コラム

不安で不安で仕方ないときほどやりがち。不安な人が「絶対しないほうがいい」3つのこと

不安な気持ちにいつまでもとらわれて、なかなか前に進めないということはありませんか? たとえば、会社で大事なプレゼンがあるのに不安で準備が進まない、資格試験や昇進試験が迫っているのに不安で勉強が手につかないなど……。それはあなたが、不安なときこ…

本当にデキる人は「即レス」よりも「これ」をする。一流と二流の差を生む “3つの夜習慣”

仕事が終わってから寝るまでの時間をどのように過ごしていますか? ただでさえ1日の疲れがたまってくる夜。なんとなく過ごして、気がついたら寝る時間……そんな過ごし方をしていては、いつまでも二流どまりかもしれません。 翌日フルパワーで一流の仕事ぶりを…

一流ビジネスエリートは「4つのピンチ」をこう乗り越える。危機だからこそ “これ” が必要

「一流のビジネスパーソン」とそうでない人を分けるものはなんでしょうか。仕事を遂行するための具体的なスキル、仕事に対する考え方や姿勢、日頃の行動・思考習慣などさまざまありそうですが、「ピンチの場面での振る舞い」もそのひとつと言うのは、JALの元…

お金がない、学校に通えない。“圧倒的不利” でも東大やハーバードに合格した3人の最強独学術

「経済的にダブルスクールは難しい」「意識が高い仲間や優秀な講師など、十分な学習環境を整えられない」 こういった理由で、難関試験への挑戦を諦めようとしている人はいませんか? それは早計かもしれません。 「独学」は、そうした一般的に不利だとされる…

世界の一流を知り尽くすCA歴25年の元JAL管理職は「エリートに必須の資質」をこう見る

多くの人と接することを要されるビジネスパーソンにとって、「礼儀」が重要であることは言うまでもありません。しかし、「礼儀だけでは足りない」と言うのは、JALの国際線チーフパーサーとして数多くの一流ビジネスエリートに接してきた山本洋子(やまもと・…

CA6,000人を育てた元JAL教官が説く「一流のメンタル」7つの条件。最重要は “この要素”

一流、二流という言葉があります。一般的に、一流とは「その分野で第一等の地位にあること」であり、二流とは「一流より程度がやや劣ること」です。では、「一流のビジネスパーソン」といった場合、どんな人間を指し、どんな要素が求められるのでしょうか。 …

言えたら即、高評価! ビジネスで一目置かれる話し方の極意【外資で働くための「一流ワークハック術」】

あなたは、外資のコミュニケーションで一番重要なことはなんだと思いますか? 『外資で働くための「一流ワークハック術」』と題してスタートした本連載。第2回となる今回は、外資でのキャリアをハックするコミュニケーション術についてお伝えします。 ビジネ…

「勉強できる大人」と「勉強できない大人」の違いは “この3つ” で生まれる。

キャリアアップを目指して勉強したいが、毎日忙しすぎて、勉強に費やせる時間がない。同僚との関係や仕事で疲れて、勉強へのモチベーションがまったく湧かない。そんな状況に悩む「勉強できない大人」。 どれだけ忙しくても、疲れていても、変わらず学習意欲…

「本当に頭のいい人」はやっている。賢くあるための “10分でできる” 4つの学習習慣

10分時間が空いたら、みなさんは何をしますか? 10分でも勉強にあてようと思って本を開く人もいれば、10分で勉強なんかできっこないと思って、スマートフォン片手にぼんやり過ごす人もいることでしょう。 頭がいい人とそうでない人の差は、まさにこの10分の…

「勉強をやり抜ける人」がもつ超基本スキル。もっと学びやすくなるための “4つの習慣”

興味があることだけならいいですが、興味がないこともやらなくてはいけない勉強全般には、ストレスがつきものです。「勉強をやり抜ける人」になるために、ストレスコントロール法を身につけておきましょう。4つの方法を紹介します。 ストレスコントロール1. …

医師提唱の「5行日記」で勉強内容を毎日振り返ってみたら、難しい講義がラクに記憶できた!

頑張って勉強したはずなのに、試験で思い出せない。つい昨日参考書を読んだのに、もう忘れてしまっている……。このように、自分には記憶力がないと悩んでいる人におすすめしたいのが、医師が提案する「5行日記」。 今回は、勉強した内容をより効率よく記憶す…

説得力ある文章で相手を落としたいなら、アリストテレスの “3要素” を盛り込みなさい

「ロゴス」「パトス」「エトス」という言葉を知っていますか? これらは、古代ギリシャの哲学者・アリストテレスが弁論術に必要な3要素として挙げたもので、それぞれ順に「論理」「感情」「信頼」という意味です。 そして、これらがビジネス文書の説得力を増…

「時代遅れ上司・デキる上司」を分ける3つの言動。いまの若手は上司の背中を見るだけでは学べない

「最近後輩ができたから、先輩らしくしっかり指導したい」「部下が少しずつ増えてきたので、上司として威厳を保たなければ」 このように考えてあなたがしているいくつかの言動は、じつは時代遅れかもしれません。古い悪習から抜けられないままでは、部下・後…

受賞歴多数の一流コピーライターが教える「成功するビジネス文書」2つの技術

プレゼン原稿や企画書といったビジネス文書には、必ず「成否」がついてきます。読み手の心が動いて企画が通れば成功ですし、通らなければ失敗です。その成否を分けるポイントはどこにあるのでしょうか。 お話を聞いたのは、言葉を駆使して多くの人の心を動か…

「0点の文章」とはこんな文章。“伝わるだけ” のビジネス文書に決定的に足りない要素

書店に行くと、文章術に関するビジネス書籍が無数に並べられています。それだけ、文章術を磨きたいと考えるビジネスパーソンがたくさんいるということなのでしょう。それらの書籍の読者の多くが目指すのは、日本語として正しく「伝わりやすい文章」を書ける…

なぜか「勝負に弱い」あなたに足りない3つの要素。「緊張しても勝てる人」になる秘策があった

「もっと勝負強くなりたい」と思ったことはありませんか? アスリートではないのだから勝負なんて関係ない……と思ってはいけません。 「プレゼンを成功させたい」「資格試験に合格したい」 といった願いを叶えるのにも、勝負強さは必要なもの。 大事な場面で…

勉強用の読書に取り入れたい「SQ4R読書術」と「KWL表」。上手な使い分け方を徹底検証してみた

「本の内容を理解するのが大変」「時間が経つと何が書いてあったか忘れてしまう」こうした悩みは、効果的な読書術を実践すれば解決できるはず……と思いますよね。でも、自分に合った読書術はそう簡単に見つからないもの。 そんなみなさんのお役に立つべく、今…

東大・ハーバード出身者が強く警告。「みんなやってる」けど「じつは意味ない」4つの勉強法

「勉強時間を増やしたのに、あまり記憶に残らなかった……」「まじめに丁寧に勉強しても、成果に結びつかない……」 勉強しているわりに身についている実感が得られないのだとしたら、あなたの勉強のやり方に誤りがある可能性も。非効率な勉強法にしがみついては…

力を出し尽くす「10割行動」はやめていい。ラクにできてうまくいく「8割行動」3つのコツ

「一生懸命勉強しているのに、成績がなかなか伸びず悩んでいる」「100%の力を出しきっても仕事の結果が出ず、報われない」 このように全力を出して頑張ることに疲れてしまった人は、「8割行動」の状態を目指してみるとよいかもしれません。では具体的にどう…

【中野信子さん推奨】嫌な気持ちを成長につなげる方法をノートで整理したら、たった4日で変化が現れた。

「私だって頑張っているのに、なぜあの人ばかりがほめられるの?」「あの人はいいなぁ。私なんて、何もできないし、何もない……」 上記のように感じた経験はありますか? こうした思いは、ますます自分をイラつかせたり、落ち込ませたりするもの。しかし、ネ…

脳を整えるため “平日” に心がけるべきこと。脳科学者らがすすめる「最高の平日習慣」4つ

「平日は会社と自宅の往復だけで、むなしい」「仕事が終わると疲れて何もできない」 このように「なんだか毎日やる気がない……」と感じてしまうのは、脳の調子が悪いからかもしれません。 今回は脳にいい「最高の平日習慣」を提案します。日々に小さな習慣を…

あなたの不得意はどれ? 「苦手な仕事4パターン」克服したければ “脳” をこうして鍛えなさい

企画を考えることが苦手 伝えたいことを言葉にするのが苦手 人の気持ちを察知するのが苦手 チームワークが苦手 上記にひとつでも当てはまるものはありませんか? 「特定の仕事に苦手意識がある」けれど「別の仕事なら得意」というケースはよくあるもの。こう…

「超一流」の独学力。「二流どまりの人」の独学力。両者を決定的に分ける “4つの習慣”

見通しのつかない社会情勢や働き方の変化。何が起こるのか予測不可能な現代では、「独学力」をつけて自ら学び続けることの重要性が高まっていると言われます。 しかし、「独学を始めてみたいがそもそも何を学べばいいかわからない」「独学を始めたはいいもの…

年700冊の書評家、大学教授、哲学者ら “賢人たち” が説く「ほとんど無意味」な読書法4つ

「どうも本で読んだ内容を覚えられない」「読書で得た情報を実際に活かせない」 こうした状況が起こるのは、間違った本の読み方をしているせいかもしれません。いますぐやめたほうがいい4つの読書法を紹介しましょう。 【ダメな読書法1】内容を丸のみにする …

無駄な仕事をやめる突破口となるのは、仕事を「貢献」としてとらえる視点だ

「日本の企業には無駄な会議が多すぎる」「無駄な会議はいますぐやめるべきだ」——。これらは、ビジネス書などで頻繁に指摘されること。しかし、「会議に出ないようにするのは、会社員としては難しい……」と思っている人も多いのが現実です。 そんな人たちに向…

いまの自分の時間を費やす価値がない……。もうやめていい人間関係は、こう見極める

「埋没コスト」という言葉を知っていますか? 埋没コストとは、「ある経済行為(投資、生産、消費など)に支出した固定費のうち、どんな意思決定(中止、撤退、白紙化など)をしても回収できない費用」のこと。しかも、費やした資金や労力や時間が惜しいあま…

【日経編集委員が語る】英語で情報収集できると圧倒的に有利! 英語メディアを効率よく読む4つのコツ

「英語はある程度読めるけれど、話せない。だから、英語を仕事に活かすのなんて無理だ」「ペラペラにならない限り、仕事に使える英語力をもっているとは言えないのではないか」 そう思って、英語学習に挫折している方はいませんか。じつは、英語を流暢に話し…

仕事ができる人は「やめることをすぐ決められる」。やめる決断をするための最重要マインドセット

どんなことでも、一度始めた何かを「やめる」ことには少なからず抵抗を感じるものです。それが、仕事そのものや仕事に関わることならなおさらでしょう。「一度始めた仕事はきちんと続けなければならない」という感覚を、多くの人が当たり前にもっているから…

夜よりも「朝こそのんびり過ごすべき」4つの理由。少しの早起きで思考も心身もプラスに変わる

あなたの周囲に、早く起きて朝時間をのんびりと過ごす習慣があり、仕事もプライベートも順調な人はいませんか? その人は、朝寝坊な人の何倍も得をしているようです。世界的な成功者の習慣や、専門家の意見、エビデンスを交えて説明しましょう。 1. より創造…

〇〇を無視したら勉強はやり抜けない! 社会人の「残念すぎる学習計画」4パターン

「資格試験に向けて学習計画を作成したが挫折してしまった」「計画通りに勉強が進まず、モチベーションが下がってしまう」 このように悩んでいるビジネスパーソンは、学習計画の立て方を見直すとよいかもしれません。今回は、働きながら東大入試に合格した人…

「嫌われてるかも」と感じたとき確認すべき5つのこと。“あの行動” がチームの雰囲気を壊していた

「チームメンバーの態度が冷たくなった気がする……」 「なんだか嫌われている感じがして、仕事に集中できない……」 思い当たることもないのに、あなたがそう感じているのだとしたら、無自覚に雰囲気を悪くする行動をとっている可能性が。 「職場の仲間から嫌わ…

モヤモヤしまくっていた私が「好き」を100個書き出してみたら、パッと突破口が開けた話

やりたいことがいつまでも見つからない。自分にはなんの取り柄もないような気がする。そんな考えがぐるぐるとうずまき、不安を感じてばかりいないでしょうか。 じつは、筆者もみなさんと同じような状態にいました。そこで実践したのが、「好き」を100個書き…

あなたはまだ「正しい休み方」を知らない。“寝る以外” の本当に効果的なリフレッシュ法3選

平日忙しく働いているぶん、休日はついつい丸一日寝て過ごしてしまう人はいませんか。また、一日寝てたくさん休んだはずなのに、休み明けに「体が重い、疲れがとれていない」と感じることはないでしょうか。 そんな「寝るだけ」の休日、じつは疲れをとるのに…

【Webライター募集】STUDY HACKERではスマートな勉強法・仕事術について記事を書いてくれる方を募集します

「勉強法のハッキングメディア」として2014年にサイトをオープンして以後、読者にスマートな勉強法や仕事術を多数お届けしてきた、私たち「STUDY HACKER」。 サイトを運営する株式会社スタディーハッカーは、2020年4月にベネッセグループに参画。継続的な事…

モルガン・スタンレーの新入社員が最初の1週間で叩き込まれる5つのこと【外資で働くための「一流ワークハック術」】

世界はスキルに飢えている。だから、スキルのある人材は世界を目指す。年齢に関係なく、上限のない対価を払ってでも、世界はスキルのある人材を手に入れようとしている。そういう世界が、じつはあなたの身近にある。 STUDY HACKERの読者のみなさま、こんにち…

“10年で4千冊” の超読書家は本を読んだらコレをする。記憶と理解を助ける「読書後のルーティン」3つ

「本はたくさん読んでいるのに、内容をすぐ忘れて何にも活かせない」「そもそも本の内容が頭に入ってこないから、読書は苦手だ」 こんな悩みを抱えているなら、本の内容をしっかり覚えるべく、「読書後」にちょっとしたルーティンを取り入れてみませんか。3…

習慣化に3日で挫折する人としない人では「サボったあとの対処の仕方」が全然違う

古くから三日坊主という言葉があるように、習慣化が成功するか失敗するかを分ける山場は、習慣化に取り組み始めて数日後に訪れます。この時期を「習慣の反発期」と呼ぶのは、最新刊『習慣化は自己肯定感が10割』が注目を集める心理カウンセラーの中島輝(な…

習慣化は自己肯定感を高めながら行なうとうまくいく。習慣化成功までの66日間の過ごし方

習慣化に取り組むときに最も重要なこととはなんでしょうか? これまでの生活リズムに新たな習慣をスムーズに取り入れるために規則正しい生活を心がけることや、「絶対に習慣化を成功させる!」といった強い意志力も必要なことのひとつかもしれません。 しか…

結果ありきの習慣は自己肯定感を下げる。「習慣化したい、でも続かない」人の大きな問題点

何かの行動を「習慣にしたい」と思うとき、普通はなんらかの「結果を求める」ものです。「痩せるという結果が欲しいから、運動を習慣にしたい」「英語を話せるようになるという結果が欲しいから、英会話の勉強を習慣にしたい」。 なんの問題もないように思え…

勉強を苦に感じてしまう「4つの理由」どう乗り越える? 東大・京大出身者たちの答え

「勉強なんかつまらないし、いつも適当に済ませてしまう」「頑張っても成長実感がなく、勉強がだんだん嫌になってきた」 このように勉強があまり好きでなく夢中にもなれない人は、「勉強=苦しいもの」だと思っていることでしょう。しかし、単に「どうしたら…

勉強に集中できないときの5つの対策。チャートですぐわかる「あなたに最適な勉強への集中法」

// いざ机に向かってもなかなか勉強に集中できない……。勉強を始めても集中力がすぐになくなってしまう……。 このような「勉強における集中力」の問題でお悩みの方は、多いのではないでしょうか。そこで今回は、あなたにピッタリの集中法をチャート形式でご紹…

1日を短く振り返るだけ「1行日記」の効果。成長が速くなる&チャンスに満ちあふれる!

自分を変えたい。チャンスが欲しい。でも、いったい何を、どうしていけばいいのかわからない……。 ならば、まずは今日1日を、たった1行で振り返る日記を始めてみてはいかがでしょう。物事や他者への見方が変わり、意味や気づきを得て成長できるそうです。有識…

難関資格や東大受験に “働きながら合格した” 勉強猛者は、過去問・参考書をこう使っていた!

「キャリアアップのために資格をとりたいけど、時間がない」「働きながら資格勉強も効率的にやるなんて、本当にできるの?」 そんな悩みや疑問がある人は、過去問題集や参考書の使い方を工夫してみませんか? じつは、限られた時間のなかでも、教材の使い方…

感情を把握していないリーダーが、いいチームをつくれない必然。「感情を知る力」の高め方

リーダーの仕事はじつに多岐に渡ります。なかでも最大の仕事は、「いいチームをつくる」ことに尽きるでしょう。仕事におけるチームのミッションは、求められる成果を挙げることであり、その目的達成のためのいいチームをつくることがリーダーのミッションで…

いまの状態を「100の感情」から選び言語化する習慣で、パフォーマンスが最大化する理由

「仕事に私情を挟むな」というふうに、仕事に感情をもち込むことはタブー視されがちです。しかし、その風潮を疑問視するのは、著書『感情マネジメント 自分とチームの「気持ち」を知り最高の成果を生みだす』(ダイヤモンド社)を上梓した池照佳代(いけてる…

優れたリーダーになりたいなら “感情” を軽視してはいけない。いまこそ高めるべき「EQ」とは

「リーダー」に求められる力とはなんでしょうか。コミュニケーション能力、判断力、決断力、目標設定力、課題解決力に育成力……などなど、それこそ枚挙にいとまがありません。その必要な力に、一般的に「心の知能指数」として知られる「EQ(Emotional intelli…

HSP「あるある」12選&12の対処法

HSPならではの「あるある」を12個紹介します。対処法もそれぞれ解説するので、困っている方は試してみてください。

仕事では「100案出せる人」がめちゃくちゃ強い理由。実際100案考えてみたらよくわかった

仕事で周囲も驚くような結果を出してみたい。「この人はどこか違うぞ」と評されたい。そう願うあなたがチャレンジすべきは「アイデアを100案出すこと」です。 発明王エジソンは「すばらしいアイデアを得たいのなら、たくさんのアイデアを出すことだ」と言い…

「下手な文章しか書けない」という自覚のある人は “この3つ” をいますぐやめなさい。

メールを書いても、企画書をつくっても、報告書をまとめても、何を書いても文章が下手で「仕事のデキない人だな」と思われているのでは……と不安ですか? 文章が下手だという自覚があるあなたが「やってはいけないこと」を3つお伝えしましょう。 【NG1】だら…

英語で情報収集する仕事上のメリットとおすすめのメディア

英語で情報収集できると、仕事において得することがあるのです。情報収集におすすめのメディアとともにご紹介しましょう。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら