英語の勉強で期待できる8つのメリット

英語の勉強がもたらすメリット01

英語の勉強にはどのようなメリットがあるでしょうか。英語を勉強している方にとっては、きっと一度はもったことのある疑問ですよね。

今回は、社会人の方、あるいは社会人を目指している方が英語を勉強することで、どのようなメリットがあるか、どのような可能性が広がるかについてご紹介しましょう。

英語を勉強するメリット1:就職・昇進に有利

英語を勉強する第一のメリットは、就職・昇進に有利になること。これから社会人を目指す方や、現在社会人である方にとって、英語の勉強の成果を出すことが、就職につながることがあります。

英語の勉強の成果が顕著に現れるのが英語資格試験。一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が企業やビジネスパーソン向けに実施した「英語活用実態調査2019」によると、TOEIC®︎ L&Rの場合、就職に必要なスコアの目安の平均は新卒で545点英語を使用する部署への中途採用に必要なスコアの目安の平均は620点だそう。加えてTOEICスコアを昇進の要件・参考とする企業もあり、係長・主任で515点、課長で530点、部長で565点、役職で600点を平均としているというデータもあります。

ほかにも、TOEICのスコアを海外出張や海外赴任選抜の要件や参考としている企業もあるそう。前述の「英語活用実態調査2019」の統計では、海外出張の要件・参考とするスコアの平均は620点海外赴任の要件・参考とするスコアの平均は635点だそうです。

英語の勉強に励むことで、就職や昇格、海外出張などにつながりうるメリットがありますよ!

英語の勉強がもたらすメリット02

 

英語を勉強するメリット2:仕事の可能性が拡大

社会人にとって英語を勉強する最大のメリットのひとつが、仕事の可能性が広がること。海外の案件を扱う業務やプロジェクトに携わることができれば、活躍の場をさらに広げることができますね。

英語を勉強してリーディングスキルを上げれば、英文資料や英語のビジネスメールなどがスムーズに読めることが期待できますよ。リスニングスキルやスピーキングスキルを磨くことで、海外のクライアントへの対応や海外にいる取引先との交渉や国際会議、プレゼンなどで、英語の勉強の成果を存分に発揮できるでしょう。上司が日本人でない場合も、スムーズにコミュニケーションをとることができますね。英語ライティングの勉強をすれば、英語のビジネスメールやチャットの返信をスムーズに行なえる可能性が高まるでしょう。

英語の勉強は、ご自身のキャリアアップに直結しやすいメリットがあるのです。

英語の勉強がもたらすメリット03

英語を勉強するメリット3:インターネット上の情報収集に有利

英語の勉強は、インターネットで情報収集する際に役立つスキルにもつながるメリットもあります。

インターネットの世界で最も利用されている言語が、英語。トラフィックランキング上位1,000万のウェブサイトの日本語の使用割合が約2.1%しかないのに対し、英語の使用割合が約60.4%に上ることが、世界経済の動向をグラフにまとめているカナダのビジュアルコンテンツ制作会社Visual Capitalistの統計から明らかになっています。英語を勉強していると、英語でしか触れられない情報にもアクセスできるのです。

そのうえ英語の勉強は、ビジネスの最新トレンドを把握するためにも有効。なぜならビジネスにおける革新的な動きは、AppleやGoogleといった世界規模での影響が強い企業から生まれやすいから。海外から来る情報の日本語訳に頼るよりも、英語で情報に直接アクセスするほうが、より効率的に情報を入手できます。

英語を勉強して、こうした影響力の強い企業が発信する情報をすばやく把握すれば、新たなビジネス戦略を立てたり、世界的に認められる商品やサービスを生み出したりするヒントが生まれるかもしれません。

さらに英語を勉強して情報収集スキルを身につけられると、日本からの視点では書かれていない記事からもためになる情報を入手することができます。日本からの情報のみならず、日本以外の目線での描写の仕方を把握できるため、業界の世界的なトレンドについていきやすくなることが可能です。

情報収集力が問われるグローバル社会で生き残るためには、英語を勉強することで、日本語では触れられない情報にすばやくアクセスし、かつ多種多様な情報を迅速に集めるスキルを身につけるメリットを把握しましょう。

英語の勉強がもたらすメリット04

英語を勉強するメリット4:英語圏での生活に便利

英語を勉強すると、英語圏での旅行や生活に便利というメリットもあります。

観光で施設の案内書や英語のガイドの内容がわかると、現地の観光スポットについてより具体的に理解することができますね。また、入国手続きやレストランの注文、買い物などは英語でのコミュニケーションが必須。日頃の勉強の成果を試す機会になるでしょう。体調がすぐれなかったり、思わぬ怪我をしたり、盗難や故障などのトラブルに遭遇したりする際にも英語の勉強で学んだ知識のおかげで対処しやすくなります。

英語の勉強のメリットがさらに高まるのが、転勤や留学などで英語圏で生活することになった場合。生活上必要な住宅、保険や携帯電話などの契約はすべて英語で行なう必要があります。内容を英語で理解して、英語で返答ができるようになれば、翻訳ツールを頼るよりもスムーズに契約手続きを進めることができますね。

現地での生活をますます便利にするためには、英語を勉強してある程度の知識を身につけておいたほうがメリットが大きいのです。

英語の勉強がもたらすメリット05

英語を勉強するメリット5:人脈づくりに有利

人脈づくりに有利に働くことも英語の勉強のメリット。英語を勉強して実践で使えるスキルにすることで、日本語だけを話せる人と比べて交流の幅が大きく広がりますよ。

文部科学省の調べによると、英語を公用語・準公用語等とする国は54か国に及ぶそう。話者人口を比較すると、英語話者の人口は13.48億人に上ることが、金融情報サイト「Insider Monkey」の調査から明らかになっています。この人数は日本語話者の人口1.26億人の10倍を超えています。ちなみに英語の母語話者の人口は約4億人。つまり、英語以外の母語話者どうしがコミュニケーションをするための補助として、英語が多く使用されていることがわかります。

英語を勉強してコミュニケーションスキルを身につけることで、現地やインターネット上で英語の母語話者だけでなく、日本語と英語以外の母語話者ともつながりをつくれるメリットもあるのです。

英語の勉強がもたらすメリット06

英語を勉強するメリット6:言葉に見られる文化の違いに対する認識や理解の拡大

英語を勉強することで、言葉に見られる文化の違いが見えてくるのもメリットのひとつ。英語と日本語の言葉の違いから、両者の文化の違いを観察することができるのです。その具体例をいくつかご紹介しましょう。

たとえば、“Your English is very good.”「英語とても上手だね」  “You look nice today.”「今日は素敵に見えるね」 などとほめられたとき。典型的な日本人は、「そんなことはないです」「そこまでうまくありません」などと謙遜するでしょう。しかし、英語圏の人々に対しては、こうした返答はあまり好まれません。なぜなら、ほめられたときに過度に謙遜したり、自分を極端に卑下したりする言い方は、英語圏の人々にとって社会的に好かれないから。ほめられたら、 “Thank you.”と返すほうが無難です。日本人にとって美徳とされる「謙遜」の文化が、必ずしも異文化の人々に受け入れられるわけではないのですね。

また、他言語をその他の言語にそのまま直訳すると、そのままでは通用せず違和感を与える例もあります。たとえば、日本語ではさまざまな文脈で使われる「今日はよろしくお願いします」。文脈さえあれば、日本人どうしの会話だと、なんとなく何をお願いされているのか意味がわかる場合もありますよね。

しかし英語圏の人には、具体的に何をお願いするのかを言葉で明確に示さなければ、正しく意図が伝わりません。曖昧な表現のまま英語で伝えてしまうと、受け手が誤ってメッセージを理解することが起こりやすくなるのです。反対に、英語の表現をそのまま日本語に直訳しても意味がうまく伝わらない例も多くあります。それぞれの文化とそのなかで用いられる言葉は、密接に関係しあっており表裏一体の関係性でもあるわけですね。

以上の例のように、言葉は文化と切り離せない要素と言えます。英語を勉強することで、外国語でコミュニケーションをするために必要な「言語能力」に加えて、相手の文化的背景や社会的文脈も理解する「異文化間能力」と呼ばれるスキルも身につきます。たとえば、以下のスキルが「異文化間能力」に含まれます。

  • 異文化に対する敬意
  • 異文化に対してオープンな態度をとること
  • 自国や他国の文化に関する生活習慣や風習に関する知識
  • 異文化と自国の文化を関連づけたり、異文化に関する新たな知識を身につけたりする技能など

英語の勉強によって、言葉の違いから見られる英語圏の一般的な文化を理解したり、日本の風習を理解したりすることができるメリットもあるのです。

英語の勉強がもたらすメリット07

英語を勉強するメリット7:脳の活性化に有効

たとえ英語を使う機会がなくても、英語の勉強にはじつはメリットがあります。そのメリットとは、脳の活性化。英語を含む外国語の勉強は、認識や判断に必要な脳の機能を総動員するため、外国語を理解しようとしたり、相手とうまく外国語でコミュニケーションしたりする行為そのものが脳全体の運動になりえるのです。

外国語を勉強することで、脳の機能を向上させたり、老化を遅らせたりできるというさまざまな研究があります。たとえばアメリカにあるペンシルバニア州立大学では、中国語の語彙を6週間かけて学習した英語のネイティブスピーカーのほうが、学習しなかったネイティブスピーカーに比べて脳内ネットワークを構成している神経に発達が見られたという研究報告がありました。スウェーデンにあるルンド大学の研究では、13か月間外国語を勉強したグループのほうが、言語以外の勉強をしたグループに比べて、海馬と大脳皮質の発達が見られ、脳の機能が向上したことが明らかになっています。

つまり外国語である英語を勉強することで、脳の働きを活発にするメリットも期待できるのです。

英語の勉強がもたらすメリット08

英語を勉強するメリット8:達成感を味わうのに有効

英語の勉強は、達成感を味わえることにもメリットがあります。

勉強して、英語などの異なる言語が理解できたり、通じたりすると達成感が味わえるもの。言語学やコミュニケーション論を専門とする明治大学の堀田秀吾教授によると、こうした達成感によって、脳に報酬系ホルモンであるドーパミンが放出され、喜びを脳全体に与えてくれるとのこと。すると脳はその報酬を再び得ようとして、さらに学習が促進されるというポジティブなサイクルができあがると堀田教授は述べています。

英語の勉強で得られる達成感や成功体験によって、さらに大きな自信につながる機会が得やすくなるのです。

英語を勉強する際には、以上のようなメリットがあることを意識しておきましょう。

英語の勉強がもたらすメリット09

英語を勉強するメリットを効率よく得るためには

英語を勉強することで生まれるさまざまなメリット。英語の勉強に時間を割くからには、効率的に確実にメリットを得たいところですよね。

そのために重要なのは以下の3つ。

  1. 自らの英語力の実情や弱点を客観的に把握すること
  2. 自らの弱点に合った効率的な英語トレーニングをすること
  3. 正しい勉強の続け方を学び、学習習慣を形成すること

英語のレベルや課題は個人差があるもの。自らの課題を把握せずに、やみくもに他人の学習法をうのみにしているだけでは、期待された英語の勉強のメリットは得にくくなります。そして、課題に特化した効率的な英語トレーニングをすることも重要。かつ正しい続け方で行なわないと、英語の勉強のメリットを得られずに三日坊主で終わりやすくなります。

この上記3つを実現してくれるのが、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」です!

ENGLISH COMPANYでは、母語以外の言語を身につけるメカニズムを明らかにする学問である「第二言語習得研究」の専門知識に長けたプロトレーナーが、あなたの英語の課題を客観的に分析し、あなたに合った効率的なトレーニングを提供します。さらに、人間の行動を科学的に分析する「行動分析学」の理論をベースとした「行動科学マネジメント」の知見に基づいて、受講期間中だけでなく受講が終わった後でも、自分で正しい英語の勉強の続け方を実践することが可能です。

「科学的な英語トレーニング」「正しい英語学習の続け方」を両立させることで、きっと英語の勉強のメリットを得ることが期待できますよ。

***
今回紹介したさまざまな英語の勉強のメリットを知ることで、なぜ英語の勉強が求められるかが鮮明に理解できますよ。日々の英語の勉強で挫けそうな方も、英語の勉強を継続すれば、きっと期待されるメリットが得られるはず。今回の記事を、ぜひ英語の勉強に取り組んだり、続けたりするための原動力にしてください。

監修:StudyHacker ENGLISH COMPANY

(参考)
IIBC|【活用事例】就職活動の支援
一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(2019),「英語活用実態調査(企業・団体、ビジネスパーソン)2019」, pp.1-16.
STUDY HACKER|英語で情報収集する仕事上のメリットとおすすめのメディア
Visual Capitalist|Visualizing the Most Used Languages on the Internet
INSIDER MONKEY|5 Most Spoken Languages in the World
文部科学省|小学校における英語教育についての審議に関する参考資料(3)英語を公用語・準公用語等とする国
JACET教育問題研究会 編集(2017), 『行動志向の英語科教育の基礎と実践: 教師は成長する』, 三修社.
Michael Byram (1997), Teaching and Assessing Intercultural Communicative Competence, Bristol, Multilingual Matters.
小学校英語教育学会20周年記念誌編集委員会 編集(2020), 『小学校英語教育ハンドブック ―理論と実践―』, 東京書籍.
竹内愛(2018), 「英語授業におけるコミュニケーション能力養成に関する一考察」, 共愛学園前橋国際大学論集, 18号, pp.309-316.
八代京子、荒木晶子(2001), 『異文化コミュニケーション・ワークブック』, 三修社.
丹羽牧代、丹羽卓、地蔵繁範(2019),『母語干渉とうまくつきあおう:英語を教える人に 英語を学ぶ人に』, 彩流社.
一般社団法人全国地域生活支援機構|認知症予防の脳トレに、外国語教育は効果的?
Business Journal|実は外国語を学ぶ人が享受している「驚くべき恩恵」
Penn State University|Learning languages is a workout for brains, both young and old
ScienceDaily|Language learning makes the brain grow, Swedish study suggests
Mårtensson, Johan, Johan Eriksson, Nils C. Bodammer, Magnus Lindgren, Mikael Johansson, Lars Nyberg, and Martin Lövdén (2012),  “Growth of language-related brain areas after foreign language learning,” NeuroImage, Vol.63, No.1, pp.240-244.

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら