コラム

「承認欲求がない人」はいる? 承認欲求が弱い人の特徴とは

「承認欲求がない人」などいるのでしょうか? 承認欲求が弱い人の特徴を参考に、承認欲求の呪縛から逃れる方法を考えてみましょう。

記憶のスペシャリストによる「2つの勉強法」で3回復習した結果。覚えたい欲求が湧いてくる!

「単語自体は暗記したものの意味がおろそかで、テストでいい点を出せない」「参考書を読んだのに覚えられず、勉強する気がなくなってきた」このように勉強でありがちな記憶の悩みを解決するには、繰り返し復習するのが最適。 脳は一度で覚えられない仕組みに…

本を「捨てる・捨てない」で葛藤中のあなたに “日本一の書評家” の本整理術、教えます

紙の本が増えすぎて、部屋に保管するスペースがなくなってきた。もう読まなくなった本を捨てるべきかどうか、考えても答えが出ない……。読書好きの人なら、一度はこのように悩んだことがあるでしょう。 自宅を図書館みたいにできれば理想かもしれませんが、な…

東大教授「自由に学べない東大生は多い」。ひとりでも勉強できる人になるための “3つの基本”

学校や塾で、誰かが決めてくれたカリキュラムに沿って勉強していた学生時代と違い、大人の勉強はひとりでなんとかしなければならないもの。孤独に勉強する方法がわからない、そもそもひとりで勉強するイメージがつかない。そんなあなたに、独学の達人たちが…

読書家とはどんな存在? 3つの特徴があった

読書家とはどんな人でしょう? 月に何冊読めば読書家なのでしょうか。読書家の有名人・芸能人に共通する特徴を挙げつつ、おすすめの本・アプリも多数紹介します。

学習の質向上に強力に効いた! A4用紙1枚の「マインドマップ」勉強法がすごい理由

学習の質を上げたい……! そう思うなら「マインドマップ」を勉強に取り入れてみませんか? 今回は、学習に活用しないともったいないマインドマップの効果をご紹介しましょう。実際にマインドマップを使って勉強をしてみましたので、正直な感想もお伝えします…

モルガン・スタンレー流「地頭力」を伸ばす3つの方法【外資で働くための「一流ワークハック術」】

「年収5,000万円を超える人は、どんな頭の使い方をしているんだろう?」「NYで活躍する一流ビジネスパーソンは、もともと地頭がいいに違いない!」そう思ったことはありませんか。 圧倒的な年収を得ているNYのビジネスパーソンは、自分とは頭のつくりも使い…

寝る前に読書する効果4選&おすすめのブックライト

寝る前に読書するとどんな効果があるのでしょう? おすすめのブックライトや本と合わせて紹介します。

「出世に近い人」のコミュニケーションの特徴3つ。“〇〇しない” が意外と大事だった

「同僚によく声をかけていたら、なぜか避けられるようになってしまった」「よかれと思って上司へ意見を言ったものの、けげんな顔をされてしまった」積極的にコミュニケーションをとれば評価や出世につながると思っていたのに、逆に職場での信頼を失ったよう…

「勉強家」なのに「話が浅い」人の特徴3つ。“知識はあるけど薄っぺらい” のはこんな人

本や新聞を読んだり、資格をとったり、セミナーに通ったり……勉強はたくさんしているのに、なぜか深い話ができない。どれだけ勉強しても、考えが浅いままだ。そんな悩みをもってはいませんか? 「勉強家なのに話が浅い」あなたは、これからお伝えする残念な3…

自己承認欲求とは? 自己顕示欲とどう違う?

自己承認欲求とはなんでしょう? 自己顕示欲とはどう違うのでしょうか? SNSとの関係も含めて詳しく説明します。

当たり前に勉強できる人が “絶対言わない” 4つの言葉。「やればできる」は「やらない」とほぼ同じ

試験をパスするためや資格をとるために勉強しないといけないけれど、なかなか取り組めない。短期的になら勉強できるものの、継続できないのが悩み……。 そのような人は、無意識に “こんな口癖” がありませんか? もし、これから紹介する言葉をよく使っている…

「頑張ったのに損する人」と「快適に頑張れる人」は何が違う? 結果を出せる3つの頑張り方

「どんなに頑張っても結果が出ない。ものすごく努力したのに……」 ――そんなに落ち込まないでください。ベストセラーをもつ精神科医の Tomy 氏は、頑張っている事実を「将来の幸せ貯金」と呼びます。それに、頑張ることは “やり方” さえ間違わなければ「いまの…

「本当に説明がうまい人」になるための日常習慣3つ。二流の説明力を一流に引き上げる!

「説明」というと、「商品説明」のように、主に社外の人に向けて自社や自社製品について行なうものと思う人も多いかもしれません。しかし、相手に物事を伝えるという意味では、社内の会議での発言、上司への報告、同僚との打ち合わせなども立派な説明です。 …

説明が苦手ならとにかく “この3つ” を始めなさい。「2行書くだけ」で説明力は高められる

頑張って説明しているつもりでも、「説明が長くなってしまう……」「何を話せばいいのかわからなくなる……」など、「説明」に苦手意識をもっている人はいませんか? そんな人たちに向け、『説明の一流、二流、三流』(明日香出版社)という書籍の著者である桐生…

「アウトプットしまくる人」がやっぱり強いワケ。圧倒的行動力にも心の安定にもつながる

「仕事も勉強もアウトプットが大事!」と聞くけど、アウトプットってそこまで重要なんだろうか? クリエイターでもなければ、論文を書くような勉強をしているわけでもないし……。 そんなあなたに、「アウトプットしまくる人はやっぱり強い!」と納得できる3つ…

自称説明上手がしている “二流の説明” 残念な特徴。「ちゃんと話せた!」が一番危ない

社内外問わず多くの人と関わりながら仕事をしなければならないビジネスパーソンには、自分が言いたいことを相手に伝える、「説明」する力が欠かせません。長くコミュニケーション能力の重要性が叫ばれるなか、「自分は説明がうまい」と自信をもっている人も…

語彙力がないとはどんな状態? ボキャブラリーを増やす方法4選

語彙力がないとはどんな状態なのでしょう? 語彙力がない人の特徴、語彙力を高める方法とともに解説します。

なぜ私たちは “ビッグボス” 新庄剛志監督に期待を抱かずにはいられないのか?

いま、リーダー像は大きく変化していると言われています。2019年5月に117名から回答を得たアンケート調査(エン ミドルの転職)では、85%のコンサルタントが企業の求めるリーダー像に変化が生じていると答えたそう。 2021年10月29日に就任が正式発表された、…

体は疲れないのに「脳ばかり疲れる人」の悪習慣3つ。チャット中の “あれ” に意外な落とし穴があった

リモートワークが普及して、自宅で仕事をする社会人が増えてきました。働きやすくなった一方で、「なぜか最近、疲れやすい」と感じる人も多いのではないでしょうか。 毎日通勤していた頃よりも、運動量は減っているはず。それなのに、疲れを感じてしまう理由…

いつまでも成績が上がらない「勉強の段取りが悪い人」4つの特徴。あなたは当てはまる?

まじめに勉強をしているのに、成果が一向に出ない……。「あの勉強はしなくてよかった」とあとから気づいたり、必要な内容をおろそかにして後悔したりすることばかりで、もううんざり……! そんな人は、勉強の段取りに問題があるかもしれません。今回ご紹介する…

勉強をやり抜くには “最小限” 頑張るだけでいい。手間も忍耐もいらない「4つの勉強法」

「難易度が高い資格試験に合格できる人は、よほど忍耐強いのだろう」「試験でいつも高成績なあの人は、相当頑張っているに違いない」このように「勉強には特別な努力が必要だ」と考えるせいで苦手意識を抱き、学ぶことを遠ざけてしまっているのなら、とても…

知らぬ間に「無能化」している人の4つの危険な兆候。成長を止めないために思考をこう変えて!

「一生懸命働いているけれど、なかなか結果が出ない」「周囲から受ける評価が自己評価よりも低い」 このような悩みを抱え、その原因がわからないという人は多いのではないでしょうか。 じつは私たちは、日々の考え方や習慣によって、知らず知らずのうちに「…

効率のいい勉強法14選! まずは基本を確認しよう

学生&社会人におすすめ「効率のいい勉強法」を教えます。あなたはできているでしょうか?

次世代リーダーに必須の「この要素」を培うため、ビジネスパーソンが絶対学ぶべき3つのこと

一般的に「誠実さ」「真摯さ」などと訳される「インテグリティ(Integrity)」という言葉があります。これを「自分に対しても他人に対しても誠実な状態」「自分の内側に対しても外側に対しても一貫性がある状態」と解釈し、「インテグリティは今後のビジネス…

大人の英語の学び直しはこうすれば成功する! 最適な教材も紹介

「大人になったら英語の学び直しは無理」と思っていませんか? 本記事の「効率的な学び直しの方法」を実践すれば、きっとうまくいくはず。中学英語や高校英語の学び直しに最適な教材も紹介しています。

トップリーダーが一流であり続けるために、土曜午前の “あるルーティン” を大切にする理由

一般的に「誠実さ」とか「真摯さ」という言葉で訳される「インテグリティ(Integrity)」。これを、「自分に対しても他人に対しても誠実な状態」「自分の内側に対しても外側に対しても一貫性がある状態」と解釈するラッセル・レイノルズ日本代表の岸田雅裕(…

【ENGLISH COMPANY大学受験部】AIエンジニアを目指す僕が「90日間の英語トレーニング」を選んだ理由。“脱・丸暗記” の学習で英語力の伸びを実感!

2021年6月にサービスが開始された、大学受験界初の高校生向け英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY大学受験部」。90日間の短期集中トレーニングを通じて「すばやく読む」「正しく聞き取る」という本質的な英語力を鍛えることができ、センター試験に代わって…

「頭はいい」のに「成長できない」人に欠けているもの。“揺れる人” には誰もついていかない

「インテグリティ(Integrity)」という言葉を知っていますか? 一般的には「誠実さ」「真摯さ」「高潔さ」などと訳される言葉です。 ただ、著書『INTEGRITY 正しく、美しい意思決定ができるリーダーの「自分軸」のつくり方』(東洋経済新報社)を上梓したラ…

仕事&勉強がきっとうまくいく「脳にいい習慣」7選

脳にいいだけでなく、身体にもいい習慣を7個解説します。心身の健康を保ち、仕事でも勉強でも最高のパフォーマンスを発揮しましょう。

全然勉強しない社会人が衰えさせる「3つの力」。幸福を感じたい人に必要なのは勉強だった!

「勉強したほうがいいとは思うけど、やる気が出ない」「仕事が忙しいので、勉強の優先度は低い」「業務を通して学ぶことが多いので、勉強は不要だ」 さまざまな理由や考えで、勉強していない社会人は多いのではないでしょうか。しかし、いつまでも勉強しない…

「心が疲れない人」がやっている3つの最高習慣。心の負担は “これ” をやめれば減らせる

「忙しく働くだけの毎日。いつもなんだかイライラしている……」「仕事量が多くそれなりに充実しているけれど、心はすり減っている感じ……」 あなたがもしこれに当てはまるなら、心を疲れさせないための習慣をひとつでも取り入れるとよさそうです。 心が疲れな…

勉強したくないとき「この4つ」をやってはいけない。〇〇を下げると意欲も下がる?

誰だって「勉強したくない」と思うときがあるもの。そこで “どう行動するか” が肝心です。私たちは適切に判断し、行動できているのでしょうか。勉強意欲が低下しているときに、やってはいけない4つのことを認識しておきましょう。 ダメ1.「真の妨げ」を放置 …

TOEIC800点台到達で管理職ポスト維持にも成功! 3ヶ月のパーソナルトレーニングで私が手にした自信と未来

左:トレーニングを担当した東トレーナー 右:トレーニングを受講した古倉さん 短期集中型の英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。言語学や英語教授法についての高い専門性をもつ英語のパーソナルトレーナーが、言語習得の科学「第二言語習得…

不可算名詞の正しい覚え方があった!「数えられない名詞」の本当の意味

不可算名詞は「数えられない名詞」の本当の意味を知れば、覚えやすくなりますよ。まぎらわしい不可算名詞や、不可算名詞にも可算名詞にもなる名詞などの例を通して、不可算名詞かどうかの見分け方をご紹介します。

東大准教授が教える「勉強を楽しめる人」と「勉強がつらくてたまらない人」の決定的な差4つ

勉強をするのがつらくてたまらない。勉強が好きと言う人の気持ちがわからない。でも、できれば自分も勉強を楽しめるようになりたい……そう思っている方は多いはず。 今回は「勉強を楽しめる人」と「勉強がつらくてたまらない人」を分ける決定的な差を4つご紹…

受賞歴多数の一流アイデアパーソンが「ごちゃごちゃなメモ」にこだわる納得の理由

広告業界において数々の受賞歴を誇るコピーライターであり、著書『100案思考 「書けない」「思いつかない」「通らない」がなくなる』(マガジンハウス)を上梓したのが橋口幸生(はしぐち・ゆきお)さん。職種を問わず「100案出す」ことが仕事で成果を挙げる…

「勉強に集中できる人」は “この4つ” を自然とできている

「問題集を開いたのに、気づいたらほかのことをしている」「集中したいのに気が散って、参考書を読み進められない」このように、勉強に集中できなくなるたび、自分の集中力のなさに嫌気が差していませんか? じつは、勉強に集中できないのは、あなただけでは…

「100案出せる人」がしていて「3、4案で頭が固まってしまう人」がしていない4つのこと

どんな職種に就いている人であれ、「100案出す」意識をもつことで成果を挙げられて仕事における充実度も増す——。そう説くのは、広告業界で数々の受賞歴を誇る気鋭のコピーライター・橋口幸生(はしぐち・ゆきお)さんです(『デキる人が「100案」出す理由。…

デキる人が「100案」出す理由。つまらない案すら出せない人に、最高のアイデアは出せない

なんらかのアイデアを出すとき、みなさんはどんなことを意識しているでしょうか。コピーライターとして常にアイデアを出すことを求められる橋口幸生(はしぐち・ゆきお)さんは、「100案出す」ことを第一にすすめます。その意図はどんなところにあるのでしょ…

【保存版】効果的な日記の書き方7選

ほめ日記、感情日記、3行日記など、効果的な日記の書き方・コツを多数紹介しています。例文とともにわかりやすく解説。関連する本の紹介も。

NYリーマン・ブラザーズの超一流たちから学んだ「10のしないこと」【外資で働くための「一流ワークハック術」】

「年収5,000万円を超える外資の一流ビジネスパーソン」「NYのモルガン・スタンレーやリーマン・ブラザーズで大躍進を遂げてきた人」 そう聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか? 有名ビジネススクール卒、24時間常に働いているバリバリの仕事人間——こ…

「勉強時間0分の人」が「勉強できる人」に生まれ変わるために、今日から習慣にすべき4つのこと

学び直しの必要性は感じていても、仕事やプライベートに振り回される毎日で、少しも勉強時間をとれない……という人はいませんか? 学生時代とは違い、社会人は自ら時間を割かなければ勉強できないもの。勉強の習慣化も簡単ではありません。 今回は、「勉強時…

“要約力” を鍛えれば頭がよくなる! 東大生推奨の「軸ノート」で勉強してみた

「講義中、一生懸命メモはとっているのだが、話がまったく頭に入ってこない」「本をたくさん読んではいるけど、肝心な中身を理解できている気がしない」 勉強するなかで、説明を聞いたり文章を読んだりしながら、その内容を一度で完璧に把握するのは、なかな…

成功者がやっている「朝の習慣」とは? 秘訣はシンプルだった!

成功者たちがやっている朝の習慣を5つ紹介します。朝の習慣について学べるおすすめの本も。

絶対ミスしない人になるための「ヒヤリ・ハット」習慣。“ミス記録” 継続のコツはこの4つ

「うわ、危なかったー」「焦った! もう少しで〇〇だった!」という体験を集めて、ミス防止につなげることを「ヒヤリ・ハット活動」といいます。主に製造や医療、交通機関などが取り組んでいる活動ですが、一般的なビジネスシーンや日常生活にも役立てること…

「時代遅れ」に見えてじつは「正しい」仕事術4つ。無駄扱いされがちなアレに価値がある

「仕事のやり方を上司から教わったけれど、いまの時代には効率が悪い気がする」「紙にメモをとるなんて時代遅れだろう。やっぱりデジタルを使い倒さないと」 時代に合わせて仕事のやり方を変えていくのは、たしかに大切なこと。しかし、「時代遅れ」に思える…

追い込まない勉強法4つ。「テスト勉強なんかしないよ」と言ってたあの秀才は〇〇していたのかも

学生の頃、「テスト勉強なんかしないよ」と言いながら成績がよかった秀才たちは、代わりに “何” をしていたのでしょう。その “何” を探れば、仕事で忙しい社会人が勉強する際のいいヒントになるはず。学問に優れた3人の言葉や経験をもとに探っていきます。 1…

本当に効く精神的ストレス解消法6選。自分なりの方法を見つけよう

効果のある精神的ストレス解消法を6つ紹介します。仕事や勉強、就活でたまったストレスをうまく解消しましょう。

「いるだけでチームの雰囲気をよくする人」の口癖4つ。“ど” から始まるあの言葉がかなり使える

「この人がいると楽しく仕事できる」「職場で一番話しやすい人だな」――そんな好印象を与える人が、あなたのまわりにいませんか? 仕事のモチベーションは、対人関係の良し悪しに左右されがち。できることなら、チームの雰囲気がよい状態で仕事をしたいもので…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら