情熱は見つけるものではなく “育てるもの”。情熱を燃やし続ける「成長思考」を身につけよ。

もしもあなたがいま、自分の情熱を見つけられずに落ち込み、焦っているなら、その必要はありません。情熱は自分の中や、どこかに存在するものではなく、研究課題・過程だと考えるべきだからです。つまり、情熱は見つけるのではなく、育むべきということ。

心理学者らが発表した研究結果とともに、その理由を説明します。

固定思考は限度をつくる

シンガポールのイェール・NUS大学とスタンフォード大学の研究者らによると、「情熱を見つけろ(やりたいことを見つけろ)」というアドバイスは危険なのだそう。その答えは、彼らの研究にあります。

研究者らは、「人格や知能は生まれつきのもの」と信じる【固定思考】と、「人格や知能は成長させられるもの」と考える【成長思考】が、学習や回復力にどのような影響を与えるのかを調査するため、470人の被験者に対しテストを行いました。

その結果、【成長思考】を持つ人は、自分の関心ごと“以外”や、新しい分野にも大きな関心を持つとわかったそう。そして、関心ごとを追求するにあたり困難が予測できたり、実際に直面したりした場合でも、より強く関心を持ち続けることが可能なのだとか。

一方、【固定思考】を持つ人は、「自分の関心分野であれば、その情熱がモチベーションを無限に与えるので、追求は難しくない」と考える傾向にあるそう。したがって、予想通りにならなかったときや、困難に直面したときには興味を失いやすいとのこと。それは、重要な知識の発達を妨げる可能性を示しています。

情熱は育てるものである

では、なぜ、「情熱を見つけろ(やりたいことを見つけろ)」というアドバイスが危険なのでしょう。その理由は、そのアドバイスに「もともと情熱の受容体が自分の中にあり、それにピッタリ合う情熱が見つかりさえすれば、無限のモチベーションが生まれるはずだ」という考え方が潜んでいるからです。それはまるで、「いつか自分にピッタリな王子様が現れる」といった、非現実的な期待感のようなもの。

現実的には、人と人の愛情は育むものであり、同じく情熱も育むものであるということです。

そうしたことから前項の研究者らは、「情熱を見つけろ」ではなく、「情熱を育みなさい」ということがより適切なアドバイスであると述べています。

情熱を燃やし続ける成功者たちは知っている

実際に、情熱を燃やし続けている成功者たちは、自身の経験などから「“やりたいこと”は見つけるものではない」と知っています。

株式会社フィールド&マウンテン・代表取締役の山田淳氏は、「自分が燃えるもの(情熱を燃やせるもの)を見つけるには、どうしたらいいか?」という質問に対し、「燃えるものを見つけるんじゃなく、燃えるまでやるだけ」と答えています。

また、タイムアウト東京・代表取締役の伏谷博之氏も、「ものすごい情熱を持つ人々は、ほかの人と何が違うのか?」という質問に、「継続できる人」と回答したのだとか。

そして、ウォンテッドリー株式会社代表取締役CEOの仲暁子氏も、「SLUSH ASIA」というイベントで“やりたいことがわからない”という若者たちに向け、「まず行動すること。情熱は後からついてくる」とエールを贈ったといいます。

三者が成長志向の持ち主であることは、いうまでもないでしょう。

自分のやりたいことは育てられる

もしも誰かに「やりたいことを見つけた?」「あなたの情熱は何?」と聞かれ、その時点で夢中になっているものがなければ、

これから育てます」と答えましょう。

成長思考になるということは、耐性、持続性を有し、可能性を広げるということ。まずは経験し、継続しながら情熱を育んでください。それに、「情熱はこれから育てられる」という考え方ひとつで、多くのことに興味がわいてくるかもしれません。そのプロセスを、大いに楽しんでくださいね。

なお、情熱を育む際には、ひとつ大きなポイントがあります。

柔軟性を身につけよう

情熱を育む際の大きなポイントは、「柔軟性を持つ」ことです。

たとえば、いま、医療が大きなパラダイムシフトを迎えているといいます。パラダイムシフトとは、それまで当然のことと考えられていた認識や価値観などが、劇的に変化すること。それにともない、医学書の内容も変化してしまうので、いま医学の道を目指している人は、非常に大変だという話もあります。そして、そのようなことが起こるとは、誰も考えなかったはず。

しかし、実際に、その劇的な変化は起こったわけです。

つまり、物事や環境、そして人は、必ず変化していくということ。それを常に留意しておけば、考え方が柔軟になり、あらゆる出来事に対応していけるでしょう。また、思いがけない情熱を育むことができるはずです。

*** 自分とはまったく違う考え方を持つ人、まったく違う趣味を持つ人との対話も、柔軟性を保ち、新しい発見をするにあたり有用です。ぜひ、頭を柔らかくしてお試しください。

(参考) Stanford News|Why ‘Find your passion!’ may be bad advice Quartz|Find your passion is bad advice, say Yale and Stanford psychologists ログミー|“やりたいこと”は見つけるものではない 情熱を燃やし続ける成功者たちの考え方 NHK健康チャンネル|NHKスペシャル「人体」健康長寿 究極の挑戦 Wikipedia|パラダイムシフト

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら