コラム

マニピュレーターとは? 絶望的状況に追い込まれる前の対策5つ

マニピュレーターとは何か、意味をわかりやすく解説。上司がマニピュレーターだった場合の対策など、心理学を元にアドバイスします。

最高の新生活をスタートさせよう。無理なく新しい環境に慣れるための「10のしないこと」

進学、就職、転職、異動――新しい環境に飛び込むときは、期待と不安が入り混じるもの。頑張りすぎたり、自分らしくない振る舞いをしたりして、徐々に息切れしてしまうのは避けたいですよね。 最高のかたちで新生活スタートを切るために――無理なく新しい環境に…

「怒り」に振り回されるのはもうやめよう。アンガーログをつけるだけで負の感情から解放される

「ちょっとしたことでイライラしてしまう」「上司がすぐ怒るので、精神的につらい」「怒られないか心配で、いつもビクビクしている」怒りっぽい自分自身や、周囲の人間の怒りに振り回されていませんか? 「怒り」という負の感情から解放されれば、私たちの生…

「デキる人に見られたい」と思うのは当然。承認欲求は “上手に満たせば” 仕事をブーストさせてくれる

「承認欲求」という言葉を聞くと、SNSとひもづいたイメージから「目立ちたい人が持つ欲求」とネガティブにとらえる人も多いことでしょう。でも、それは早計です。 承認欲求は、人間の基本的な欲求のひとつ。「誰かから認められたい」と思ってしまうのは、当…

○○を刺激すれば神アイデアが降臨する! 紙とペンでできる「エモグラフィ」がおもしろい

なかなかいいアイデアが思い浮かばない……。 そんなときは、自分の感情が一役買ってくれるかもしれません。人は感情で記憶を強く刻んでは、またその感情で記憶をよみがえらせています。また、感情がなければ物事を決めることさえままなりません。 今回は、ア…

ハングリー精神の意味&鍛える方法を手っ取り早く解説してみた

ハングリー精神という言葉の意味・使い方や、ハングリー精神に関する名言を紹介。ハングリー精神がない人向けの、ハングリー精神を鍛える・養う方法も。

“あの口癖” があなたの幸福度を下げてる可能性。幸福学者が教える「いい言葉」と「ダメな言葉」

「幸せになるには、言葉の扱いに要注意!」。そう語るのは、「幸福学」の第一人者である慶應義塾大学大学院教授の前野隆司(まえの・たかし)先生です。 特に注意をしなければならないのは、悪口や愚痴など「ネガティブな言葉」。意外なところでは、ビジネス…

幸福学が証明「幸せな人はいろいろお得」――今日から始められる “幸せ習慣” 教えます

幸せな人は得をしている――。そう聞くと、「幸せなんだから、当たり前じゃないか」と思った人もいるでしょう。でも、「幸せであることそのもの以外にも、さまざまな面で幸せな人は得している」と言うのは、「幸福学」の第一人者である慶應義塾大学大学院教授…

お酒を飲むと英語がうまく話せるようになる!? その理由を英語の専門家に聞いてみた

「英語で会話するとき、スラスラと言葉が出てこない」 「だけど、お酒を飲むと、うまく話せるような気がする」皆さんは、お酒を飲むとなんとなく自分の英語が流暢になったように感じた経験はありませんか。それはなぜなのでしょうか? そんな疑問について、…

休日は “3つの習慣” で正しく休め! リフレッシュに最適な「4:1:5」の比率とは?

休み明け、「きちんと休んだはずなのに体が重い」「気分転換をしたつもりだけど、いまいちリフレッシュできていない」などと感じることはありませんか? もしそうであれば、あなたの休日の過ごし方が間違っているせいで、疲れが残ったり心身の調子が乱れたり…

カネ・モノ・地位で得た幸せは長続きしない。本当の幸せをつかむには “この4つ” が重要だ

みなさんは幸せになりたいですか? おそらく、「ノー」と答える人はいないでしょう。この世に生まれてきた以上、誰だって幸せになりたいものです。では、どうすれば幸せになれるのでしょうか? 「幸福学」の第一人者である慶應義塾大学大学院教授の前野隆司…

「人の好き嫌いが激しい」と損するワケ。嫌いな相手にもイラっとしなくなる方法、教えます

職場には、自分と合う「好きな人」もいれば、あまり合わない「嫌いな」人もいるかと思います。あなたは、嫌いな人と接しただけで過剰なストレスを感じたり、露骨に人を差別して周囲から反感を買ったりしてしまうことはありませんか? もし「Yes」であるなら…

達成できたらマス目を色塗り。楽しい「習慣トラッカー」で “根拠のない自信” も取り戻せる

「資格をとれば自信が持てる」 「役職がつけば自信が持てる」 「有名になれば自信が持てる」といった具合に、根拠がなければ自信は持てないものだと思い込んでいませんか? そんなことはありません。誰しも子ども時代は、「根拠のない自信」を育む素質を持っ…

いい文章を書けない人は「6つの基本」ができていない。“形容詞封印” で文章の解像度が格段に上がる!

いったい何を伝えたいのだろう……。言葉足らずでなかなか理解できない……。そんな「わかりにくい文章」は、ビジネスの世界では敬遠されます。それはわかっているけれども、文章を書くのがどうも苦手……そう悩んでいる方はいませんか? 最近では、メールやチャッ…

「カフェ勉」vs「家勉」――効率がいいのは結局どっちなのか?

「カフェ勉」という言葉があるように、カフェで勉強することはかなり一般的になりましたよね。一方で、子ども時代の習慣から「勉強は家で」という人も多いことでしょう。 「カフェ勉」「家勉」どちらが捗るかは個々人の特性によって違ってくるため、絶対的に…

良い習慣を身につけたい、悪い習慣を改善したい。そんなときは「オペラント条件づけ」が役に立つ!

「自分のためになる “良い習慣” を身につけたいけれど、なかなか続かない……」「自分のためにならない “悪い習慣” を改善したいけれど、なかなかやめられない……」こう悩んでいる方は多いのではないでしょうか? そんな悩みを解決する手段のひとつに、「オペラ…

自己肯定感の低い私が “Wishリスト” で得た大きな気づき「どんな自分も認めていい!」

仕事などで失敗するとひどく落ち込みがちで、「自分なんかやっぱりダメだ」と思ってしまう癖がある……。 そんな“自己肯定感の低い人”は、“自分の価値に気づき、認められるようになる”ことが必要です。それが叶うとっておきのノート術「Wishリスト」について、…

三日坊主は脳の仕組みが原因。「小さな習慣」で戦略的に目標を達成する方法

「あの試験に合格したいけれど、忙しくてなかなか勉強できない」「やせたくてジムに入ったけれど、もう1ヶ月以上通っていない」「毎日30分早起きして読書すると決めたけれど、三日坊主で終わってしまった」 やりたいことや、やるべきことはわかっているのに…

「脳の疲れ」を解消できる超シンプルな4つのストレッチ

「疲れて仕事がはかどらない……」「どうにも集中できない……」デスクワーク中にこんなふうに感じるのは、脳の疲労やストレスが原因かもしれません。そこで、仕事中の数分間を使って、脳に効く簡単なストレッチに取り組んでみませんか? ストレッチというと、「…

ジョギングするだけで「幸せホルモン」が増える。運動がストレス解消に効く科学的理由

「いつも気持ちが沈んでいる」「毎日仕事のことで頭がいっぱいでつらい……」このように、ストレスや不安に悩まされてはいませんか? 頻繁にストレスを感じている方におすすめしたいのが、運動です。 「運動すると、なんとなくスッキリした」という経験がある…

夢の実現には「感謝」が不可欠! 「ありがとうロード」「ありがとうノート」とはなに?

夢を実現するには何が必要でしょうか? ぶれない情熱や具体的な計画なども大切でしょう。 ただ、著書『言葉の力を高めると、夢はかなう』(サンマーク出版)が話題となっている経営コンサルタントの渡邊康弘(わたなべ・やすひろ)さんは、「夢をかなえるに…

勉強できる場所12選【2020年版】

友達と勉強できる場所・朝から勉強できる場所・年末でも使える勉強場所・無料で勉強できる場所を一挙紹介!

「朝から意識高く過ごしたい人」におすすめの5つの習慣。まずはカーテンを開けることから始めよう

みなさんは、朝をどのように過ごしていますか? 意識高く朝から活動したい、余裕を持って朝時間をおくりたい――心ではそう思っていても、毎日ギリギリまで寝ていたり、大慌てで支度をしたりといった過ごし方をしている人も多いのではないでしょうか。 しかし…

「言葉のマネジメント」で夢の実現に近づける――ネガティブな口ぐせ、事象、思考とのつき合い方

夢をかなえるといっても、人生はいいことばかりが続くわけではありません。ネガティブなこととのつき合いも不可欠です。では、夢をかなえるためにネガティブ要素とどのようにつき合っていけばいのでしょうか? 著書『言葉の力を高めると、夢はかなう』(サン…

最速・時短で英語が聞き取れるようになる。大人気英語ジム「ENGLISH COMPANY」からリスニング学習本が登場!

「リスニングが全然できない」「教科書英語ならできるのに、ネイティブの話す英語は全く聞き取れない」「英語が呪文に聞こえる……」 このようにお悩みの方はいませんか? 学生時代に単語や文法の知識は詰め込んだものの、リスニングをまともに勉強する機会が…

言葉にして手書きすると夢はかなう――「MUSEの法則」とはなにか?

誰しもにひとつやふたつは夢があるものでしょう。でも、現実を見て「かなえるのは無理かな……」と、半ば諦めてしまっている人もいるはずです。でも、「言葉にして手書きすると夢はかなう」と言われたらどうでしょうか? 著書『言葉の力を高めると、夢はかなう…

プレイングマネージャーとは? 良いプレマネ・悪いプレマネの違いを解説

プレイングマネージャーならではの仕事のコツ、気をつけたい点を具体的に解説します。

自己肯定感は「書いて」高める! 自分に価値があると気づける、3つのノート習慣

「仕事でミスした。自分はなんてダメなんだ……」「私って欠点だらけで、長所がないんだよなぁ……」みなさんは、このように自分のことを卑下してしまうことがありませんか。もしかすると、それは「自己肯定感が低い」ことのあらわれかもしれません。 そんな方に…

英語のプロが「効率的な勉強方法」を伝授! 『STRAIL』であなたの自習が変わる

第二言語習得研究の知見に基づいたカリキュラムのもと、短期集中で受講生たちの英語力を飛躍的に高めてきた英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。その別ブランドとして展開されている自習型学習コーチングサービス『STRAIL』をご存じですか?…

あなたが「勝負に弱い」致命的理由。勝つための “脳の使い方” していますか?

“勝負の世界” に生きるのはアスリートだけではありません。「顧客獲得のためにプレゼンを成功させたい!」「絶対に資格試験に合格したい!」など、ビジネスパーソンもさまざまな場面で勝負をしています。そして、勝負に勝って次々と成果をあげている人もいれ…

あなたにもあるかも「マウンティング」の悲しき癖。厄介者にならないための2つの行動

自分より下の役職の人の前で「君たちは気楽でいいよね」と言う。連休明け、ひとりでゆっくり過ごしていたと話す同僚に対し「いいなー、僕は友人からの誘いが多くて忙しかったよ」と返す。 ……あなたは、こうした発言をしていませんか? どこか相手を見下して…

ストレスコーピングとは? ラザルスの理論を手っ取り早く解説してみた

ラザルスのストレスコーピング理論を、多数の心理学論文に基づきわかりやすく解説。ストレスコーピングの種類や例の説明、具体的な方法、おすすめ本の紹介も。

うっかりミスは『ポカヨケ対策』で撲滅可能。めざすは「物理的にミスしようがない状態」

いつもは「またやっちゃった」程度で済ませる “うっかりミス” でも、別の状況で同じことをすると、思いがけずおおごとになってしまう場合があります。 ミスをしないよう心がけるのはもちろんですが、“うっかりミス” を撲滅したいなら「ポカヨケ」対策が役立…

仕事が捗らないと感じたら……チャートですぐわかる「あなたに最適な仕事ノート術」

「いいアイデアが思い浮かばない……」「ミスが減らずに困っている……」「もっと効率よく仕事を進めるにはどうすればいいのだろう……」こんな悩みや疑問を持っているビジネスパーソンも少なくないはず。もしかしたら「ノート術」でうまく改善できるかもしれませ…

いつも自分を追い詰めてしまうあなたへ。“自責グセ” を解消する「セルフ・コンパッション」とは

あなたは「自分に厳しい」ほうですか? それとも「自分に甘い」ほうですか? ストイックさや責任感が求められるビジネスシーンで揉まれているうちに、「まだまだ自分は未熟だ」「これじゃダメだ」などと、自分を責めるクセが染みついてしまっている方も少な…

「部屋が散らかりすぎ」それだけで脳に最悪。あなたが「真っ先に捨てるべき」5つのもの

みなさん、自分の部屋はきちんと片づいていますか? 掃除が全然行き届いていない、物があふれて散らかりすぎている――そんな人は要注意です。「なぜかストレスがたまる……」「作業に集中できない……」といった悩みも、もしかしたらその “片づいていない部屋” が…

バンドワゴン効果とは? 販売成績を上げる3つのテクニック

バンドワゴン効果の意味と実践的な活用方法を、どこよりもわかりやすく解説します。

悩み続けるのは “言語化できていない” から。「悩みメモ」で解像度を上げれば解決策は浮かんでくる

何かの問題にぶつかったとき、まずやるべきは解決策を練ること。とはいえ、悩み込んでしまうことだってありますよね。 しかし、思考を停止させて「悩む」という無駄な時間を浪費したうえに、解決もできず、大きなストレスにまでなってしまったら目も当てられ…

「アイデアは才能で生まれる」は半分間違い。発想の確率を高めていく方法があった!

常に新しいアイデアを求められるけれども、いいものがいまいち思い浮かばない……。どうしてあの人は、自分と違ってあんなにぽんぽんアイデアが浮かぶのだろう……。そんなふうに悩んでいる人はいませんか? アイデアは天から突然降ってくるもの、天賦の才能が生…

いつも「楽なほうへ流される」のはなぜなのか? “○○不足” で脳の前頭前野が弱ってる可能性

「資格を取得しようとテキストをそろえたのに、忙しさを理由に手つかずのまま……」「運動不足解消のためにジムに入会したけれど、結局数回通っただけで退会……」このように、ついつい楽なほうへ流されてしまった経験はないでしょうか。なかには、何度も同じよ…

瞬間記憶能力を鍛えるトレーニングのコツが明らかに!

瞬間記憶力は、トレーニングで鍛えることができます。瞬間記憶能力の習得方法・コツを具体的に解説。

今のあなたが磨くべき「話し方・聞き方テクニック」が、Yes/Noチャートですぐわかる!

人と話す機会が多いビジネスパーソンの中には、「コミュニケーション能力を高めたい!」と考える人は多いはず。でも、何かいい方法はないかなと思ってちょっと検索しただけでも、いろいろなテクニックが出てきますよね。「正直なところ、実際どれが自分に合…

「脳にいい習慣」生活に取り入れてますか? 頭が冴えないのは○○不足が原因かもしれない

「最近、何となく頭がぼんやりしている」「記憶力や集中力が低下した気がする」「疲れていて、思考力があまりない」 このような状態では、仕事がままならなくなり、ビジネスパーソンにとって致命的。 東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授の研究によると、脳…

運を引き寄せられるかどうかは言葉しだい。“飲み会で愚痴ばかり” なんてご法度です

誰しも、運が悪い人よりは運がいい人になりたいものです。なかには、朝の情報番組の占いコーナーで紹介される「今日のラッキーアイテム」といったものも気にしている人もいるかもしれません。 でも、そんなものに頼らなくても「運は自分で引き寄せられる」と…

ピグマリオン効果とは? ゴーレム効果・ハロー効果との違いもわかる!

恋愛や教育に使えるという心理学のピグマリオン効果を、例や実験論文を紹介しつつ解説。逆に作用するゴーレム効果やハロー効果との違いも説明します。おすすめ本の紹介も。

「運が悪い人」には3つの思考の癖がある。“感謝の気持ち” 足りていますか?

運がいい人と運が悪い人、どちらになりたいでしょうか? それこそ運なのですから、自分ではどうしようもないことだと考えてしまうかもしれません。 ところが、早稲田大学ビジネススクール教授であり、新刊『幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人…

「運はどうにもならない」は半分間違い。デキる人は “この2つ” で運を引き寄せている

仕事で成果をあげるには、「論理的思考こそ重要」だと思われがち。ただ、実際には「運」が成果を左右することもあります。運に対する考えは人それぞれですが、「自分ではどうにもできないもの」と考える人も多いはず。 ただ、早稲田大学ビジネススクール教授…

失敗を引きずる癖をなくすための 「9つのしないこと」――たまには運のせいにしたっていい

「仕事で失敗した動揺から、作業に集中できない……」「失敗から立ち直れず、周囲にますます迷惑をかけている……」このように、失敗を引きずることで “負のループ” に陥ったことはありませんか。この状態が長く続くとストレスがたまりますし、仕事のパフォーマ…

企画力とは? 『ハリー・ポッター』がベストセラーになったワケ

企画力とは何か、意味をわかりやすく説明。企画力がある人がやっている習慣や、おすすめの本も紹介。企画力を向上するトレーニングを実践し、仕事でもっと活躍しましょう!

勉強の効率を「上げる気分転換」と「下げる気分転換」の違いとは

社会人や大学生の自主的な勉強、高校生の受験勉強の効率を上げる、気分転換の方法を紹介します。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら