“弱メンタル” を改善する。一流スポーツ選手に学ぶ「メンタルの鍛え方」

どんなにプレゼンテーションが得意な人でも、人前で話すときにまったく緊張しない人はいません。苦手意識があればなおさら、大きなプレゼンテーションなどではひどく緊張し、思考停止に陥ってしまうのではないでしょうか。不安のあまり数日前から寝不足になり、体調を崩すこともあるかもしれません。

しかし、それで本来の実力を発揮できないのは、とてももったいないこと。そうならないためにも、大事な場面でいつもどおりの力を発揮できる一流のスポーツ選手から、メンタルを鍛えるコツを学びとりましょう。

ビジネスにおけるメンタルの重要性

スポーツでは、メンタルが選手のパフォーマンスに大きな影響を与えます。どんなに練習を重ね技術を磨き、体力をつけても、本番で緊張したり怖気づいたりすると、本当の力を出せないまま試合が終わってしまうからです。一度のミスで動揺し、パフォーマンスが悪くなるのもメンタルが大きく影響しています。

それは、ビジネスシーンでも同じ。大勢の人々から向けられる視線、迫りくる期限、重くのしかかる期待、人からの威圧感などで不安や緊張が高まり、平静であればスムーズにできることが、驚くほどできなくなってしまうことがあります。

スポーツ選手が行うメンタルの鍛え方・持ち方

では、世界を舞台に活躍するスポーツ選手は、どのようにメンタルを鍛えているのでしょう。

テニスの錦織圭選手

穏やかな性格の錦織圭選手に対し、コーチのマイケル・チャン氏は「勝てない相手はもういないと思え」と、まるで洗脳するように何十回も言い続けるそうです。そして、トップ選手とゲームを行う際には「お前はショーをしに行くんじゃない、勝ちに行くんだ」とけしかけるそう。そのおかげで錦織選手もそう思い込むことができ、自分を信じられるようになったのだとか。その成果は、マイケル・チャン氏がコーチについたあとの活躍で多くの人が目撃してるはずです。

野球のイチロー選手

スポーツ心理学の専門家で滋賀大学の豊田教授が「競技意欲テスト」でイチロー選手を測定した際、失敗や緊張に対する不安度が非常に低かったのだとか。その結果についてスポーツ心理学者の児玉光雄氏は、イチロー選手は「失敗しても自分、うまくいっても自分という考えである」と判断したそう。また、米国スポーツ心理博士の布施努氏は、イチロー選手のコメントなどから、「『結果は思いどおりにコントロールできないが、そこに至るまでの姿勢は自分でコントロールできる』とイチロー選手は考えている」と推察しています。専門家にも注目されるイチロー選手のメンタルの持ち方は、ぜひとも参考にすべきでしょう。

サッカーの本田圭佑選手

サッカー日本代表の本田圭佑選手は小学生の頃から、起床時間や就寝時間、脈拍数や体重、食事や体調、練習の反省などを記す「本田ノート」を書き続けているのだとか。九州大学の学術協力研究員・河津慶太氏は、本田選手の強い精神力や揺るぎない自信は、そのノートから生まれているといっても過言ではないといいます。この「本田ノート」は、スポーツ心理学の「セルフモニタリング」にあたるとのこと。自分の行動・思考・感情などを観察するので、気づき、モチベーションの維持などに効果的だそうです。

フィギュアスケートの羽生結弦選手

金メダリストの羽生結弦選手も、「セルフモニタリング」にあたる「発明ノート」を書いているといいます。毎日のように、スピード、タイミング、感覚など、練習で気になったことや思いついたこと、試してみて良かったこと、悪かったこと、疑問点などを書き記していくそう。これにより覚えておくべきことが記憶に残り、客観性が生まれ、成功するうえでポジティブな効果をもたらすといいます。

スポーツ選手に学ぶメンタルの鍛え方

では、一流スポーツ選手のメンタルの鍛え方・持ち方を、どうビジネスに応用していけばいいでしょう。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』の著者、木部智之氏が実践してきた方法もあわせて参考にすると、次の通りになります。

1.「自分観察ノート」をつける

本田選手や羽生選手のように、木部氏も「自分ノート」を書くそうです。活字にすることで自分を客観的に分析できるのだとか。たとえば仕事やコミュニケーションでの失敗、それで生じたネガティブな感情、良かったこと、アイデア、反省など、なんでも書いていくといいでしょう。頭の中を整理できて、“気づき” も増え、「不安・恐怖・緊張・焦り」といった自分の感情に対し客観的になれるはずです。

また、日々の感覚・体調を書き記していくこともおすすめします。高血圧症患者500人に対する意識調査では、家庭で血圧測定する習慣があり、家庭血圧測定値をより重視している患者ほど、血圧コントロールが良好だったそう。同じように、日々の状態を書き記すことで、プレゼンテーションなどに対する緊張もコントロールできる可能性があります。

2.「自分スイッチ」をつくる

錦織選手はマイケル・チャンコーチの強い言葉を繰り返し聞いたことでメンタルが鍛えられ、それがそのまま奮起のスイッチとなりました。木部氏も心がくじけそうになったときのために、自分の支えとなる「言葉や音楽」を用意しているそう。その中のひとつは、「イバラの道でも道は道や、歩け!」だそうです。「自信を高める」「緊張をほぐす」「不安をやわらげる」「気が楽になる」トリガーとなる自分スイッチを持ちましょう。

3.「結果」に注力しすぎない

イチロー選手のように、成功も失敗も同等に受け止め、結果よりも、そこに至るまでの自分の姿勢に注力するようになれば、あらゆることに冷静になれます。そこで、まずは自分の恐怖心をあおる「結果」「評価」から、目を背けてみてください。結果を求められるビジネスパーソンですが、過程は自由です。

結果や評価から目を背けると、規範になるのは「自分の達成感」になるはず。たとえば、うまく喋れないかも、成果を出せないかも、という恐怖がつきまとうプレゼンテーションの結果や評価から目を背け、いかに自分が努力できるかに注力するのです。きっと、自分のコントロール下で自信が生まれ、結果もあとからついてくるはずですよ!

*** メンタルは鍛えられるものだといいます。ぜひ、リラックスして本来の力を発揮してくださいね!

(参考) onyourmark MAG|“ゾーン”に入りやすいメンタルをつくりあげる 錦織圭 MUSTER【マスター】スポーツメディア型Q&Aサービス|サッカー日本代表・本田圭祐のメンタルを作ったセルフモニタリング術「本田ノート」 Study hacker|気づきを成長に変えるために。羽生結弦選手を支え続けた『発明ノート』の偉大なチカラ。 高校野球ドットコム|誰も書かなかったイチロー (1-2) 試合で役立つメンタルマネジメント 東洋経済オンライン 経済ニュースの新基準|1日3分でメンタルを強くする方法ベスト3 心のトレーニング法 ミクスOnline|家庭で血圧測定 ほぼ毎日が3人に1人 減塩意識にも効果 高血圧患者500人調査 児玉光雄著(2018),『「勝てる人」になる技術 奇跡をもたらすメンタル・トレーニング法』,ゴマブックス株式会社.

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら