2016-03-03から1日間の記事一覧

常識を疑え! 映画「12人の怒れる男」に学ぶ議論の大切さ

『12人の怒れる男』という映画をご存知でしょうか。レジナルド・ローズ原作で、1957年に映画化された、アメリカのサスペンスドラマです。 題材となっているのはアメリカの陪審員制度。裁判所での6日間の審理の後、陪審員の評議によって、被告人が有罪になる…

アイデアが枯渇しているあなたへ あっという間にひらめきがうまれる簡単な方法

常に「ひらめき」が要求される仕事で、どんどんネタ切れになって辛いという経験はありませんか。 実は、ひらめきを生み出すのは難しくても、ひらめきを導くための法則はきちんとあるんです。 今回は、その法則をご紹介します。

サードウェーブ

サードウェーブコーヒーが生まれる前、コーヒーブームには、第1、第2の波があった。 第1の波(ファーストウェーブ)は、19世紀後半からアメリカでコーヒーが大量生産・消費されるようになった時代で、1960年代にかけて続いた。安価、浅煎りが特徴。 第2の波…

自分には無い6つの視点を持つ訓練 「シックスハット」でロジカルシンキングを鍛える

物事を論理的に考えようと思っても、ついつい主観的な意見にとらわれてしまっていませんか? 例えば自分では筋が通っていると考えていても他者に評価してもらうと、その整合性がないことや、アプローチの方向が偏っていることを指摘されることもあります。 …

タブレット派や手帳派にも。東大生ライターが一冊のB5ノートを激しく勧める理由

スケジュール管理のために、手帳を持ち歩く。何かメモしたい時に、小さなノートに書き込む。大学の講義ではルーズリーフを使う。 スマートフォンやタブレットなど、モバイル情報端末が普及した現代においても、自分の字を紙に書く行為はなくなりません。アイ…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら