young businessman running in a city street

「ウサギとカメ」という童話を知っていますか。
ウサギが自分の能力を過信したがゆえに、努力を怠らなかったカメに負けてしまう、という童話ですが、実際すべての人がコツコツ努力し続けられるかというとそんなことありませんよね。

私も小学生の頃は、夏休みの宿題を最初の3日間であらかた片づけてしまい、あとは遊ぶ、というようなタイプだったので気持ちはよくわかります。今回はそんなウサギタイプの人でも、コツコツ努力する人に負けないためのお話です。

badge_columns_1001711とにかく予定を立てる

短期集中型・ウサギタイプのあなたはとにかくまず最初に目標と予定をきっちり立てましょう。コツコツできないのならば短期での予定を立ててしまえば構いません。1日5分を30日ができないのならば、1日50分3日をすればよいのです。そうすればトータルでの学習時間は変わりません。
まずしっかりと見通しだけは立てましょう。そうすれば短期集中でも毎日コツコツでも結果は変わりません。

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

badge_columns_1001711予定通りにこなす

そして、予定を立てたからには絶対にその予定は守るようにしましょう。勉強する予定の日に勉強をしない、というのはもちろんNGですが、〇ページまで勉強する、という予定の日に〇+10ページ勉強する、というのもNGです。

予定より多めに勉強すると、「昨日ちょっと多めに頑張ったんだから今日はすこしくらいサボってもいいだろう」という心理が働きます。それで済めばまだよいのですが、一度サボると、次からもなんとなくサボっていいや、という気持ちになってしまいます。

それが、ウサギタイプのあなたにとっては命とり。最後にはカメタイプのコツコツさんに負けてしまうきっかけになるのです。
ですので、意志が弱い人ほど、絶対にノルマ厳守でそれ以上にもそれ以下にもしないようにしましょう。

badge_columns_1001711切り替えをしっかり

短期集中型の人は、一日の勉強時間がそれだけたくさんになると思います。そんなときは、勉強中に遊びのことを考えたり、遊びの時に勉強のことを考えたりしないようにしましょう。
長時間勉強をしていると、確かにずっと集中力を維持するのは難しいことです。勉強中に他のことを考えてしまうのも無理はないように思えます。

ですが、考えてみてください。コツコツ勉強している人は、例えば毎日の30分の勉強時間の中で他のことを考えてボーっとしてしまうでしょうか。おそらくその可能性は、短期集中型の人に比べて極端に少ないですよね。なにしろ、集中するべき時間が短いのですからその分集中はしやすい、というわけです。

短期集中型の人は、同じ時間コツコツ型の人と勉強していたとしても、その分密度が下がりがちです。そうならないようにこまめに休憩をとる、オンオフの切り替えはしっかりするように心がけましょう。

Ready to challenge it

badge_columns_1001711SNSを利用しろ!

今度は短時間のお話。毎日どころか20分も集中力が持たないよ……気づいたらスマホを触っている、という超短期決戦型のあなたは、20分ごとに勉強した内容をSNSでつぶやきましょう。それはちょっと、という方は口に出してつぶやくだけでもOKです。

人間は口に出して初めて成果を実感できるもの。それにSNSでたくさんの人に定期的に成果を報告することで、さぼってしまうと「あれ?今勉強サボってるんだな」とばれてしまうため、それがプレッシャーとなり、20分間の間は集中力を切らさず、勉強することが出来ます。
勉強時間に関してもSNSで言っておくといいかもしれません。

「午前の部終了!午後は〇〇時から〇〇時までまた勉強する!」と宣言することで、宣言効果(StudyHacker|『宣言効果』に『単純接触効果』 勉強の効率を上げる心理的テクニック)も手伝って、童話のウサギのようにサボりっぱなしになることは防げるでしょう。

badge_columns_1001711無理なことは諦める

まとめて勉強するタイプの人が陥りがちな典型的な一つの罠があります。それは「10時間ぶっ通しでやればあれもこれもそれも終わるでしょ!」と思い無理な分量を詰め込んでしまい、結局終わらずどれもこれも中途半端になり、嫌になってしまう。というものです。

ですがそれは非常にもったいないことです。例えば歴史。これは毎日一時代ずつをやっていてもなかなか繋がりが見えてきませんが、一気にまとめてやれば縦のつながりは格段に理解がよくなります。
そこで、「時間があるし、縦のつながりだけでなく、横のつながりも一気にみてしまおう」と詰め込むと、結局最初だけ丁寧にやって途中からは投げ出してしまうことに。
時間は有限なので、無理な計画は立てずに、絶対にできることだけをするようにしましょう。

***
どうでしたか?これだけすればウサギタイプのあなたも、カメタイプのコツコツさんに十分勝つことが出来ます。是非是非お試しあれ。


京都大学法学部所属。京都教育大学附属高校卒業。高校の頃は生徒会をやりながら模擬裁判選手権で関西大会三連覇を果たす。大学ではよさこい踊りを踊るサークルに所属し、1年中お祭りに参加するために全国を駆け回っている。