寝たはずなのに、全然疲れが取れていない……。
寝不足で、玄関から出るのが辛い……。

そんな日はありませんか?

でも、出勤しなければなりません。講義に出なくてはなりません。

限界ギリギリで頑張りたいその時。あなたは一体何をしますか? レッドブルを飲むのもいいですが、より効果的な方法があります。

「元気なフリ」で脳を騙せ!

一つ目は、脳を騙す、という方法。脳は騙されやすい器官です。

こんな実験があります。漫画を読む時、割り箸を「タテに咥えながら」と「ヨコに咥えながら」では、どちらが漫画をたのしく読めるでしょうか。

正解は「ヨコに咥えた時」です。割り箸をヨコに咥えると自然と口角が上がり、脳が「あ、今笑顔になっている!」と錯覚するからなんだとか(参考:Study Hacker|脳をだまして10秒で天才になる超シンプルな裏技)。
私たちは、脳が体を支配していると思いがちですが、脳が体に影響を受けることもあるんですね!

元気がない時は、あえて笑顔で行動しましょう。友人とランチに行ったり、雑談をしてみたり。疲れている時こそ「楽しい瞬間」を増やしましょう。すると「今って楽しいのかも?」と脳が錯覚してくれます。それに、疲れた時に友人と話して元気をもらった経験は、誰にでもありますよね。

疲れてるからって、落ち込むのはNGですよ。

st-ec
90日でTOEIC910点! 英語が聞けない僕にパーソナルトレーナーが教えてくれた「音読のきほん」
人気記事

日光を浴びて軽い運動をする

寝不足でも、ぐずぐずするのはいけません。あえて30分早起きして、ランニングをしてみましょう。運動によって血液循環が活発になる上、日光を浴びることで体内時計がリセットされます。

血流が良くなると…

・筋肉内にたまった疲労物質を早く代謝することができる
・傷んだ筋肉の修復を早める
・筋肉が硬くなってしまうのを防ぐ
・むくみなどを解消する
・酸素と栄養素を体の隅々まで運び、二酸化炭素と老廃物を分解するサイクルが速まる

といったことが考えられます。血流を良くする適度な運動は、どちらの疲労にも大きな回復効果が期待できるのです。

(引用元:All About|「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ

筆者はよく朝にテニスをしますが、起床した時の疲れが、テニスをしたあとに不思議と和らいでいる、という経験があります。

辛い時こそ、早起きして運動してみるといいのかもしれません。

20分の昼寝をする

「パワーナップ」という単語を聞いたことはありますか?

これは米コーネル大の社会心理学者、ジェームス・マース氏が提唱した概念。要は「昼寝」のことです。

20分程度の睡眠をとることで、集中力や生産性が上昇するんだとか。工事現場の作業員の方や、アメリカ軍の海兵隊が実際に導入し、効果をあげているそうです。

自分も大学受験の時には、眠くなったら我慢せず、あえて20分ほど睡眠していました。確かに寝ている時間は勉強ができなくなってしまいますが、その後の集中力は圧倒的に上昇します。疲れている時ならなおさら。ぜひパワーナップを実践してみてください。

hirou-4-todo02

「力のポーズ」を作る

もう一つ、「脳を騙すテクニック」をご紹介しましょう。それが、「力のポーズ」です。

これはTED Talksで、社会学者であるエイミー・カディ氏が提唱したもの。

1. 両肩幅に開いた手を机に置き、肩も足も開いて立つ。
2. 腰に手を当てて肩を開き、足も開く
3. 体をそらせ気味にし、頭の後ろに手を組み、両肘を開く。
4. 両足を開いて反り返り気味に座り、手も横の椅子に置くなどして開く

(引用元:President Online|「自信のあるフリ」をするだけで、本当に力がみなぎる方法とは

実際にやってみるとわかると思いますが、これ、かなり自信満々なポーズです。このポーズをとるだけで、脳は勝手に自信満々になってくれるんだとか。

疲れた時に一度このポーズを試してみてください。きっと力がみなぎってくるはずです。

参考
Study Hacker|脳をだまして10秒で天才になる超シンプルな裏技
All About|「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ
President Online|「自信のあるフリ」をするだけで、本当に力がみなぎる方法とは