「リラックスしよう。焦らないで」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:入社】

「誰でも最初の数日は大変だよね」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:入社】


きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「入社」。この春、新卒としてキャリアの一歩を踏み出した方や、転職して新たな会社に加わった方も多いのではないでしょうか。そんな時期にぴったりの、入社にまつわるフレーズを集めました。動画を見ながら発音をまねして練習してみてくださいね。

This is David, it's his first day today.

本日入社したデイヴィッドさんです。

入社初日、新入社員を紹介するときに便利なフレーズ。This is+名前で「......さんです」と伝えることができます。目の前にいる人のことを He や She で呼ぶことは通常ありませんので、気をつけましょう。“This is David, it's his first day today.” 「本日入社したデイヴィッドさんです。」

Let's try and make him feel welcome.

暖かく彼をお迎えしましょう。

気の利いた一言で、一気に場がやわらぐもの。make+人+...「人を......の状態にさせる」は、ぜひ覚えておきたいですね。feel welcome = 歓迎されていると感じる、という意味です。“Let's try and make him feel welcome.” 「暖かく彼をお迎えしましょう。」

Nice to meet you David.

デイヴィッドさん はじめまして。

初対面の相手には、定番のフレーズから。親しみを込めて、相手の名前を付けて挨拶してみましょう。“Nice to meet you David.” 「デイヴィッドさん はじめまして。」

So, where do you come from?

どちらからいらしたんですか?

初めて話す相手には、出身地や趣味を聞いてみると、自然に会話を続けられますね。出身地を聞きたいときは、もちろん “Where are you from?” でも大丈夫ですよ。“So, where do you come from?” 「どちらからいらしたんですか?」

Just relax and take it easy.

リラックスしよう。焦らないで。

入社当初は、誰でもドキドキしてしまうもの。緊張でガチガチの人がいたら、気遣ってあげたいですよね。そんなときは take it easy = 気楽にね、というフレーズがぴったり。 ちなみにこの表現は、別れ際にも使えます。 去り際に “Take it easy.”と言うと「じゃあね」というカジュアルな別れの表現になりますよ。“Just relax and take it easy.” 「リラックスしよう。焦らないで。」

Everyone's first few days are challenging.

誰でも最初の数日は大変だよね。

共感を示すこんなフレーズで、お疲れモードの新入社員を励ましてみてはいかがでしょうか。challenging = やりがいのある、骨が折れる、という意味。challenge の形容詞形です。 “Everyone's first few days are challenging.” 「誰でも最初の数日は大変だよね。」

There's a lot to take in.

吸収すべきことはたくさんあるよ。

take in のコアイメージは、何かを手にして中に取り込むこと。ここでは自分の中に取り入れる → 吸収する、を意味します。“There's a lot to take in.” 「吸収すべきことはたくさんあるよ。」

 

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら