勉強嫌いの私が1年で3000時間勉強して京大に合格した「ぬり絵勉強法」

勉強嫌いにとっての一番の悩みは、勉強に取り掛かる気が起きないこと。 勉強は量より質だなんて言われることがあります。とは言え、成績を伸ばすにはある程度の量は必要不可欠。

けれど、嫌いな勉強に取り掛かり、そのまま長時間続けるなんて至難の業です。 いつの間にかぐだぐたと...私もそうでした。 そんなときに、私が先輩から教わったのが方眼紙塗り絵勉強法です。この方法を使えば、楽しみながら勉強時間を伸ばすことができます。

 

必要なものは方眼紙とペン

 

まず、B5サイズの方眼紙とペンを用意しましょう。ここで重要なのはペン選び。このペンの色と教科が対応することになります。例えば私の場合なら、国語は赤、数学は水色、英語は黄色、といった感じです。自分のイメージに合った色を選んでください。カラフルで自分の好きな色合いであればあるほど、その後のやる気が続きます。

 

15分で一マス

 

では早速始めてみましょう。まず、方眼紙の一マス目に、今日の日付を書きましょう。今日の塗り絵はこのマスから始まります。この塗り絵では、一マスが15分に対応しています。あなたが今から30分英語を勉強したとしましょう。すると、英語の色で、二マス分を塗ることができます。45分勉強したら三マス、一時間勉なら四マスです。はみださないように綺麗に塗りましょう。ペンで丁寧にマスを埋めるという作業はなかなか楽しいものですよ。

 

nurie-benkyoho02

 

続けていくとあなただけの模様ができる

 

とりあえず一週間続けてみてください。塗っていい勉強時間は自習だけに限りません。私は自習と塾の勉強時間でやっていました。楽しく勉強するのが目的ですから、学校の授業の分だって含めても構いません。 この調子でやっていくと、だんだんと塗った面積が増えてきます。カラフルな正方形や長方形が無作為に並んでとても綺麗。さらにそれは自分の勉強の結果なのです。これで愛着が湧かないわけがありません。気付けば、色を塗るために勉強をするようになっていることでしょう。また、友達も巻き込んでやると、どこまで塗ったか競争できるので、さらにやる気が出ます。

 

楽しいだけじゃない、勉強のバランスまで管理

 

受験においては、なるべくたくさんの教科に毎日触れることが効率の良い勉強法。この塗り絵勉強法はやる気を引き出すだけでなく、バランスよく勉強するのにも役に立ちます。単純に考えて、一色だけよりたくさんの色があったほうがカラフルでかわいいですよね?綺麗な組み合わせで塗ろうとすることで、自然に多くの教科を勉強できるようになっているのです。逆に、「あれ?最近水色が少ないな。数学の勉強してないや」というように、取り組んでいない教科も一目で分かります。

***

私はこの勉強法を高3の春ごろから初め、二次試験の前日までずっと塗り続けました。終わってからざっと計算してみれば総勉強時間は約3000時間。勉強嫌いの私がよくもまあこんなに勉強できたものです。ちょっとやってみる価値がある気がしませんか? 繰り返しですが、必要なものは方眼紙とペンだけ。ぜひ今日からでも始めてみてください。


京都大学工学部電気電子工学科一回生。カリタス女子高等学校卒業。宇宙開発に興味あり。高校では演劇部に所属。文化祭執行部に入り、文化祭に積極的に参加。大学では硬式女子テニス部に所属。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら