2018年5月第4週 #謝る 「埋め合わせさせて」 など7選

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「謝る」です。"I'm sorry."だけでは自分の気持ちをうまく表現しきれないと思ったことはありませんか? 友達への連絡が遅れた時、恋人とのデートをキャンセルした時、仕事で取引先に謝りたい時など、状況に応じて様々な表現が使えるようにしておきたいですね。

今回は、そんな謝罪の気持ちを表す英語フレーズをご紹介します。

I am truly sorry for what I did.

本当に申し訳ございませんでした。

自分がとった行動に対して謝罪したいという意味です。“I am truly sorry for what I did. ”「本当に申し訳ございませんでした。」

I should have been more understanding.

もっと君の気持ちを考えるべきだった。

後悔の気持ちを表す表現です。“I should have been more understanding. ”「もっと君の気持ちを考えるべきだった。」

I'm sorry I completely forgot to call you back.

電話折り返すの忘れちゃってごめんね。

忘れっぽいあなたにおすすめのフレーズ。“I'm sorry I completely forgot to call you back.”「電話折り返すの忘れちゃってごめんね。」

I'm sorry for not calling you back yesterday.

昨日は電話返せなくてごめんね。

notの位置に注意です。“I'm sorry for not calling you back yesterday.”「昨日は電話返せなくてごめんね。」

I'm sorry about last night. Let me make it up to you.

昨日の夜はごめん。埋め合わせさせてください。

make up「埋め合わせをする」という表現は覚えておくと便利ですよ。“I'm sorry about last night. Let me make it up to you.”「昨日の夜はごめん。埋め合わせさせてください。」

I owe you an apology.

君にはお詫びしなきゃいけない。

少しかしこまった表現です。“I owe you an apology.”「君にはお詫びしなきゃいけない。」

I acted irresponsibly, and I am sorry.

無責任な行動を取ってしまい、申し訳ございません。

こちらもややフォーマルな表現です。状況に応じて使い分けましょう。“I acted irresponsibly, and I am sorry.”「無責任な行動を取ってしまい、申し訳ございません。」

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら