overcome-complex1

あなたには、自分自身に何かコンプレックスに感じることはあるだろうか? もし「コンプレックスなどない!」と言い切れる、100%自分に自信を抱く人がいればぜひお会いしたいものだが、そんな人はどこにもいない。

自分にはあれができない、これが苦手……。そう悩んではいないだろうか。
もっと向いている人がいるのに、私なんか……。そう落ちこんではいないだろうか。

今日はそんなあなたに送る、ちょっぴり元気の出るお話だ。

badge_columns_1001711できないんじゃなくて、ちょっぴり苦手なだけ

「人前で喋ることができない」という人が多い。あるいは、人見知りだ、という人も。そんなとき、誰とでも簡単に打ち解けられ、人前で堂々とスピーチしている人を見ると「すごいなあ、羨ましいなあ」と感じるかもしれない。
しかし考えてみてほしい。ひょっとしたらその人は、あなたのようにピアノが上手に弾けないかもしれない。あなたのように、素早く書類を整理する能力は無いかもしれない。

誰しも得意なことがあり、苦手なことがある。たまたまそれが演説能力だったか、事務処理能力だったか、の差なのだ。東大法学部を首席で卒業し、財務省に勤務後、弁護士となったまさにスーパーエリート(しかも美人)である山口真由氏は、このようなことを述べている。

「私には、人前で堂々と話したり、ものをわかりやすく書いたりする能力は、なかった。その代わり素早く読んで理解すること、インプット能力は、誰にも負けない自信があった」と。

彼女のその言葉に、できないことに対する劣等感はみじんも感じられない。苦手なことは苦手と割り切った上で、自分の得意なことを最大限研ぎ澄まし、鋭く尖らせてそして勝負した。その結果、輝かしい経歴を手に入れたのだ。
あなたの得意なことはなんだろう。苦手なことを嘆くよりまず、得意なものを大事にしてほしい。

yamamoto-800-ec
社会人に最短距離の学習戦略を。わずか60日でTOEIC®300点アップの秘訣は、英語の「学び順」にあり。
人気記事

badge_columns_1001711もっと向いてる人がいるのに…?最適な人物なんてどこにもいない

自分の与えられたポストに、不安を感じていないだろうか。私なんかより、もっと向いている人がいるはず。失敗するたび、俺なんてどうせ、と落ち込んでいないだろうか。
しかし、「最」適な人物なんて、どこにもいない。確かに、得意・不得意はある。ある面では、あなたより高いパフォーマンスを発揮する人が他にいるかもしれない。でもそれは、あなたがそのポストに不向きであることを意味しない。だって、その人物にも苦手なことがあるはずだから。その面では、あなたの方が勝っているかもしれないから。

もしある一つのポストに向き不向きの基準があるのだとすれば、それはただひとつ。「あなたがそれを望むかどうか」だ。もしあなたがそのポストつきたいと望み、周囲がそれを受け入れて実際につくことができたのなら。周りがいかに批判しようとあなたは最適人物なのだ。必要以上にできないことに目を向けて、劣等感を抱く必要などない。
先ほども述べたように、人には得意なこと、苦手なことがある。自分の能力を悲観することはない。

どうしてそのポストにつきたかったのか。初心に帰り、以前のやる気を思い出してみよう。きっと自信が取り戻せるはずだ。

overcome-complex2

badge_columns_1001711自信は思い込みに過ぎない

あなたが欲しているもの、自信。そもそも「自信」とは何なのだろうか。「自信とは思い込みに過ぎない」とエッセイストの潮凪洋介氏は語る。

たまたまの失敗で「これは不得意だ」「自分に合わない」と落ち込む。あるいは「自分はダメなヤツ」とふさぎ込む。人間とはこういう生き物である。(中略)あなたが抱くその自信だって、単なる思い込みなのである。人間はまぐれでうまくいったことでも見事に「実力」と思い込む。(中略)とすれば、自信を持つも、自信を喪失するも。実は同じ思いこみなのだ。

(引用:折れない自信をつくる48の習慣 潮凪 洋介 ダイヤモンド社 2013)

自信とは、結局は自分の心の中に芽生えるものだ。他人から褒められて自信をつける人もいれば、自信を失う人もいる。それは、自信が「自分で自分を評価した結果」だからだ。人から何を言われようと、「できる!」と思えばそれは自信になる。「根拠の無い自信」というやつである。
社会学者であるエイミー・カディ氏はTEDのプレゼンにおいて、自信ありげに見える「力のポーズ」を提案している。それがこれだ。

1. 両肩幅に開いた手を机に置き、肩も足も開いて立つ。
2. 腰に手を当てて肩を開き、足も開く
3. 体をそらせ気味にし、頭の後ろに手を組み、両肘を開く。
4. 両足を開いて反り返り気味に座り、手も横の椅子に置くなどして開く

(引用元:PRESIDENT Online|「自信のあるフリ」をするだけで、本当に力がみなぎる方法とは

本当にダメになりそうな時は、このポーズを思い出してほしい。「冗談だろ」なんてバカにしないでほしい。自信なんて、所詮思い込みに過ぎないのだから。

参考:
東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法 山口真由 SB新書 2014
PRESIDENT Online|「自信のあるフリ」をするだけで、本当に力がみなぎる方法とは


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。