教養

「幸甚」の意味&読み方&使い方が70秒でわかる!

「幸甚」の意味や使い方、わかりますか? 豊富な例文・類語とあわせて解説します。

ガバナンスの意味は? コンプライアンスとの違いを解説!

ガバナンスの意味は何か、コンプライアンスとの違いは何か説明できますか? この記事を読めば、コーポレートガバナンスについてスッキリ理解できます。

フォーマットとは? 正確な意味を確認しよう

フォーマットとは何か、正確な意味をご存じですか? 「テンプレート」や「フォーム」との違いを確かめてみましょう。

サイレントマジョリティーの意味を徹底解説! ニクソンとの関係は?

サイレントマジョリティーの意味をご存じですか? ニクソン大統領との関係も含め、わかりやすく説明します。

サブスクとは? メリット&デメリットを徹底解説!

最近話題のサブスクとはなんなのでしょう? 定義はもちろん、対義語や類義語もあわせて解説します。

精査の意味とは? 類語・使い方を知って一歩前へ!

精査の意味を正確にご存じですか? 類語・使い方も含め、くわしく解説します。

故事成語「百聞は一見にしかず」の意味とは。仕事・勉強にどう活かせる?

故事成語「百聞は一見にしかず」の意味や語源、類義語・対義語を解説します。実生活で活用する方法も。

承認欲求と自己顕示欲の違いは? 意味を比べてみよう!

承認欲求と自己顕示欲の違いを詳しく解説します。強すぎる承認欲求&自己顕示欲を手放すための方法も。

「十分」と「充分」に違いはある? 意味&使い分けを徹底解説!

「十分」と「充分」に違いはあるのでしょうか? 意味を詳しく解説したあと、使い分けをわかりやすく紹介します。

「勉強」の意味とは? なぜ勉強するのか深堀りしてみた

勉強とは何か、意味や語源を調査しました。類義語と比較しつつ、勉強の意味を掘り下げます。勉強に関する有名人の名言も多数紹介。

自尊心と自己肯定感の違いとは? 意味をわかりやすく解説!

「自尊心」と「自己肯定感」の違いをわかりやすく解説。「自信」「自己愛」など類語とも比較しています。

勉強中の「脳に最高」な手軽すぎる “あの習慣”。脳機能が強化され学習能力が飛躍する!

勉強に熱心なあなたは、道具をそろえ、環境を整え、あらゆる勉強法を試しながら、日々勉強に励んでいることでしょう。しかしながら、足もとへの配慮は不十分かもしれません。 今回は、勉強によく効く「裸足」に関する知見と、能率を高める「裸足勉強」のコツ…

【最新研究】デキる人を目指すならやっぱり「手書き」。手で書くことが脳にもたらす5つの重要メリット

デジタルデバイスの普及で、手で何かを書く機会はだいぶ減りましたが、あえてその機会を増やす価値は大いにあります。やっぱり「手で書くことには意義がある」と述べたくなる5つの理由を、最新の研究結果を交えつつ紹介しましょう。 1. 手書き習得が「高度な…

頭が働かなくて困ってない? 小学生にはおなじみの “アレ” が前頭前野を活性化させる

音読は大脳の約70%を活性化させ、脳機能を高めると研究で明らかにされているそうです。そのため「音読で頭がよくなる」などと言われていますが、じつは書写だって負けていないのです。 「脳のエンジンを全開にして仕事や勉強に取り組みたい」「脳が活性化す…

【最新メタ分析で判明】認知機能を改善する運動はこれだ!【家でできる】

最新のメタ分析研究で、どんな運動を、どの程度、どんなふうに行なえば、認知機能が改善するかわかったそうです。 「いまひとつ頭が働かないので運動したいが、疲れるのは嫌だ」という人が喜ぶ内容かもしれません。運動が及ぼす影響について掘り下げつつ、紹…

プロスペクト理論とは? 行動経済学をビジネスに応用する方法

行動経済学におけるプロスペクト理論とは何か、わかりやすく解説。フィア・アピールやフレーミング効果をビジネスで実践してみましょう。おすすめ本の紹介も。

バンドワゴン効果とは? 販売成績を上げる3つのテクニック

バンドワゴン効果の意味と実践的な活用方法を、どこよりもわかりやすく解説します。

体内時計が狂っていると「思い出す力」も衰える。不規則な生活は今すぐ改善せよ

わたしたちの脳や体には、約24時間周期で体内環境のリズムをつくる「体内時計」が存在します。たとえば、日中は血圧を上げて活動しやすい状態を保ち、夜には睡眠ホルモンを分泌させ眠りやすくしてくれます。 じつはこの体内時計、「記憶の想起(思い出すこと…

トートロジーの意味とは? 気をつけたい、論理崩壊の話法

トートロジーの意味を、例とともにどこよりもわかりやすく解説! 職場で気をつけたい話し方のコツを紹介します。

固定概念の意味とは? 固定観念・既成概念との違いを解説。

「固定概念」の意味をわかりやすく解説。固定観念・既成概念など類語との違い、使い方の例も。固定概念にとらわれることなくアイデアを生み出せる方法も紹介。

2020年のカラーオブザイヤー「クラシックブルー」が私たちにもたらしてくれる6つの効能

印刷物やアパレル製品など、さまざまな分野で色見本帳を提供している PANTONE(パントン)が、2020年のパントン・カラー・オブ・ザ・イヤーとして、「クラシックブルー」を発表しました。 PANTONE によれば「クラシックブルー」は、わたしたちの精神に安らぎ…

「新近効果」と「初頭効果」の違いは? 使い分けを丁寧に解説!

新近効果とは? 初頭効果との違い・使い分け方を解説します。使いこなしてプレゼン・商談を成功させましょう!

ゲシュタルトの法則とは? 資料作りの前にチェック!

ゲシュタルトの法則における7つの要素を、例とともにわかりやすく解説。資料作りに役立てましょう。

「すごい」「やばい」が口癖だと意外と得する科学的理由。“語彙力が乏しい” と馬鹿にしてはいけない。

きちんとした日本語を話そうと心がけている人は、「すごい」「やばい」と言っている人々に対し、“語彙力が足りない” と呆れているかもしれません。でも、じつは「すごい」「やばい」を口癖にしていると、意外と得するらしいのです。 キーワードは【知的好奇…

ピーク・エンドの法則とは? 活用する3つの方法

ピーク・エンドの法則とは何か、多数の例とともに解説。仕事や生活で活用する方法も紹介します。

スリーパー効果とは? ビジネスでの活用法を丁寧に解説

スリーパー効果とは、情報は覚えていても情報源を忘れてしまう心理現象。うまく利用すれば、ビジネスで優位に立てますよ。

なぜ社会人こそ歴史を学び直すべきなのか。偉人エピソードに共感できたら「大人になった証」

キャリアアップやスキルを磨くための “大人の学び直し” が注目されている昨今。すべてのビジネスパーソンにすすめたいのが「歴史」の学び直しです。 学生時代は、暗記科目としての印象が強かった歴史の授業。そのため、苦手意識を持つ人もいることでしょう。…

ローボール・テクニックで「断れない状況」作れます。悪用厳禁のズルい手法とは

「ローボール・テクニック」は、心理学を利用して、相手にとって断りづらい状況を作る手法です。ローボール・テクニックの意味や、活用法、ローボールテクニックを使われたときの対処法をご紹介しましょう。

仕事や人生に疲れたら「炎」を見るのがいい。ゆらぎが心にもたらす大きな効果。

近年、「焚火」のリラックス効果が注目され始めています。キャンプに行って焚火を囲んだり、静かに炎を見つめたりすることの癒し効果に、病みつきになる人が急増しているのです。 普段あまりキャンプに馴染みのない人でも、林間学校や文化祭などでキャンプフ…

1日1回10分でOK! 現代人の「脳」に効くのは、噛んで楽しむ “あのお菓子”

今日もいまひとつ調子が出ない。目はかすむし脳も働かない。どこでも買えてリーズナブルで、即効性のある薬はないだろうか……。 あります! でも薬ではありません。駅でもコンビニでも、どこでも買えて、しかも安い。その名は「ガム」です。 ストレスを避けら…

記憶のデータベース「言語性知能」は今からでも伸ばせる! 音楽・読書・ルテイン摂取が有効なワケ。

もっと賢くなりたいなら、あるいは目標を達成したいなら、とにかく知能を向上させましょう。「もう大人だから無理なのでは?」などと心配する必要はありません。年齢を重ねても鍛えられる「言語性知能」を伸ばす方法を紹介します。 知能とは? 「知能」に関…

“あの同僚” がサボる理由を「ゲーム理論」で考察してみた。

誰かに手伝ってもらわないと仕事ができない同僚に困った経験はありませんか? たとえば、翌日に大きなイベントが控えているとき。資料作成やら会場のセッティングやらやることがたくさんあるなかで、自分から「私、会場のセッティングに回りますね」と言える…

「運動習慣」で年収が左右される科学的根拠。スクワットで成績も5割増しに!?

失敗の原因ははっきりしていた。 走り込みの不足、走り込みの不足、走り込みの不足。 これに尽きる。 (引用元:村上春樹(2007),『走ることについて語るときに僕の語ること』, 文藝春秋.) これは、世界的作家・村上春樹氏が「走ること」をテーマにして書…

12球団でコスパ最強なのは「広島カープ」だった。逆にコスパが悪いのは……?

日本の国民的スポーツのひとつ「野球」。テレビや球場でただ観戦するだけでなく、プロ野球球団を財務的な「効率性」の視点からちょっと分析してみませんか? 興味深いことがわかりますよ。 コスパ最強の球団はどこだ!? ここでは、各球団の所属選手の年俸総…

年齢を重ねると脳の得意分野も変わる。大人脳のトレーニングに「暗算」と「そろばん」がいいワケ。

ワーキングメモリとは、学習・理解・推論といった複雑な知的操作を含め、何かをする際に情報を一時的に保持して行動につなげる脳のシステム。仕事や勉強だけではなく日常生活のパフォーマンスにも大きく影響します。 しかし、ワーキングメモリの資源は限られ…

悪意のある統計に要注意! 「因果関係」で見抜くデータの真意

データをどう読み解けばいいかわからない。どのデータを信用したらいいかわからない。そう悩んだことはありませんか。 プレゼンテーションに対するよくある批判として、「データがないから説得力に欠ける」というものがあります。確かに、統計などのデータを…

目は脳ほどに物を言う!? 「ひらめき」と「瞳孔」のおもしろいカンケイ。

視覚を正常に保つには脳の健康を守ることが重要であり、脳の負担を減らすには目の健康を守ることが重要だといいます。そんななか、とても興味深い研究が発表されました。わたしたちが“ひらめいた”とき、わたしたち自身が意識する以前に、瞳はその状況を示し…

『人・本・旅』から学ぶ。賢い社会人の “教養の身につけ方”

みなさんは、教養(リベラルアーツ)を身につけるために自身で何か取り組んでいることはありますか。 文部科学省が示すところによれば、教養とは「個人が社会とかかわり、経験を積み、体系的な知識や知恵を獲得する過程で身に付ける、ものの見方、考え方、価…

音楽で勉強に集中できる4つの理由。「ながら勉強」に効果はあるのか?

集中して勉強するのに音楽を聞いてもOK? 勉強中の音楽の効果と、おすすめアプリを紹介します。

教養として「世界史」を学ぶ。大人におすすめしたい良書5選

「教養」として世界史を学びなおすべきだ――このような主張を耳にしたことはないでしょうか? 21世紀は「教養としての世界史」が注目を浴びている時代です。Study Hacker読者の皆さんも、興味をお持ちになったことがあるかと思います。 とはいえ、「世界史」…

猫との生活が私を変えた。“癒される” だけじゃない、「ペット」という存在の大きな効果。

毎日の仕事や勉強に追われて、うまくストレスを解消できていないと悩んでいる方はいませんか。そんな方におすすめしたいのが、“ペットを飼う” ということです。 じつは筆者はもともと大の動物好きで、道端で野良猫などを見かけたら嬉しくてふらふらとついて…

スマートフォンで目が悪くなる!? 視力低下を防ぐ "伝統的" な2つの方法

「最近ちょっと目が悪くなってきた」という人から「裸眼ではとても生活できない」という人まで、視力の低下に頭を悩ませる人はたくさんいます。学校の黒板に書かれた文字を読むのに苦労したり、パソコン作業のあと視界がぼやけて見えにくかったりと、あらゆ…

統計のマジックに踊らされるな! 正しい判断のための "数字リテラシー" の鍛え方

テレビを観たり、新聞を読んでいると支持率や経済成長率、会社では売上やアンケートに来場者数など、私たちはたくさんの数字に取り囲まれています。 皆さんは、そんな数字を正しく読めている自信はありますか? マスコミやメディアで報道される数字だけを見…

心地よい「眠りの技術」を身につける。起床と就寝、2つのルール。

世の中には色々な「睡眠方法」を紹介した情報が溢れている。夜型より朝型がいい。寝る前にはホットミルクを飲むといい。まくらは高いものを用意した方がいい……。そんな風に聞いたことのある人も多いはず。

運動で頭が良くなる! 勉強に効果のある運動と、最適なタイミング。

勉強と運動。一見、相反するものだと思っていませんか? 勉強するなら運動の時間を削らないといけないし、思い切り運動をしたいなら勉強する時間は取れない。多くの方がそう感じていると思います。 受験や論文執筆などのために部活を引退した人であれば、「…

姿勢を正せば集中できる! 仕事と勉強の効率を上げるための "良い姿勢" の作り方

「どうしても終わらせなきゃいけないことがあるのに、なかなか目の前の作業に集中できない」 そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか? そんな時は、自分の今の作業している姿勢を確認してみてください。あなたは今、猫背になっていませんか? …

作業のお供におしるこはいかが? 意外な栄養食おしるこの魅力

夜遅くまで仕事や勉強を続けていて、小腹が空いてついつい食べ物に手を出してしまった……。そんな経験はありませんか? 特に夜遅くに食べたくなるのが甘いもの。気づけばチョコレートやクッキーを相当な量食べてしまっていた、なんてことも少なくないと思いま…

水素水、マイナスイオン、ゲーム脳。はびこる 「エセ科学」を信じるリスク。

「水素水は体に良い」「いやそんなことは証明されていない」……。水素水の健康効果が本当なのか嘘なのか、話題になったのはつい先日のこと。巷には、水素水のように、もっともらしい科学的効果を謳った商品や方法論(エセ科学、疑似科学)が溢れ返っています。

自宅が汚い人は仕事ができない! 空間心理学で紐解く、成功する人の片付けのコツ

「机の乱れは心の乱れ」 昔からよく言われているフレーズですよね。筆者の個人的な経験では、学生や社会人を問わず、自室や学校、職場の机の上が汚い人ほど、勉強や仕事ができないという割合が多いようです。

『ポケモノミクス』のビッグウェーブ! しっかり稼いでいる人は何が違うのか。

2016年7月6日(木)にアプリ「ポケモンGO」がオーストラリアでリリースされたのを皮切りに世界各国で次々にリリースされ、日本でも7月22日(金)に正式にリリースされました。海外で大旋風を巻き起こしたアプリの日本上陸を心待ちにしていた方も多いのではな…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら