定ばかり” は圧倒的に損だ

「部下が思うように動いてくれない」「最近パートナーと喧嘩ばかり……」。人間関係の悩みを抱える人はたくさんいます。でも、人間を心理学の観点から紐解けば、そこにはおよそどんな場合にも通じる、コミュニケーションを改善するシンプルな原則が存在します…

自己開示とは? 効果と方法をわかりやすく解説!

自己開示はコミュニケーションに必須の要素。自己開示しない人は損をしてしまいますよ。心理学の知見にもとづき、自己開示の効果と方法を解説します。自己開示の返報性や自己開示尺度の説明、ジョハリの窓を使って自己開示する例も。

「人の好き嫌いが激しい」と損するワケ。嫌いな相手にもイラっとしなくなる方法、教えます

職場には、自分と合う「好きな人」もいれば、あまり合わない「嫌いな」人もいるかと思います。あなたは、嫌いな人と接しただけで過剰なストレスを感じたり、露骨に人を差別して周囲から反感を買ったりしてしまうことはありませんか? もし「Yes」であるなら…

あなたにもあるかも「マウンティング」の悲しき癖。厄介者にならないための2つの行動

自分より下の役職の人の前で「君たちは気楽でいいよね」と言う。連休明け、ひとりでゆっくり過ごしていたと話す同僚に対し「いいなー、僕は友人からの誘いが多くて忙しかったよ」と返す。 ……あなたは、こうした発言をしていませんか? どこか相手を見下して…

今のあなたが磨くべき「話し方・聞き方テクニック」が、Yes/Noチャートですぐわかる!

人と話す機会が多いビジネスパーソンの中には、「コミュニケーション能力を高めたい!」と考える人は多いはず。でも、何かいい方法はないかなと思ってちょっと検索しただけでも、いろいろなテクニックが出てきますよね。「正直なところ、実際どれが自分に合…

“優しいのに理不尽” な厄介者「マニピュレーター」にご注意を。知らないうちに操られてる可能性あり

最初は「いい人だな」と思っていたはずなのに、関わりが多くなるにつれてなんだか自分の心が疲れていく……みなさんの周りにそんな人はいませんか。それ、ちょっと厄介な「マニピュレーター」と呼ばれるタイプかもしれません。 私たちの心理状態や幸福度の多く…

イエスバット法はもはや時代遅れかも。「そうだね、でも…」連発だと結局なにも生まれない

「たしかにそうですよね。しかし、私はこう思います」と、相手の意見に対して「Yes,」と肯定したあと、「but」と否定し自分の意見を述べる話法をYES,BUT法といいます。 相手の気分を害することなく反論したい場合に役立つとされていますが、この話法の取り扱…

「相手を知ろうともしない人」は仕事で圧倒的に損をする。

会社の上司や部下などの「普段関わることが多い人」を、あなたはきちんと知っていますか? 比較的仲のよい友人や同僚のことは知っていても、こういった仕事などで重要なやり取りをする相手のことはあまり知らない……そんな人も多いのではないでしょうか。それ…

コールド・リーディングのメソッドとは? 12の会話テクニックを紹介!

人の信頼を勝ち取る極意「コールド・リーディング」を、日本における第一人者の著書『コールドリーディング 人の心を一瞬でつかむ技術』などを参考にご紹介します。

「感謝できない人」はやっぱり損だらけ。ありがとうの気持ちを “3つの習慣” で取り戻そう

私たち人間は、他人との関わりなしには生きていけない生き物です。仕事をしているとき、あるいはプライベートでも、お互いに助け合いながらいろいろな物事を進めていきますよね。 でも、そういう “他人からの親切” を当たり前のように感じている人はいないで…

「相手のために無理ばかり」はもう卒業! “健全な境界線” の引き方、教えます。

多くの他人と関わりながら仕事をするビジネスパーソンが成果を出すには、周囲とよりよい人間関係を築くことが欠かせません。しかし、だからこそ上役や取引先との人間関係について悩みを抱えることになります。 「いま、他人を優先しすぎるあまりに精神的に疲…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら