「資金調達」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:クラウドファンディング】

「資金調達」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:クラウドファンディング】01

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「クラウドファンディング」。インターネットを通じて自分の夢や活動を発信することで、考えや想いに共感した人々から資金を募る仕組みです。ユニークなアイディアが生まれやすく、解決が急がれる課題にも民間の力で働きかけることのできるクラウドファンディングには大きな魅力があります。今回は、そんなクラウドファンディングについての英語フレーズをまとめました。ぜひ動画を見ながら発音をまねして練習してみてくださいね。

Crowdfunding has become a great way to start creative projects.

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENGLISH COMPANY公式(@englishcompany_official)がシェアした投稿

クリエイティブな事業を始めるなら、クラウドファンディングがいいよ。

a great way to do... = ...... するための素晴らしい方法、というフレーズ。a great way to start a day(素晴らしい1日の始め方)、a great way to end the year(良い1年の締めくくり方)のように使います。“Crowdfunding has become a great way to start creative projects.“「クリエイティブな事業を始めるなら、クラウドファンディングがいいよ」

Crowdfunding uses small amounts of money from a large number of individuals.

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENGLISH COMPANY公式(@englishcompany_official)がシェアした投稿

クラウドファンディングでは、多くの支援者から少しずつ集めたお金を使います。

a small amount of money = 少額のお金 を表すフレーズ。では大金は? そう、a large amount of money ですね。“Crowdfunding uses small amounts of money from a large number of individuals.“「クラウドファンディングでは、多くの支援者から少しずつ集めたお金を使います」

There are a number of crowdfunding platforms these days.

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENGLISH COMPANY公式(@englishcompany_official)がシェアした投稿

最近はクラウドファンディングのためのプラットフォームがたくさんあるよ。

a number of = たくさんの、を意味します。“There are a number of crowdfunding platforms these days.“「最近はクラウドファンディングのためのプラットフォームがたくさんあるよ」

This product was funded entirely through crowdfunding.

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENGLISH COMPANY公式(@englishcompany_official)がシェアした投稿

この製品はクラウドファンディングだけで資金調達されたんだって。

fund = 資金を提供する(動詞)、資金(名詞)のこと。A is funded(by)= Aは (...... によって)資金調達された、を意味します。“This product was funded entirely through crowdfunding.“「この製品はクラウドファンディングだけで資金調達されたんだって」

You could try crowdfunding your project.

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENGLISH COMPANY公式(@englishcompany_official)がシェアした投稿

あなたのプロジェクト クラウドファンディングを試してみたら。

You could do... で提案を表すことができます。提案のフレーズといえば、How about ...? Why don't you ...? を思い浮かべる方も多いでしょう。ですが他にも、You could do... 、Have you thought about ...? など、たくさんの種類がありますよ。状況に合わせて使い分けられるようになるといいですね。“You could try crowdfunding your project.“「あなたのプロジェクト クラウドファンディングを試してみたら」

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら