皆さんには、合格したい難関資格や達成したい目標はありませんか?

「一度挑戦してみたけどすぐに挫折してしまった」、「日々の仕事が忙しすぎて勉強やその他の仕事に充てる時間をうまく作れなかった」など、目標はあるけれどなかなかプラン通りに学習が続かない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、『より少なく、しかしより良く』を行動の軸に据える‟エッセンシャル思考”を紹介します。単なるタイムマネジメントやライフハックの技術にとどまらないエッセンシャル思考を実践することで、仕事や勉強を圧倒的な速さで終わらせ、かつ圧倒的な成果を出せるようになるはずです。

ある種の努力は、ほかの努力よりも効果が大きい

どんなことに対しても「やります」と答えてしまい、到底やりきれない量の仕事を抱え込んでしまう人はいませんか? 許容範囲を超える仕事を受けてしまったがために、仕事の質が落ちてしまったり、自らの健康を害したりしては、管理ができていない人という印象になってしまいます。では、どうすればよいのでしょう。

それは、『99%の無駄を捨て、1%に集中する』という考えを持つことです。とはいえ、仕事や勉強はどれも大事だから、99%も捨てることなんてできないですよね。しかしリーダーシップ論の権威ジョン・C・マクスウェル氏は以下のような言葉を残しています。

「ほとんどあらゆるものは、徹底的に無価値である」

(引用元:グレッグ・マキューン著,高橋璃子訳(2014),『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』,かんき出版.)

また、コンサルティング会社THIS Inc.のCEOグレッグ・マキューン氏も著書『エッセンシャル思考―最小の時間で成果を最大にする―』の中で、次のように述べています。

努力の量と成果が比例するという考え方を捨てたとき、エッセンシャル思考の大切さが見えてくる。多数の良いチャンスは、少数のものすごくよいチャンスに遠く及ばない。本当に重要なことにイエスというために、その他すべてにノーと言うのだ。

(引用元:同上)

あれもこれもと手を出してみたけれど、けっきょくどれも中途半端になってしまっては意味がないですよね。でも、もし今取りかかっていることの内たった“1%”に、自分の100%を注ぐことができるのなら、なんでも達成できると思いませんか? 自身が抱えている仕事や問題の一番大切な“1%”に注力することで、目標が達成できるのです。

10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

何かを選ぶことは、何かを捨てること

では実際に、99%の無駄を捨てるにはどうすればよいのでしょう。グレッグ氏は著書の中で「トレードオフ」の重要性を強調しています。トレードオフとは、何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならず、複数の条件を同時に満たすことはできないということです。

何かに「イエス」ということは、その他すべてに「ノー」と言うことなのだ。何かを選ぶことは、何かを捨てること。この現実を受け入れられない人は、中途半端に片足ずつ突っ込んで、あれもこれも失うことになるのだ。

(引用元:同上)

このトレードオフをもっと意識するには、次の問いが役に立ちます。

「たったひとつのことしかできないとしたら、何をするか?」

(引用元:同上)

ビジネスパーソンの方であれば、今取りかかっている仕事のうち何が一番重要かを考えましょう。そしてちょっとした雑用を頼まれたとしても断る勇気を持つことが大切です。しかし上司から頼まれた仕事に対して「ノー」と言うことが難しければ、上司にトレードオフを意識させることが効果的です。たとえば、「はい、ではこの仕事を優先でやります。今抱えている仕事のうち、どれを後まわしにしましょうか?」あるいは「今いくつか仕事を抱えているので、これを無理やり差し込むと○○の品質が落ちてしまいます」などのように。

私自身、2年前に、「たった一つのことしかできないなら、自分は何をするだろうか?」と自問しました。すると、驚いたことに、当時学んでいた物理や大学院の文字がそこにないことに気づいたのです。本当に学びたいことは別にありました。

そこで私は、エッセンシャル思考の教えに従い、時間的にも精神的にも、大きな割合を占めていた大学をやめました。その代わりに空いた時間をすべて目標達成(私の場合、それは「英語」「経済」「経営」でした)に充てることができ、「フィリピン留学、ボランティア」「TOEIC980点」「米国大学経済学部奨学金付き合格」「2017年春学期、GPA3.925」などを2年間で達成することができたのです。日本で物理や数学を勉強しながら、英語を片手間で勉強していたのでは、そもそも自分の夢なんて忘れてしまっていたことでしょう。

koukasaidai-essentialshiko02

肝心なのは、肝心なことを肝心なままにしておくこと

ここまで、自分にとって重要である1%に力を集中させることが、目的達成のために効率的であると説明してきました。ところで、なぜエッセンシャル思考は、「より多くを」「より努力を」という考えよりも優れているのでしょうか?

それは、「肝心なことを、肝心なままにしておける」からです。

皆さんの中には三日坊主で悩んでいる人は少なくないと思いますが、三日坊主は個人の能力や先天性とは無関係です。物事を習慣化できない理由は、「それが自分にとって大事であること」を忘れてしまうからなのです。私が英語の勉強を2年以上も続けられたのも、大学をやめたことによって、自分にとって英語の勉強が最重要であることを毎日否が応にも意識させられたからです。

このようにエッセンシャル思考では、つねに最重要なことに力をコミットさせ続けるので、重要なことを習慣化することができます。また「肝心なことを、肝心なままにしておける」ため、必ず理想の到達点にたどり着けるのです。

皆さんも、エッセンシャル思考を実践することによって、自分にとって本当に重要なことを最小の時間で実現してみませんか? 今まで不可能に思えていた難関資格や仕事も、驚くほど短期間で合格、達成できるはずですよ。「99%を捨て、1%に集中する」というこの方法。ぜひ試してみてください。

(参考)
グレッグ・マキューン著,高橋璃子訳(2014),『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』,かんき出版.
かんき出版|グレッグ・マキューン (ぐれっぐまきゅーん)