勉強の振り返りに役立つフレームワーク「YWT」を、1週間毎日使い続けてみてわかった効果。

「YWT」で1週間勉強内容を振り返り続けてみた01

「1か月も前から試験勉強をしていたのに、点数が思ったより低かった」
「もう十分勉強しているのに、これ以上勉強法をどう改善したらいいかわからない……」

このように悩んでしまうのは、勉強した「つもり」になっているだけだからかもしれません。今回は、勉強した「つもり」の状態に陥ることを防ぐのに有効なYWT」と呼ばれる振り返り法について、詳しくご紹介します。成績の伸び悩みや、勉強の行き詰まりを解消するために、ぜひ活用してください。

勉強した「つもり」になる人が気づけていないこと

教育デザインラボ代表理事で教育評論家の石田勝紀氏は、勉強した「つもり」になっている人がやりがちな、成果につながらない勉強法の一例として、以下を挙げています。

  1. 「複数冊の問題集」に挑む
    →本当は、1冊の問題集を繰り返すほうが、必要な情報を記憶しやすい。何冊もの問題集に手を出しても、記憶の定着率はなかなか上がらない。

  2. 新出用語を「最初に暗記」する
    →脳は新しいことを覚えるのが苦手。本来なら新出用語の暗記は、その用語にある程度慣れた、勉強の最終段階で行なうほうがいい。

  3. 勉強イコール「即、暗記」
    →本来必要な、覚えるための下準備(「参考書を読み込んでから、ノートにまとめる」など)を省略して即暗記しようとしても、覚えられない。

石田氏は、“子どもがやりがちな間違った勉強法” として上記を挙げていますが、どれも大人でもやりかねないもの。

「資格試験に絶対合格したいから、いろいろな問題集を解いて力をつけよう」
「少しでも早く勉強を終わらせるために、新出用語があったらすぐ覚えよう」

など、身に覚えのある人もいるのではないでしょうか。

こうした間違ったやり方で勉強していること自体問題ですが、自分がそういう勉強をしてしまっていることに “気づけていない” のはもっと問題だと言えるでしょう。自分の勉強法を改善するきっかけすらつかめないまま、「うまくいかないなぁ……」と無駄に嘆くだけになってしまうからです。

間違った勉強法で取り組んでいることにそもそも気づけなければ、いくら時間をかけたとしても勉強した「つもり」になるだけで、成績は伸びていかないということなのです。

「YWT」で1週間勉強内容を振り返り続けてみた02

 

勉強した「つもり」をなくすには「YWT」が効く!

前述のことをふまえると、「自分はいま成果につながらない勉強をしているな」と気づければ、勉強した「つもり」・覚えた「つもり」の状態に陥ることを防げる――と言えます。

そこで有効なのが、「YWT」と呼ばれる振り返りメソッド。日本能率協会コンサルティング(JMAC)により1990年代に考案されたものです。振り返りやリフレクション(内省)をする際の、考え方・実践手法として編み出されました。

具体的には、

  • Y(やったこと)
  • W(わかったこと)
  • T(次にやること)

の3つを書きます。「〇〇したら/しなかったら→効果が出た/出なかった→だから次はこうしよう」というように、実践と気づきを通して次の行動を考える、非常にシンプルな思考法です。

YWTを書く際は、紙を3分割し、それぞれのスペースに頭文字を書いておきます。あとは、それぞれに当てはまる内容を入れるだけ。

例として、試験前の勉強方法について、YWTで振り返ってみましょう。

  • Y(やったこと):試験前にどんな勉強をしたか
  • W(わかったこと):その勉強がテストの結果へどう反映されたか
  • T(次にやること):YとWをもとに、次回のテスト勉強では何をするか・何を改善するか

これらを順に書き込むと完成です。

「YWT」で1週間勉強内容を振り返り続けてみた03

このように、Y→W→Tの流れで勉強を振り返れば、反省点を見つけると同時に改善策まで練ることができるのです。

「YWT」で1週間勉強内容を振り返り続けてみた04

「YWT」で1週間勉強内容を振り返ってみた

筆者も実際にYWTを使いながら、1週間勉強に取り組んでみました。

今回取り組んだのは、韓国語・朝鮮語の勉強。筆者は大学で比較文学を研究しているのですが、その比較対象となる言語の勉強も同時に行なっています。ちょうどよい機会だと考えて実践しました。

まず、紙を3分割し、各エリアの一番上に「Y(やったこと)」「W(わかったこと)」「T(次にやること)」と記入。あとで振り返るのに役立つように、筆者はYの欄の左端に日付を書きました。

分けた3つのスペースそれぞれに書いた内容は、次のような感じです。

  • Y(やったこと):その日に取り組んだ単元や、学習した表現
  • W(わかったこと):チェックシートで隠しながら行なった確認テストの結果と、そこで間違えてしまった表現
  • T(次にやること):間違えた問題に次こそ正解するためにすべきこと、次に勉強すべきこと

じつは筆者はこれまで、「1日に10ページ程度勉強する」と漠然と決め、その日の気分で勉強範囲を広げたり、勉強自体を取りやめたりしていました。今回は、気分によらず振り返りをきちんと行なうために、10ページ進めたらその日の勉強は絶対に終えると決めて、徹底しました

そうして続けた実践の様子の一部が、以下のとおりです。

「YWT」で1週間勉強内容を振り返り続けてみた05

実感した効果、実践のポイント

実際にYWTを用いて、その日の勉強について振り返ると、勉強時の改善点を自然と考えやすくなりました

たとえば、ある日のYWTがこちら。

  • Y(やったこと):否定形の表現を勉強。動詞のあとにスペースを空ける必要があると学んだ。
  • W(わかったこと):確認テストではスペースを空けるのを忘れてしまっていた。否定表現がまだ覚えきれていない……
  • T(次にやること):ほかの否定表現も一緒に勉強しよう。

このように、否定表現を体系的に学ぶ機会をつくり改善したことで、以降はミスしないよう注意できたのです。改善すべき点を放置せずにすぐ気づくことができたので、意味のある勉強につながったと感じました。

これまでの筆者であれば、「間違えちゃったな、勉強したつもりだったのに」で終わっていたかもしれません。今回「〇〇したら→効果が出なかった→だから次はこうしよう」という振り返りの流れを踏んだことは、「勉強したつもり」を脱却して、自分の勉強をアップデートしていくのに、たしかに効果的だと思いました。

また、「1日10ページ」と決めて淡々と続けたことで、その日の気分に左右されず、勉強を続けることができました。1日も振り返りを欠かさず、勉強法を改善し続けて取り組めたことは、大きな自信になったと感じています。勉強後にYWTの表を完成させることは達成感にもつながるので、勉強を習慣化させたい人にもおすすめです。

なお、先述の石田氏が紹介していた「成果につながらない勉強法の代表例」と自分の勉強法を、つど照らし合わせるようにすれば、より自分の勉強法の改善点に気づきやすくなることでしょう。

***
勉強したはずなのに覚えられない・点数が伸びない理由を明確にしてくれる、振り返りのフレームワーク「YWT」。みなさんに必ず解決策を与えてくれます。ぜひ今回お伝えしたやり方を参考に、自分なりのYWTをつくり振り返ってみてください。

(参考)
東洋経済オンライン|「1日10時間勉強してもダメな子」の本質的理由|ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
幻冬舎 GOLD ONLINE|医学部受験「現役で全落ち」から「一年でトップクラス校合格」は果たして可能か
株式会社日本能率協会コンサルティング|YWT(やったこと・わかったこと・次にやること)

【ライタープロフィール】
YG
大学では日韓比較文学を専攻し、自身の研究分野に関する論文収集に没頭している。言語学にも関心があり、文法を中心に日々勉強中。これまでに実践報告型の記事を多数執筆。効果的で再現性の高い勉強法や読書術を伝えるべく、自らノート術や多読の実践を深めている。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら