「褒めて伸ばすはもう古い?」 ゆるクス漫画家 木下晋也のマンガ Study Hacker Days【第1回】

アドラー心理学によると、「褒めることは、自分よりも能力の低い相手を自分の動いてほしいとおりに操作する」という目的が背後にあるのだと言います。また褒めることで「褒められることに依存した人間」を作ってしまうのだそう。

もしあなたが相手を成長させたいのであれば、“褒める”よりも“感謝する”ことが重要なのです。

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」01

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」02

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」03

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」04

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」05

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」06

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」07

木下晋也のマンガ「ほめて伸ばすはもう古い」08

■参照コラム記事はこちら↓
【人は褒められるとダメになる? アドラー心理学流、相手を成長させる「横から目線」の使い方】

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら