皆さんは、「やる気」を持って勉強できていますか?

ビジネスパーソンであれば資格試験や仕事に必要な知識を得るために、大学生であれば授業の予習復習や定期試験のために、日々しなければならないのが勉強ですよね。にもかかわらず「気持ちがなかなか勉強のほうに向かない」「つい娯楽を優先してしまう」など、勉強に対するやる気が起こらずに困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、勉強へのやる気の出し方をご紹介していきます。

やる気が出ないのは “ブドウ糖” が原因かも?

やる気が出ない原因のひとつとして考えられるのは、身体の疲れや精神的なストレスにより、脳のエネルギー源とも言える “ブドウ糖” が不足してしまっていることです。たとえば身体的に疲労している場合、全身のブドウ糖が不足してしまい、充分なブドウ糖が脳にまで行き渡らなくなってしまいます。同様に感情のコントロールにもブドウ糖が使われるため、日常的にストレス要因が多いと、それだけでブドウ糖を消費してしまうのです。

エネルギー源が欠乏してしまっては、脳が高いパフォーマンスを発揮できないのも当たり前。身体が疲れている場合はよく眠り、精神的なストレスを抱えている場合は趣味や運動などで気持ちをリフレッシュしてあげましょう。

また、じつは血液中のブドウ糖の量(すなわち “血糖値” )の急激なアップダウンも、やる気が出ない原因となります。炭水化物や砂糖の摂取量を抑えることで血糖値を一定に保つことができるので、お菓子やジュース、ご飯やパンなど、炭水化物や砂糖を摂りすぎている自覚のある方は、まずは食生活から改善してみましょう。

yamamoto-800-ec
60日でTOEIC300点アップ! パーソナルトレーナーが教えた「あなたが」最速で結果を出すための英語学習法
人気記事

脳の機能から探る「やる気の出し方」

次に、脳の機能から見た「やる気の出し方」をご紹介していきます。

とりあえず始める

「やる気」が作られるのは、脳の側坐核と呼ばれる部分です。この側坐核は何かをやり始めたときに刺激され、“作業興奮” と呼ばれるやる気を生み出します。

皆さんも、試験前の現実逃避で、普段はやらない部屋の片づけを始めたら思いのほか捗ってしまった経験はありませんか。これも、片づけをやり始めたことによって側坐核が刺激されたことが原因です。

どんなにやる気が出なくても、まずは机の前に座ってペンを持ち、前回解いた問題の答えをなぞったり教科書を書き写したりしてみましょう。嫌々でも “とりあえず勉強を始めてしまう” ことが重要ですよ。

報酬を用意する

脳には “自己報酬神経群” という、その名の通り「自分への報酬」をモチベーションに動く部位があります。報酬を意識したときに脳内に分泌されるドーパミンは、やる気だけでなく思考力や決断力もアップさせてくれるので、報酬を用意するのは非常に有効な方法です。

3時間勉強したら30分間オンラインゲームをしてもいい、TOEICの点数が50点上がったら欲しいものを奮発して買ってもいいなど、自分に見合ったご褒美を用意し、そのご褒美を得たときの気分をイメージしてみてください。具体的に想像することで、自己報酬神経群を活性化させることができますよ。

前頭連合野を活性化

普段から頭を使って何かを考えることが多いビジネスパーソンの場合は特に、言語知能などの「思考系」の脳領域ばかりを使う傾向にあります。すると “前頭連合野” と呼ばれる「やる気を生み出す」脳の器官が弱体化してしまうのだそう。これを防ぐには「思考系」と対にある「感情系」の脳領域を積極的に使うことが必要です。要は気分転換ですね。

ドライブに行く、スイミングに行く、ボルダリングに挑戦してみるなど、日常とは異なった爽快感のある行動を取り、脳をリフレッシュさせましょう。

study-motivation-up-02

学習環境から探る「やる気の出し方」

最後にご紹介するのは、やる気が生まれる学習環境です。ここでは香りと色に注目したいと思います。

アロマオイルでリフレッシュ

アロマの香りで気持ちを整えてみましょう。アロマディフューザーを使うのはもちろん、ノートやハンカチなどに数滴垂らす方法も手軽にできるのでおすすめです。ちなみに筆者の大学受験の際には、アロマオイルをティッシュに数滴垂らしたものを母が鞄の中に忍ばせてくれていました。

集中力や記憶力を高めるローズマリー、交感神経を活性化させるグレープフルーツなど、香りにより効能はさまざまです。ぜひ自分に合ったものを探してみましょう。

色で環境を整える

勉強場所に置いてある物の色ひとつで、やる気や勉強効率が変わると言われています。おすすめなのは、リフレッシュしてやる気を出す効果のある黄色。勉強を始める際に、マグカップやペンケースといった黄色の小物を近くに置いてみましょう。

また、集中力を高めたり気持ちを落ち着かせたりしたいときには青色がおすすめ。その時々に応じて身の回りの色を少し整えてみてはいかがでしょうか。

***
やらなければいけないのはわかっていても、なかなかやる気が出ないのが勉強です。ちょっとした工夫を凝らして、勉強に対するやる気をアップさせましょう。

(参考)
マナトピ|現役脳神経外科医に聞いた! 勉強に集中するための環境づくりって?
Career Supli|脳科学でやる気が出ない時にやる気を出す「すごい方法」
THE21オンライン|脳科学から見えてきた!やる気を高める4つの方法
ビジネス心理学|やる気の心理学
英ナビ!|「香り」があなたの集中力を手助けする!?
NHK テストの花道|「徹底活用シリーズ第3弾 “場所”」