勉強法

仕事効率が上がるノートの使い方。「○○がやわらかいノート」を使ってみたら作業のしやすさに驚いた

色や形が好みでも、そのノートがリングで綴じられていると、購入を躊躇してしまう――そんなことが以前の筆者にはありました。なぜならば、リングノートに対していろいろな不満があったからです。 しかし、そうした不満を解決したリングノートを使ってみたら、…

「仕事と勉強を両立できている人」の “努力しない” 勉強法。アウトプットは○○するだけで十分

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますが、現代社会を生きるビジネスパーソンにとって、この言葉は参考にならないでしょう。情報量が多く、変化がめまぐるしい現代においては、働きながら “学び続ける” ことが求められています。 では、仕…

勉強しても身につかないなら “仕事でよくやる○○” を取り入れて。意外と勉強に生かせる2つの仕事スキル

「仕事をしながらでも、効率よく勉強して資格をとりたい」「実際の業務に活用できるような、意味のある勉強をしたい」 でも、そうするための効果的な方法がわからない……。そんな人は、普段の仕事で使っているスキルを勉強に生かしてみましょう。じつは、仕事…

仕事のパフォーマンスが上がる「効率的で実践的で即効性のある学び」を得るためのシンプルなコツ

勉強の必要性は理解していても、忙しく仕事をこなす社会人にとって勉強時間を確保するのは容易ではありません。限られた時間のなかでいかに効率的に勉強するかは、社会人の大きな課題のひとつでしょう。 そこでアドバイスをお願いしたのは、武蔵野大学で起業…

質のいい学びが長く続く “理想の学び方”。「将来のために何を学ぶべきか?」は考えないほうがいい

社会人たるもの、日々学ばなければならない――。多くの人が、社会人になった瞬間から上司や先輩に口酸っぱく言われてきた言葉だと思います。そうして学ぼうとするとき、「なぜこれを学ぶ必要があるのか?」と考えていないでしょうか。 しかし、広く「社会人の…

学びの専門家が語る「経験から最大限の学びを得られる人」になるための最重要習慣

武蔵野大学で起業家精神を育むアントレプレナーシップ学部の教授を務め、グロービス経営大学院でも講師を務めるなど、広く「社会人の学び」に関わる仕事をしている荒木博行さん。そんな荒木さん自身は、これまでのキャリアを通じて学びをどのようにとらえ、…

理解が進んで記憶が定着! 「コーネル式ノート術」で「資格試験勉強」がかなりはかどる

あなたは資格試験の勉強をするとき、ノートをとっていますか? 難なくノートをとっている方がいる一方で、「わざわざノートをとっていたら時間がかかりそう。勉強の効率が落ちるのではないか……」「いざやってみると、紙面がぐちゃぐちゃになりがち。こんなノ…

勉強したことを「本当に活かせる」人になるための学び方。“3回の○○” で差がつく!

同僚のあの人は、意見を述べるとき説得力がある。どうやら日頃の勉強が活きているようだ。それなのに自分は、勉強をしてもなかなか仕事で活かせていない……。 このように悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 勉強したことを活かせる人とそうでない人――…

ひとりでも勉強を続けるには「7割が○○な教材」を選ぶのが効果的。独学継続3つのコツ

独学を始めてみたが、勉強が続かない。ひとりで勉強する習慣を身につけるのが難しく感じる。やっぱり、自分はスクールのようなところに通って強制的にやらないとダメな人間なのか……。 独学を始めてはみたものの、継続するのが難しいと悩んでいませんか? で…

復習の精度が上がる「間違いノート」のつくり方。成績の上げ方は “○○” を知ればわかる

「資格をとるために勉強しているが、なかなか成績が上がらない」「いつも同じ箇所ばかり間違えてしまう」 成績が伸びない・同じ間違いを繰り返してしまうと感じている人におすすめしたいのが、間違えた問題を1冊にまとめる「間違いノート」です。 今回は、実…

京大研究で判明「文章力が上がる」意外な習慣。社会人こそ「手書きで○○を勉強」するといい

メールやLINE、SNSの投稿に、レポートや書類の作成など―― あらゆるシーンで文章を書く機会は数多く存在します。“書く力は生涯の財産” といった言葉を、目にすることも多いのではないでしょうか。 しかし、仕事においては「文書がまとまらない」「速く書き進…

「心が疲れない人」がやらないこと/頭がいい人の特徴/暗記に効くノート術【2023年人気記事1位~3位】

みなさんは2024年をどのような1年にしたいでしょうか? 2023年は、新型ウイルスによる行動制限が緩和され、リモート勤務からオフィス勤務へ戻るなど、働き方が数年ぶりに大きく変わった1年でした。そんななか、 「オフィスに戻り上司や同僚との距離が近くな…

「やる気はあるのに後回し」な人が今度こそ勉強を始められる方法。○○するのは逆効果!

「資格を取得したくて参考書を買ったのに、結局ほとんど開いてない……」「『勉強しなきゃ』という気持ちはあるのに、机に向かう気にならない……」 こんなふうに、「やる気はある」のについ勉強を後回しにしてしまう……なんてお悩みはありませんか? 今回は、ど…

勉強が苦手な人にもおすすめ「理解が進んで記憶に残る」学び方。“○○感覚” で勉強がしやすくなる

勉強に苦手意識がある人にとっては、文字が多いものより、イラストや図が多い学習教材のほうが取り組みやすいのではないでしょうか。筆者も同じです。 その一方では、自ら絵を描いて学ぶことが、理解と記憶を促進すると考えられています。そこで筆者も教材の…

勉強が苦手な人が「勉強以前にやるといい」3つのこと。○○をはっきりさせれば勉強がはかどる!

まわりを見れば、短期間の勉強で資格試験に合格した人や、たくさん読書をして知識を蓄えている人がいる一方で、「自分は頭が悪いから勉強も読書もはかどらない……」とお悩みではありませんか? まわりと比べると「自分には足りないものばかり」だと感じるかも…

「頑張れないタイプの人」でも勉強を続けられる3つのコツ。“◯◯から始める” のが効果大!

「友人は毎日3時間も勉強して国家資格をとったのに、自分は勉強習慣さえない……」「上司からもっと努力して学べと言われたが、なかなかやる気が起きない……」 「勉強を頑張れない」と悩む人は、一定数いるでしょう。一説によると、努力は才能。つまり、頑張れ…

今度こそ「勉強の習慣化」がうまくいく目標設定のコツ3選。○○さえ決めれば取り掛かりがラク!

「勉強するつもりでいたのに、SNSばかり見てしまって勉強できなかった……」「『毎日勉強するぞ』という目標を何度立てても、毎回達成できない……」 このように悩んでいる人が試してみるといいのは、目標の立て方を工夫すること。 この記事では、科学的知見をふ…

頭のいい人がやっている、常識とは “逆” の勉強法。東大生は○○から勉強している

「勉強をしてもなかなか身についていない気がする」 そんな悩みをもっていませんか? 頑張って勉強しても伸び悩んでいるのなら、新しいアプローチを試すべきタイミングなのかもしれません。時には、常識とは “逆” の勉強方法を試すのも有効ですよ。 その具体…

勉強時間を減らして成果を上げる勉強術。“メタ認知” を活用した「○○」で勉強の質アップ

「資格試験だけでなく、仕事の勉強もしないといけない。でも、これ以上プライベートの時間を削りたくない……」「仕事が忙しくなるにつれ、勉強時間が減ってきた。これでは試験に合格できないかも……」 多忙なビジネスパーソンにとって、勉強時間の捻出は切実な…

「仕事と勉強を両立できる人」がおさえている勉強習慣のコツ3選。勉強前の○○が効果的

高い学業成績を収めていなかったせいで希望する職業への就職に制約が生じてしまった、昇進や昇給のチャンスを逃してしまった……など、「学生時代にもっと勉強をしておけばよかった」と後悔していませんか? 「いまからでも勉強したい。でも、仕事が忙しくてど…

勉強のモヤモヤを乗り越えて「賢くなれる人」がしている3つのこと。知性はこうして育まれる

「インプットすればするほど、どれが正しい知識なのかわからなくなる……」「ビジネスのセミナーに通い続けているけど、キャリアアップに本当に役立つのかな?」 このような悩みを抱えていませんか? 識者は、学びにおける “モヤモヤした状態” は、知性を育む…

東大・京大卒も実践「スキマ時間」勉強術をやってみた。大切なのは「○○化と事前準備」

「勉強を計画的に進められない」「目標までに勉強が間に合わなかった経験がある」「仕事が不規則で、勉強時間をつくれない」「まとまった時間の確保が難しい」 このようなお悩みがある人には、「スキマ時間」の活用がおすすめです。 本記事では、日常に潜む…

「学んだことをちゃんと活かせる人」がしていること。“自分の言葉で覚える力” を鍛えてみた

たくさんの本を読み、進んでセミナーに参加しているわりには、ぜんぜん仕事に活かされていない気がする……。 “学びをまとめる達人” いわく、それは要約ができていないからなのだそうです。そこで筆者は、チェックリストとして使える短冊型のメモ帳を活用し、…

「毎日勉強できる人」はモチベーションに頼らない。代わりにやっているのは “○○だけ” だった

「毎日勉強したいのに、三日坊主で終わってしまう」 「どうすれば勉強を継続できるのかわからない」 とお悩みの人には、「小さすぎて失敗すらできない」ような「小さな習慣」の積み重ねがおすすめです。(カギカッコ内引用元:スティーヴン・ガイズ著, 田口…

効率よく勉強できる人は「メタ認知能力」が高い。学習効果を上げる「4つのルーティン」を取り入れてみた

「仕事と勉強の両立が難しい。やり方が非効率的なのかな……」「勉強が計画どおりに進まず、モチベーションが下がってきている……」 資格試験などのため日々勉強を継続しないといけないのに、あまりうまくいっていない。そんな人には「メタ認知」を高める方法が…

ムダが減るから勉強スピードが上がる! 東大生もやっている「勉強のPDCAサイクル」の正しい回し方

「資格をとりたくて、仕事の合間に勉強しているが、なかなかはかどらない」「語学力を上げるために勉強しているけれど、いまひとつ力がついている感じがしない」 こうした状況に陥ってしまうのは、勉強の段取りがうまくいっていないせいかもしれません。改善…

「勉強時間の圧縮」と「記憶強化」を実現できるノート術。大切なのは “全部書かない” ことだった

「勉強したことを確実に覚えるため、ノートづくりにはこだわっている。でもどうしても時間がかかってしまう……」 こうお悩みではありませんか? 仕事が忙しくて勉強に時間をあまり割けないので、ノートづくりはできるだけ短時間で済ませたい。そしてもちろん…

「連想」を書き連ねて記憶力アップ。勉強に最適な「フィンランド式マインドマップ」を試してみた

学び直しの大切さはよく理解しているが、正直言って勉強は嫌いだ。そんな自分でも取り入れられそうな、いい学習法はないだろうか? ――それなら、教育先進国フィンランドの、マインドマップによく似た「アヤトゥス・カルタ」なんていかがでしょう? いかにも…

勉強しても覚えられない人向け「本当に効果的な繰り返し法」。○○をすれば正答率2倍!

「繰り返し勉強しているのに覚えられない……」「せっかく覚えたことをすぐに忘れてしまう」 「何度も復習しているのに、学んだ内容が身についていない」と悩んだ経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。時間をかけたのに成果が出ていないと、モチベーシ…

頑張れないタイプの人でも自然と勉強できるようになる「仕組み」づくり最大のコツ

努力と気合だけで毎日勉強するのは、多くの人にとって難しいことです。なぜなら「人間は基本的に、ダメな生き物」だから。 ですが「仕組み」があれば、頑張れないタイプの人でも勉強を続けることは可能です。その仕組みとはどんなものなのか、『9割の「努力…

東大合格する人の特徴は「勉強を努力と思わない」こと。当たり前に勉強するための「正しい習慣」のつくり方

勉強がうまくいっている人と、そうでない人の大きな違いは、勉強が習慣化されているかどうかです。 毎日の勉強を、悲壮感なく、過剰な努力をすることもなく、淡々とこなせるようになる方法を、『9割の「努力」をやめ、真に必要な一点に集中する 勉強の戦略』…

努力が報われない「まとめノート」の2大特徴。“書き写す” よりはるかに記憶に残るまとめ方とは?

「試験前はいつもノートを丁寧にまとめている。でも、点数が全然伸びない……」「勉強内容がなかなか頭に入らない。ノートのまとめ方が悪いのかな?」 “まとめノート” をつくっても、あまり勉強がうまくいっていない――そんな方に、勉強でノートをまとめるとき…

「勉強が苦手な人」がノートに堂々と書いてみるといい意外なもの。○○が記憶定着を助けてくれる

何かを覚えたいときは、手で紙に書いたり、落書きしたりすると効果的なのだとか。それなら、勉強への苦手意識がなかなか抜けない筆者でも、無理なく楽しく勉強できそうです。今回は、社会人の筆者が “落書きしながら勉強” にチャレンジしてみました。 【ライ…

効率よく暗記できる人が押さえている4つの基本。たった10分の○○で記憶力が上がる!

勉強した内容を覚えるために、単語帳を見ながらただただ暗記をするといった「努力」主体の覚え方をしていませんか? そのようにして覚えるより、記憶のメカニズムを理解したうえでシステマティックに勉強したほうが、記憶効率も定着率も高いものです。 効率…

まじめにコツコツ勉強するのに報われない人の3つの特徴。東大生は○○をしっかり決めている

「毎日コツコツ努力をしているのに、参考書の内容をすべて理解できない……」 努力が足りないから? それとも頭がよくないから?――いいえ、そんなことはありません。一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏は、成績が伸びないのは頭が悪いからではなく「やり方を間違…

超多忙でも勉強できる人が「時間を生み出す」ためにやっていること。仕事の一部は○○してしまえばいい

みなさんが「勉強」するのには、「給料を上げたい」「転職するための資格が欲しい」といった目標があることでしょう。仕事もあれば家庭生活もある、そんななかに目標のための勉強を割り込ませることができるかどうかは、いかに自分の時間をひねり出せるかに…

東大に受かる人の勉強法が意外と普通なワケ。ラクに結果を出す秘訣は「まず○○する」ことだ

勉強において、苦手なことにどう向き合っていますか? 苦手を克服するために自分ひとりで必死に頑張る……という人もいるかもしれませんが、他者に任せる(=外注する)ほうがずっとスマート。勉強法は自分で組み立てるのではなく、昔から培われてきた王道の勉…

勉強で「成果を出せる人」と「そうでない人」の決定的違い。“報われない努力” はどう防ぐ?

スキルアップのために日々勉強しているビジネスパーソンのなかには、努力が報われて成果が上がる人と、そうでない人がいます。努力が報われる人の特徴のひとつは、「何が自分の課題なのか把握できている」という点です。 『9割の「努力」をやめ、真に必要な…

「繰り返し勉強する」ことの4大メリット。やっぱり繰り返すほどに頭はよくなっていく

繰り返し学習は、その人の自信、理解度、知識の精度を高めてくれるそうです。自己成長のカギとなる可能性もあるんですよ。それぞれ実践を交えながら、詳しく説明しましょう。 【ライタープロフィール】STUDY HACKER 編集部「STUDY HACKER」は、これからの学…

勉強で “メソッド” に取り組む前に必ずやるべきこと。「○○」を正しく把握すれば勉強は自然とうまくいく

自らのスキルアップのために、勉強をしているビジネスパーソンは多いでしょう。学生がする勉強と違って、ビジネスパーソンにとっての勉強は、その成果が収入の増減につながりうるもの。勉強の成果を限られた時間のなかで出すためには、無駄な「努力」をせず…

勉強の努力を最小限にするには「戦略マップ」があればいい。大切なのは “自分の立ち位置” を知ること

スキルアップのために何か勉強していますか? 日々勉強して自分をアップデートしていかなければ、複雑化を続ける現代社会にはついていけないもの。とはいっても、時間もないし、努力も嫌い……という人は多いのではないでしょうか。 そのようなビジネスパーソ…

「勉強したくても時間がない」という悩みの解決法。“勉強するヒマなんてない” は完全な誤解だった

「仕事が忙しくて、まとまった勉強時間がとれない」「スキマ時間に勉強せよと言われても、どこにそんな時間があるのかわからない」 このように、勉強時間がない状況に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 今回は、そんな忙しい毎日でも勉強の時間を確…

「戦略」を立てれば勉強を効率化できる。まずは「とにかく頑張れ」という呪いからの解放を

「勉強をする」というと、「努力」や「頑張れ」といった言葉がセットで語られることは多いもの。努力が大好きな人や頑張ることが必要だと思っている人には、なんの問題ないかもしれません。ですが、「めんどくさい」「努力なんて無理……」と感じてしまう人は…

脳が自然と勉強したくなる! 学び直しをなかなか始められない人が今度こそ勉強するための「3つのコツ」

住民基本台帳に基づく数字によると、日本に住む100歳以上の高齢者は、老人福祉法が制定された1963(昭和38)年には全国で153人でしたが、2022(令和4)年にはその590倍ほどにもなる90,526人となったそうです(参考:厚生労働省|1 R4百歳プレスリリース)。 …

「めんどくさがり」でも勝てる! 努力が苦手な人でもぐんぐん力がついてくる「勉強の戦略」

DXにChatGPT。リスキリング、リカレント教育、学び直し……。社会人になっても相変わらず勉強に追われる日々を過ごしている人は多いでしょう。 「学問に王道なし」「努力は必ず報われる」「努力に勝る天才なし」など……右を向いても左を見ても、世のなかには「…

休日勉強の効率も成果もアップする「理想のスケジュール」。最大のコツは “午後の〇〇” にあった

忙しいビジネスパーソンなら、休日は勉強に時間を割ける絶好のチャンス――しかし、「集中力が続かない」「効率的な勉強の流れがわからない」と悩んではいませんか? 今回の記事では、休日勉強で成果を出すための「理想のスケジュール」をご紹介。筆者が実践し…

勉強できる人は「関連づけ」がうまい。つなげて覚えるのに役立つ “記憶力日本一” 直伝コンセプトマップの書き方

「資格試験に向けて覚えないといけないことが大量にある。どうすれば効率的に覚えられるだろうか……」「いままで試験の前には丸暗記をしてきた。試験は乗りきったけど、あのとき覚えた知識はもう忘れた……」 このような方におすすめなのが、「関連づけ」をしな…

復習効果がすごい。メモ術「ツェッテルカステン」×「付箋ノート」が勉強内容の整理に最適だった

もしも、社会人のあなたが勉強に対して苦手意識があり、それでいて学び直しの必要性を強く感じているならば、少しでも楽しく、少しでも効率よく、そして、できるだけ負担の少ない勉強法を求めるのではないでしょうか。 そこで、大人になっても “勉強” という…

「頑張って勉強しているけど……本当に成長できてる?」と思ったときに確認したい2つのこと

「読書好きと言われるくらい本を読むけど、内容を何かに活かせている気がしない……」「休日に頑張って勉強しているのに、何日かたつとさっぱり何も覚えていない……」 せっかく時間を割いて読書や勉強をするのなら、学んだ知識をしっかりと活用し成長につなげた…

読むのが遅い私が1冊にかかる時間を3分の1に短縮できた、マッキンゼー出身者推奨の「読書法」

「読むスピードが遅いから、本で勉強するのは効率が悪いと感じる……」「いつも集中力が続かなくて、読書をしても苦痛に感じる……」「時間がなくて、本を読めない……」 このように読書に対して苦手意識や悩みがある人でも、楽に読書ができるようになる方法があり…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト