コラム

要領がいい人は、必ず紙に書いている。質のいい仕事をスムーズに進めるための「手書き」の方法

数十年前ならともかく、いまデスクワークが中心の人で、「パソコンを使わない」という人は皆無でしょう。情報を数多く扱う時代です。たしかに、パソコンでしかできない作業も数多く存在します。 しかし、「要領よく仕事を進める」という点でいくと、「手書き…

要領よく仕事ができる人は「ワーキングメモリ」の働かせ方がうまい。コツは15分の使い方にあり!

仕事と記憶は切っても切れない関係にあります。資格勉強のために暗記をするといった意味での記憶だけでなく、目の前の仕事をそつなくこなすにも、「この仕事にはあのときの進め方が合いそうだ」「あの人に相談してみよう」など、過去の経験による記憶が大き…

「要領がいい人」になれる仕事の進め方。「要領をよくしたい」と思うほど、じつは要領は悪くなる

日本企業の問題点として、「生産性の低さ」がよく指摘されます。多忙なビジネスパーソンなら、「なるべく要領よく仕事を進めたい」と思う人も多いはずです。 ところが、脳の機能を活かした人材開発を行う作業療法士の菅原洋平さんは、「要領をよくしたい」と…

職場で好かれる人が “やらない” 2つのこと。仕事を○○しないことで人間関係はよくなる

「同僚に好かれたいから、振る舞い方にはかなり気を使っているつもり。でも、なんだか空回りしている気がする」「みんなに頼りにされたいので仕事をたくさん頑張っているのに、最近仕事を頼まれなくなってきた……」 上記のように悩んでしまう原因は、あなたが…

勉強しても「なるほどな」と感心して終わる人に最適。学びを実践へ確実につなげる「○○メモ」

「セミナーや研修に参加しても、『なるほどなあ』と感心するだけで実践につながらない」「その場では『たしかに!』と納得できるのに、しばらくすると忘れてしまう……」 このように、「本当は勉強したことをきちんと覚えて、仕事や生活に活かしたいのに……」と…

マッキンゼー出身者が推奨「リサーチ時間を大幅短縮」できる情報収集法。効率アップのカギは○○○化

手当たり次第に本やインターネットを調べ始めた結果、やたらと時間がかかり、ほかの業務に支障が出る。過度な情報収集で不必要な情報まで取り込んでいたことにあとから気づき、非効率感に打ちのめされる――。「自分はどうして情報収集が下手なのだろう……」 そ…

外国人部下を効果的にマネジメントするコツ

外国人部下のマネジメントで困っていませんか? 本記事を読めば、文化や価値観の違いを乗り越え、部下のポテンシャルを最大限引き出せるビジネスリーダーになれるはずです。

心が疲れにくい人は必要以上に○○しない。危険な「感情コントロールの罠」から抜け出す方法

「いい人だと思われたい」――。これはビジネスの場に限らず、あらゆる場面で多くの人が抱く思いです。 ところが、一般社団法人感情マネージメント協会代表理事の片田智也さんによれば、「いい人であろう」という姿勢によって自らの心を疲弊させてしまうことも…

仕事の人間関係で心を疲れさせないために、いますぐ「やめる」といい3つのこと

「あらゆる悩みの原因は人間関係にある」とは、アドラー心理学の根底に流れる概念とされます。しかし、苦手な人とも付き合っていかなければならないビジネスパーソンにとって、人間関係の悩みは尽きないもの。そして、人間関係によって心が疲れてしまう人は…

心が疲れない人がしているのは「○○思考」。心がすぐ疲れる人との考え方の違いとは

いまもむかしもビジネスパーソンを悩ませるのが、さまざまなストレスです。忙しく働きながらも、できる限り心穏やかに過ごしたいと考えるのは当然でしょう。 そこでお話を聞いたのは、一般社団法人感情マネージメント協会代表理事の片田智也さん。片田さんは…

本を短時間で読み直せる&記憶に残せる。効率のいい “本の再読法” を探ってみた

もしも、手元にある本の知識が自分のものになっていないと感じるならば、便利な付箋を使った再読法が役に立つかもしれません。本をすべて読み直すわけではないので、スキマ時間に軽い気持ちでできるはずですよ。 付箋で行なう辞書引き学習法や、識者らが説く…

仕事と勉強を両立できる人は「スキマ時間」の使い方がうまい。短時間で「質のいいインプット」をするコツ

「ちゃんと勉強したいし、仕事もしっかりやりたい。でも、この両立って本当に可能なのだろうか……?」 ――はい、スキマ時間をうまく利用すれば、十分に可能なはずですよ! まずは、できるわけがないという思い込みを捨て「両立は可能だ」と考えること。そのう…

毎日勉強できる人が “やらない” 3つのこと。やる気を当てにするより○○をつくるほうが勉強できる

「毎日勉強をしよう――こう決意しても、いつも1週間も続かない」「とりたい資格があるのに、疲れてどうしても机に向かう気になれない……」 仕事で忙しいなか、勉強する時間を毎日確保することは簡単ではありません。目標とした勉強時間をつくれず、自己嫌悪に…

人間関係が断然よくなる伝え方。コミュニケーションで「捨てる」べき3つのもの

言葉を使ってコミュニケーションを行なうという人間の特性上、人間関係は日常のコミュニケーションによって決まります。では、どのようなコミュニケーションを心がければ周囲と良好な人間関係を築けるのでしょうか。 「伝えるプロ」である電通のコピーライタ…

「そんなこと聞いたっけ?」なぜ、あなたの言葉は覚えてもらえないのか。コミュニケーションは引き算で考える

「コミュニケーションがうまい人」というと、快活で口数が多い人をイメージするかもしれません。でも、いくらたくさんの言葉を使っても、伝えたいことが相手に伝わっていなければコミュニケーションがうまいとは言えません。 「伝えるプロ」である電通のコピ…

「○○の件です」で話を切り出すと相手にストレスを感じさせる理由。最初に言うべき言葉とは?

「自分の話し方や書き方だと、相手にうまく伝えられていない気がする」という自覚はあるものの、実際どうすればいいのかわからない――。そんな悩みを抱えている人は多いものです。 そこでアドバイスをお願いしたのは、まさに「伝えるプロ」である電通のコピー…

効率よく学ぶコツは「わかったつもり」を防ぐこと。「ファインマン・テクニック」で勉強してみた

資格試験の勉強を始めようとしているとき、仕事で知らない知識を学ぶ必要があるとき。まったく知識のないところから勉強をスタートすると、「身につくまで大変そう……」と不安に思ってしまうのも無理もないことです。 でも、大丈夫。そんな “ほぼ白紙状態” か…

勉強の質が上がる「最後の5分」の使い方。後回しにしがちな○○をすれば記憶定着率アップ!

「試験範囲が広すぎて、最初のほうに勉強したことを覚えていられない」「頑張って勉強しているのに、努力に見合った成果を挙げられない」 このようにお悩みの人は、勉強の “最後の5分” の使い方を工夫するといいかもしれません。 今回は、勉強の質を上げるた…

濃くて黒い文字ほど記憶に残る。「最も黒いペン」で学習効果をより高める方法を探ってみた

最近どうも勉強が退屈に感じてしまう。気軽に試せて気分転換にもなる勉強法はないだろうか……? ――そんな方におすすめの、ちょっとしたアイデアがありますよ。学習効果も期待できます。実践とともに詳しくお伝えしましょう。 【ライタープロフィール】STUDY H…

【Webライター募集】STUDY HACKERで効率的な勉強法・仕事術について記事を書いてくれる方を募集します

学び続けるビジネスパーソンのためのメディア『STUDY HACKER』では、このたびWebライターを募集いたします。 効率的な勉強法や仕事術に関心をおもちの方、『STUDY HACKER』で記事を書いてみたい方からのご応募をお待ちしております。 STUDY HACKERが大切にし…

書けば書くほど「目標達成」しやすくなる。不安が減って行動力が高まる「書く」メソッド

将来こんな人になりたい、大きな成果を挙げたい――そんな目標を達成するのに役立つのが「書く瞑想」です。 「瞑想」というと、一般的にはメンタルを安定させるためのものといったイメージが強いもの。しかし、一般社団法人マインドフルネス瞑想協会代表理事の…

「心が疲れない人」になれる2つの「書く」習慣。不安も悩みもすべて言語化すればメンタルが整う

仕事の不安や人間関係の悩みによって、ビジネスパーソンの心は疲れがち。働く人すべてにおいて、メンタルに関する問題は切っても切れない関係にあります。 みなさんは、自分なりの「メンタル安定法」をもっていますか? もしまだもっていないのなら、「書く…

仕事がうまくいくのは「紙に書き続ける人」。思考を整理できEQも高まる「書く瞑想」とは

頭のなかが、やるべきことや心配事などでごちゃごちゃしている。周囲とうまく協調して仕事を進めるのが難しい。これらの悩みは一見まったく別のものですが、ある共通の方法で解決できます。それは「書く瞑想」。 「瞑想」と聞くと、どのような印象をもつでし…

嫌味を言われたら○○をもらえばいい。コミュニケーション上手な人の “動揺しない” 伝え方

「会議で想定外の質問をされてしまい、動揺して頭が真っ白に……」「職場の対人関係でついカッとなり、相手と口論してしまった」 仕事では冷静な対応が求められますが、感情をコントロールできずに失敗してしまった経験はないでしょうか。 そんな出来事が今後…

勉強の努力を続けるカギは “達成感”。「努力が報われない」と感じても勉強を諦めないための小さなコツ

「勉強しなければ、まわりの有能な人に差をつけられてしまいそう……」「AIが台頭する時代、勉強して思考力を鍛えないと、私の仕事はAIに奪われてしまう」 まじめな読者のみなさんなら、勉強する必要性は十分にわかっているはず。ですが、 「勉強しなければ」…

チームの成果を最大化できるマネージャーが「人に仕事を任せる」とき大切にしている3つのこと

マネージャーの重要な仕事のひとつが “メンバーに業務を任せること”。適切なメンバーに適切なタイミングでタスクを振ることで、チーム全体の成果を最大化することができます。 一方で、メンバーに仕事を任せることを難しく感じている方が多いのも現実。仕事…

「勉強を先延ばしにしない人」になるための3つの基本。やる気に頼らず勉強する方法とは?

「勉強をしなくちゃいけないのはわかっている。でも、忙しくて……」「毎日疲れているので、つい勉強を先延ばしにしてしまう」 やろうと思ってはいるものの、何かと理由をつけて勉強を後回しにしてしまう人は多いのではないのでしょうか。 そこで、今回は “先…

「必ず活躍できる若手人材」の3つの特徴。早く○○できる人は成長の見込みあり!

一見ビジネスと関係なさそうなことから、仕事のヒントを得たことがありますか? 仕事をよりよくすることに役立つ要素は、じつは意外なところにあるもの。そのひとつが、ヒップホップです。 ヒップホップの世界に、“フックアップ” という行為があります。有名…

人間関係のトラブル解決には「○○しない」ことが効果的。意地悪な人ともスムーズに働くコツ

仕事の悩みのひとつとして、職場での人間関係を挙げる方は多いのではないのでしょうか。 雑誌『プレジデント 2024年3月1日号』にこんな調査結果が掲載されています。1,080名を対象に「あなたの悩みの種は誰か?」を尋ねたところ、「同僚」と答えた人が最も多…

「結果を出せる人」の3つの思考習慣。「結果から距離をとる」ほうがうまくいく理由とは?

「思うように結果が出ない」「いまひとつ成長実感がない」といったもやもやした思いを抱いている場合、もしかしたら自分のなかにある「常識」がそうさせてしまっているのかもしれません。 こう指摘するのは、アスリートや会社経営者のメンタルサポートを行な…

「理想の成長」3つの条件。どんどん大きくなる “綿菓子のような” 成長を遂げるのはこんな人

みなさんが「現状維持でいい」と思っているならともかく、ビジネスパーソンとして「成長したい」という思いをもっているのなら、ある要素を身につけなければなりません。その要素とは「コーチャブル」というものです。 アスリートや会社経営者のメンタルサポ…

どんな変化が起きても成長できるビジネスパーソンが、自然と実行しているあるひとつのこと

ビジネスパーソンとして自分を成長させたいけれど、なかなかうまくいかない……。そう感じる人は多いかもしれません。そもそも、成長するにはなにが必要でしょうか。 業種や職種により求められるスキルや経験も大切ですが、アスリートや会社経営者のメンタルサ…

物流業界が「再配達率」を削減した方法とは? 探ってみたら「仕事のムダ」の減らし方が見えてきた

「チームの成果が上がらない……。作業の効率が悪いのだろうか」「頑張って働いているのに、いつも仕事が終わらなくて残業ばかり……」 上記のようなお悩みを抱えている方は、物流業界における “再配達率の改善方法” を参考にすると、ヒントが得られるかもしれま…

苦手な人ともいい関係を築きやすくなる「2つの思考法」。まずは自分の○○を可視化しよう

「誰とでも円滑にコミュニケーションをとりたいのに、あの人とだけは関わるとどうしてもイライラする」「人間関係に神経を使うことが多く、仕事の効率まで落ちてしまう」 苦手な人と関わって感情が乱され、仕事に100%の力を発揮できなかった経験はありません…

「無駄な会議」を「理想の会議」に変えるための3つのヒント。会議時間は○分がベスト

業務時間のほとんどが会議で占められていたり、オンライン会議がすきまなく続いて自分の業務にとりかかれなかったりと、会議の多さに困っていませんか? 「会議時間がもっと短ければ……」「効率的なミーティングがしたい」と、誰でも一度は感じたことがあるの…

「短い時間」で「たくさんの知識習得」ができる効率的勉強法。○○にこだわらないのがコツ!

仕事で毎日忙しく過ごしていると、「時間が全然足りない」と感じてしまうもの。「勉強もしたいし、本も読みたいけど、そんな時間はない」と悩んでいるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。 たくさんの知識を習得したいのに、勉強時間がない――という…

仕事の速い人になれる “少し意外な” 3つの習慣。「○○心」で仕事のスピードが上がる

いくら頑張っても仕事が終わらず、残業続きで「自分は仕事が遅い……」とお悩みではありませんか? 仕事が速くなる秘訣を知りたいですよね。 仕事が速くなる方法について調べてみると、無駄を省いて作業を効率化する仕事術はたくさん出てきます。しかし、心の…

英語の雑談がうまい人は相手の○○を理解している。押さえておきたい日米の文化の違い2選

「英語を話すこと自体はできるのに、外国籍の同僚とのコミュニケーションが、どこかうまくいっていない……」と悩んでいませんか? その悩みの原因は、相手の文化について十分理解できていないことにあるかもしれません。 外国籍の社員がいるチームで仕事を円…

新入社員の離職を防ぐ3つのヒント。大切なのは社員を “顧客” として見ること

「新しく入社した社員が、会社に馴染んでいない気がする……」「社員の離職率が高い。どうすれば会社にフィットした人が入社してくれるだろう……」 このように悩んでいる方の役に立つのが、PMF(プロダクト・マーケット・フィット)という概念です。ベンチャー…

Z世代の社員を早期離職させないための3つの対策。大切なのは「○○の量」を増やすこと

突然ですが、新卒の新入社員をひとり採用するためのコストがどれぐらいか、ご存じでしょうか? 業種や企業によって差はありますが、株式会社リクルートの就職みらい研究所が2019〜2020年に行なった調査によれば、平均93.6万円かかっているそうです。(参照:…

参加者が「出てよかった」と感じる会議で、ファシリテーターが大事にしている3つのこと

会議の流れ次第では、参加者どうしで意見が対立するなどして、喧嘩腰の荒れた空気になることもあるでしょう。そこでファシリテーターは、そういった会議もうまくまとめて協力体制を築いていくことが求められます。 そうするためのコツを、自身が運営する「フ…

「こんな会議」なら誰もが自然と意見を言える。ファシリテーターが最初に伝えるべき5つの言葉

会議でよく見られる問題に、参加者がなかなか発言してくれず議論が盛り上がらないというものがあります。そういった会議になってしまう原因はどこにあり、ファシリテーターの立場としてどのような対策ができるでしょうか。 自身が運営する「ファシリテーショ…

「一流のファシリテーター」3つの特徴。大切なのは議論をリードできるかではなく○○できるか

議論をリードするのが苦手で、上司から「次の会議のファシリテーション、よろしく」と言われると途端に気が重くなる……。そんな人は多いと思いますが、「ファシリテーターの本来の役割」を知れば、その気持ちは少し和らぐかもしれません。 ビジネスにおける「…

楽しく勉強できて成果も出せる! ぐいぐい進めたくなる「ゲーム感覚で楽しむ」勉強法2選

「勉強は正直好きじゃないけれど、必要だからやっている」「楽しく続けられて、効果もある勉強法はないかな……」 そんなふうに勉強にハードルを感じているなら、ゲーミフィケーションを取り入れてみるのはいかがでしょうか? ゲーム感覚で勉強を楽しめて、学…

自然と意欲が湧いてくるカレンダーの新しい使い方。「予定」ではなく「○○」で埋め尽くす!

「すべて中途半端」「結局、何もできていない」 こんなふうに “できていないこと” ばかりに目を向け、落ち込んだ経験はありますか? 筆者はたまにそうなることがあります。でも最近、少しでも “できていること” に注意が向くと、物事がスムーズに運びやすく…

DXが浸透しないのは「社員が○○を嫌う」から。DXの前にやるべき “社員のマインド” を変える方法

すっかりDXという言葉が浸透した昨今。DXに取り組んでいる企業の担当者の方は多いのではないでしょうか。 しかし、このDXが目的ではなく手段になっているために、うまくいっていないケースもあるようです。 実際、独立行政法人情報処理推進機構によるDX白書…

英会話 “だけ” じゃ英語力は伸びない! 英語研修の効果を倍増させる秘策4選

社員への英語研修で「英会話」を取り入れている企業は多いのではないでしょうか。しかし、「英会話メインの研修で、いまいち社員の英語力が上がっていない」という声も多く聞かれます。 今回は、英会話研修をより効果的に活用する方法を具体的に紹介します。…

仕事ができる人は「○○の前」に「下書き」をする。仕事効率が確実に上がる3つの下書き術

「書類やメールなど、文章を書くのが苦手……」「スライドづくりにいつも時間がかかる。もっと手早くできるようになりたい」 このような悩みをもつ人は、日々の業務に “下書き” を取り入れてみてはいかがでしょうか? できるビジネスパーソンのなかには、下書…

相手にちゃんと響く「フィードバック」の方法。5つのステップに当てはめるだけ!

日々の業務のなかで、同僚や後輩へフィードバックすることの難しさを感じる機会は多いのではないでしょうか。ミスや問題点を指摘する場合など、フィードバックする内容がネガティブな場合は、特に気を使いますよね。 近年では海外人材の採用を積極的に進めて…

生産性が低いのは○○できていないから。社員の生産性を上げるための “小さな習慣” とは

「社員の生産性を高めたいのに、なかなかうまくいかない……」「仕事が終わらなくて残業ばかりしている。生産性を高めて効率よく働きたい……」 このように、仕事の生産性について悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 日本の一人あたりの労働生産性は、OEC…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト