物事を論理的に考えようと思っても、ついつい主観的な意見にとらわれてしまっていませんか? 例えば自分では筋が通っていると考えていても他者に評価してもらうと、その整合性がないことや、アプローチの方向が偏っていることを指摘されることもあります。

こういったズレを解決するためには「様々な視点からの意見」が重要になってきます。そのために今回ご紹介する方法は、「シックスハット」という思考法です。

シックスハットとは

エドワード・デ・ノボ氏が考えたアイデア発想法で、6色に分けた6つの視点から考えることで、強制的に違う視点からのアイデアを引き出す方法です。

(引用元:アイデアキー|6つの視点からアイデアを生み出す「シックス・ハット法」が面白い

簡単に言えば、6色の帽子に役割を与え、「自分がいま何色の帽子をかぶっているのか」を絶えず意識することでその役割になりきることが出来るのです。

外資系の同僚が驚いた! 3ヶ月でTOEIC大幅アップの秘密を、本人&トレーナーに直撃インタビュー
人気記事

色に付けられた役割

それでは次に、もう少し具体的に見てみましょう。まずはそれぞれの色が持つ視点です。

「白」は客観的な視点です。具体的な数値や不変の事実を引き合いに出すことによって、情報の整理が進み、議論を整理することが出来ます。

「赤」は感情的な視点です。好きか嫌いか、印象はどうかといった心の動きを表現することによって、閉塞感のある議論やアイディアに活力を与えることが出来ます。論理的な思考を行う際には、感情を除くものと考えられがちですが、人を引き付けるには赤の視点が非常に重要になってくるので、ここぞというタイミングで使うとよいでしょう。

「黒」は否定的な視点です。否定的といっても、相手の意見を拒絶するのではなく、その問題点を指摘したうえで代替案をだすということが大切です。クリティカルな意見が出せることで問題点の修正につなげられるので、より隙のないアイディアが練られるようになります。

「緑」は創造的な視点です。これまでの見方とは視点を変えて大胆な発想を行うことで、次の案の着想を得ることが出来ます。

「黄」は肯定的な視点です。賛成ということを実際に声に出すと大きな推進力が生まれます。また、他者の考えの良いところを認めることで、意見の出しやすい場づくりにもつながります。

「青」は管理的な視点です。議論でいえば全体の流れをまとめるような発言を指します。方向性を調整したり、アイディアに無理がないかをよく考えることで合意にスムーズに到達できるようになります。

つまり、その人が実際にどういう思考であるか、ということは関係ありません。この色の帽子を割り振られたら、そういう視点になりきるのです。

six-hat2

シックスハットはロジカルシンキングの土台

つぎに、色を意識することがどのようにロジカルシンキングにつながるのかを見てみましょう。ロジカルシンキングの基本は、思考やプロセスの「分類」です。細かく分類しながら発言の方向性を整理するだけでも、見通しのある思考に近づき、一緒に考えている仲間との意識の共有も楽にできるようになります。

なぜこの仕事をするのか、目標はどこまでなのか、問題はなにか、といったことをロジカルシンキングをつかって整理し言葉にしていくことで、「俺の背中を見ろ」のコミュニケーションから脱し、異なる世代・背景をもった人々でも共通の理解のもとにコミュニケーションをすることができます。

(引用元: All About|ビジネスパーソン必須! ロジカルシンキングとは

自分が感じたことをそのまま口に出すのでは議論の深堀にはなりません。「前者の発言を受けてどう考えるか」ということや「客観的な事実や、全体の議論の流れからしてここでは何が求められているか」という判断を即座に行うには、色というとらえやすい概念に置き換えることがとても効果的です。
また、シックスハットを使う時には、メンバーごとに色を固定する方法や、先に色は固定せずに「発言した自分の今の意見は何色に属するか」を意識する方法もあります。練習する際には、実際に帽子をかぶって行うのもカラフルで良いと思います。

***
いかがでしょうか。シックスハットを意識すると普段の会話の中でも話の整理が出来たり、話を膨らませることが出来るのではないでしょうか。普段の自分とは異なる、場合によっては正反対の視点を持つことで、気付くことも多いでしょう。様々な場面に応用できるので、ぜひ取り入れてみてください。

引用元
アイデアキー|6つの視点からアイデアを生み出す「シックス・ハット法」が面白い
All About|ビジネスパーソン必須!ロジカルシンキングとは