スキルアップ

週にたった1回の〇〇で、仕事の質がグッと上がる。15分あればできる3つの「週1習慣」

「社会人としてもっと成長したい!」という意欲はある。でも普段の仕事だけでいっぱいいっぱい。自分磨きや業務改善をする時間なんてなかなかとれないし……。 そんな「成長したいけれど、忙しくて時間がない」という状況のビジネスパーソンは多いでしょう。で…

転職したいけどスキルがない……でも大丈夫! やるべきことを教えます

「転職したいけどスキルがないから無理かな……」と悩んでいる方必見! その不安を解消する方法を教えます。

「限界を打破できる人」になるには「創造力」が必要な納得の理由。簡単な2つの方法で高められる!

「作業効率を上げたいが、どう工夫すればいいのかわからない」「成績が前年より落ちてしまい、職場で取り残されそうで不安だ」 このように仕事で限界を感じたときは、「創造力」が役に立つかもしれません。 クリエイティブ職の人だけに必要な能力というイメ…

「頭の回転が速い人」と「遅い人」は結局何が違うのか? 脳科学者に聞いてみた。

日本のビジネスにおいては「生産性向上」や「効率化」が課題だとされますが、そんなことを考えるまでもなく、できることなら目の前の仕事をスムーズに終わらせて、限られた時間をほかの仕事にあてたり、あるいは余暇の時間を楽しんだりしたいものです。 そん…

仕事のクオリティが高い人がしている「賢い休み方」。あえて○○をつくるのが意外と大切だった

休日、休んだつもりなのに、あまりリフレッシュできていない…… 休日の過ごし方にイマイチ充実感がない…… せっかくの休日なのに、何をすればいいのかわからない…… そんな「休み下手」ゆえ、せっかくの休日を有効活用できていない人は多いはず。 大人の女性向…

昨年できなかったことを、今年こそは実現するために。「実現力の高め方」3つの基本

昨年、目標を達成できずに悔しい思いをしたのなら、今年はまず実現力の向上に励むことをおすすめします。目標達成への道のりが、ぐっとラクになるはずですよ。行政機関の資料や識者の言葉をもとに、実現力を高める方法を3つ紹介しましょう。 実現力とは 1.「…

あえて変わろうとしなくても自然と「変化対応力」が身につく、2つの “ちょっとした習慣”

デジタル化やグローバル化など、ビジネスを取り巻く環境の変化はますます勢いを増しています。だからこそ “いま” ビジネスパーソンに必要なのは、変化を受け入れ適応していく能力=「変化対応力」なのだとか。 しかし、そうした状況を不安に思いながらも、な…

自分の強みを1週間活かすだけで幸せが半年も続く。自分らしく働くために「強み日記」を書いてみた

「頑張って働いているが結果が出ず、落ち込む」「重要なポジションを任され、プレッシャーに感じている」 こうした仕事のつらさから、ストレスや心の疲れを感じていませんか? 思い当たる人におすすめなのが、ポジティブサイコロジースクール代表・久世浩司…

「みんなやってる」けど「じつは効率が悪い」4つの仕事術。メールの “フォルダ分け” は無駄だった

「当たり前のこと」がいつも「正しいこと」とは限りません。入社以来、なんの疑いもなくやってきたそのやり方。上司や先輩から教えられたあのやり方。それ、「じつは効率が悪い」仕事術かもしれません。 頑張っているつもりなのに、どういうわけか仕事が遅い…

転職前の勉強は必要? 何を学ぶべき? おすすめ資格14選

転職してみたいけど、いまのままで大丈夫なのかな? 何か勉強しておいたほうがいい? そんな疑問にお答えします。転職前に勉強すべきおすすめの資格を14種類紹介!

「この人には仕事を任せられない」と思われてしまう人の5つの特徴。すぐ “これ” 言うのはダメ!

「もっと仕事を振ってほしいのに、なかなか任せてもらえない……」「同僚のあの人は、周囲から頼られている。自分と何が違うんだろう……」 このような悩みを解決するにはどうしたらいいのでしょう? 今回の記事では、「こんな人には仕事を任せられない」と思わ…

うまい文章を書くために「あえて減らすべき」4つのもの。

書類やメールに書く文章。頑張って書いているのに、どこか “うまくない” 感じがする……。もっと読みやすく、理解しやすい文章を書けたらいいのに……。 文章力に自信がないのであれば、今回ご紹介する4つの “あるもの” を、文章から “減らして” みましょう。き…

意見を通すために “あえて引き下がる” べき理由とは? 仕事で使える「心理テクニック」4つ集めました

仕事のモチベーションが上がらない…… 作業がはかどらない…… 仕事上のコミュニケーションが苦手…… などなど、仕事に関する悩みは尽きないもの。今回ご紹介する4つの「心理テクニック」が、あなたの仕事上の問題を解決するヒントになるかもしれません。 仕事に…

「トップ5%リーダー」は部下のやる気をあてにしない。代わりに “2つの仕組み” で仕事の質を上げている

チームを率いる「リーダー」は、もちろんメンバーのなかで優秀な人が選ばれます。ただ、リーダーたちのなかにもトップレベルの優秀なリーダーもいます。そんなエリートリーダーにはどんな特徴が見られるのでしょうか。 延べ17万3,000人のビジネスパーソンの…

各社の「トップ5%」がしている特徴的な3つの行動。優秀な人が “ゆっくり歩く” 理由とは?

優秀なビジネスパーソンは、自分とどこが違うのだろう——。多くの人が、一度はそんなふうに考えたことがあるはずです。 お話を聞いたのは、延べ17万3,000人のビジネスパーソンの行動分析を行なってきた、株式会社クロスリバー代表取締役の越川慎司(こしかわ…

あなたもきっとやっている「因果関係の誤った思い込み」。防ぐには “この問い” が有効だ

「因果関係」を把握することは、よりよい仕事をするために欠かせません。たとえば、なんらかの業務上の問題が起きたなら、その問題が起きる原因を正しく特定できなければいつまでたってもその問題は起こり続けるということになってしまうでしょう。 しかし、…

勉強家ほど要注意? “知識があるほど間違える” という問題は「遅く考える」ことで回避せよ

知識があるほど間違える——。そう聞くとどう思うでしょうか。「知識がないほど間違えるのでは?」と思った人も多いかもしれません。 しかし、最新刊『遅考術』(ダイヤモンド社)を上梓した関西大学総合情報学部教授の植原亮(うえはら・りょう)先生が言うに…

本当に頭のいい人はあえて「遅く考える」。下手に速く考えないほうがいい2つの理由

海外と比べて生産性の低さが指摘されることも多い日本のビジネスシーンにおいては、スピードが強く求められています。「スピード仕事術」「高速仕事術」とうたうビジネス書も多く、「速読」ならぬ「速考」といったテーマもよく見られます。 「速く考えられれ…

世界的経営者がやっている3つのワークハック。Netflix創業者が挙げた「成功の条件」とは?

非凡な業績を成し遂げ、世界を大きく動かし続けるトップ経営者たち。彼らが膨大な仕事量をさばき、コンスタントに結果を出せているのはなぜでしょうか? その仕事術や思考法には、私たちの仕事に役立つヒントもきっと隠れているはずです。 イーロン・マスク…

誰でもできる「心を動かす言葉」のつくり方。オバマ元大統領とジャパネットたかた創業者の伝え方の共通点とは?

「言葉で説明するのが苦手……」「心を動かすプレゼンやスピーチをしたい……」 そんなあなたは、「レトリック」を学んでみましょう。レトリックは「言葉を巧みに操る技法」であり、言いたいメッセージをより的確に、かつ印象的に伝えるうえで重要なスキルです。…

複雑なフレームワークを使いこなせなかった人へ。シンプルな「5W1H思考」が仕事にかなり使える!

「仕事のやり方・進め方を考えて」「この課題の解決策を考えて」「何かアイデアを考えて」 ……そんな指示を受けたものの、何からどう考えればいいのか全然わからない。 思考の助けになるはずのフレームワークも、種類が多すぎてよくわからないし、使いこなせ…

“純ジャパ” の私がハーバードで得た4つの学び。MBA留学をする意味は学位だけじゃなかった

STUDY HACKERの読者のみなさま。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 今回は、大手広告…

仕事を通じて幸せになりたい人が、まず目を向けるべきは「これ」だった。

みなさんにとっての「幸せ」とはなんでしょうか? 幸せに対する考え方はさまざまですから、回答も千差万別でしょう。ただ、「仕事における幸せ」と限定したなら、「成果を挙げて評価され、最終的に収入を上げること」と回答する人も多いはずです。 しかし、…

「先の先を読む」ための2つの日常習慣。大切なのはあえて “アウェイ” に行くことだ

時代が変わるスピードが上がり「予測不能な未来」といった言葉もメディアをにぎわすいまだからこそ、「『先の先を読む』ことが重要だ」と言うのは、まさに「未来を予測するプロ」と言ってもいい投資家の藤野英人(ふじの・ひでと)さんです。 そんな藤野さん…

10年後に大きな成果を出す人が “いま” やっていること。「先の先を読む」方法とは?

仕事で成果を挙げるためには「未来を予測する」ことが重要な鍵となります。たとえ多くの人が思いつくようなアイデアだったとしても、誰よりも先んじて思いつくことができたなら、大きな成果につながることは間違いないでしょう。 そこでお話を聞いたのは、「…

「仕事が苦手」でもなぜか「周囲から好かれる」人の4つの特徴。謝罪よりも大切なのは……?

「仕事の進捗が遅くて、まわりに迷惑をかけてばっかり……」「自分のせいで仕事が滞っている気がして、謝ってばかりいる……」 こんなふうに “周囲と比べて仕事ができない” ことで悩んでいませんか? 能力の伸び方は人それぞれ。仕事のスキルは、容易には高まら…

「よかれと思って頑張るのに評価されない人」の3つの残念な仕事習慣。

「会社やチームのためと頑張っているのに、報われない」「上司の指示に従い、懸命に働いているが、一向に評価が上がらない」 仕事で、自分の頑張りが認められないと落ち込みますよね。しかし実際は、「よかれと思って」やったことが、かえってあなたの評価を…

3人の成功者に学ぶ “黄金のルーティン”。孫正義氏が日課にしていた「1日15分の発明」とは?

ビジネスの世界で活躍する成功者の多くは、何かしら独自のルーティンをもっていることが多いもの。 判断の迷いがなくなり、時間を有効活用できる。勉強や努力を「自然で当たり前の行動」として楽に継続できるようになる――そんなメリットがあるようです。 成…

マッキンゼーでは当たり前。仕事では「問い」のうまい人が圧倒的に強い納得の理由

外資系大手コンサルティング企業であるマッキンゼー・アンド・カンパニーでは、「問い」というものを重視すると言います。 その理由について、マッキンゼー勤務を経てエグゼクティブコーチとして活躍する大嶋祥誉(おおしま・さちよ)さんは、「仕事の質が上…

マッキンゼーの新入社員が最初の3か月で叩き込まれるスキル。成長する人は「段取り」に長けている

仕事においては、「段取り」が重要だとよく言われます。では、みなさんはこの段取りとはどんなものでどこに重要性があると考えているでしょうか。 お話を聞いたのは、新入社員は最初に段取りを叩き込まれるというマッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務して…

マッキンゼーのエリートをエリートたらしめる、たったひとつのシンプルな習慣。

有名な外資系企業に勤める、いわゆるビジネスエリートの人たちは、どんな特徴をもっているでしょうか。一般の人からすると、「激務をこなしながらも折れない強さがある」「徹底的に無駄を省く」「クオリティーとスピードを両立できる」といった、これぞまさ…

「仕事ができる」と評価される人が当たり前にやっている、味方を増やすテクニック。

同じくらいの能力でも、まわりから評価される人もいれば、そこまで評価されない人もいます。なぜこのような差が生まれるのでしょう? そして、どうすれば評価されるのでしょうか。 グロービス経営大学院の教員、そして動画学習サービス「GLOBIS学び放題」コ…

「限界を打破できる人」と「できない人」はいったい何が違うのか? 識者たちはこう考える

「限界を打破できる人」と「できない人」の違いはいったいなんでしょう? もしもあなたが行き詰まり、現在の状況に不満があるならば、ぜひその違いを知っておくべきです。成功者や識者の見解をベースに説明しましょう。 疑い深く多角的か・疑わずに一面的か …

ベテランがもつべきものは「余裕」。優秀な人ほど「スピードを緩める」べき納得の理由

20代を過ぎ「ベテラン」と言われる世代になってくると、働き方の変化について悩むこともあるでしょう。しかし、その変化についていけなければ、これからの時代に評価されることはありません。 株式会社ワンキャリアの取締役であり、働き方に関する多くの著書…

「解釈」ができない人は、代替可能な人にしかなれない。自分の存在価値はこうして高める

「仕事において重要なこと」というと、みなさんはなにをイメージしますか? コミュニケーション力、論理的思考力、協調性、責任感、生産性、意欲……など、人によって挙げるものは千差万別でしょう。 そんな多様な要素のなかで、仕事において重要なこととして…

北野唯我さんが教える「仕事が早い人」の2大特徴

海外に比べて「日本の働き方は生産性が低い」「効率が悪い」とよく言われます。もちろん、海外との比較などしなくとも、多忙なビジネスパーソンにとって「仕事の早い人」になることは、目指すべきひとつの目標でしょう。 株式会社ワンキャリアの取締役であり…

「ミスはしてるのに評価が落ちない人」は、なぜ評価を落とさないでいられるのか? 4つの答え

NPO失敗学会副会長の飯野謙次氏によると、私たち人間は「絶対に失敗しない」ことなどありえないそうです。どんなに注意していても、何かしらの失敗は起きてしまうのだとか。 しかし、世のなかには同じようなミスをしていても、評価が落ちない人と、評価が落…

何か資格をとりたいけど、何がいい? 選ぶ基準&おすすめ資格18選

「何か資格をとりたいな。でも何がいいんだろう?」迷えるあなたに、資格選びの基準とおすすめの資格をご紹介します。

地頭という「立方体」を大きくしよう。ゴールドマン・サックス出身の経営者らが語る「地頭の鍛え方」

STUDY HACKERの読者のみなさま、こんにちは。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 突然…

「地頭」って何? どうすれば鍛えられるの? “地頭ブームの火つけ役” に聞いてみた。

STUDY HACKERの読者のみなさま、こんにちは。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 突然…

「よかれと思って」が逆効果! かえって仕事の効率を下げる4つの行動

「作業スピードを上げるべく、いろいろ試しているが効果が出ない」「定時に仕事を終わらせようと頑張って手を動かすものの、残業もしばしば」 このように仕事が遅くて悩んでいるなら、効率低下につながる “あること” をやめてみましょう。じつは、コミュニケ…

1日10枚の「ゼロ秒思考」を3週間継続する3つのコツ。今度こそ挫折しないで書き続けられる

世界的コンサルティング企業・マッキンゼーで14年間活躍した赤羽雄二氏の著書『ゼロ秒思考』(ダイヤモンド社)を、一度は手に取った人も多いかもしれません。2013年の発売以後、累計34万部を突破。いまなおビジネスパーソンに注目されるロングセラー本です…

「本当に専業主婦になっていいのかな?」悩み抜いた育休ママが “ハーバードMBA留学” を実現させた話。

STUDY HACKERの読者のみなさま、はじめまして。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 今…

うまい文章を書くために「たったひとこと」追加したい4つの言葉。

「仕事のメールで、相手にいい印象を与えたい。でもいつも同じような文章になってしまう……」「顧客向けに資料をつくったのに、なかなか納得してもらえなかった……」 そんな方へ、文章が上手に仕上がるフレーズを4つご紹介します。ほんのひとこと加えるだけで…

成果を出せる人と出せない人の決定的違い。“この力” を高めるため「夜、紙に書く」べきこと

会社に勤めるビジネスパーソンであれば、自分の地位や収入を上げていくために成果を挙げることが求められます。そうするために、「書く」行為をすすめるのは、「思考現実化コーチ」の横川裕之(よこかわ・ひろゆき)さん。何をどのように書けば成果につなが…

目標の曖昧な人が、紙1枚に15分間書くべきこと。理想を描ける「未来の文字化」メソッド

みなさんは、夢や目標をもっていますか? もしもっているなら、それを叶えたいと思うのは当然の心理です。そのための方法を解説してくれたのは、「思考現実化コーチ」の横川裕之(よこかわ・ひろゆき)さん。 「目標を叶える」ことを「思考を現実化する」と…

考えを現実化するには「文字化」が欠かせない。結果を出せる思考習慣の身につけ方

「思考は文字化すると現実化する」と聞くと、どんな印象をもつでしょうか。なかには、「どういうことなのか、あまりイメージができない」人もいるかもしれません。 しかし、そのままズバリ『思考は文字化すると現実化する』(WAVE出版)という本の著者であり…

「仕事は数字がすべてじゃない」と考える人こそ “数字に向き合う” ほうがいい、これだけの理由

「仕事は『数字』が重要」と聞くと、どんな印象を受けるでしょうか。数字に対して苦手意識をもっている人なら、「仕事は『数字』がすべてじゃない」と否定したくなるかもしれません。 しかし、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティン…

ベテランほど陥りがちな “罠” に要注意。大切なのは「PDCA」を正しく回すことだった

ビジネスパーソンであれば、「PDCAサイクル」という言葉はほぼすべての人が知っているでしょう。では、みなさんは正しくPDCAサイクルを回せているでしょうか。 そこでお話を聞いたのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研…

「仕事ができる人」になる唯一の方法。いくら苦手でも “数字” に向き合いやすくなるコツ

「仕事ができる人」とはどういう人でしょうか。その問いに、「上司と部下のあいだで『数字』によるズレのない評価を得られる人」と答えるのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研修を行なっている安藤広大(あんどう・こ…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら