“たった5分” で脳が生き返る「視覚トレーニング」。勉強中にやるだけで効果絶大!

書類や本を読むスピードが遅く、仕事で細かい数字を見落すことが多い。最近は物忘れも多いし、外出も億劫になってきた……。これらの悩みは、視覚を鍛えることで解消できる可能性があります。目の疲れや頭痛、肩こりもいいはずですよ。さっそく説明しましょう!

「視覚」は見る働き全般の力

「視力」と「視覚」の違いをご存知ですか? オプトメトリストと呼ばれる、検眼や視機能に関する専門家の北出勝也氏は「視覚」について、「視力を含めた見る働き全般の力」と説明します。

「視力」は近くや遠くにあるものをハッキリと見る力を指し、「視覚」は、ものを見て情報を入力し、脳で認知したあと、気持ちや体が反応するところまでを指すそう。

たとえば目の前にケーキがあったとして、「視力」はその物体を見る力。「視覚」は、物体を見てケーキだと認識し、「美味しそう、食べたいな」と考えるまでの力というわけです。

「視覚」と脳の関係

子どもたちや五輪アスリートなどのビジョンケアをおこなう内藤貴雄氏によれば、オプトメトリストは視力低下の原因を、脳の衰えにあると考えるそう。そして、脳を活性化させるためには、外部からの刺激が必要不可欠であると伝えています。

わたしたちの知的な機能を指す「認知機能」は、外部の情報を収集し、記憶して、推理・判断を加えて処理する過程と定義されています。外部の情報とは、五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)という感覚器から得る刺激のこと。

そして、人間が受け取る外部からの刺激のうち、約80%が視覚からということを考えると、視覚がいかに脳と関係が深いかよく分かります。

視覚機能が衰えるとどうなる?

視覚機能は、大きくわけて以下3つの機能があるといいます。

1.眼を動かしてものを見る運動機能。 2.眼で見た情報を脳で処理し、色や形、向きや位置などを正確に認知する機能。 3.眼で見た情報に従って、体を動かす機能です。

(引用元:ケンカツ!|視覚を鍛えるだけ!成績や仕事の効率がアップする!

北出氏によれば、どんなに視力がよく遠くが見えても、眼球運動に問題があると、何かを探す際にひどく時間がかかってしまうのだとか。また、これらの機能に問題があると次のようなことが起こるそうです。

・眼精疲労や頭痛 ・慢性の肩こり ・活字を読むスピードが低下 ・数字などの見落としミス頻発 ・仕事や勉強の効率がダウン ・動きを正確につかめず運動が苦手に

そのまま歳を重ねると、こんなことまで……!

・物忘れ ・方向音痴 ・家事や外出がおっくうになる ・うつ状態になる可能性

つまり、視覚機能が衰えるということは、ただ見えにくくなるというわけではないということ。でも、逆をいえば、視覚を鍛えることで、速読力集中力記憶力をアップできる可能性があるということです。

視覚トレーニングの方法

そこで北出氏は、視覚を鍛える「眼の筋力トレーニング」を行うようすすめています。視力も回復し、脳も活性化できるそう。毎日5分程度行うだけでもいいそうですよ。

ペンを用いた眼球運動

日本視覚能力トレーニング協会代表理事の飯田覚士氏が、ロンドンオリンピックミドル級金メダリストの村田諒太選手や、子供たちに教えているという眼球運動をご紹介します。ペンを1本用意して、以下の手順で各10秒ほど行います。動かすのは目と手だけ。顔や体は動かしません。「赤い色」のボールペンやマジックがおすすめです。

1.ペンを目線の高さで縦に持ち、手を左右平行に動かして、それを目で追う。 2.ペンを横にして持った手を上下に動かし、それを目で追う。 3.ペンを縦に持った右手を、右上から左下をくり返し往復させ、それを目で追う。 4.3をすべて逆にして行う 5. ペンを持った手で、顔のまわりに大きく円を描き、それを目で追う 6.5の反対回りを行う 7.ペンを持った手で、顔のまわりに八の字を横に描き、それを目で追う 8.ペンを縦に持った手を、目の中心に寄せたり、離したりする

遊びながらできるトレーニング

北出氏は、扱うものを目で追う以下の遊びも、立派な視覚トレーニングだと説明しています。

・お手玉 ・神経衰弱(トランプ) ・七ならべ(トランプ) ・百人一首 ・けん玉 ・ビー玉遊びなど

また、通勤時の電車のなかで目を左右や上下、斜めに動かしたり、近くや遠くを交互に見たり、目をぐるっと回すだけでも効果的なのだとか。ちなみに筆者は仕事中に目が疲れると窓の外を見て、遠くにある建物や木々、近くにある建物や木々を交互に見るようにします。視覚トレーニングをしながら、自然な光と色で目をほぐすことができますよ。

*** 視覚トレーニングの効果は1~2ヵ月で実感できるとのことですが、1回行うだけでも驚くほど目がスッキリします。ぜひお試しあれ!

(参考) ケンカツ!|視覚を鍛えるだけ!成績や仕事の効率がアップする! ケンカツ!|【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践! 脳活バランサーCogEvo シリーズ – 株式会社トータルブレインケア|認知機能の見える化プロジェクト|認知機能とは 内藤貴雄著(2009),『脳は眼から鍛えなさい! 』,フォレスト出版.

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら