きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「ミーティング」。外国人の上司や同僚、海外の取引先の方との会議。急に日程や時間の変更があったら英語でなんと伝えますか?

今回は、そんなミーティングに関する英語フレーズをご紹介します。ぜひ動画で発音もチェックしてみてくださいね。

Is it possible to reschedule our meeting for another time?

ミーティング、別の日に再調整できますか?

“Is it possible…?”を使って丁寧に聞いてみましょう。“Is it possible to reschedule our meeting for another time?” 「ミーティング、別の日に再調整できますか?」

3ヶ月でTOEIC965点到達! "第二言語習得研究 × パーソナルトレーナー" なら英語力は伸ばせる!
人気記事

We are going to have to change our meeting to another day.

ミーティングを別の日に変更しなければなりません。

やむをえない理由で予定を変更しなければならない時に。“We are going to have to change our meeting to another day.” 「ミーティングを別の日に変更しなければなりません。」

What time works for you?

何時がよろしいですか?

友達同士でも使えるカジュアルな表現です。“What time works for you?” 「何時がよろしいですか?」

10:30 would be great.

10時半でお願いします。

「お願いします」=”please”と考えていませんか? “10:30 would be great.” 「10時半でお願いします。」

Can we push back our meeting by 30 minutes?

ミーティングの時間30分遅らせてもいいですか?

push backは「延期する、先送りする」という意味です。“Can we push back our meeting by 30 minutes?” 「ミーティングの時間30分遅らせてもいいですか?」

Are we still on for the meeting this afternoon?

今日のミーティングは予定通り行いますか?

予定通り決行するかどうか確認する時に使えるフレーズです。“Are we still on for the meeting this afternoon?” 「今日のミーティングは予定通り行いますか?」

Can everyone make the meeting tomorrow morning?

皆さん、明日の朝ミーティングに参加できますか?

この場合のmakeは、「都合がつく」という意味です。“Can everyone make the meeting tomorrow morning?” 「皆さん、明日の朝ミーティングに参加できますか?」