みなさんのお金の使い方は貯蓄型ですか? 投資型ですか?

将来の貯えのために貯蓄をするべきか、それとも将来の自分のために投資をするべきか、お金の使い方は人それぞれです。しかし正直なところ、ついつい浪費してしまい、将来に向けてのお金の使い方までは分からないという人も多いのではないでしょうか。

お金の使い方には、その人のお金への姿勢が表れます。ビジネスの世界で成功している人たちや、超一流のビジネスパーソンは、賢いお金の使い方をしている人が多いといいます。

今回は、将来につながる賢いお金の使い方と、その具体的な方法をご紹介します。

お金の使い方から見えてくる人となり

毎月のお給料をあなたは何に使っていますか? 友達づきあい、趣味、手堅く貯金、はたまた自分に対する投資でしょうか。

お金には交換機能があり、あなたがお金を使うときは「商品やサービス」に「お金を払うだけの価値」を認めていることになります。ファッションにお金を使う人は、ファッションに価値を認めていることになりますし、他人から無駄だと思われようとも、好きなアイドルにお金をつぎ込む人は、アイドルを応援することに価値を認めているのです。

このように、お金の使い方には、あなたの人間性や人柄が出てしまいます。

moriya-ec
多忙な社会人に "学習戦略" を。「90日でTOEIC855点」を実現したプロトレーナーの戦略
人気記事

仕事の能力とお金の使い方の関係

それでは、超一流のビジネスパーソンたちは、どのようにお金を使うのでしょう。

マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問であるビル・ゲイツ氏、「世界一の投資家」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏に共通するお金の使い方は浪費をしないことです。もはや働かなくとも一生遊んで暮らしていけるほどの資産を築いているのにもかかわらず、両氏とも倹約家であることが知られています。

ビル・ゲイツ氏が来日する際、日本マイクロソフト株式会社が飛行機のファーストクラスを手配すると、「そんなものに会社の金を使うな。無駄遣いだ」と怒ったといいます。その理由は「ファーストクラスでもエコノミークラスでも到着する時間は同じだから」だそうです。さらにホテルに関しては「こんな大きな部屋はもったいない。寝る場所とネットアクセスできればそれでいい」と言うほどの倹約家です。

また2人とも、アメックスの通常のグリーンカードを使っていることでも知られており、ウォーレン・バフェット氏にいたっては、「初年度が無料でも2年目以降は年会費がかかる」という理由から、アメリカンエキスプレスから送られてきたブラックカードを送り返したそうです。

このように、超一流のビジネスパーソンである彼らは、非常にコスト意識の高い経営者でもあるのです。そこで彼らのお金の使い方をもとに、私たちが実践すべき「賢いお金との付き合い方」の提案です。

howto-usemoney02

賢いお金の使い方

1.無駄なものは省く
まずは家計のコストカットをしてみましょう。見栄やプライドのためのコストや、毎月自動的に支払っているランニングコストを見直してみることで、思った以上のコストカットが見込めるかもしれません。

現在契約している生命保険に無駄な特約があれば思い切って解約したり、格安スマートフォンに乗り換えたりしてみてはいかがですか? 私の家では母、自分、妹の3人で月額3,000円程度の料金で済んでいます。また、面倒だからという理由でつい外食をしてしまうランチをお弁当に、夕食を自炊にかえる、自動販売機で毎日のように飲み物を買っている人は水筒を持参する、といった小さな節約を積み重ねることも大切です。

2.自分への投資をする
将来の自分のために投資をすることで、未来の収入を増やすことができるかもしれません。

最近、インターネットや雑誌で取り上げられることも多い「資産運用」を始めてみるのも、お金の賢い使い方のひとつです。しかし、資産運用には元手も必要ですし、知識も必要になってきます。「損するのではないか」というマイナスイメージを持つ人も少なくないと思います。そこで、資産運用に関する勉強をしてみるのはどうでしょう。セミナーに通って知識を得る、といった自分へ投資することは、まさに賢いお金の使い方でしょう。

また、ますますグローバル化する将来を見据えて、英語学習に力を入れるといった投資もよいのではないでしょうか。TOEICの点数を上げることで、海外の部署に活躍の場を移せるかもしれません。

3年後、あるいは5年後に自分がどうなっていたいのか、という目的を明確にし、その目的にあった自分への投資を行うことで、将来の収入を増やすことにつながります。

3.人間関係にお金を使う
ハーバード大学が75年間をかけ、268人の男性を大学在学時から追跡し、IQや飲酒の習慣、家族との関係など、あらゆる角度から研究した結果では、収入の多さはIQではなく人間関係によっているということがわかっています。確かに、チームを率いて成果を出すには、個人的な能力よりもマネジメント能力やリーダーシップが重要になってきます。

豊かな人間関係を構築していくことは、自分への投資ともなるのです。そこで人間関係にお金を使うのはいかがでしょう。

友人の誕生日にちょっとしたプレゼントを贈ったり、転勤が決まった同僚にタオルや入浴剤などの小さな餞別品を渡すのもよいですね。お世話になっている取引先を訪問する際に手土産を持参してみるのもおすすめです。この、ちょっとしたプレゼントが人間関係の潤滑油となるばかりか、のちに何かを生む人脈にもなり得るかもしれませんよ。

***
今まで必要のないものにお金を使っていた人ほど、賢くお金を使うことで人生を豊かにできる可能性があります。また、あなたのお金の使い方を意外と周囲の人は見ているものです。

支払う価格と、それに対して得ることのできる価値をしっかりと吟味することで、賢いお金の使い方を実行し、将来をより豊かなものにしていきましょう。

(参考)
マイナビ 学生の窓口|世界一のお金持ち! ビル・ゲイツにまつわる面白エピソード8選
Wikipedia|ビル・ゲイツ
Wikipedia|ウォーレン・バフェット
HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN|ハーバード大学75年の研究が明かす!将来性のある男の特徴
ビンカンSTATATION|若者のアンテナ~20代の今を徹底リサーチ~