働き方

「勉強できる人」と「仕事ができる人」3つの共通点。大切なのは意外にも “性格” だった

「学生の頃は優秀だと認められたのに、仕事では評価されない……」「仕事ではそれなりにいい評価をもらえているけど、勉強が苦手でスキルアップできない……」 上記のようなジレンマを抱える人もいるのではないでしょうか。 「勉強と仕事は別物だ」と考えるかも…

「考えるのが遅い」けれど「仕事ができる」人になるために、心がけたい4つのこと。

考えるスピードが人より遅い。ほかの人のようにテキパキと仕事をさばけない。こんな自分は一生、「仕事がデキる人」にはなれないのかな……? そう自信をなくしているあなたも、ぜひご安心ください。仕事の出来を決める要素はスピードだけではありません。むし…

仕事を「楽しめる人」の考え方。「楽しめない人」の考え方。4つの決定的違い

「朝、仕事のことを考えるだけで憂うつになる……」「同僚のあの人は、忙しくても楽しそう。どうしたら自分も楽しく働けるだろうか……」 こうした悩みを抱えている人に向けて、 “いつも楽しそうに働く人” がどんなことを考えているのか、1日の流れに沿ってご紹…

週にたった1回の〇〇で、仕事の質がグッと上がる。15分あればできる3つの「週1習慣」

「社会人としてもっと成長したい!」という意欲はある。でも普段の仕事だけでいっぱいいっぱい。自分磨きや業務改善をする時間なんてなかなかとれないし……。 そんな「成長したいけれど、忙しくて時間がない」という状況のビジネスパーソンは多いでしょう。で…

仕事で心が疲れないための「3つの習慣」。あなたが後悔している失敗はじつは「失敗ですらない」かもしれない

仕事をしていると、「頑張らなければ……」「成果を挙げなければ……」などと思うあまりに「心が疲れる」というのもよくあることです。 そんなときはどう対処すればいいのか、立正大学客員教授であり心理学者の内藤誼人(ないとう・よしひと)先生が、ビジネスシ…

転職したいけどスキルがない……でも大丈夫! やるべきことを教えます

「転職したいけどスキルがないから無理かな……」と悩んでいる方必見! その不安を解消する方法を教えます。

「限界を打破できる人」になるには「創造力」が必要な納得の理由。簡単な2つの方法で高められる!

「作業効率を上げたいが、どう工夫すればいいのかわからない」「成績が前年より落ちてしまい、職場で取り残されそうで不安だ」 このように仕事で限界を感じたときは、「創造力」が役に立つかもしれません。 クリエイティブ職の人だけに必要な能力というイメ…

「先延ばし癖」をなくす脳科学的アプローチ。“○○を我慢” するのが意外と効果的だった

「この仕事は期限までにまだ余裕があるな」と考えて「先延ばし」してしまい、ギリギリになって慌てる——。多くの人に一度ならず経験があることだと思います。 脳科学的見地から見ると、先延ばしはどういうメカニズムによって起きるのか、そしてどうすれば先延…

脳科学者が教える、思うがままに「やる気」を出す方法。「快楽中枢」と「恐怖中枢」を活用せよ!

たとえ好きなことを仕事にできている人でも、時にはどうしても「やる気」が湧かない面倒な作業に取り組まなければならないこともあるものです。「やる気スイッチ」という言葉もありますが、脳科学の分野においてやる気とはどんなものだと見られているのでし…

「頭の回転が速い人」と「遅い人」は結局何が違うのか? 脳科学者に聞いてみた。

日本のビジネスにおいては「生産性向上」や「効率化」が課題だとされますが、そんなことを考えるまでもなく、できることなら目の前の仕事をスムーズに終わらせて、限られた時間をほかの仕事にあてたり、あるいは余暇の時間を楽しんだりしたいものです。 そん…

仕事のクオリティが高い人がしている「賢い休み方」。あえて○○をつくるのが意外と大切だった

休日、休んだつもりなのに、あまりリフレッシュできていない…… 休日の過ごし方にイマイチ充実感がない…… せっかくの休日なのに、何をすればいいのかわからない…… そんな「休み下手」ゆえ、せっかくの休日を有効活用できていない人は多いはず。 大人の女性向…

昨年できなかったことを、今年こそは実現するために。「実現力の高め方」3つの基本

昨年、目標を達成できずに悔しい思いをしたのなら、今年はまず実現力の向上に励むことをおすすめします。目標達成への道のりが、ぐっとラクになるはずですよ。行政機関の資料や識者の言葉をもとに、実現力を高める方法を3つ紹介しましょう。 実現力とは 1.「…

幸福を感じるための「たった5分」の習慣/周囲に差がつく「3つのメモ術」【2022年人気記事4位~6位】

2023年になりました。去る2022年は、あなたにとってどんな年でしたか? サッカーW杯での日本代表の活躍に沸いたり、「村神様」「きつねダンス」が流行語になったりと、スポーツ関連の話題で盛り上がった印象の1年でした。一方では国内外で暗いニュースも多く…

あえて変わろうとしなくても自然と「変化対応力」が身につく、2つの “ちょっとした習慣”

デジタル化やグローバル化など、ビジネスを取り巻く環境の変化はますます勢いを増しています。だからこそ “いま” ビジネスパーソンに必要なのは、変化を受け入れ適応していく能力=「変化対応力」なのだとか。 しかし、そうした状況を不安に思いながらも、な…

自分の強みを1週間活かすだけで幸せが半年も続く。自分らしく働くために「強み日記」を書いてみた

「頑張って働いているが結果が出ず、落ち込む」「重要なポジションを任され、プレッシャーに感じている」 こうした仕事のつらさから、ストレスや心の疲れを感じていませんか? 思い当たる人におすすめなのが、ポジティブサイコロジースクール代表・久世浩司…

「みんなやってる」けど「じつは効率が悪い」4つの仕事術。メールの “フォルダ分け” は無駄だった

「当たり前のこと」がいつも「正しいこと」とは限りません。入社以来、なんの疑いもなくやってきたそのやり方。上司や先輩から教えられたあのやり方。それ、「じつは効率が悪い」仕事術かもしれません。 頑張っているつもりなのに、どういうわけか仕事が遅い…

仕事力のベースになる「メモの能力」を上げる方法。1日に3つ○○をメモするといい

ビジネスパーソンであれば、毎日なにかしらの「メモ」をとっているでしょう。ただ、そのメモをきちんと活かせているでしょうか。「とりっぱなし」になっている人も多いかもしれません。 そんな状況はなぜ起きてしまうのか、そしてどうすればメモをきちんと活…

【コクヨのメモ専門家が解説】3タイプの「残念なメモ」を「正しいメモ」に変えるコツ

若手のときに、研修などを通じてプレゼンテーションやロジカルシンキング、あるいはビジネスマナーなどを学ぶことはあるでしょう。しかし、メモのとり方について、誰かが教えてくれるということはほぼありません。 そのため、「メモは仕事に不可欠のものであ…

「ただのメモ魔で終わる人」と「自分らしく考えながらメモをとれる人」の決定的違いとは

みなさんは、どのような理由でメモをとっていますか? もちろんメモをとる、使うシーンにもよりますが、「メモとは『記録する』ためのもの」だと思っているのではないでしょうか。 しかし、コクヨ株式会社のワークスタイルコンサルタントであり、著書『考え…

転職前の勉強は必要? 何を学ぶべき? おすすめ資格14選

転職してみたいけど、いまのままで大丈夫なのかな? 何か勉強しておいたほうがいい? そんな疑問にお答えします。転職前に勉強すべきおすすめの資格を14種類紹介!

「この人には仕事を任せられない」と思われてしまう人の5つの特徴。すぐ “これ” 言うのはダメ!

「もっと仕事を振ってほしいのに、なかなか任せてもらえない……」「同僚のあの人は、周囲から頼られている。自分と何が違うんだろう……」 このような悩みを解決するにはどうしたらいいのでしょう? 今回の記事では、「こんな人には仕事を任せられない」と思わ…

意見を通すために “あえて引き下がる” べき理由とは? 仕事で使える「心理テクニック」4つ集めました

仕事のモチベーションが上がらない…… 作業がはかどらない…… 仕事上のコミュニケーションが苦手…… などなど、仕事に関する悩みは尽きないもの。今回ご紹介する4つの「心理テクニック」が、あなたの仕事上の問題を解決するヒントになるかもしれません。 仕事に…

“時短” で効率が上がるとは限らない? トップ5%社員が自然にやっている「時間術」の超基本

人手不足によりビジネスパーソンひとり当たりの仕事量が増加していると言われる昨今、それにともなって労働時間の増加も大きな問題となっています。社会人にとって、いかに効率的に仕事を進めて労働時間を減らすのかは大きな課題のひとつでしょう。 延べ17万…

「トップ5%リーダー」は部下のやる気をあてにしない。代わりに “2つの仕組み” で仕事の質を上げている

チームを率いる「リーダー」は、もちろんメンバーのなかで優秀な人が選ばれます。ただ、リーダーたちのなかにもトップレベルの優秀なリーダーもいます。そんなエリートリーダーにはどんな特徴が見られるのでしょうか。 延べ17万3,000人のビジネスパーソンの…

各社の「トップ5%」がしている特徴的な3つの行動。優秀な人が “ゆっくり歩く” 理由とは?

優秀なビジネスパーソンは、自分とどこが違うのだろう——。多くの人が、一度はそんなふうに考えたことがあるはずです。 お話を聞いたのは、延べ17万3,000人のビジネスパーソンの行動分析を行なってきた、株式会社クロスリバー代表取締役の越川慎司(こしかわ…

3つのシチュエーション別「伝える力」をもっと高めるコツ。“PREP” が適さない場面とは?

「部下に『同じミスはもうしないように』と注意したが、部下の行動が変わらない。こちらの意図が伝わっていないのだろうか……」「話し方に関する本をいろいろと読んで勉強しているのに、説明するのがずっと苦手なまま……」 今回の記事では、多くのビジネスパー…

脳を休めるには “ほんの数秒” あればいい。瞬間的「脳の休憩法」5選

『種の起源』を書いたチャールズ・ダーウィン氏も、フランスの天才数学者アンリ・ポアンカレ氏も、イギリスの大文豪チャールズ・ディケンズ氏も、シリコンバレーの経営者や創業者たちも、成功したいからこそ労働時間を制限し、休息を大事にしていた(いる)…

世界的経営者がやっている3つのワークハック。Netflix創業者が挙げた「成功の条件」とは?

非凡な業績を成し遂げ、世界を大きく動かし続けるトップ経営者たち。彼らが膨大な仕事量をさばき、コンスタントに結果を出せているのはなぜでしょうか? その仕事術や思考法には、私たちの仕事に役立つヒントもきっと隠れているはずです。 イーロン・マスク…

“純ジャパ” の私がハーバードで得た4つの学び。MBA留学をする意味は学位だけじゃなかった

STUDY HACKERの読者のみなさま。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 今回は、大手広告…

「仕事が速いだけの人」と「仕事が速くクオリティも高い人」を分ける、決定的な4つの差

どんなに仕事が速くても、クオリティの低さはマイナス要素になります。少しでも思い当たるならば、「仕事が速いだけの人」と「仕事が速くクオリティも高い人」の差を知っておきましょう。識者のアドバイスとともに4つ紹介します。 1. スピード主義より「正確…

「仕事が苦手」でもなぜか「周囲から好かれる」人の4つの特徴。謝罪よりも大切なのは……?

「仕事の進捗が遅くて、まわりに迷惑をかけてばっかり……」「自分のせいで仕事が滞っている気がして、謝ってばかりいる……」 こんなふうに “周囲と比べて仕事ができない” ことで悩んでいませんか? 能力の伸び方は人それぞれ。仕事のスキルは、容易には高まら…

「よかれと思って頑張るのに評価されない人」の3つの残念な仕事習慣。

「会社やチームのためと頑張っているのに、報われない」「上司の指示に従い、懸命に働いているが、一向に評価が上がらない」 仕事で、自分の頑張りが認められないと落ち込みますよね。しかし実際は、「よかれと思って」やったことが、かえってあなたの評価を…

3人の成功者に学ぶ “黄金のルーティン”。孫正義氏が日課にしていた「1日15分の発明」とは?

ビジネスの世界で活躍する成功者の多くは、何かしら独自のルーティンをもっていることが多いもの。 判断の迷いがなくなり、時間を有効活用できる。勉強や努力を「自然で当たり前の行動」として楽に継続できるようになる――そんなメリットがあるようです。 成…

マッキンゼーでは当たり前。仕事では「問い」のうまい人が圧倒的に強い納得の理由

外資系大手コンサルティング企業であるマッキンゼー・アンド・カンパニーでは、「問い」というものを重視すると言います。 その理由について、マッキンゼー勤務を経てエグゼクティブコーチとして活躍する大嶋祥誉(おおしま・さちよ)さんは、「仕事の質が上…

マッキンゼーの新入社員が最初の3か月で叩き込まれるスキル。成長する人は「段取り」に長けている

仕事においては、「段取り」が重要だとよく言われます。では、みなさんはこの段取りとはどんなものでどこに重要性があると考えているでしょうか。 お話を聞いたのは、新入社員は最初に段取りを叩き込まれるというマッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務して…

マッキンゼーのエリートをエリートたらしめる、たったひとつのシンプルな習慣。

有名な外資系企業に勤める、いわゆるビジネスエリートの人たちは、どんな特徴をもっているでしょうか。一般の人からすると、「激務をこなしながらも折れない強さがある」「徹底的に無駄を省く」「クオリティーとスピードを両立できる」といった、これぞまさ…

「仕事ができる」と評価される人が当たり前にやっている、味方を増やすテクニック。

同じくらいの能力でも、まわりから評価される人もいれば、そこまで評価されない人もいます。なぜこのような差が生まれるのでしょう? そして、どうすれば評価されるのでしょうか。 グロービス経営大学院の教員、そして動画学習サービス「GLOBIS学び放題」コ…

“心が疲れない人” の1日の過ごし方。「あの人はなぜいつも楽しそうなのか?」その理由が明らかに!

「いつも笑顔の同僚がうらやましい。でも、自分は仕事を楽しめてないから、あの人のようには笑えないな……」「仕事をこなすばかりの毎日で、心が疲れてきた。楽しさを感じられるときがない……」 こうした悩みを抱えるあなたに、心を疲れさせない1日の過ごし方…

1分からできる。「疲れてるけどもう少しだけ頑張りたい」ときにおすすめの “脳リセット法”

疲労がピークに達し、もう限界……。やるべき仕事はまだ残っているのに、疲れで頭が働かない……。 疲れがたまりやすい終業直前や週の後半などには、こんなつらい状況に追い込まれてしまうことも多いものですよね。 疲労研究を手がける内科医の倉恒弘彦氏によれ…

ベテランがもつべきものは「余裕」。優秀な人ほど「スピードを緩める」べき納得の理由

20代を過ぎ「ベテラン」と言われる世代になってくると、働き方の変化について悩むこともあるでしょう。しかし、その変化についていけなければ、これからの時代に評価されることはありません。 株式会社ワンキャリアの取締役であり、働き方に関する多くの著書…

「解釈」ができない人は、代替可能な人にしかなれない。自分の存在価値はこうして高める

「仕事において重要なこと」というと、みなさんはなにをイメージしますか? コミュニケーション力、論理的思考力、協調性、責任感、生産性、意欲……など、人によって挙げるものは千差万別でしょう。 そんな多様な要素のなかで、仕事において重要なこととして…

北野唯我さんが教える「仕事が早い人」の2大特徴

海外に比べて「日本の働き方は生産性が低い」「効率が悪い」とよく言われます。もちろん、海外との比較などしなくとも、多忙なビジネスパーソンにとって「仕事の早い人」になることは、目指すべきひとつの目標でしょう。 株式会社ワンキャリアの取締役であり…

「ミスはしてるのに評価が落ちない人」は、なぜ評価を落とさないでいられるのか? 4つの答え

NPO失敗学会副会長の飯野謙次氏によると、私たち人間は「絶対に失敗しない」ことなどありえないそうです。どんなに注意していても、何かしらの失敗は起きてしまうのだとか。 しかし、世のなかには同じようなミスをしていても、評価が落ちない人と、評価が落…

大谷翔平選手の「マンダラート」を分析したら、仕事に活かせる “3つの教え” が見えてきた。

大谷翔平選手といえば、メジャーリーグで “投打二刀流” として大活躍し、2021年にはMVPにも選出されたまさにスタープレーヤー。その大谷選手が、9×9マスの「マンダラート」というシートを使って野球選手としての目標設定をしていた——というのは有名なエピソ…

何か資格をとりたいけど、何がいい? 選ぶ基準&おすすめ資格18選

「何か資格をとりたいな。でも何がいいんだろう?」迷えるあなたに、資格選びの基準とおすすめの資格をご紹介します。

「よかれと思って」が逆効果! かえって仕事の効率を下げる4つの行動

「作業スピードを上げるべく、いろいろ試しているが効果が出ない」「定時に仕事を終わらせようと頑張って手を動かすものの、残業もしばしば」 このように仕事が遅くて悩んでいるなら、効率低下につながる “あること” をやめてみましょう。じつは、コミュニケ…

「本当に専業主婦になっていいのかな?」悩み抜いた育休ママが “ハーバードMBA留学” を実現させた話。

STUDY HACKERの読者のみなさま、はじめまして。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 今…

「仕事は数字がすべてじゃない」と考える人こそ “数字に向き合う” ほうがいい、これだけの理由

「仕事は『数字』が重要」と聞くと、どんな印象を受けるでしょうか。数字に対して苦手意識をもっている人なら、「仕事は『数字』がすべてじゃない」と否定したくなるかもしれません。 しかし、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティン…

ベテランほど陥りがちな “罠” に要注意。大切なのは「PDCA」を正しく回すことだった

ビジネスパーソンであれば、「PDCAサイクル」という言葉はほぼすべての人が知っているでしょう。では、みなさんは正しくPDCAサイクルを回せているでしょうか。 そこでお話を聞いたのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研…

「仕事ができる人」になる唯一の方法。いくら苦手でも “数字” に向き合いやすくなるコツ

「仕事ができる人」とはどういう人でしょうか。その問いに、「上司と部下のあいだで『数字』によるズレのない評価を得られる人」と答えるのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研修を行なっている安藤広大(あんどう・こ…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら