「損だけは絶対したくない!」という気持ちを利用すれば勉強を習慣化できる。その2つの方法

サンクコスト効果の逆利用

人間には、「損失回避」の特性があるそうです。損失回避とは、意思決定を行なう際に “損失を避けようとする傾向が強いこと”。

じつはこの損失回避が、勉強の習慣化にも役立つそうですよ。人間の “損したくない感情” を掘り下げ、勉強の習慣化に役立てる方法を探ります。

人間は “損” が大嫌い

イスラエル出身の心理学者、行動経済学者のダニエル・カーネマン氏と、同じくイスラエル出身の心理学者、エイモス・トベルスキー氏らいわく、「(人々が)利益を得るときの喜びに比べ、損失を被る悲しみは2倍」とのこと。人間は “損をするのが大嫌い” なのです。

カーネマン氏らが、95人の参加者を対象に次の実験を行なったところ、こんな結果が出たのだとか。

A) 80%の確率で4,000円もらえるが、20%の確率で何ももらえない。
B) 確実に3,000円をもらえる。

(引用元:みずほ証券 ファイナンス用語集|損失回避

上記のいずれかを参加者に選んでもらった結果……

⇒ Aは2割の人が選択
Bは8割の人が選択

C) 80%の確率で4,000円を支払わなければならないが、20%の確率で支払わなくてよい。
D) 確実に3,000円を支払う。

(引用元:同上)

上記のいずれかを参加者に選んでもらった結果……

Cは9.2割の人が選択
⇒ Dは0.8割の人が選択

これらの結果からわかるのは、人々が利益を獲得しようとする際は確実なほうを選ぶのに、損失が生じる際にはリスキーな選択をしてまでも、損失を回避しようとすることです。

損失回避を活かした習慣化サービス

資格スクエアの創業者で弁護士の鬼頭政人氏によると、アメリカには前項で説明したような “損をしたくない気持ち” を利用した、目標達成のための習慣化サービスがあるそうです。それは、行動経済学を専門とするイェール大学の研究チームが開発した、「stickK」というサービスです。

stickKではまず本人が目標設定を行ない、監視役を置き、応援者に向け進捗状況をネットに公開するとのこと。なおかつ目標を達成できなければ、そのつど、自分のお金がほかの口座に振り込まれてしまうそうです(たとえば気に入らない団体へ寄付されるよう、あらかじめ設定しておく)。つまり、「罰金制度」を設けた習慣化サービスというわけです。

もしもダイエットを成功させたい人が、定期的な目標として「1か月で1キロ痩せる」と決めたとしても、資格試験に合格したい人が「過去問演習の目標点」を設定したとしても、毎日の運動や勉強が続く可能性は決して高くありません。

しかし、「目標を達成しないと損してしまう」とわかれば、意地でも必要な活動を継続しようとするのではないでしょうか。人間の損失回避の特性は、こういったかたちで利用できるわけです。

「罰金を科されるなら、勉強を継続するしかない」と覚悟を決めたビジネスパーソン

継続力を高める「3要素」とは

前出の鬼頭氏いわく、習慣化サービス「stickK」の3要素が、継続にプラスの効果をもたらすのは間違いないとのこと。したがって、以下の3点は「継続力を高める3要素」と言えます。

  • 監視役を置く
  • 応援してもらう
  • 罰金を科す

ただし、先述のとおり人間は「損をしたくない感情」が強いので、なかでも罰金を科すことが最も強力とのこと。罰金とまではいかなくとも、たとえば勉強を怠ったときなどには、監視役の家族あるいは友人に何かをご馳走しなければならない、といったかたちにするのもいいかもしれません。

さらに、ほかの方法も探るため、次項では “人間が陥りやすいワナ” について少し説明しましょう。

「あ、この方法なら勉強を継続できるかも?」と何か思いついたビジネスパーソン

損を取り返そうとすると、損の上塗りになる?

みずほ証券 ファイナンス用語集内の「損失回避」ページによると、損失回避は「サンクコスト効果」が生じる説明にもなるそうです。

サンクコスト効果とは、「せっかくここまで投資したのだから」と、回収できる見込みのないコスト(すでに投資したお金・時間・労力)に固執し、そのまま事業などを続けてしまうこと。

ビジネスに限らず、「せっかくここまで読んだから」と退屈な本を読み続けてしまうことも、「せっかく高いお金を出して買ったから」と似合わない服を着続けてしまうことも、サンクコスト効果になります。

つまり、もう取り返せないコストに気をとられ、合理的な判断ができなくなり、結果として損の上塗りをしてしまうのです。絶対に損をしたくないから、損を取り返そうとして、損をする――時として私たち人間は、こうした矛盾だらけのワナに陥ってしまうわけです。

もう取り返せないコストに気をとられ、大損しそうなビジネスパーソン

ならば、これを逆手にとり、勉強の習慣化に役立ててしまいましょう。

サンクコスト効果を勉強に逆利用する方法

1. 先に受験料を払ってしまう

文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売するコクヨ株式会社は、資格取得のための勉強経験がある社員25人にアンケートを実施(2022年3月)したそうです。その際に、勉強のモチベーションを維持するための工夫についても質問したそう。すると、こんな回答が挙がったのだとか。

  • マイルールをつくる(いつものルーティンに勉強をくっつける)
  • 勉強した時間を記録する(やったことの見える化)
  • 目標をいつも見えるところに張り出す
  • 先に受験料を払ってしまう

ここで注目すべきは、最後の「先に受験料を払ってしまう」です。試験日を決めて先に受験料を払ってしまえば、自分を “やらなければならない状況” に追い込むことができます。

なおかつ、先に払ってしまったお金を損するわけにはいかないといった感情も、刺激できるのではないでしょうか。勉強の習慣化につながる可能性はグンと高まるはずです。

2. カレンダーを塗りつぶすだけ

「せっかく続けた勉強を、途中でやめてしまうのは “損” だ」と自分に思わせるのもひとつの手です。自分が、自分自身にそう感じさせるため、勉強した事実の見える化を行ないましょう。

先に紹介した、コクヨによる “勉強のモチベーションを維持するための工夫” のアンケート結果のなかにも、「勉強した時間を記録する」といった回答がありましたが、サンクコスト効果を逆利用するためだけなら、自分が労力と時間を投資した事実を「視覚化するだけ」で十分かもしれません。

たとえば卓上カレンダーなどを用意して、(ハードルの高すぎない)勉強ノルマを達成した日は、カレンダーに目立つ印をつけていくのです。

サンクコスト効果の逆利用。カレンダーを塗りつぶした図

これなら「今日は仕事が忙しかったし、これから勉強なんて面倒くさいなぁ」と思っても、「せっかくここまで続けてきたのに、もったいない」という気持ちになるのではないでしょうか。

また、連続して印がつけられたカレンダーを目にするたびに、途中でやめてしまったら、これまで投資してきた時間と労力、(参考書を買ったなどの)お金を回収できない。損するのはまっぴらなので勉強しようと躍起になるはずです。

***
人間の「損したくない感情」を掘り下げ、勉強の習慣化に活かす方法を探りました。勉強を続けられたほかに、「あー、よかった。損しなかった」と嬉しくなるかも……!?

(参考)
コクヨ ステーショナリー|資格の勉強が続かない大人たちへ~気になる勉強法や時間の作り方について聞いてみた~(シリーズ資格の勉強 前編)
PHPオンライン衆知|「集中力の管理もデジタル化」? 三日坊主でも勉強をつづける工夫
Asana|サンクコスト効果に惑わされない判断をするには
みずほ証券 ファイナンス用語集|損失回避
Wikipedia|ダニエル・カーネマン
Wikipedia|エイモス・トベルスキー

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら