モチベーション

無理に “手放さなくていい” 3つのもの。あなたの「捨てたくない」という感覚は正しかった

メンタルヘルスの改善や学習の効率化のために「無駄なものは捨てるべき」「断捨離しよう」とよく聞きますが、「そう言われても捨てられない……」と思う人もいますよね。 「無理してでも捨てなきゃ……」と焦らなくても大丈夫。ものを捨てられない・捨てたくない…

「やりたいこと」がわからないなら「やりたくないこと」をやめてみて。行動を起こすための “余白” をつくろう

「自分が好きなことに意欲を燃やしたい。そして、自分らしく生きたい」 ――道に迷いながらそう願うとき、人は “自分がやりたいこと” を模索し始めるかもしれません。しかし、そこから始めるのは意外と難しいそうです。最初に行なうべきなのは「自分がやりたく…

「楽なほうに流されて勉強できない」という悩みを “たった10秒” で解消する方法。

「仕事が終わったら本を読んで勉強しようと思ったけど、疲れたから明日でいいや......」「資格試験のために参考書を買ったけど、勉強はやっぱり面倒くさいな......」 日々の忙しさにかまけて、楽な選択肢にいつも流されてしまう人は多いのではないでしょうか…

起き抜けの “疲れた感じ” をサクッと解消できる3つの方法。たった20秒からできる!

朝起きたとき、前日の疲れが残っている感覚はありませんか? そんなときでもサッと疲労回復して、気持ちよくその日の仕事をスタートできたらいいですよね。 そこで今回は、前日の疲労を引きずりがちな人へ、朝のたった数分で疲れがとれる習慣を3つご紹介しま…

「トップ5%リーダー」は部下のやる気をあてにしない。代わりに “2つの仕組み” で仕事の質を上げている

チームを率いる「リーダー」は、もちろんメンバーのなかで優秀な人が選ばれます。ただ、リーダーたちのなかにもトップレベルの優秀なリーダーもいます。そんなエリートリーダーにはどんな特徴が見られるのでしょうか。 延べ17万3,000人のビジネスパーソンの…

一流は「メンタル管理」もすごかった。イチローが “打率を見ない” 深いワケとは?

ストレスを抱えやすい ちょっとしたことで落ち込みやすい モチベーションが安定しない こういった「メンタルのブレ」に振り回され、仕事の生産性が落ちることもあるもの。そんなときは、各界の “一流” たちの「メンタル管理術」をまねてみるといいかもしれま…

【いますぐできる】勉強のモチベーションを上げる方法7つ×アプリ9選

社会人になり、勉強のモチベーションを上げるのが難しくなったと思いませんか? モチベーションアップに効く具体的な方法やアプリ、本、名言を多数紹介します。

私の本当の長所って何……? たっぷりの付箋を使い「自分の強み」を丁寧に探ってみました。

自己評価が過度に低く、仕事に行き詰まりを感じている。 弱点の克服ばかりに目が向いて、長所を伸ばせない。 このような悩みに思い当たる人は、自分の強みを知ることから始めてみましょう。そうすれば、自己肯定感が高まり、仕事で成果を上げられる可能性が…

朝に「5分」とれたらぜひやってほしい6つのこと。あなたが朝のルーティンにしたいのはどれ?

メンタルを安定させて、いつもいいパフォーマンスを発揮したい。何かしら、自分にとって “いいこと” を朝のルーティンにしたい。そんなあなたへ、「5分」あればできる朝の良習慣をご提案します。 「朝はどうしてもテンションが上がらない」「頭が働かず、行…

3人の成功者に学ぶ “黄金のルーティン”。孫正義氏が日課にしていた「1日15分の発明」とは?

ビジネスの世界で活躍する成功者の多くは、何かしら独自のルーティンをもっていることが多いもの。 判断の迷いがなくなり、時間を有効活用できる。勉強や努力もルーティンに組み込んでしまえば、「自然で当たり前の行動」として楽に継続できるようになる――そ…

“脳と心に悪い” 3つのNG習慣。充実した毎日を送っていても、脳の働きが落ちてしまうワケとは?

以下のうち、あなたに当てはまるものはありませんか? 意欲が低下し惰性で働いている 悲観的な思考が続いている 心動くような楽しいアイデアがひらめかない もしひとつでもあるなら、心や脳に深刻な影響が及んでいる可能性大……! 悪い習慣を手放し、脳の元気…

“心が疲れない人” の1日の過ごし方。「あの人はなぜいつも楽しそうなのか?」その理由が明らかに!

「いつも笑顔の同僚がうらやましい。でも、自分は仕事を楽しめてないから、あの人のようには笑えないな……」「仕事をこなすばかりの毎日で、心が疲れてきた。楽しさを感じられるときがない……」 こうした悩みを抱えるあなたに、心を疲れさせない1日の過ごし方…

1分からできる。「疲れてるけどもう少しだけ頑張りたい」ときにおすすめの “脳リセット法”

疲労がピークに達し、もう限界……。やるべき仕事はまだ残っているのに、疲れで頭が働かない……。 疲れがたまりやすい終業直前や週の後半などには、こんなつらい状況に追い込まれてしまうことも多いものですよね。 疲労研究を手がける内科医の倉恒弘彦氏によれ…

仕事ができなくて全然自信がない……。そんなあなたが夜に記録するべき「3つの大切なこと」

「同僚のあの人と比べて、なんで自分は仕事ができないんだろう……」「毎日忙しく働いているわりに、成長している実感がもてない……」 このような悩みがある人へ、今回は「夜に記録するといいこと」を3つご紹介します。自信がついたり成長につながる気づきを得…

京大名誉教授「机にかじりついても可能性は伸びない」。勉強できる大人は “○○の時間”を大切にしていた

休日返上で勉強を頑張っているのに、結果が出ない…… 仕事以外の時間は勉強に充てているのに、知識が身についた実感がない…… このように、勉強を頑張っているのに成果がともなわないと悩む人は、机にかじりつく時間を減らして、あえて趣味の時間をつくってみ…

大谷翔平選手の「マンダラート」を分析したら、仕事に活かせる “3つの教え” が見えてきた。

大谷翔平選手といえば、メジャーリーグで “投打二刀流” として大活躍し、2021年にはMVPにも選出されたまさにスタープレーヤー。その大谷選手が、9×9マスの「マンダラート」というシートを使って野球選手としての目標設定をしていた——というのは有名なエピソ…

なぜかうまくいきやすい「EQが高い人」の3つの習慣。自分の機嫌、自分でとれますか?

EQ(Emotional Intelligence Quotient)という言葉をご存じの人は多いかもしれません。EQとは、「自分の感情をうまく管理し、利用できる」能力のこと。“心の知能” とも呼ばれる、対人関係において重要なスキルです。 EQはビジネスでの成功に欠かせないことか…

「やりたくないこと」を言語化しまくるメリット。“嫌なこと” を特定すれば望む方向に進める!

ドミニカン大学カリフォルニア校の心理学教授、ゲイル・マシューズ氏が行なった実験によると、目標は頭のなかだけで考えているより、書き出したほうが達成率を高めるそうです。しかし、書き出したものが自分の気持ちを無視した目標だと、あまりいい結果は望…

アンバランスな気分が整う。モヤモヤが消えて脳と心がスッキリする「方眼ノート習慣」

異常気象や自然災害、感染症の拡大に、世界情勢の不安など――人々はこの数年間、とても大きなストレスを感じ続けているのではないでしょうか。こうした状況は、仕事や勉強、もちろん日常生活にも、さまざまな弊害をもたらすはずです。 しかし、私たちには “言…

一度上げれば下がらない「鋼の自己肯定感」を得る方法。朝晩 “この言葉” を言うだけでいい

昨今、多くのメディアで「自己肯定感」の重要性について見聞きします。ただ、その重要性を理解しても、自己肯定感を高める具体的な方法を知る必要があるでしょう。 そこでアドバイスをお願いしたのは、著書『鋼の自己肯定感』(かんき出版)が注目を集める宮…

シリコンバレーのエリートが高い自己肯定感をもつ理由。彼らは “これ” の達人だった

AppleやGoogleなど数多くの世界的IT企業が拠点とするシリコンバレー。そのシリコンバレーに住み、多くの優秀なビジネスパーソンと交流しているのが、著書『鋼の自己肯定感』(かんき出版)で注目を集める宮崎直子(みやざき・なおこ)さんです。 宮崎さんは…

自己肯定感を「上げたい」のに「上げられない」人は、“こんな勘違い” をしている。

近年、教育の場のみならずビジネスシーンなどさまざまな場で見聞きする「自己肯定感」という言葉。ただ、その定義や解釈は人によってまちまちです。 著書『鋼の自己肯定感』(かんき出版)で注目を集める宮崎直子(みやざき・なおこ)さんによると、自己肯定…

勉強に疲れた私が「ストレス対処法を100個」書き出した結果。はたして勉強のストレスに強くなれたのか?

忙しく働きながら勉強をしていると、心身に負担がかかるもの。疲れているのに勉強しなくてはいけないときや、なかなか点数が伸びないときなどには、特にストレスがたまりますよね。 ストレスを放置したままでは、勉強にいっそう支障をきたすもの。そうならな…

「最高の1週間」をスタートさせるため、社会人が “月曜の朝” にやるべき4つのこと。

みなさんは、月曜の朝をどのような気持ちで迎えていますか? 爽やかに迎えられる人がいる一方で、憂うつ感があったり、1週間を乗りきることへのプレッシャーを感じたり、仕事モードに切り替えるのが難しかったりする人もいるでしょう。 時間管理コンサルタン…

「損だけは絶対したくない!」という気持ちを利用すれば勉強を習慣化できる。その2つの方法

人間には、「損失回避」の特性があるそうです。損失回避とは、意思決定を行なう際に “損失を避けようとする傾向が強いこと”。 じつはこの損失回避が、勉強の習慣化にも役立つそうですよ。人間の “損したくない感情” を掘り下げ、勉強の習慣化に役立てる方法…

心が疲れやすい人におすすめのメンタルケア習慣。「バレットジャーナル」で自分を大切にして。

強いプレッシャーや不安を感じたり、仕事のことでイライラしたりしがちなあなた。疲れた心をケアできていますか? 「忙しくてセルフケアにまで手が回らない」「よく落ち込むけれど、対処法がわからない」という方に、バレットジャーナルを活用した、効果的な…

「すぐ悪いほうに考える癖」を修正できる日記習慣。“もうひとりの自分なら?” の視点が大事だった

「仕事で失敗するとひどく落ち込み、翌日まで引きずってしまう」「指摘を受けると、自分を否定された気がする」 このように、後ろ向きな思考が癖になっている人は、認知療法のひとつであるABCDE理論を応用した「メンタフダイアリー」をつけると、気持ちが楽…

チャートでわかる「勉強中の休憩法」あなたに最適なのはどれ? やる気・集中力を取り戻そう

勉強中の休憩時間。スマートフォンでSNSをチェックしたり、テレビを見たり、ソファで横になったりして、ちゃんと休憩したつもりなのに、疲れがいまいちとれずやる気も戻らない……。 そんなことがよくある人は、以下のチャートをたどってみてください。 自身の…

「知らぬ間に成功を遠ざけがちな人」は、この “4つの勘違い” をしている。

成功がどんどん遠のく人々には、ある共通点があります。それは、間違った思い込みが、大きな妨げになっていることです。 「成功するのは難しい」「私では力不足だ」「成功者にならい無欲にならなければ」「みなが応援してくれる、この夢を叶えなければ」 と…

4つの「幸せホルモン」とは? 出し方&効果を脳科学的に説明します。

幸せホルモンとは、セロトニン、オキシトシン、ドーパミン、エンドルフィンのこと。それぞれの効果と出し方を脳科学的観点からわかりやすく解説します。

うまくいく人の習慣「目標を紙に書く」――大谷翔平選手もサブウェイ創業者もやっていた!

「頑張ってもうまくいかない人」と「目標をどんどん達成していく人」――いったい、両者にはどんな違いがあるのでしょう? 成功を導く習慣のひとつとして今回注目するのは、「目標を紙に書く」という習慣。 実際に目標を書いて成功をつかんだ人々のストーリー…

「心が疲れない人」の3つの思考習慣。「心が疲れやすい人」の考え方とは “ここ” が違う。

些細な物事にストレスを感じる……。悩みをクヨクヨと引きずりやすい……。 そんな「心の疲れ」に関するお悩みは、ものの考え方・とらえ方を少し改めるだけで改善できるかも。今回は「心が疲れない人」になれる3つの思考法をご紹介します。日常的ストレスへの正…

目標の曖昧な人が、紙1枚に15分間書くべきこと。理想を描ける「未来の文字化」メソッド

みなさんは、夢や目標をもっていますか? もしもっているなら、それを叶えたいと思うのは当然の心理です。そのための方法を解説してくれたのは、「思考現実化コーチ」の横川裕之(よこかわ・ひろゆき)さん。 「目標を叶える」ことを「思考を現実化する」と…

考えを現実化するには「文字化」が欠かせない。結果を出せる思考習慣の身につけ方

「思考は文字化すると現実化する」と聞くと、どんな印象をもつでしょうか。なかには、「どういうことなのか、あまりイメージができない」人もいるかもしれません。 しかし、そのままズバリ『思考は文字化すると現実化する』(WAVE出版)という本の著者であり…

【科学が証明】行動力が自然と右肩上がりになる3つの方法。やっぱり “書く” のが最強だった

「私にはまったく行動力がない」とお考えですか? それはきっと間違った思い込みです。行動力を高める術を、まだ知らないだけではないでしょうか。あなたの行動力が自然と右肩上がりになる、科学に裏打ちされた実践法を3つ紹介します。 【方法1】あえて夢と…

「劣等感」のせいで勉強意欲が下がりがちな人のための “4つのアドバイス”

「どれだけ勉強しても結果が出ない。私って頭が悪いのかも」「資格試験の成績が同僚より低い。記憶力が悪いせいだ……」 ふとそんな劣等感を抱き、勉強のモチベーションが下がることってありますよね。そんなときは、本記事でご紹介する4つの対処法を試し、や…

「他人と比べて落ち込む人」に試してほしい、たったひとつのこと。

「友人は転職に成功し年収もアップ。それに比べて自分は……」「同僚は昇級試験に一発で合格。それに引きかえ自分は……」 このように、ほかの誰かと自分を比べて気分が落ち込むことはありませんか? 脳科学のスペシャリストいわく、他者と自分を比較してしまう…

紙とペンで進める自己対話が効果的。「不安だらけの自分」から「理想の自分」に変わる最強4ステップ

「不安」とは、私たちがもつ危機管理能力のことです。ジャングルのなかでは、「どんな猛獣に襲われるかわからない」と不安になって用心するからこそ、自分を守ることができます。 ただ、不安が多すぎるのは、精神衛生上いいことではありません。行動心理学、…

「偽りの自分」でいたらずっと成長できない。嫉妬心を消して「本当の自分」を手に入れる方法

「今の自分には何かが足りない……」という不安をもっている人はいませんか? そういう人は、「偽りの自分」で生きているかもしれず、これはあまりいいことではありません。ビジネスパーソンとしてのパフォーマンスが上がりにくい状態にあるからです。 そう指…

あなたが「不安」を手放せない2つの理由。不安を消せると言われる “あの方法” が実は間違っていた

「先が見えない」「不安定」と言われる現代社会、多くの人が「不安」を抱えながら生きていると思います。では、そもそも「不安」とはいったいどのようなものなのでしょうか。そして、どうすれば不安を手放すことができるのでしょうか。 行動心理学、解剖生理…

“本当に頭のいい人” かどうかがわかる「7つのチェックリスト」

社会で活躍する “頭のいい人” に憧れる人は多いでしょう。 「頭のいい人になりたいけれど、どういう言動をとれる人のことを “頭がいい” と言うのかな……」 あなたがそう疑問に思うのも無理はありません。“頭の良さ” はひとことで定義できるものではないからで…

メンタルの弱さを克服する3つの習慣。本当に優秀な人がもつ「AQ:逆境指数」の高め方

ピンチになると弱く、力を発揮できなくなる ちょっとした失敗で心が折れてしまう 失敗を恐れ、新たなチャレンジに踏み出せない そんな “メンタルの弱さ” にお悩みの方に知っていただきたいのが、AQ(逆境指数)という概念。AQを高めれば、あらゆる逆境をたく…

「つらい気持ち」をいますぐ手放せる7つの方法。どれかひとつでも試してみて。

仕事がうまくいかない。人間関係のことで悩み心が落ち着かない。そのうえテレビやインターネットでは暗いニュースばかり。つらい気持ちがどんどん膨らんでいく……。 そんなあなたに向けて、「つらい気持ちをいますぐ手放せる方法」を7つご紹介します。どれか…

やる気不足だった私が、勉強意欲アップに成功した方法。「モチベーション曲線」がかなり使える!

「勉強しなきゃいけないと思うのに、やる気が出なくてあと回しにしてしまう」「日によってやる気にムラがあり、勉強に毎日取り組めない」 このように勉強でやる気をなかなか出せず悩んでいる人は、自分の “感情” に目を向けてみると、状況を改善できるかもし…

寝る前10分の “書く” 瞑想。「日記×マインドフルネス」の組み合わせがメンタル不調時に最適だった

「不安や不満をため込んで、精神的に疲れてしまった……」「前向きな気持ちになれず、仕事や勉強に身が入らない……」 こうしたメンタルの不調に悩んでいる方は、マインドフルネスと日記をかけ合わせた「セルフ・ナレーション日記」を試すとよいかもしれません。…

「疲れが全然抜けない人」の日常習慣3つ。脳は “これ” にエネルギーを使いすぎている

「休日にゆっくり休んだのに、疲労感が消えていない……」「いつもなぜか疲れを翌日に引きずってしまう……」 もしこのような悩みを抱えているなら、疲れがたまりやすい行動が習慣になっているのかもしれません。今回の記事では、「疲れが全然抜けない人」がしが…

もう勉強したくない……そんなあなたでも行動できる11の方法

もう勉強したくない……仕事の勉強なんてしたくない……そんなあなたでも、行動を起こせる方法があります。

医師推奨。“夜のたった数分” で社会人の疲れをとる3つの習慣。「1分の○○」で自律神経が整う

仕事がとにかく忙しく、常に神経を張り詰める毎日。心身ともに疲れることばかりで、しかも疲れがどんどん増している気がする……。 このような悪いループにはまってしまうのは、疲れを日々リセットできていないから。きちんと疲れをとらなければ、翌日以後のパ…

脳科学者がすすめる「最高の独り時間の過ごし方」。社会人は “孤独な時間” をもつべきだ

仕事を終えた夜の独り時間に、休日の独り時間。なにげなく過ごすのも悪くはありませんが、せっかくなら脳にいい過ごし方をしてみませんか? 今回は、脳科学者らがすすめる「最高の独り時間の過ごし方」を4つご紹介しましょう。独りになると何をしたらいいか…

理想の習慣を続けられて、やめたい習慣を減らせる。「行動デザインシート」を勉強に活用してみた

「一日○分勉強しよう」と決めてもなかなか続けられない原因は、日々のちょっとした行動にあるかもしれません。行動を改善して勉強を習慣化するステップを、実践例も交えながら詳しくご紹介しましょう。 「行動デザインシート」とは 「行動デザインシート」が…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら