みなさんは暗記が得意ですか?

学生はもちろんのこと、社会人になってからも資格勉強などのために暗記学習に苦しめられている人は多いのではないでしょうか。暗記学習は、効率的に覚えることも、覚えた記憶を維持することも、どちらもなかなか難しいですよね。

今回は、暗記学習が苦手な人でも簡単にできる、暗記の効率を上げる方法を紹介します。

なぜ覚えられないのか?

暗記がうまくいかないのはどうしてなのでしょう。長時間勉強をしているのに、なかなか記憶を定着させられないのだとしたら、その勉強方法がまちがっている可能性があります。暗記というと、ただノートに単語を何度も書き連ねるスタイルの勉強法を想像する方が多いかもしれませんが、実際はただがむしゃらにやればいいというものではありません。

例えば、有名なエビングハウスの忘却曲線でも、人の記憶は20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1カ月後には79%が忘れ去られてしまうと言われています。一生懸命暗記しても、覚えた直後は一気に、その後はゆるやかに忘却してしまうのです。

このことから暗記学習にはそれなりの工夫と反復が必要ということが言えるでしょう。それでは、効率よく知識を定着させる暗記術を4つご紹介します。

ankigakushu-kouritsu02

my-885-ec
80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

暗記学習の効率を上げる効果的な方法

1. 学習範囲をしぼる
暗記において重要なことはまず覚える範囲を「しぼる」ということです。どんなに記憶力が良くても、全てを丸暗記するのは時間も労力もかかって学習コストが高くついてしまいます。まずは学習における無駄な労力を省きましょう。

例えば、何か新しい知識を仕入れようとする際に関連書籍を3冊用意したとします。この3冊の内容を網羅してすべて暗記するのは大変な労力がかかりますよね。その代わりに、3冊を見比べて「3冊の書籍いずれにも書かれている単語だけすべて覚える」といった基準で暗記する内容をしぼるのです。狙いをしぼって重点的に暗記することで、少ない時間と労力で効率的に知識を仕入れることができます。

2. 耳栓をして音読
学生時代、英単語などを暗記する際に「黙読」ではなく「音読」をしていた方は多いのではないでしょうか。音読をすることでインプットとアウトプットが同時にできますし、脳も活発に動いて効率が良いですよね。

音読にプラスしてオススメしたいのが、「耳栓をして音読する」というもの。耳栓をした状態で、参考書等の文章を指でなぞりながら音読をしてみてください。耳栓をすることにより、骨伝導で声が頭の中で大きく響き、集中力が上がります。耳栓は100円ショップなどでも手に入るので、持っていないという方も気軽に試すことができると思います。

3. インターリーブ学習法
暗記といえば「反復学習」と思われがちですが、近年注目されているのは「インターリーブ」という学習法です。これは一度に1つのことを学習するのではなく、違う事柄を混ぜて学習するというもの。

この学習法の効果は実験でも証明されています。学生を2つのグループに分け、Aのグループには作者別に、Bのグループにはランダムに絵画を見せるという方法で作品の傾向を学習させ、テストを行ったところ、ランダムに学習させたBグループの方が正解率が高かったのです。

1つずつ集中した方が頭に入りやすいという思い込みを捨てて、「英単語・文法」「古典・漢文」「世界史・日本史・現代社会」といったように、何かしら関わりがある複数の科目を代わるがわる学習してみてください。そうすることで、記憶が定着しやすくなるのだそう。単語帳を作る際にも、複数の科目を混ぜて作ってみるといいかもしれませんね。

4. 握るだけ記憶術
これは、「暗記するときには右手を握り、思い出すときには左手を握る」というだけの簡単なもの。「手を強く握ることで前頭葉が活性化される」と考えた研究者が実験を行ったところ、「言葉を暗記するときに右手でゴムボールを握り、思い出すときに左手でゴムボールを握る」という方法を取った場合が最も成績が良かったという結果が出ています。

左前頭葉(左脳)は記憶を蓄積する役割、右前頭葉(右脳)は記憶を引き出す役割を担っています。だから左脳と繋がっている右手を刺激するとインプットに役立ち、右脳と繋がっている左手を刺激するとアウトプットに役立つのですね。

***
今日からでも簡単にできるような暗記法を4つご紹介しました。
暗記学習に苦手意識がある人も、まずは覚える範囲をしぼってから、自分にあった暗記法を使って、効率よく学習しましょう。

(参考)
東洋経済オンライン|仕事のできない人は「暗記」のコツを知らない
リクルートマネジメントソリューションズ|エビングハウスの忘却曲線
AERA dot.|“耳栓して音読”が暗記に効果的 脳科学で苦手を克服!
ダイヤモンド社 書籍オンライン|反復学習よりも効果大!学習に変化を取りいれる「インターリーブ」のすごさ
J-CASTヘルスケア|「握るだけ記憶術」 覚える時は右手、思い出す時は左手を ギュッと握りしめると暗記力アップ?
STUDY HACKER|勉強には「変化」をつけよう。大きな学習効果を生み出す “インターリーブ勉強法”