皆さんは、朝からテキパキ仕事をこなすために何か実践していることはありますか?

エンジンがかかってくれば支障なく仕事に取り組めても始動するまでに時間がかかってしまう人もいるでしょう。ついダラダラしてしまうので改善したいと思っていても、朝はなかなか時間がないですよね。

そこで今回は、そんな忙しい朝の時間でも取り組める「モーニングクエスチョン」についてお送りしていきます。

モーニングクエスチョンとは

モーニングクエスチョンとは、朝起きて一番に自分自身に問いかけるためのポジティブな8つの質問のことで、やる気を出してから行動を起こすのでなく、行動を起こすことで自然とやる気を引き出すという方法です。これは、コーチングの世界的な第一人者であるアンソニー・ロビンズの教えを元に、日本NLPコーチング協会会長を務めた三宅裕之氏がアレンジを加え作成されました。

では早速、モーニングクエスチョンの8つの質問を見ていきましょう。

1.今、何に幸せを感じている?
2.今、何にどきどきしている?
3.今、何に誇りを感じている?
4.今、何に対して感謝している?
5.今、何を必ず楽しんでいる?
6.今、何を必ずやろうとしている?
7.今、誰を愛している?誰が自分を愛している?
8.今日、誰に対して、どんな風に貢献する?

(引用元:三宅裕之(2015),「毎朝1分で人生は変わる」,サンマーク出版)

この8つの質問を、朝自分に問いかけ、脳を目覚めさせ、1日ポジティブな状態へ導くように繰り返します。人のあらゆる思考はQ&Aから成り立っており、頭の中で何かを考えているときは常に自問自答を繰り返している状態です。

三宅裕之さんは、質問の質を前向きに変えることで、自然と答えの質も向上してくるというのがモーニングクエスチョンの狙いだと言います。モーニングクエスチョンで行動のトリガーを起こすと同時に、ポジティブに考えられるようにするということですね。

45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

モーニングクエスチョンを試してみた

実際にモーニングクエスチョンを試してみました。

まず目覚ましを止めて起き上がると、朝一番にこの8つの質問を思い浮かべます。質問を書いたメモを目覚まし時計の横に置いておくとすぐ実践できるでしょう。筆者が実践したときの例をあげていきます。

「今、何に幸せを感じている?」
筆者は日によって「お昼に友人とランチに行くこと」であったり、「だんだん涼しくなってすごしやすくなってきたこと」などと心の中で自問自答していました。

「今、何にどきどきしている?」
「今日の実験がうまくいくかどきどきしている」と考え、もう一度手順をおさらいしよう、などと考えていました。

「今、何に誇りを感じている?」
アルバイト先での業務がうまくいっている、ゼミの準備が早くに終わったなどが挙げられました。自分の中でプラスになることをしっかり思い出せることが良いとも感じました。

「今、何に対して感謝してる?」
相談に乗ってくれる先輩や研究室の人たち、いつも見守ってくれる親に感謝していると思い返し、その気持ちを忘れないでいようという気持ちになりました。

このように続けていき、8つの質問をこなします。筆者はひとつ考えた後に、なるべくそれに関連してポジティブなことを考えるようにしていました。

adobestock_137563417

やってみて感じたこと

実際にモーニングクエスチョンを実行してみて、感じたことをお伝えしていきます。

まず、朝の行動がすばやく行えるようになりました。どうしてもごろごろしてしまいがちなとき、モーニングクエスチョンを行うと、せっかく起きて行動し始めたのだからと、その次の行動につながります。そうすると、朝の時間をゆったり取ることができ、余裕を持てるようになりました。

また、「朝、自分はきちんと起きてモーニングクエスチョンを継続している」という自信もついてくるように感じます。それに付随して、毎日に少しずつ変化をつけてみるということも実践しました。例えば、いつもと違う道を通る、新商品のドリンクを買ってみるなどです。変化を取り入れることで、「自分が日々成長いている」「変化している」という実感を持つことができ、何か挑戦しよう、という土台になりました。

そして、モーニングクエスチョンにより新たなことにチャレンジするまでのハードルが低くなるようで、資格の勉強や趣味にチャレンジするということを始めることができたのです。

***
手軽に取り入れられて、自分を身軽にしてくれる「モーニングクエスチョン」。ぜひ取り入れてみてくださいね。

(参考)
三宅裕之(2007),「いつでもやる気の英語勉強法」,日本実業出版社
リーダーたちの名言集|三宅裕之
三宅裕之(2015),「毎朝1分で人生は変わる」,サンマーク出版