勉強代だけがかさんで効率悪すぎ。社会人だからこそ「やってはいけない」勉強法7選

大人のビジネスパーソン、社会人が勉強するイメージ

キャリアアップを実現するため、勉強に意欲を燃やすビジネスパーソンは少なくないはず。しかし、仕事の成果につながらない、あるいは効率が悪い勉強のために、忙しい日々の時間を割くのはもったいないことです。「ちゃんと稼ぎたい大人が、やってはいけない勉強法」を7つ紹介しましょう。

1. 学ぶ視点について

▼「自分中心」の勉強じゃダメ!

作家・教育コンサルタントの小林正弥氏は、仕事の成果を出して収入を増やしたいなら、自分の知識量を増やすだけの勉強では、あまり意味がないと述べます。

なぜならば、金銭をもたらすのは自分ではなく、顧客や取引先、あるいは上司であるから。自分ではなく顧客らを起点に据え、彼らの視点で学ぶことが重要とのことです。つまり、稼ぎたい社会人の勉強は、顧客らのメリットにつながる必要があるわけです。

たとえば顧客の目が海外に向いているなら、海外市場や経済・語学の勉強を学ぶ。あるいはデジタル化に向いているなら、ITスキルを学ぶといった具合です。小林氏いわく、顧客らの利益を生まないかぎり、本を読んでもセミナーに参加しても、収入は増えず勉強代だけがかさんでしまうとのこと……!

2. セミナー参加において

▼ 講義を聞きっぱなしはダメ!

また小林氏は、講師の話を “ただ聞くことだけ” が目的でセミナーに出向くのは、効率が悪いと述べます。セミナーで講師に質問し、フィードバックを受けてこそ、効率的な勉強になるのだとか。学生と違い、社会人には勉強の質問に答えてくれる先生が近くにいません。講師と関われるせっかくのチャンスを、活かさない手はないのです。

一方的に提供される知識や情報を得たいだけなら、書籍やオンライン講座ですむので、わざわざ移動時間をかけてセミナーに出向くこともないと小林氏。

セミナーに参加するのであれば、ある程度まで勉強が進んだ段階で参加し、講師に(自分では解決できない課題などの)質問を投げかけるといいそうです。質問するからには、それなりに勉強していくことも必要なので、ダブルの効果があるのではないでしょうか。

セミナーで講師に質問するビジネスパーソン

3. 学習スケジュールについて

▼ 1日ごとにノルマを課すのはダメ!

忙しいビジネスパーソンが、毎日一定のまとまった勉強時間を確保するのは難しい。それなのに「今日から毎日〇時間は勉強する」などと1日のノルマを自分に課すと、できなかったときに失敗体験だけが残ってしまう――。

そう語るトライオン株式会社代表取締役の三木雄信氏(ソフトバンク 元社長室長)は、1週間単位で勉強のスケジュールを回し、帳尻を合わせていくのがベストだと述べます。7日間をひとまとまりとし、たとえば「水曜日は勉強できないから、代わりに金曜日の学習時間を増やそう」といった具合で調整するのです。

ちなみに、学習スケジュールの単位は長すぎてもよくないそう。アメリカの心理学者ジョージ・ミラー氏は、人間の短期記憶の限界が7つ前後であることを発見しましたし(「マジカルナンバー7±2」と呼ばれる)、経営学においても、上司ひとりが管理できる部下の数は、7人くらいまでと言われるそうです(スパン・オブ・コントロールの原則)。何かと人間には「7」がちょうどいいのですね。

4. 学習時間の確保について

▼ スキマ時間をあなどるのはダメ!

また三木氏は、スキマ時間も学習スケジュールにきっちり組み込むようすすめています。何かの待ち時間や、アポイントの合間など、ちょっとした空き時間はたくさんあるはず。1回のスキマ時間が15分程度だとしても、それが積み重なれば、1時間くらいの学習時間はすぐ確保できると同氏は言います。

また、たとえ細切れでもスケジュールに組み込めば、「自分は必要な学習時間をこなせる」といった自信につながるとのこと。

逆に、「1〜2時間くらい集中して勉強しなきゃ(意味がない)」と決めつけてしまうと、結局は「仕事が忙しくて勉強する時間がない」などと、くじけることになるそう。スキマ時間をあなどると、大きな損失が生じてしまうのです。

5. 学ぶ目的について

▼ テストのためだけじゃダメ!

作業療法士の菅原洋平氏によると、ある研究で、文字を入れ替えて別の意味の言葉にする “アナグラム” を練習したあと、同じくアナグラムのテストをする実験が行なわれたそうです。

その際、ひとつのグループは「テストと同じ文字列のアナグラムを繰り返し練習」し、もうひとつのグループは「テストと “違う” 文字列でアナグラムを練習」しました――すると、1回目のテストでは同じ文字列で練習したグループのほうが高い成績でしたが、2回目、3回目になると、違う文字列で練習したグループのほうが高い成績になったそう。

この結果の違いは、「テスト勉強をして、直近のテストの点数を稼ぐこと」と、「あらゆる条件で学び、活動能力そのものを高め、いい影響を持続させることの違い、とも言えるのではないでしょうか。学生時代は前者でいいかもしれませんが、社会人には後者が必要です。

そもそも仕事では、テスト問題よりもずっと複雑な事例を、たくさん扱わなければならないと菅原氏は言います。社会人の勉強は、ひとつに集中するのではなく、さまざまな分野を学び、仕事力を底上げしていけるかどうかがポイントというわけです。

仕事力の底上げをするべく、あらゆる分野を学ぶビジネスパーソン

6. 資格の活かし方について

▼ 資格頼みじゃダメ!

グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長の村尾佳子氏は、ビジネスにおける社会人の市場価値とは、「能力」と「実績」の掛け合わせであると説きます。資格は能力の有無を証明するけれど、市場価値を高めるには、その能力を使って結果を出す必要があるとのこと。つまり、資格をとっても実績につながらなければ、ムダになってしまうのです。

だからこそ村尾氏は、スキルアップを目指して資格を取得しようとする前に、自分がどうありたいのか、何をしたいのか、そのために必要なことは何か、よく調べたうえで行動を選択していくのがいいと述べます。

資格さえあればなんとかなる――の発想を手放し、その資格を武器に社会で活躍する自分を、細部まで想像してから勉強に取りかかりましょう。

7. 勉強する分野について

▼ 専門が限定的なのはダメ!

村尾氏は、「この専門性だけで生きていく」といった考えも、非効率な学びのパターンだとしています。ひとつの専門に偏ると、ある特定の分野では能力を発揮できても、ほかの場面では力を弱めてしまうからです。

つまり、限られた専門性がむしろ弱点を生むということ。昨今の状況で言えば、これまでは専門性をアピールできていた分野がAIにとって代わられることだって、十分にありえます。これまでの内容にも通じることですが、社会人は何事も多角的に学んでおくことが大切ですね。

***
大人がやってはいけない勉強法7選を紹介しました。よろしければ参考にしてみてください!

(参考)
新R25|「1つの勉強をじっくり」VS「違う勉強を同時進行」…脳をうまく使った効率的な勉強法は?
Precious.jp|お金と時間をドブに捨てる!仕事のできる人は絶対やらない「NG勉強法」6選
グロービスキャリアノート|結果的に非効率な学びに!良くない自己啓発パターン3つ
東洋経済オンライン|社会人でも「勉強を続けられる人」がしていること

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら