きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「電話」。お仕事で英語の電話対応をすることはありますか? 電話越しの英語は余計に聞き取りづらく、かなり難易度が高いです。いきなりの電話に困らないように、まずはよく使うフレーズをインプットしておきましょう。

今回は電話で使える鉄板英語フレーズをご紹介します。かっこよく英語で電話対応するご自身を思い浮かべながら練習してみてくださいね。

I’m sorry. Could you repeat that please?

すみません。もう一度お願いできますか?

相手の言っていることが聞き取れない時はこのように聞き返してみましょう。“I’m sorry. Could you repeat that please? ” 「すみません。もう一度お願いできますか?」

May I speak to Mr. Sato?

佐藤さんにお繋ぎいただけますか?

丁寧に聞いてみましょう。“May I speak to Mr. Sato?” 「佐藤さんにお繋ぎいただけますか?」

Hello, this is Sato from ENGLISH COMPANY.

もしもし、ENGLISH COMPANYのサトウがお受けいたします。

電話に出る時はこの一言。“Hello, this is Sato from ENGLISH COMPANY.” 「もしもし、ENGLISH COMPANYのサトウがお受けいたします。」

Can I take a message?

伝言をお受けしましょうか?

take a messageで「伝言を預かる」という意味です。“Can I take a message?” 「伝言をお受けしましょうか?」

I will have him call you back later this afternoon.

今日の午後、彼に折り返し電話させます。

「have+人+動詞の原形」で「(人)に〜させる」という表現です。“I will have him call you back later this afternoon.” 「今日の午後、彼に折り返し電話させます。」

 お名前とお電話番号をお伺いしてもよろしいですか?

お名前とお電話番号をお伺いしてもよろしいですか?

担当者から折り返し電話させるシチュエーション。“Could I have your name and telephone number please?” 「お名前とお電話番号をお伺いしてもよろしいですか?」

The line is bad. 

回線が悪い。

電話が聞こえづらい時、このように言ってみましょう。“The line is bad. ” 「回線が悪い。」