2019-04-08から1日間の記事一覧

日本の会社員の94%は「やる気がない」!? その原因は “4つの悪習慣” にあった。

世論調査や人材コンサルティングを手がけるアメリカのギャラップが、世界各国の企業を対象に「従業員の仕事への熱意度」を調べたところ、日本では「熱意あふれる社員」が6%しかいなかったのだそう。これは、調査した139カ国中132位と下位にあたる結果とのこ…

「直観力が乏しい人」「人受けが悪い人」が鍛えるべきは脳の “あの部位” だった。

どうも直観が働かず、瞬時にいい判断ができない。 すぐ誘惑に負けてしまい、仕事も勉強もガタガタだ。 感情に乏しく魅力がないのか、どうも人受けが悪い。 本を読んだり勉強したりしても、ほとんど覚えられない。 ――いろんな悩みがありますが、こうした悩み…

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

“ちょっと失敗しても許す” のが続けるコツ。習慣化できない人が陥る「どうにでもなれ効果」を防ぐには?

早朝学習の習慣をつけるために朝5時半に目覚ましをかけたのに、目が覚めたのは5時37分。本来ならばすぐに起き上がって活動を開始するべきなのに、「5時半に間に合わなかったしもういいや」とまた眠りについてしまった…… このような経験をしたこと、ありませ…

人々はなぜシェアしたがるのか。“感情トリガー” から考える「バズるコンテンツ」のつくりかた。

何万リツイートもされる宣伝や、思わず目を引くPR……。企画を考えたり商品をPRしたりする立場にある人の多くは、そんな「バズる」コンテンツを生み出すべく、日々アイデアを練っていることと思います。 では、魅力的なコンテンツを創造するには、どのようなポ…

「寡黙なのに結果を残せる人」がこっそりしている3つのこと。内向型人間は “思考の整理” がうまい。

「あの人は、別に喋りがうまいわけではないし、バリバリ仕事をしている感じでもない。あまり目立たない、“おとなしめ”な印象の人だ。でも、なぜか結果だけは、常にしっかりと残している。どんな秘訣があるのだろう?」そう感じてしまう対象となる人が、こっ…

“6つのタスク” を優先順位づけ。生産性向上に効く「アイビー・リー・メソッド」がすごい。

仕事の量が多すぎて毎日残業。帰宅が遅く、平日の夜は自分の時間が全く取れない。定時退社なんて夢のまた夢。そんなビジネスパーソンの方は多いことでしょう。 なるべく早く仕事を切り上げられれば、その分の時間を自身のスキルアップや趣味に当てられ、より…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら