コラム

「頭がいいのになぜか嫌われる人」の残念な言動。

あなたは、人から「頭がいい」と言われることがあるでしょうか。または、自分で頭の回転が速いほうだと思いますか。 もし当てはまるなら要注意。ひょっとするとあなたは、相手を不快にさせるような「嫌われる話し方」をしてしまっている可能性があるのです。…

ストレスに弱い人は○○をせよ。快適に仕事をするための3つのコツ

「ストレスに弱い」「ストレスの解消法が分からない」「仕事でストレスがたまる」など、ストレスに関してお悩みの人は多いことでしょう。ストレスに弱い人の特徴や、ストレスの解消法について詳しくご紹介します。

「ToDoリスト」は寝る前に書く。寝つきの悪い筆者がすんなり眠れたシンプルな習慣

「翌日、仕事があるのになかなか寝つけない……」「ベッドに入っても、ついつい考え事をして目が覚めてしまう……」このように、不安が原因で寝つきが悪いと困っている人も多いのではないでしょうか? 今回は、寝つきが良くなるという研究結果が出ている「就寝前…

いまいち「自信が持てない」3つの根本理由。“あれ” を書いてみると自分に足りないことが見えてくる

上司から新しい売上目標を要求されたとき、初めて後輩ができたとき、新しい部署に異動したとき、今やっている仕事が順調ではないと感じるとき……。あらゆるシチュエーションで、人は漠然とした「自信のなさ」から不安になります。 社会に出て初めて、「自分は…

あるある悩み「平日に勉強できない」どうすれば解決できるのか? カギは「帰宅前」と「朝時間」にあり!

来月のTOEICに向けて勉強中のハカオくん。しかし、仕事をしながらの勉強は大変で、思うように捗らず……。そこで、こんなお悩みを携えて、スタディ博士のもとへやってきました。 ~ハカオくん(25歳、会社員)のお悩み~ 仕事から帰ってきたあとの夜の時間を有…

「計画的偶発性理論」で夢を叶えるとっておきメソッド

計画的偶発性理論によると、キャリアは自分の思い通りに築けるものではありません。運を味方につけチャンスをつかむ方法や、計画的偶発性理論がよく分かる本を紹介します。

記憶力は何歳からでも鍛えられる。カギとなる「シナプス可塑性」強めるには何をするべきか?

もっと上を目指したいけど、自分はそれほど頭が良くないし、記憶力も悪いからきっと無理。ぜーったい無理。 ――いやいや、そんなことはありませんよ。 「学習力」や「記憶力」が先天的なものだといった誤解を解きつつ、学習と記憶の質を向上させる「シナプス…

スケジュール管理方法・入門編

仕事・勉強で使えるスケジュール管理方法を6ステップで解説。おすすめアプリ、スケジュール管理ツール、エクセルを使ったやり方も紹介。苦手な人もスケジュール管理能力を高められます。

我慢しすぎると “怒りのターゲット” にされやすい。「手書き習慣」でロジカルに言い返せる人になろう。

「上司がキレやすく、ストレスだ……」「毎日理不尽なことで怒られて、もう耐えられない……」「自分を否定するようなことを言われて傷ついた……」このように、職場で「やたらと怒る人」に悩まされている人も多いのではないでしょうか? 「むやみに言い返して相手…

中国古典『菜根譚』から『嫌われる勇気』まで――成功者を成功者たらしめた愛読書たち。

どんな人であれ、心のどこかで「一流になって成功を手に入れたい」と夢見ていることと思います。 そこで今回は、実際に成功者となった人々の「愛読書」に注目してみました。いったいどんな本を読んで知識をつけてきたのか。その類まれな感性はどんな本から手…

自分に期待しすぎて疲れたら――この3つの方法で心と脳が楽になる。

仕事でも勉強でも、自信を持つことでモチベーションが高まり、意欲的に取り組めるようになりますよね。しかし、「自分ならできるはず!」と期待しすぎるあまり、心身ともに追い詰めてしまった経験はありませんか? どう考えても自分ひとりでこなせる量ではな…

気づきを言語化「リフレクションノート」がすごい。学びが大きく加速する!

よく本を読み、セミナーや勉強会に参加し、知識やスキルを身につけてはいるけれど、いまひとつ成果が上がらない。これ以上、いったい何をしたらいいのだろう……? そんな悩みがあるならば、「リフレクションノート」をつけてみてはいかがでしょう。自分が積み…

皇帝ナポレオンの成り上がり方が斬新だった。「次も会いたい」「この人すごい」と思われる3つの秘訣

会社で出世したい、独立や起業をしたいなど、「何かを成し遂げたい!」という思いを持っている人は少なくないでしょう。しかし、激しい競争社会のなか、頭ひとつ抜け出るのはなかなか大変なことですよね。 そこで今回は、3人の一流たちの教えから、「出世で…

「なんか惜しい文章」はどこがマズイのか。“あの言葉” の使いすぎに要注意。

どんな仕事にも「プロならではの視点」があります。一般人は気にもしない細部の違いの積み重ねが、結果的には一般人にもわかりやすい「プロの仕事」となるのです。では、文章におけるプロは、どんな細部にこだわって違いを生み出しているのでしょうか。 お話…

専門性を最大限に活かせる。山口健太さんがたどり着いた「英語パーソナルトレーナー」という仕事。

「英語のパーソナルトレーナー」という仕事をご存じですか? 主に1対1の指導により、短期で大幅な英語力アップを可能にする英語指導のスペシャリストのことです。ここ最近、ビジネスパーソンを中心に、英語学習にパーソナルトレーナーをつけるという選択が話…

心が疲れているときに絶対に捨てるべき3つのもの。他人を意識しすぎてませんか?

日々ストレス社会の中で働いていると、どうしても心がすり減ってしまいやすいもの。いくら休んでも疲れが取れた気がしない。いつもイライラとして気持ちに余裕がない。そんな自覚がある場合には要注意です。 今回は、「心が疲れている」と感じたときにまず捨…

文章がうまい人は “たった3行” で相手の心を動かせる。

文章を書くことに苦手意識が強い人の場合、「よし、書くぞ!」と思ってデスクに向かったものの、「どう書き始めればいいのかわからない……」と固まってしまうというのもよくある話です。 その書き出しの重要性を強く説くのが、コラムニストの尾藤克之(びとう…

「怒り」を味方にできると超絶に強い。“怒りのパワー” どこに向けていく?

長きにわたった戦国戦乱の世に終止符を打ち、長期平和の礎を築いた徳川家康公の遺訓には、「いかりは敵とおもへ(怒りは敵と思え)」といった一文があります。 でも、怒りは健全なものでもあるそうですよ。怒りを無理に抑圧する日々をお送り、いまひとつ調子…

「文章力が全然伸びない人」が知らない重要原則。うまい下手は “書く前” から決まっている。

依頼状や企画書など各種のビジネス文書にメールなど、ビジネスパーソンが日々の仕事のなかで文章を書く機会は少なくありません。ですが、「昔から国語だけはからっきし……」というような、文章を書くことがとにかく苦手だという人も多いでしょう。 そこで、ア…

スマホのブルーライトは徹底排除! 明日も成果を出すための鉄則

スマホのブルーライトは体に悪影響。フィルムを貼る、画面の設定を変更するなど、簡単にできる対策を教えます。

「報・連・相」のしすぎは時代遅れ。マッキンゼー式「ソラ・アメ・カサ」で仕事がデキる人になれる理由。

「いったい何が言いたいの?」「もう少し、わかりやすく説明して」「結論は?」仕事のことで上司に説明をしているとき、上司からこうしたことを言われた経験はないでしょうか? 自分自身はきちんと「報・連・相」を意識しているつもりなのに、言いたいことが…

「口数の少ない人」が交渉で成功するための “たった3つ” の秘訣

取引先への営業やクライアントとの打ち合わせなど、ビジネスの場において交渉をする機会は多々ありますよね。口数が多い人や緊張しづらいタイプの人に比べて、寡黙な人や物怖じしやすい人は、交渉の場で自分の意見をうまく伝えられなかった経験も多いのでは…

本を全然読まないと「3つの超重要メリット」が逃げていく。

「本を読んだほうが良いとは思うけれど、仕事も忙しいし、なかなか気が進まない」というビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? ある調査では、一般の人よりも富裕層のほうが読書量が多いということがわかっています。全国の20代・30代のビジネスパー…

説得が致命的に下手な人の盲点。「イエス」と言わせる方法は意外にシンプルだった。

「この商品を売り込みたい」「自分のアイデアを採用してほしい」その一心で懸命に説明をしたのに、うまくいかなかった……。そんな経験はありませんか? その失敗の原因はもしかしたら、あなたの説明が「自分本位」なものになっていたからかもしれませんよ。 …

絶対にやってはいけない “アメとムチ” の使い方。「○○を我慢できたらご褒美」はなぜNGなのか?

仕事や勉強のやる気を上げるために、いわゆる「アメとムチ」を使っている人も多いのではないでしょうか。 ここでいうアメ(報酬)とは「今週の仕事を乗り越えたら焼肉を食べに行こう」というもの、ムチ(罰)とは「上司に叱られたくないから頑張らなきゃ」と…

「いま何をしようとしていたっけ…」は脳疲労が原因。“3つの習慣” で脳に休息とリフレッシュを。

複数のタスクを抱え、せわしなくオフィスを駆け回っていると、ふとした瞬間に「いま、何をしようとしていたんだっけ……?」と、記憶が一時的にすっぽ抜けてしまうことはありませんか? たまにだったら、“うっかり” として笑って済ませられるかもしれません。…

走り続けて疲れている人に教えたい「Niksen(何もしない)」という考え方。たまには空を眺めるのも悪くない。

「何もできなかった」と後悔する休日を嫌い、平日は能率を上げよう、生産性を高めようと自分を追い詰めてばかりいると、むしろ創造性を失い、アイデア創出や問題解決が難しくなってしまうかもしれません。 たまには一時停止してみてはいかがでしょう。多くの…

メンタリストDaiGo推奨「3ワードノート術」は記憶定着&思考訓練にホントに効く

読んだ本の内容、しっかりと頭に入っていますか? もしも入っていないと感じるなら、きちんと復習していないせいかもしれません。そうはいっても、本を読んでからの復習は少し億劫ですよね。 ならば「3ワードノート術」を紹介しましょう。 無理なく復習する…

勉強の息抜き方法5つ&便利グッズ5選!

勉強の疲労を回復できる息抜き方法&息抜きグッズを紹介します。受験勉強やテスト勉強で疲れたときに。

休日は○○の中でボーっとしよう。「脳科学的に最高の休み方」教えます

充実した休日の過ごし方がわからない。しっかり休んだつもりなのになぜか疲れが抜けない。そんな方におすすめな休日の過ごし方が「森林浴」です。 森林浴と聞くと仰々しく感じますが、そんなに難しいことではありません。都会の喧騒から離れ、森の中を歩いた…

教え手として成長し続けたい。英語のパーソナルトレーナー・小関明子さんが目指すものとは?

受講生一人一人にパーソナルトレーナーがつき、短期集中で英語力を伸ばす英語学習サービスが、ここ最近、ビジネスパーソンを中心に人気を博しています。その仕組みの中心となるのは、「英語のパーソナルトレーナー」と呼ばれるスペシャリストたち。 今回は、…

「考えすぎる性格」だと圧倒的に損する3つの理由。今すぐ “脳の前頭前野” を鍛えなさい。

「それは考えすぎだよ」と周囲からよく指摘される。考えすぎて逆に頭がこんがらがってしまう。思い当たる人はいませんか? 考えすぎる性格は、“慎重派” とポジティブにとらえることもできます。しかしやはり、ビジネスの世界では、損する場面のほうが多いよ…

「仕事が回らない」という悩みに解決策はあるのか?

「仕事が回らない」という悩みを解決! 仕事が回らない6つの理由と改善策を説明します。

「読書×マインドマップ」で学びが圧倒的に加速する! やっぱり書くのは最高だった。

読んだ本の内容を忘れないよう、読書後のアウトプットを実践してみても、なかなか効果が実感できないと感じることはありませんか? いろいろな方法を試してみても自分にあったものが見つからない人や、そもそもどんなアウトプットをしていいかわからない、と…

「数字で考えられる人」が強いこれだけの理由。明日のランチから始められる数字習慣。

理系離れという言葉が浸透して長いように、日本人には「数字」に対して苦手意識が強い人が多いようです。ビジネスパーソンであっても、「数字のことはよくわからないし、上司や経営層に任せておけばいい」なんて思っている人もいるかもしれません。 しかし、…

「嫉妬に押しつぶされる人」と「そうでない人」の決定的な差。

どんなかたちであれ、人間は嫉妬してしまう生き物です。自分にないものを持っていたり、自分よりも能力が優れていたりする人を目の当たりにしたとき、つい「うらやましい」「悔しい」などと感じてしまいますよね。 一般的に、こういった嫉妬心は良くないとい…

“月に20時間だけ働く” ために私が出した答え。「逆算思考」で生産性は劇的に上がる。

かつてリクルートグループで辣腕を発揮し、現在は事業執行・事業開発・マーケティング・人材採用・組織づくりなど、幅広いジャンルのスペシャリストとして活躍する中尾隆一郎(なかお・りゅういちろう)さんが、自らの働き方のベースとしているのは「逆算思…

“たった1枚の表” があれば圧倒的に決断しやすくなる。数字の説得力は絶大だった!

「プロジェクトメンバーの数が多すぎて、皆が納得できる決定ができない」「上司から『最後は君が判断していいよ』と言われたが、なかなか決断できない」 仕事で何かを判断・決定しなければならないとき、あなたがもしも「決まらない」ことで悩んでしまうこと…

大学における勉強法の基本まとめ

大学での勉強法は、高校とは全く違うもの。大学の勉強が難しい、ついていけないという人に、大学での勉強の仕方を説明します。

いつも仕事が遅い人は○○が見えていない。「とりあえず進める」はなぜ最悪なのか?

ここ20年あまりでインターネットが完全に普及し、ビジネスに使うさまざまなツールが次々と生まれているいま、ビジネスパーソンひとりあたりの仕事量は右肩上がり。そのために、仕事の効率化が強く求められています。 そこでアドバイスをお願いしたのは、かつ…

大人の20%が “先延ばしの常習犯” らしい。あるある心理「あとで…」の元凶は○○だった!

主要な国際ジャーナルに研究を発表しているアリス・ボーイズ(Alice Boyes)博士によれば、「不安」と「先延ばし」は手をつないで行動しているそうです。そのなかで、しばしば見過ごされたり、誤解されたりする “先延ばし” があるのだとか。 今回は、正しく…

勉強が最高に捗る「脳の整え方」があった! 脳に “ワクワク感” を与えるのがキモ。

「仕事の役に立つ本を読みたいのに、集中力を保てない」「前より記憶力が悪くなった気がする」「勉強したい気持ちはあるのに、モチベーションが上がらない」このように、勉強に関する悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか? 勉強をつい怠けてしまっ…

速読の効果は嘘!? 本当に意味のある速読術3選

速読は本当に効果があるのか検証! 意味のある速読・ない速読とは何か説明します。実際に役立つ速読術の方法・コツも解説。

トイレに行くとアイデアが生まれるのはどうして? 脳科学者の見解

パソコンで資料を作成する。ノートとペンでアイデア出しをする。本を読んで知識を仕入れる。私たちは日々さまざまな “作業” をしますよね。 じつは、作業の性質に応じて、適した場所や環境があることをご存じですか。それを踏まえて臨機応変に場所を選べば、…

「ウィッシュリスト」に “100個の願い事” を書いてみたら、本当にやりたいことが見えてきた。

「忙しい毎日を過ごしているけれど、何のために仕事や勉強を頑張っているのだろう?」「自分が本当にやりたいことは何だろう?」「自分にとって理想のライフスタイルってどんなものだろう?」こんな疑問を持ったことはありませんか。 そして、自問してみると…

いつまでも「算数嫌い」だと痛い目に遭う。大人こそ算数を勉強するべき重大な理由。

「学生時代にあんなに苦しめられたのに、社会に出たら数学の知識なんてほとんど役に立たない」 「そもそも算数も数学も大嫌いだった。大人になった今も必要性を感じることはない」 「仕事の場面でも日常生活でも、数学とは無縁に過ごしている」 このように感…

求められるのは、「英語指導のプロフェッショナル」であること。英語パーソナルトレーナー・町田和樹さんが語る仕事の魅力。

ここ最近、スポーツジムのように一人一人にパーソナルトレーナーがつく、短期集中型の英語スクールが人気を集めています。そこでは、「英語のパーソナルトレーナー」と呼ばれるスペシャリストたちが、短期間で多くの受講生の英語力アップを実現しています。 …

勉強のストレス解消法4選! 資格・テスト勉強で疲れたときに

資格・テスト勉強で疲れたときに役立つ、ストレス解消法を教えます。こまめにストレス発散し、効率よく勉強しましょう。

「人間関係に興味ないです」がダメすぎる4つの理由。“老後の記憶力” にも悪影響あり。

「SNS疲れ」という言葉が浸透するほど、現代は人と人とのつながりが濃厚であるかのように映ります。一方で、ネット上だけの淡白な関係においては、簡単につながることができる反面、すぐに関係を断つこともできるようになりました。 また職場でも、メールや…

“たった20分の復習” で記憶が1ヶ月続く!? 忙しい人のための「効率的な勉強術」3選

勉強したいけれど忙しい。要領が悪くて、勉強時間と結果が見合っていないと感じる……。このような悩みを抱えている人は、まず「効率の良い勉強方法」を身につけることをおすすめします。 今回は、時間がないと感じている人にこそ知ってほしい、無駄のない勉強…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら