「英語を話せない日本人」が抱く誤解とは。入会600人待ちの英語ジムが教える “本当に正しい” 英語学習法

「大量の英語を聞き流せば英語力がつくはずだ」 「とりあえず、ネイティブと話しまくれば英語は話せるようになるはずだ」 こう考えていませんか?

じつはこれら、いつまで経っても英語を使いこなせない多くの日本人が陥りがちな “典型的な誤解” なのです。

本当は “遠回りな” 英語学習法とは?

私たち大人が英語を学ぼうとするのには、さまざまな理由があります。転職やキャリアアップのためにTOEICの点数を上げたい、上司が外国人に代わり英語使用が求められるようになった、海外企業との取引が増えてきた、社内公用語が英語になった、など。そして、仕事が忙しい人ほど “できるだけ短時間で” “効率良く” 英語を学習していきたいと望んでいるはずです

そんなとき多くの日本人は、母語である日本語を “自然と” 習得していった自身の経験から、「とりあえず大量の英語を聞き流そう」「英語ネイティブとたくさん話そう」といった発想に陥りがち。しかし、それは「かえって遠回りな学習方法」だと、入会600人待ちを誇る英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」責任者の田畑翔子(たばた・しょうこ)氏は指摘します。

理由は、日本が「EFL(English as a Foreign Language)環境」であるから。英語圏の国々のように、英語が周囲で飛び交う「ESL(English as a Second Language)環境」に対し、日本国内のように、日本語が母語とされているEFL環境では、そもそも「読む」や「聞く」といったインプットが圧倒的に不足しがちなのだそう。

1年間海外に語学留学できれば、英語のシャワー効果が期待できるかもしれません。しかし、日本に暮らしている大人が同じような環境を作れるとは思えません。大事なのはインプットの量を増やしにくいEFL環境で、いかに効率よく英語を習得していくか、その方法を考えることです

(引用元:ASCII|英語シャワーは遠回り、効率的に第二言語習得メカニズムで学ぶ英語ジム

そして、単語や英文法の基礎知識が乏しいまま英語ネイティブとの英会話に飛びついたところで、そもそも英語の音を聞き取るスキルさえおぼつかないため、学習効果は非常に薄いのだとか。

それでは、“本当に効率的な” 英語学習法とは、いったいどういったものなのでしょうか?

英語教育のプロから「正しい英語学習法」を学ぼう

・英会話スクールに通っているものの、なかなか成果が上がらない ・英語を勉強したいが、何から手をつければよいのかわからない ・仕事や留学など短期間で英語力を高める必要性に迫られている ・最短で英語力を高めるための効率的な方法を知りたい

こんな疑問や悩みを抱える英語学習者垂涎のイベントが開催されます。題して『英語学習ミートアップ ENGLY NIGHT#01 ~第二言語習得研究に基づく「正しい」英語学習法とは?~』。

国内最大級の英語学習ポータルメディア「English Hub(イングリッシュハブ)」のミートアップ企画第一弾「ENGLY NIGHT#01」に、わずか3年で13拠点にまで拡大し、現在入会600人待ちの“時短型” 英語パーソナルジムとして世を席巻している「ENGLISH COMPANY」がゲストとして登壇することが決定いたしました

英語を最短で話せるようになるためにはどんなトレーニング方法が適しているのか? どんな順番で学習を進めていけばいいのか? どうすればネイティブの英語を聞き取れるようになるのか? などなど、英語学習にまつわるあらゆる疑問を解消できます。「英語」を学ぶのではなく、「正しい英語の学び方」を学べる、またとない機会です。

■第一部:「第二言語習得研究とは?〜科学的知見に基づく英語学習のコツを大公開〜」

第二言語習得研究(SLA)の専門家でもある田畑翔子氏のもと、最先端の第二言語習得研究に基づく、科学的で効率的な英語学習ノウハウを学びます。「読めるけどスピードが遅い」「発音が悪い」「正確に読めない」「音が聞き取れない」「音は聞き取れるが理解が追いつかない」「相手の話す英語は理解できるが話せない」といった悩みを解決するためのメソッドを教えてくれます。

【トピック】 ◆言語習得の科学「第二言語習得研究」とは? ◆ESL環境とEFL環境における学習方法の違い ◆インプットとアウトプットの最適なバランスは? ◆第二言語習得研究から見た効率的な学習順序とは? ◆多くの日本人が悩む「聞けない」「話せない」本当の理由とは? ◆それぞれの段階(課題)に応じた効果的なトレーニングメソッドのご紹介

■第二部:パネルトーク「学び方を改革しよう!ここがおかしい日本の英語学習」

第二言語習得研究の科学的な知見をベースとしながら、現在の日本に蔓延している英語学習の間違った常識や問題点に深く切り込んでいきます。登壇者は、前出の田畑翔子氏のほか、「ENGLISH COMPANY」を運営する株式会社恵学社代表取締役の岡健作(おか・けんさく)氏、コンテンツ開発室シニアリサーチャーの谷原英利(たにはら・ひでとし)氏の3名。ENGLY編集長を務める加藤佑(かとう・ゆう)氏をモデレーターに迎え、最短で結果を出すための理想的な英語学習法について徹底的に議論します

【トピック】 ◆英語はやっぱりネイティブと話すのが一番?発音も良くなる? ◆「英語を聞き流すだけ」で本当に英語はできるようになる? ◆オンライン英会話って楽しいけど、効果あるの? ◆TOEICの点数はあるのに話せないのはなぜ?TOEICって意味あるの? ◆学校で得た文法・語彙の知識は無駄だった? ◆勉強が続かないのはモチベーションのせい? ◆発音はそんなに大事じゃない?

■第三部:ワークショップ「SLAに基づく効果的なトレーニングを体感しよう!」

実際に「ENGLISH COMPANY」でも実践されている、“使える” 英語力を身につけるための発話に特化した効果的なアウトプットトレーニングを、2~3人のグループに分かれて体験します。第二言語習得研究に基づく科学的なトレーニングメソッドとはどんなものなのか、肌で感じることができます。

【プログラム概要】

■日時:11月20日(火)19:00~(18:30~受付開始) ■場所:CAREER DESIGN CAFÉ 渋谷(東京都渋谷区神南1-12-16和光ビル5F-B) ■アクセス:渋谷駅から徒歩5分(渋谷スクランブル交差点をわたり、TSUTAYA・スターバックスの右手の通りをまっすぐ4分ほど歩いたところにあります) ■当日のスケジュール: 18:30~ 受付開始 19:00~ イベント開始「English Hubの紹介」 19:10~19:30 第一部「第二言語習得研究とは?」(20分) 19:30~20:30 第二部:パネルトーク(60分) 20:30~21:00 第三部:ワークショップ(30分) ■参加人数:40名(先着順) ■参加費:2,000円 ■主催:English Hub(ハーチ株式会社)

<お申し込み>

こちらのpeatixページよりお申し込みできます。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら