"バイト敬語" を使ってない? 社会人なら知っておきたい、正しい敬語の使い方

みなさんは、お客様や目上の人に対して「正しい敬語」を使えていますか?

社会人だけでなく、学生の方も意外と敬語を使う機会は多いでしょう。学校で習ったとはいっても、実際に正しく使えているかどうかはまた別のことですね。

円滑なコミュニケーションのため、また相手に好意を持ってもらうためにも、正しい敬語を身につけておきましょう。

敬語の重要性

まず、敬語の重要性を考えてみましょう。

エン転職が行った調査によると、ビジネスにおける会話のなかで、敬語に関する不快感を感じたことのある人は43%にのぼりました。なぜ不快感を感じたかについては「ふとした拍子にタメ語を使われる」、「間違った敬語を使われた」などが挙げられます。

また、不快感を感じたにもかかわらず、そのことを伝えたのは23%に留まりました。

つまり、敬語を正しく使うには自分で意識するしかないということですね。指摘されないから大丈夫だと安心せず、今一度、正しい敬語が使えているのか見直しましょう。

社会人の方だけでなく、就職活動中の学生のみなさんも要注意です。 Aokiが行った調査では、就活中に間違った敬語を使ってしまった実例がたくさんあります。特に謙譲語・尊敬語の違いで混乱してしまうようです。

好感を持ってもらうためにも、正しい敬語は欠かせませんね。

「バイト敬語」の落とし穴

学生時代に接客業のアルバイトをしていたから大丈夫だ、という人も要注意です。「アルバイトではよく使われているけれど、実際には正しくない敬語」、いわゆるバイト敬語を無意識に使っているかもしれませんよ。

バイト敬語の一例が次のようなものです。

(a)「こちらケチャップになります。」 →「お待たせしました。ケチャップでございます。」 (b)「1,000円からお預かりします。」 →「1,000円、お預かりします。」 (c)「おタバコの方、お吸いになられますか。」 →「おタバコは、吸われますか。」 (d)「山田様でございますね。」 →「山田様でいらっしやいますね。」 (e)「以上でよろしかったでしょうか。」 →「以上でよろしいですか。」

(引用元:岐阜大学機関レポジトリ 「バイト敬語」を使う若者たち : 話し手の心理と聞き手の印象

ファミレスやコンビニをはじめとしてよく使われていますね。みんなが使っているから、と使ってしまいがちですが、実は誤りであることが多いのです。

adobestock_91508482

尊敬語・謙譲語・丁寧語

早速、敬語の種類をおさらいしてみましょう。

まず、敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の三種類があります。

尊敬語―― 動作・存在の主体を高め、その人に話し手が敬意を表すもの。 謙譲語―― 動作(存在)の主体を低め、動作の客体または聞き手に話し手が敬意を表すもの。 丁寧語―― 動作・存在を、話し手が聞き手に敬意を表して言ったり、上品に言ったりするもの。

(引用元:三省堂ウェブディクショナリー|ことば百科

尊敬語は相手を高める表現で相手が動作をするとき、謙譲語はへりくだる表現でこちら側がする動作をするとき、丁寧語は「です・ます・ございます調」と認識できると思います。

では、ビジネスシーンではもちろん、就職活動時などでもよく使う言葉を「尊敬語・謙譲語・丁寧語」で見てみましょう。正しい敬語を使えているのか、答え合わせをするように読んでみてください。

1.行く 尊敬語:いらっしゃる、お越しになる 謙譲語:うかがう、参る 丁寧語:行きます

2.言う 尊敬語:おっしゃる、言われる 謙譲語:申し上げる、申す 丁寧語:言います、申す

3.思う 尊敬語:お思いになる、思われる 謙譲語:存じる 丁寧語:思います

4.会う 尊敬語:お会いになる、会われる 謙譲語:お目にかかる 丁寧語:会います

5.聞く 尊敬語:お聞きになる、聞かれる 謙譲語:うかがう、うけたまわる、拝聴する 丁寧語:聞きます

この他にも出版社のweb辞典などではここでは紹介していない単語も調べられます。普段の生活を思い浮かべて、よく使う言葉の敬語をチェックしておくと良いでしょう。

どんなに仕事や勉強ができても間違えた敬語を使っていてはもったいないです。今からでも間に合うので、正しい敬語を使えているのか確認してみてくださいね。

(参考) マイナビウーマン|尊敬語・謙譲語・丁寧語のよく使う動詞5つの使い分け 岐阜大学機関レポジトリ 「バイト敬語」を使う若者たち : 話し手の心理と聞き手の印象 三省堂ウェブディクショナリー|ことば百科 PR TIMES|ビジネス会話での不快感、43%が経験。“敬語を使わない後輩”に多くの方が不快感。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら