“失敗続きの人” の残念すぎる思考。「運が悪い」と思い込むとホントに運が悪くなる。

運がいい-01
失敗したり、チャンスを見逃したりしている自分の隣に、「やったー! ラッキー! ツイてるなぁ」などと喜んでいる他人がいたら、「あーあ、どうせ自分は運が悪いから」と言いたくなりますよね。

でもあえて、「自分は運がいい」と考え直しましょう。決して損はありませんよ。

今回は、「自分は運が悪い」と考えると失敗続きになり、「自分は運がいい」と考えると本当に「運」が向いてくるお話を、偉人や有識者の言葉、研究結果などを交えて紹介します。

【其の一】「運が悪い」と答えた人は不採用?

「経営の神様」と呼ばれるパナソニック創業者・松下幸之助氏のエピソードの中には、「運」にまつわる話もあります。

同氏は面接を行う際、いつも「あなたは運がいいか?」と尋ねたそう。そこで、「運が悪い」と答えた人は、どんなに学歴や面接結果がよくても採用されなかったのだとか。

松下幸之助氏は、著書『人事万華鏡』の中で――

「知識は試験で測ることができ、人柄・性質・才能もだいたい推し量ることが可能。しかし、『運』が強いかどうかはわからない。非科学的な存在ではあるが、『運』があると好ましい姿で物事が進むと思うので、採用・登用では『運』を加味して考える」

――といったことを述べています。

「自分は運がいい」と考える人は、想定外の失敗やトラブルに巻き込まれても、物事の見方を好転させて考えられたり、判断したりできるので、いい結果がともなうだろうと考えたわけですね。

運がいい-02

【其の二】悪運思考が「運の悪い証拠」を探す?

メンタリストのDaiGo氏は著書『運は操れる』の中で、

「自分は運がいい」と考えている人は「自分は運がいいと思えるもの」を、
「自分は運が悪い」と考えている人は「自分は運が悪いという証拠」を、
過去・現在・未来から探す傾向がある、

と述べています。

「自分は運がいい・悪い」といった考えは、思い込みの部分が強いのでしょう。長年にわたり「運」について研究をしている心理学者のリチャード・ワイズマン博士が、「自分は運がいい」と考えている人と「自分は運が悪い」と考えている人を数百人ほど集め、宝くじの当選番号を予想してもらったところ、両者に差はなかったそうです。

心理学の研究では、「自分は運が悪い」と考える人たちの共通点が、人よりも不安を感じやすいだと示されているのだとか。それが次のような負のサイクルを招いている場合もあるそう。

  1. 不安が注意散漫を起こし
  2. 注意散漫が失敗を呼び
  3. 失敗の多さがネガティブな記憶を強化し
  4. 「自分は運が悪い」と認識する

「運が悪い」と感じるのは、「不安」が引き起こす負のサイクルであり、自分が躍起になって「運が悪い証拠」を探してしまう結果なのですね。

運がいい-03

【其の三】「運が悪い」は心の余裕の差だった

ミドル世代専門転職コンサルタントの黒田真行氏は、次の研究を『NIKKEI STYLE』で紹介しています。

前項にも登場したリチャード・ワイズマン博士は、18歳~84歳までの男女400人を10年間にわたって観察し、テスト等を行なったそうです。結果、「運が悪い人」は「運がいい人」に比べて、

  • 緊張しやすい
  • 心配性
  • 細部に注目しすぎる

といった部分が強く、せっかくのチャンスを見逃してしまう傾向があったのだとか。たとえばワイズマン博士はこんなテストを行なったそう。

  • カフェの入り口に落ちている5ポンド札に気づくかどうか
  • カフェの中にいる有名な実業家に気づくかどうか

すると、「自分は運がいい」と考える人は5ポンド札を見つけ、実業家に気づいて会話を弾ませ、のちに喜々としてその出来事を語ったのに対し――「自分は運が悪い」と考える人は、5ポンド札にも実業家にも気づかず、“何もなかった” とつまらなそうに言っていたそうです。

これこそ、まさに「運」の差……!?

いえいえ違います。事実、同じチャンスは両者の目の前にあったのですから。結果が大きく違ってしまったのは、「気持ちの余裕」があるかないかの差にほかなりません。

運がいい-04

「不安は妄想」だと理解しよう

「自分は運が悪い」と思い込んでいる人が、いきなり「自分は運がいい」と考え始めるのは難しいかもしれません。

また、「自分は運がいい」と考えられる人にならい、「緊張しすぎない、心配しすぎない、大きな視野を持つ 」と心がけることは、不安を感じやすい人にとって、そうたやすいことではありません。

しかし、DaiGo氏も、「運」を操るため、負のサイクルから抜け出すため、不安に強くなることが必要だと述べています。

そこでおススメしたいのが、

「不安」を妄想だと考える

ことです。

米国ミシガン大学の研究チームの実地調査では、「心配事の80%は起こらない」と明らかになったそうですよ。精神科医の樺沢紫苑氏が紹介しています。

「緊張」だって、注射の “チクッ” を一瞬だけ我慢したり、“ヨーイ、ドン” で走り出す “ヨーイ” の部分のような、一過性のものなのです。

中卒→大検→東大→永田町シンクタンク勤務→インドで得度といった異例の経歴を持ち、独立出家僧として講演会や研修などを行う草薙龍瞬氏は、

  • この先いったいどうなるんだ?
  • 評価が低くなるのではないか?
  • 失敗するのではないか?

といった不安を抱えた際、

「わたしは妄想している。これは妄想状態である」

とはっきり理解するよう説いています。

半世紀以上生きている筆者にも、「きっと無理だ」と不安になって何ヵ月も悩んでいたことを、思いきってトライしてみたところ、緊張感はほんの一瞬で、難なく物事がいい方向へ進んだ経験が、何度も何度もありました。

そのとき、悩んでいた数ヵ月間を悔やむ気持ちより、「良かった! ツイてた!」という気持ちが勝ったのも事実です。

***
「自分は運がいい」と思えばラッキーになるのは本当のことでした。

不安になったり、過度に緊張したり、視野が狭くなったりしたときは、負のサイクルを招いてしまう前に、 「これは妄想なのだ」 と自分の状態を理解してください。そうして「妄想=不安」から抜け出す術を身につけ、ぜひともラッキーな人になってくださいね。

(参考)
NIKKEI STYLE|「自分は運が悪い」と考える人が転職に失敗する理由  
PHPオンライン 衆知|松下幸之助はなぜ、運が強い人を採用したのか  
東洋経済オンライン|心が強い人は「不安は妄想」だと知っている  
ダイヤモンド・オンライン|心配事・不安の96%は実際には起こらない。考えないのが一番 | 人生うまくいく人の感情リセット術 樺沢紫苑  
メンタリストDaiGo著(2018),『運は操れる』,マキノ出版. 

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら