「マイナス思考で頭が悪くなる」という衝撃。ネガティブでも結果を出すための勉強法3つ

机にカラダをあずけ、マイナス思考のスパイラルにハマっている女性

なんでもマイナスに考えていると、本当にそうなってしまうかもしれません。朝目覚めたとき、こう考えてはいないでしょうか。

「今日も勉強がはかどらなさそう……」
「今日のテストはきっとダメだな……」

これはいますぐやめましょう。マイナス思考で予測を立てると、気が滅入るだけでなく、脳の働きにも悪影響を与えるのだとか。今回は、ネガティブな人が勉強で結果を出すための3ステップを紹介します。

「マイナス思考」が頭を悪くする?

“認知の歪み” という思考パターンの研究を、精神科医のアーロン・ベック氏から引き継いだデビッド・D・バーンズ氏は、こう述べます――マイナスの気分は歪んだ考え方(認知の歪み)によって生み出される

この “認知の歪み” には10種類あります。少しでもミスがあれば「もうダメ、完璧に失敗だ(「白か黒」「0か100」)」などと考えたり、あるいは前回よりテストの点数が悪ければ「やっぱり」と思い、いい点数をとっても「どうせまぐれだ」と考えてしまったり。やたらにネガティブな可能性や、最悪の結果を予測しがちなパターンもあります。

これが脳の働きには大問題なのだそう。

『The Journals of Gerontology』で 2018年5月15日に公開された研究では、目覚めたときに「今日もストレスが多い日になりそう」などと予測すると、その日1日のワーキングメモリのパフォーマンスが低下するとわかったそうです。

ワーキングメモリとは、ある目的を達成する(目の前のタスクをこなす)ために必要な情報を一時的に保持・処理する脳機能のこと。ワーキングメモリがよく働く人は、頭の回転が速い傾向にあると言われています。つまり、ワーキングメモリのパフォーマンス低下は、頭の回転が悪くなることを意味するわけです。

それなら、常日頃からマイナス思考になってしまうネガティブな人は、いったいどうやって勉強を進めていけばいいのでしょう?

――意外なことに、VIP(要人)の仕事の進め方がいいお手本になるようです。

テキストを頭に乗せ「どうせダメだよ」とネガティブになっている

VIPはマイナス思考を操る?

ビジネス書作家・コラムニストの肩書きをもち、大手広告代理店に勤務している後田良輔氏は、気配りのプロフェッショナルとして数多くのVIPに対応してきたそうです。同氏によれば、成功を収めているVIPらは、マイナス思考の「利点」と「欠点」をうまくコントロールしているのだとか(※参考記事では「ネガティブ思考」と表現)

ネガティブな人は失敗するといつまでもクヨクヨ悩み、起こったことについて深掘りしがちですが、そうした思考には「改善につながる気づき」なども隠れているとのこと。これがマイナス思考の「利点」です。しかし、そこから悪いほうへ悪いほうへと目が向き、そのまま停滞してしまうこともしばしば。これがマイナス思考の「欠点」です。

一方、後田氏が知るVIPらは、「改善の余地はないか?」「このままで大丈夫か?」などと考えたあと、しっかり行動に移していくのだそう。つまり、マイナス思考の「利点」と「欠点」をうまくコントロールするコツとは、

マイナス思考で深く考えたら、気持ちを切り替えて、改善に向け行動する

こと。後田氏が3,000人のVIPを観察してわかったという「ネガティブ思考の切り替え方」を参考にしながら、ネガティブな人が勉強で結果を出すための3ステップを紹介しましょう。

外を見ながらネガティブ思考の切り替えを行っている男性

ネガティブな人が勉強で結果を出すための3ステップ

◎ ステップ1:「わからないこと」を文字にする

後田氏によると、成功しているVIPたちには、問題の事実関係などを書き出して「見える化」する習慣があるのだそう。それにより現状を俯瞰でき、やるべきことを客観的に考えられるからです。しかし、マイナス思考の人はこれができず、視野を狭くしたままクヨクヨと悩み続ける傾向にあるとのこと。そのため後田氏は、まず紙に書き出してみるようすすめています。

ちなみに、週3日アルバイトをしながら東大に合格したという布施川天馬氏は、「わからないところを、わかるようにすること」が勉強の本質だと考え、わからない部分を紙に書き出し「見える化」しているのだとか。

つまり、勉強でわからない部分を文字にすることは、客観性を失いがちなマイナス思考の欠点をうまくカバーしてくれるうえ、勉強法としても有効なのです。

わからないところを書き出している女性

◎ ステップ2:「何をすればよいか?」と自問

後田氏の言葉を参考にすると、たとえば「成績が上がらない、どうしよう」などと悩んでいても状況は改善しませんが、「成績を上げるためには何をすればよいか?」と自問すると前に進めるのだとか。

なぜならば、脳には質問の回答にふさわしい情報をかき集め、自動的に考え始める傾向があるからです。

じつは前出の布施川氏も “わからないところ” を紙に書き出したあと、今度は「何を勉強すれば “わかるようになる” のか」を考え、書き出しているとのこと。何をすべきか明確になれば、マイナス思考の人も気持ちが切り替わり、行動に移せるはずです。

ノートブックパソコンを膝に起き、勉強について自問する男性

◎ ステップ3:「できたこと」を細分化する

マイナス思考の人はなんでも悪い方向に考えやすく、「白か黒」「0か100」で物事を判断しがちなので、「〇〇科目がダメだった、もう全部ダメだ」などと思い込んでしまうことがあります。

だからこそ、成し遂げたことを見逃さず直視するためにも、「できたことの細分化」が必要なのだとか。

たとえば、勉強でしっかりと理解できた一部分、覚えられた単語、これだけはわかるという数式や文法など、細分化して浮き彫りになった「できたこと」を挙げていくわけです。教科書やノートに印をつけていくだけでもいいでしょう。

そうすれば、気持ちを少し前向きな方向に切り替えられるとのこと。勉強意欲も促進され、結果を出すための道のりを見通しよくしてくれるはずです。

***
うまくマイナス思考をコントロールして、勉強の成果に結びつけてくださいね。

(参考)
Wikipedia|認知の歪み
Oxford Academic|The Journals of Gerontology: Series B|Waking Up on the Wrong Side of the Bed: The Effects of Stress Anticipation on Working Memory in Daily Life
坪見博之(2020),「目的志向のワーキングメモリ」, 2020年度日本認知科学会第37回大会.
リクナビNEXTジャーナル|ネガティブ思考はこう断ち切る!成功者に学ぶネガティブ思考の切り替え方とは?
中途採用サポネット|生産性の高い人材育成に効果的!ワーキングメモリを鍛えるといい理由
東洋経済オンライン|「お金かけずに東大生」の勉強法が効率的すぎた

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら