勉強が続かないなら単純に “これ” を繰り返すだけでいい。挫折ばかりでも立ち直る3つの方法

勉強にしょっちゅう挫折している人の立ち直り法01

キャリアアップのため資格をとりたい。視野を広げるために勉強したい。でも、仕事もプライベートも忙しくて、いつだって自分は勉強に挫折してしまう……。

そんな人でも大丈夫。挫折してしまったら立ち直ればいいのです。

勉強に何回挫折しても立ち直れる方法を3つお伝えしますので、ぜひご自身の勉強習慣化にお役立てください。

1. 三日坊主を繰り返せば、立ち直れる

勉強を始めても、いつも三日坊主で終わる……。どうせ自分は勉強なんて継続できない……。そう悩んでいるとしても、自分を責める必要はありません。

じつは、勉強の習慣化に成功した人でも、もともとは挫折の経験者。彼らは、挫折するたびにやり直すという方法で、勉強を継続できるようになったのです。

勉強を続けられる人とそうでない人の違いは、7回やめてしまったあとで、8回めを始められるかどうかだ——こう述べるのは、ベストセラー『独学大全――絶対に学ぶことをあきらめたくない人のための55の技法』の著者、読書猿氏。

同氏いわく、「7回始めて、7回やめて、そこで終わる」のが、勉強を続けられない人。逆に、勉強を続けられる人は、「7回始めて、7回やめて、もう1回始める」つまり、やり直す回数が多いだけ。

実際、ほぼ100%の人が挫折を経験するものだし、自身も挫折を繰り返している、と読書猿氏は言います。

勉強にしょっちゅう挫折している人の立ち直り法02

そもそも、人間にとって “新しい習慣が続かない” のは自然なことです。その理由を心理カウンセラーの中島輝氏は、脳が現状維持を好むからだと説明します。

中島氏によると、脳は「省エネモードで働く」もの。すでに習慣化された行動であれば、無意識のままに行動できるので、脳は余計なエネルギーを消費する必要がありません。

一方、新たな行動を習慣化するには、脳内の神経細胞どうしの結びつきを強化しなくてはならないそう。そのためには大きなエネルギーが必要で、これが習慣化の成功を妨げる要因となるのだと言います。勉強を始めて2~3日経つと、「なんか面倒くさいな」「明日にしよう」と意志が弱くなるのは、こういう理由からだったのです。

たとえ勉強を3日でやめてしまったとしても、日を置いてもう一度始めてみましょう。「始める→挫折→始める……」と繰り返せばいいのです。中島氏も、勉強を休んだら休んだですぐに切り替えればいいと述べています。

始めのうちは毎日勉強できなくて当たり前。“挫折してもいい” ことを自分に許しながら、何度もやり直しを試みてください。

2. 勉強する目的を確認すれば、立ち直れる

とはいえ、「挫折した勉強を再び始めること自体が難しい……」と感じるときもあるはず。そんな場合は、もう一度「なぜ学びたいのか」を確認してみましょう

前出の読書猿氏は、8回めを始められる人と7回めで終わる人の差として、「動機づけ」を挙げています。たとえば、

漠然と「いまの時代には英語力が必要だ」と思ったので、英語の勉強を始めた。しかし、思い通りにはかどらず、これじゃあ勉強しても意味はないかなと諦めてしまった……。

というように、学ぶ目的を自分なりに意味づけしない人は、いつまでたっても勉強を「やらされる」だけの人。受け身でいる限り、いつか挫折してしまうと読書猿氏は指摘します。

これに対し、勉強に何度挫折しても立ち直れる人は、「なぜ学ぶのか?」を明確に意識し、適宜メンテナンスしているとのこと。

「やりたいこと」は、待っててもどこかから降っては来ないんですよ。やりたくないけどやらなくちゃならないことを頑張っている時、「これをやっているのは○○をするためだ」と繰り返し行動と志を結びつけ意味づけることで、動機付けや志は養分をもらって育つんです。

(引用元:ダイヤモンド・オンライン|9割の人が知らない「学び続けられる人」と「挫折する人」を分ける1%の決定的な差

上の例なら、英語を学ぶ目的には

「海外のニュース記事を読み、多面的に社会を見られるようになりたい」
「いろいろな国籍の人と交流し、世界観を広げたい」

などが挙げられるかもしれません。

“〇〇するため” というイメージが描けるようになると、勉強の必要性が感じられて、挫折しても立ち直りやすくなるはず。一度、ご自身の勉強の動機を確認してみてはいかがでしょうか。

勉強にしょっちゅう挫折している人の立ち直り法03

3. 勉強のハードルを下げれば、立ち直れる

何度もやり直すことが大切といっても、勉強習慣が定着するまでの道のりは長いもの。そこで、習慣化しやすい方法を押さえておくのも肝心です。それは、勉強のハードルを下げるというもの。

ケンブリッジ大学大学院で心理学を修め、グローバルリーダー育成専門のジーエルアカデミア株式会社を設立した塚本亮氏は、努力が続かないと悩む人は、そもそもそのハードルが高すぎる可能性があると指摘します。

じつは、偏差値30台だった高校1年生の頃、大学受験用の参考書を読んでも歯が立たなかったという塚本氏。小学生向けの歴史マンガから入るなどして勉強のハードルを下げたところ、「これならなんとかなる」と意欲が湧いたのだとか。

社会人でも、たとえば初めて簿記の試験に挑戦するのに、簿記1級の問題集を買って取り組んでも、何もわからず諦めてしまうもの。自分が理解できる級にまでハードルを下げ、段階を踏んでいくことが、苦なく勉強を続ける秘訣なのです。

勉強にしょっちゅう挫折している人の立ち直り法04

勉強内容だけでなく、勉強時間のハードルを低くすることも大切です。

勉強コーチングを手がける、日本ブレインアップジム代表の椋木修三氏は、数分間だけテキストのページをパラパラとめくることを提案しています。全体の流れを確認するだけで予習や復習になりますし、「忙しかったけど勉強できた」という自負にもなって、勉強習慣を維持しやすくなるのだそう。

背伸びせず、いかに一歩を小さくできるか——これが、意欲を失わず前向きに勉強を続けるために重要なことなのですね。もし1日30分の勉強が続かなかったら、15分、10分と時間を短くして、ハードルを下げてみましょう。

***
一度勉強を諦めても、また始めること。少しだけハードルを下げること。挫折から立ち直るためには、完璧さを手放すことが大切です。

今回ご紹介した方法を参考に、ぜひ、また勉強に挑戦してみてくださいね。

(参考)
ダイヤモンド・オンライン|9割の人が知らない「学び続けられる人」と「挫折する人」を分ける1%の決定的な差
STUDY HACKER|習慣化に3日で挫折する人としない人では「サボったあとの対処の仕方」が全然違う
ダイヤモンド・オンライン|「この方法」で偏差値30からケンブリッジに受かった!毎日、つい努力できてしまう「5つのルール」
Dybe!|ショボい目標から始めよう。「すぐやる人」になるための今日からできる行動習慣
ダイヤモンド・オンライン|試験勉強は「完璧を目指さない」のが合格への近道

【ライタープロフィール】
青野透子
大学では経営学を専攻。科学的に効果のあるメンタル管理方法への理解が深く、マインドセット・対人関係についての執筆が得意。科学(脳科学・心理学)に基づいた勉強法への関心も強く、執筆を通して得たノウハウをもとに、勉強の習慣化に成功している。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら