モチベーション

“本気の勉強” を再開したい大人のための4つのモチベーション維持術。勉強場所はときどき変えなさい。

文部科学省の勉強に対する意識の調査によると、高校3年生の時点で「勉強が好きだ」という問いに「そう思う」と答えたのは、わずか4.6%だったとのこと。「確かに自分も学生のころはあまり勉強が好きではなかった……」という大人の方も多いのではないでしょう…

「孤独を愛する人」が強い8つの理由。“ひとり好き” は無理に友だちを作らなくていい。

「孤独」という言葉には、ネガティブなイメージがつきまといます。それゆえに、新しい環境に足を踏み入れる際は、「溶け込まなければ」「友達をつくらなければ」と、プレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか。 あまり社交的ではない人には、大きな…

やる気のもと「ドーパミン」を脳内で増やす4つの方法。“やる気が出ない” は科学的に改善可能。

課題の提出、会議の書類の作成……。「大事なことをやる必要があるのに、やる気が出ない」という経験をされたことはありませんか? やる気とは、人間の脳の側坐核という部位から分泌される「ドーパミン」という脳内物質がもたらしていることが科学的に実証され…

“1粒の涙” のストレス解消効果は1週間続く!? 慌ただしい大人こそ積極的に涙を流すべきワケ。

何かと慌ただしくてストレスがたまりやすい現代社会。休日明けは憂鬱な気持ちで職場や学校に行くという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、そんなストレスを一気に解消できるかもしれない「ある行為」が、いま話題になっています。 その行為とは…

「趣味ナシ」だとお金も仕事も損だらけ。デキる人が趣味時間を死守する納得の理由。

多くの時間を仕事に費やし、自分の趣味を“ないがしろ”にしてはいませんか? 「今は仕事の成果をあげることだけで精一杯。のんびり趣味を楽しむのは引退してからでいい」と考えるのは間違いかもしれません。むしろ趣味に没頭するほうが、仕事のパフォーマンス…

精神科医がすすめる「完璧主義」を直す方法。“あのフレーズ” を口癖にするだけで心が楽になる。

目標や理想が高い。ササっとやってみよう、ができない。生真面目で完璧さへの執着心が強く、常に自分を追い詰めている。周囲の “頑張らない人” が許せない。失敗に対し過度な心配がある。人からの評価がやたら気になる……。 ほとんど自分に当てはまるかも? …

“週末寝だめ” は心身に最悪。休日朝の「整える習慣」で人生が劇的に変わる。

忙しい仕事から解放される休日の朝は、まさに至福の時間です。いつもの習慣で早朝に目覚めたとしても、そのまま二度寝してしまう方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その二度寝が大きな損になっているかも。 今回は、ちょっとだらけてしまいがちな…

「やる気が出ない」は1枚の紙で解消可能。“9つの過去” を書き出すだけで行動力がみなぎるワケ。

やる気を出すには過去に注目する――。そのメソッドを教えてくれたのは、「目標実現の専門家」である、メンタルコーチの大平信孝(おおひら・のぶたか)さん。現在進行形である目の前のタスクに精力的に取り組むための方法としては少し意外な気もします。いっ…

紙とペンを用意するだけ! 「勉強する気がまったく起きない」ときに試してほしい3つのこと。

「仕事に役立てるためにやりたい勉強はたくさんあるのに、全然はかどらない」 「今日こそ家で集中して勉強しよう! と思っても、ベッドから出られずに1日が終わっていく」 このような悩みを抱えたことはありませんか? 仕事がデキる人になりたいなら、勉強す…

“飲んで忘れる” は逆効果。「恥かいた……」と感じたときにしてほしい9つのこと。

プレゼンテーションでの喋りがグダグダだった。得意気に発言したら間違っていた、ついつい感情的になってしまった、平坦な道で思いっきり転んだ! などなど、生きていれば恥ずかしい思いくらいしますよね。 でも、“恥ずかしい”という感情は、洞察力を強化し…

すぐ誘惑に負けるのは “前頭前皮質” が弱っているから!? 「自制心」を取りもどす3つの方法

スキルアップのための勉強やレポートの作成などで、集中して机に向かわなければならないとき。「今来ない?」という友人から誘いにのってしまったり、ついスマートフォンでゲームをしてしまったりと、誘惑に負けてしまうことはありませんか? この記事では、…

パフォーマンスが上がらないのは “幸せではない” からかも。「幸福感」を高める3つの科学的アプローチ。

なんだか心が冴えなくて、どこかにストレスを抱えている。仕事あるいは勉強に関して、あまり順調だとはいえない状況だと思う……。ならば、日々の習慣を見直し、幸福感を高めていきましょう。あらゆるパフォーマンスが向上するはずです。その理由と、幸福感を…

筋トレで鍛えられるのはカラダだけではなかった。「記憶力アップ」「メンタル改善」にも絶大な効果あり。

「資格試験のために専門用語をたくさん覚えたいが、なかなか覚えられない」 「仕事のことで悩みがあり、最近不安を感じる」 「たくさん寝ているつもりなのに、どうも疲れが取れない」 こうした学習・精神・睡眠に関するお悩みをお持ちのビジネスパーソンのみ…

一流外科医が「準備」に全力を注ぐ理由。成功を引き寄せられる人は何が違うのか?

仕事と切っても切れないもののひとつに、「準備」があります。出勤後、1日の仕事をスタートする準備にはじまり、会議の準備、商談の準備、プレゼンの準備……。仕事とは、準備の連続といっても過言ではありません。もちろん、誰もがその重要性は知るところでし…

スタンフォード大学教授が教える、「やればできる」のマインドがとても大切な理由。

みなさんはこれまで頑張って取り組んできたことが壁にぶち当たった時、「自分には才能がないからもう駄目だ、頑張っても無駄だ」と諦めてしまうことはありませんか? 「努力をすれば報われる」という言葉もありますが、頑張ったのに成果が出なかった経験が一…

ストレスだらけのビジネスパーソンに20分間の「公園滞在」をすすめるワケ。

仕事にストレスはつきものです。ストレスは、抽象的な思考や集中力、ワーキングメモリーなどにかかわり、感情や衝動を抑制する、脳の「前頭前野」の支配力を弱めるといいます。ストレスが軽減すれば元の状態に戻りますが、慢性的なストレスにさらされると、…

就寝前に「いまの悩み」と「翌朝の予定」を書き出そう。安眠を手に入れるための大切な習慣

布団に入ってもすぐに眠れない……そんなときにあなたはどうしていますか? 眠たくなるまで読書をしたり、延々と考え事をしたりする方が多いのではないでしょうか。特に、翌朝に大事な仕事を控えて不安なときや、日中上司に叱られて落ち込んでいるときなどは、…

「君の頭は腐っている」と言われたエジソンが、それでもへこたれずに成功をつかめた深い理由。

すいぶん冴えない時代、どん底の時代を経て、後に大成功をおさめた人々がいます。彼らのエピソードは、現在「あまり評価されていない」と悩む人の励みになるだけではなく、成功するための大きなヒントとなるでしょう。今回は、19世紀、20世紀、そして21世紀…

月曜日からロケットスタートを切れる人は、必ず “この4つ” をやっている。

土日ゆっくり休んだあとの月曜日。決まって気分が落ち込む人はいませんか? 友だちとの旅行や家族でのキャンプなど、とっても楽しかった土日を過ごした後だとなおさらでしょう。休暇明けの月曜日は仕事に身が入らないなんて人もいるかもしれませんね。しかし…

「成功をつかめない人」は、この “4つの基本” ができていない。

テレビでよく見るあの人は、ネットで話題のあの人は、ベストセラー作家のあの人は、想像以上に出世した友人は、なぜそこまで成功できたのだろう。彼らと自分は、いったい何が違うのだろうか……? その違いは、あることを“している”か、“していない”か、かもし…

自分の失敗を許せない人は、知らず知らずのうちに “脳の働き” を低下させている。

誰でも失敗はいやなもの。しかし、失敗を恐れないマインドを持つことは可能です。落ち込むほどの失敗でも、自分自身がそれを許すことで、前へと進めるでしょう。心理学者が教える「失敗に強くなるマインドセット」を紹介します。 3ステップで成長できる考え…

1日4分 “高負荷の筋トレ” で心まで鍛えられる!? 立ち直る力「レジリエンス」を高める意外な方法。

どんなに学歴や経歴が素晴らしくても、難しい仕事を任せると精神的な脆さを見せ、苦難にぶつかると耐えられず、挫折してしまう人々がいます。そうした人々は、「立ち直る力=レジリエンス」が低いのだとか。 逆に、レジリエンスが高ければ、長いキャリアで成…

「勉強×運動」の組み合わせがすごい。長期記憶を鍛えたければ “静かな筋トレ” で脳を刺激せよ。

一生懸命勉強しているのに、なかなかパフォーマンスが上がらない……。そんな人は、脳の一部分だけを酷使しているせいで疲労が蓄積しているのかもしれません。そんな疲れ切った脳を活性化させれるために、取り入れてほしいのが運動です。一般社団法人 日本体育…

怒りの感情と上手に付き合う! 欧米トップ経営者の常識「アンガーマネジメント」入門

「怒る」というのは、大きなエネルギーを消費する行動です。もちろん、怒ることで人間関係がこじれることを心配する人もいるはずですが、きっと多くの人が、なるべく怒ることなく日々を過ごしたいと考えているでしょう。 そこで、怒りをコントロールするメソ…

学びのアンテナが広い人は “この3つ” をやっている。「やればできる」のマインドも意外と大事だった。

知識が豊富でいつもユニークな提案をする同僚がいる一方で、自分の意見はパッとしないものばかり。「ビジネスでは多様な視点を持つことが大切だ」「物事はいろいろな角度の切り口から考えるべきだ」とは言うけれど、新しい視点なんてどうすれば得られるのだ…

「やる気が出ない」ことを誰かに相談してはいけない。バレた途端に “悪循環” にはまる。

いまの仕事が面白いと感じているし、将来的な大きな目標もある。でも、なぜかなかなかやる気が出ない……。こんな経験をしている人も少なくないでしょう。こういう状態になると、いくら「やる気を出さなきゃ!」と思っても、なかなかモチベーションは上がりま…

脳には厄介な “思い込みグセ” がある。「きっとまた否定される」は杞憂に過ぎない可能性。

わたしたちが過去の体験を思いだすとき、その内容は、実際に体験したものとは異なる場合があります。また、人は2つの現実を持っているといいます。 でも、それは人間の脳のクセなので避けられません。問題なのは、そのクセによって「何か」について思い込み…

お正月も「良い習慣」を崩さないための4つのポイント。

お正月や旅行など、楽しいイベントがたくさんある今の時期。一方で、これまでコツコツ積み上げてきた良い習慣が一気に崩れてしまう危険性もはらんでいます。習慣を維持するために気をつけるべきポイントをまとめました。 1. 絶対にやめない お正月など特別な…

【最新脳研究で判明】ほろ苦い失敗体験は “くつろげるカフェ” での一人反省会で克服できる

面接で失敗したら、「面接」という言葉を見聞きするだけで不安を感じるようになった。プレゼンテーションでうまく喋れなかったので、「プレゼン」と聞くだけでゾッとする……。 そんなとき、嫌な体験を忘れようと “心地よい情景や音” で頭のなかをいっぱいにし…

最新研究で判明「バラの香りで逆境に強くなれる」

多くの成功者が、「逆境こそチャンス」といいました。そうはいっても失敗したら落ち込むし、思うようにことが進まなければ意欲が低下しますよね。しかし、ただ嘆いて悩み、その状況に流されていたら、目の前のチャンスはすぐに通り過ぎてしまいます。心理学…

いつもキレている人に足りないのは「6秒の我慢」だった。

上司から理不尽な要求をされた。急いでいるのに電車が遅れている。生きていれば、何かにイラッとするのはよくあることですよね。こんな時、イライラしたまま行動してしまい、良い結果が得られなかった、という経験はありませんか? 冷静さを欠いたせいで、思…

世界の一流たちは朝に何をしているのか? “成功をもたらす朝活” たった2つの共通点。

世界で成功している人々が毎朝行っている活動は、それぞれ違います。しかし、そこには、明確な共通点があるようです。「成功するには、どんな朝活をしたらいいのだろう?」「誰の朝活を参考にしたらいいだろう?」とお悩みならば、その行動の理由と、ご自身…

「取り柄がない」と自覚がある人は “この3つ” を心がけなさい。

皆さんは、自分のどんなスキルを社会で活かせると考えているでしょうか。 例えば、これまでに学んできた専門的な知識や技術、コミュニケーション能力など、仕事をするうえで他の人には絶対負けないと自信を持って言えるようなスキルを持っている方もいらっし…

帰宅後19時半から始める “夜のルーティン” が仕事力アップに効く。

仕事から帰ったらスーツのままソファに沈み込み、しばらくテレビをボーっと見る。適当に夕食を済ませたら再びダラダラ。ドラマを見ているうちに遅い時間になってしまったので、シャワーを浴びて寝る……。多くのビジネスパーソンにとって、よくある帰宅後の過…

「趣味のない人」がいまいちパッとしないのはなぜなのか?

皆さんは、オフ時間に何をしていますか? 打ち込める趣味をお持ちの方は、はたしてどれくらいいるでしょうか? SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が1,000人の20代を対象に「オフの過ごし方」を調査したところ、全体の74.1%もの人が「インターネット閲…

「単調な毎日」が脳に危険すぎるワケ。まずは “憧れの上司” をランチに誘いなさい。

毎日同じような勉強や仕事の繰り返し。ただエネルギーが吸い取られていくだけで、正直楽しくない……。 このような日々を送っていたら、誰だって刺激が欲しくなりますよね。何らかの刺激があれば気持ちにメリハリがつき、自然とやる気も出てくるもの。いつもの…

落ち込んだ人はなぜ「わたし…」が口癖になるのか? 4,500人超への調査で判明した興味深い事実。

誰だって失敗はするもの。落ち込むこともありますよね。でも、肝心なのは、その後です。「言葉」に力を借りて、見方を変え、“いま”を充実させましょう。心理学者やNLPトレーナーの指摘やアドバイス、研究結果などをもとに、失敗しても落ち込まない「言葉」の…

なぜ一流は「運動」を愛するのか? “健康維持” だけじゃない、運動のすごすぎるメリット

「運動は重要だと思うか?」 この問いに対して「そう思う」と答えたのは、世帯年収300万円未満の層では48%だったのに対し、世帯年収1,500万円以上の層では65%にものぼった——マーケティングリサーチ会社のクロス・マーケティングが全国のオフィスワーカーを…

「目標を紙に書くと年収が10倍になる!?」ハーバード大学の調査で明らかに。

みなさんは勉強に対するやる気をどうやって出していますか? 「この日は勉強する!」と決めていたはずなのに、いざ当日になるとやる気が起きずだらだらしてしまう。エンジンがかからないまま勉強し始めてしまい、なかなか効率が上がらない……。そんなことはな…

“経営の神様” 松下幸之助の成功の秘訣! 折れない心「レジリエンス」を鍛える『3つのC』

ストレスに対して打たれ弱い。失敗を気に病みやすい。そんな「心の折れやすさ」を克服したいと考えている方はいませんか。 例えば、仕事でミスをしてしまい上司から叱られたとします。人一倍落ち込みやすい性格の場合、「叱られてしまった。自分はダメなやつ…

大坂なおみのメンタルを激変させた “セキュア・ベース” のすごすぎるメリット

チャレンジをするのが怖い。もし失敗したら、もしうまくいかなかったら……と思うと不安で、チャレンジできない。新しい環境に身を置く、未知の分野の勉強を始める、などの新たなチャレンジに、こうした不安はつきものですよね。いざチャレンジしようとしても…

休日の過ごし方でバレる「仕事がデキない人」。一流はなぜ “徹底的に休む” のか?

平日は残業も厭わず、とにかく仕事に明け暮れる。休日も資格勉強にスキルアップに異業種交流会にと、とにかく自分を追い込みまくる。そんな人は、日々の過ごし方をちょっと見直してみるべきかもしれません。 世界30カ国を対象にした国際比較調査(※2017年版…

「昨日から1ミリも成長できない人」には “この3つ” が欠けている。

「もっとスキルアップしたい」 「現状を打開したいけれどどうすればいいのかわからない」 そんな悩みを抱えていませんか? 何か今とは違う自分になるきっかけが欲しい、キャリアアップして新たなステージへ行きたい、けれどもどうすればいいのかわからない………

“憧れの上司” を持つほど仕事がデキる人になれる理由。

あなたには、憧れている人がいますか? 有名なスポーツ選手に感銘を受けた、自分が働く業界の著名人を尊敬している、職場のできる上司がかっこいい……。誰しもそのような憧れを抱き、そして憧れの人のようになりたいと願うものでしょう。 実は、ある方法を実…

臨床心理士が教えるストレス撃退法。メロディに合わせて歌うだけで心がすっと軽くなる。

自分自身を客観視する「メタ認知能力」が高いと、問題解決力に優れ、自分の限界を超えた高い目標を達成することができるといいます。逆にそれが低いと「何度チャレンジしても、うまくいかない」と感じることが多いのだとか。しかし、「“自分を客観視する”な…

プライベートのストレスを仕事に引きずりそうになったら、自分にこう問いかけなさい。

みなさんは、プライベートのストレスを仕事や学業にも持ち込んでしまう人ですか。それとも、プライベートはプライベート、仕事は仕事というように割り切って切り替えができる人でしょうか。 プライベートで何か辛い出来事があったとき、プライベートと仕事・…

海外大学が証明。たった3つの「事前準備」で目標達成率が大きく上がるワケ。

目標を達成するために必要なことは何だと思いますか? モチベーションや継続力、計画など、さまざまな要素があって、なかなか選ぶことは難しいですよね。 そこで今回は、目標の達成率をあげるために必要な「事前準備」に着目したMACの法則をご紹介します。こ…

“たった10分” で失敗から立ち直れる。フロイト提唱「すっぱいブドウの法則」で今すぐポジティブに。

失敗で落ち込み、頭が働かない。 不安だらけで、頭がいっぱい。 なんだか頭がぼーっとする……。 こんな状態では、とても仕事のパフォーマンスなんて上げられませんね。すぐに休みをとって回復したいところですが、忙しいビジネスパーソンはそうもいかないでし…

「自分無しでは職場が回らぬ」と思い上がっている人は、今すぐ “休日の過ごし方” を見直しなさい。

「ワーカホリック」「ブラック企業」「社畜」といった言葉が当たり前に使われる現代社会において、働きすぎのビジネスパーソンは少なくないのではないでしょうか。これを読んでくださっている方の中にも、働きすぎている方がいらっしゃるかもしれません。 大…

医学部生が教える「早起き実践法」。“最高の目覚め” を手に入れる、朝と夜の大切な習慣。

「早起きは三文の徳」という言葉があるように、一般的に早起きは良いものだと昔から言い伝えられています。しかし、それを毎日実践することはそれほどたやすくありません。 実は、科学的根拠に基づいた方法をとれば、早起きが苦手な人でも得意になることは可…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら