感想を求められるとうまく言葉にできない。そんなことはありませんか?
小学生の頃の「読書感想文」に始まり、大学での「感想レポート」、会社で提出する報告書だって、広い意味では「感想文」です。

感想文が苦手な人が感想を書こうとすると、「楽しかった」「感動した」程度の言葉しか出てこなかったり、本の内容や出来事のまとめになってしまったりしますよね。学生の頃はそれで良くても、会社に提出する報告書となると、それでは通用しません。だからと言って、自分の感情を小難しい言葉で飾り立てながら表現しなければならないのかと言えば、そういうわけでもないのです。

今回は、誰でも簡単に「感想文」が書けるようになる3STEPを紹介します。

1 内容要約

まずは、この感想文で述べることはだいたいどのようなことなのか、ということを簡単に要約しましょう。

「楽しかった」だけでは何も伝わりませんが、「○○というセミナーに行って◎◎さんの▲▲についての話を聞いたら、とても興味深かった」というように、どんなことについてどのように感じた感想文なのかを要約して示すだけで、その感想文全体の主旨が非常に分かりやすくなります。

さて、その要約にもコツがあります。短い文章で全体像を伝えないといけないため、非常に難しいと感じる人もいるかもしれません。ですが順序に従って書きさえすれば、要約文は簡単にかけてしまいます。

基本は、全体のテーマ(何についての感想なのか)と結論(どう感じたのか)を書くだけ。いわば、感想文の内容を一文にぎゅっとまとめるような形です。その次に必要に応じて、感想文の全体の流れに沿って、いくつか大事なことを抜き出してまとめます。

要約はこれだけでOK。要約部分に主観的な情報をたくさん入れる必要はありません(むしろ入れてはいけません)。感想文の最初で提示しなければならないのは、今から何の話をするのかということだけなので、とにかく簡潔に済ませるとよいでしょう。

my-885-ec
80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

2 どう感じたか

次に、本の内容や出来事についてどう感じたかを書きます。いつも感想文がただのまとめになってしまう人にとっては、ここからが難しいと思うかもしれませんが、大丈夫。

書き方としては2パターンあり、

1 全体を通じてどう感じたか
2 どこが一番印象に残ったか

です。基本的に1より2のほうが難易度が低いので、2→1の順で書くとよいでしょう。

2は、本の内容や出来事から該当の箇所を抜き出してしまえば済むので簡単ですが、1が少し厄介です。1を最初から一気に書こうとすると非常に難しいので、先にいくつかのまとまりに分けて、それごとにどう感じたかを考えてから、全体の感想を考えるようにするとうまくいきます。

例えば読書感想文なら、第1章、第2章……というまとまりごとの感想をメモしてから、全体の感想につなげていきます。

また、会社などで参加した研修やイベントの感想文なら、第1部の講演ではこう思った、第2部のワークショップではこう感じた、第3部のチーム発表ではこれがすごいと思った……というように感想を考えてから、全体の感想をまとめていくのです。

感想文を書く上で、この作業がメインのように思われるかもしれませんが、一番大切なのは実は次の項目です。

kansou-kakikata02

3 なぜそう感じたか

上手な感想文と下手な感想文の境目はここにあります。「~と感じた」と書くことは誰にでもできますが、なぜそう感じたのか? という根拠の部分には、感想文の書き手の今までのバックボーンや考えかた、知性が出るからです。

簡単な読書感想文を例にとって、見てみましょう。あなたが『桃太郎』を読んで、鬼退治に行くまでに自分の持っているきびだんごで仲間を増やした桃太郎の行動から、仲間の大切さを学んだとします。これだけなら、その物語を読んだ全員が書きうる話ですが、もしあなたが「なぜ仲間が大事か」というところを自身の海外留学の経験などと絡めて書くことができれば、もうその感想文はあなたにしか書くことができません。

また、この3つ目のステップには、論文・レポートと感想文の違いがあります。論文・レポートは、いくら感想を書いても、その事実関係自体が根拠のしっかりしたものでなければ話になりません。会社に出す報告書に感想だけしか載せなかったら、どうかんがえても怒られます。
その一方で、感想文はいくら事実を並べたところで、その事実からどう感じたのかや、なぜそう感じたのかという部分が欠けていては評価されないのです。

感想文の場合は、なぜそう感じたのかという点で、独自の体験や、影響を受けた過去の出来事などを絡めて述べることが必須です。そうすることで、ただのまとめに過ぎなかったり、感想が一言で終わってしまったりするような薄っぺらい感想文からはひと味もふた味も違ったものを書き上げることができます。

***
感想文はそもそも書き方がわからなくて面倒……という人も多いかもしれませんが、コツさえつかめば高評価を得ることができます。そうなれば、この先いつ感想文を書くことになっても、まったく苦にならなくなるはず。ぜひお試しあれ。

(参考)
スキルアップ堂|要約文の書き方のコツとは?端的に情報を伝える方法の紹介
大学レポートの書き方|論文・レポートと感想文の違い
フレッシャーズ|新社会人必見! ライバル同期と差をつける研修レポート・報告書の書き方とは