計画的に勉強できない人がしがちな「3つのNG」。“計画性がない” のは性格の問題ではなかった!

計画的に勉強できない人が見落としている3つのこと01

「資格試験に向けて勉強を始めても、いつも計画倒れになってしまう」
「最初に計画を立ててはみるが、つい先延ばしをしてしまって、そのとおりに行動できない」

このような悩みに直面し、“どうせ自分はだらしのない、計画性のない人間だから” と諦めていませんか? じつは、計画的に勉強できないのは、必ずしも性格のせいではないのです。

今回の記事では、計画的に勉強できない人がやりがちな「3個のNG」を指摘しながら、改善策もお伝えします。

NG1. 計画に盛り込むタスクが「大きくて曖昧」である

「一応、勉強の計画は立てている。でも、自分には “先延ばし癖” があるから、なかなか計画のとおりにいかない……」

そんな人が計画的に勉強を進めていけないのには、理由があります。

習慣化コンサルタントの古川武士氏によれば、先延ばしが生まれるのは「やるべきタスクが大きくて曖昧だ」と感じるせいなのだそう。

「今日は英語をやろう」といった計画はその一例。漠然としすぎていて、どこから手をつければいいのか、どれくらいの時間をかけて取り組めばいいのかがわかりません。そのため、「勉強するのが面倒くさいな」と、先延ばしの感情を生み出してしまうと言うのです。

この問題に対する改善策はシンプルで、タスクを「小さくて明白」なものにすればいいと、古川氏。大きなタスクを、小さなタスクへと分解していくのです。上の例で言うと……

英語の勉強をする
→リスニングの勉強をする
→リスニングの問題集を4ページ解く

こうして分解していけば、「これくらいなら15分あればできそうだな」といった目安が立ちますし、着手する心理的ハードルが下がります。大きくて曖昧なタスクに比べ、格段に行動に移りやすくなりますよね。

なお、日本ブレインアップジム代表の椋木修三氏によれば、数値を入れることもポイントだそう。

「1か月以内に基本的な英文法を習得する」「朝の15分で問題集2ページ解く」など、数字を入れることでタスクがより具体的になります。大きなタスクを分解するときに、試してみてください。

計画的に勉強できない人が見落としている3つのこと02

 

NG2.「年間計画」を立てていない

「勉強の計画は、その日にやることだけ決めればいい」と考えていませんか? そんな行き当たりばったりの計画では、あとで困ることになりかねません。全体像を見ないのは、計画性に欠けてしまう原因なのです。

前出の椋木氏は、計画のなかでも特に 「年間計画を綿密に立てる」ことが重要だと説きます。その理由は、月間・週間の計画を適切に立てるのに必要なため。逆に、年間計画が曖昧で、月間・週間の計画も “なんとなく” でしか立てないと、途中で挫折しやすいのだそう。

たとえば、1年後に簿記2級の試験を受けるとしましょう。

単に「1年後の試験に向けて、全範囲勉強する」という計画では、あまりに曖昧で、どれくらいのペースで進めれば全範囲終えられるのかわかりませんよね。このままでは、途中で勉強の意欲を失ったり、試験前に慌てて内容を詰め込んだり……といったことを招いてしまいます。

そうではなく、1年という大きな単位で眺めたうえで、中期(月間)・短期(週間)の目標を明確化すれば、最終地点までの道のりが描け、着実に勉強を進められます。一例がこちらです。

  • 1年の計画→商業簿記と工業簿記のテキストを10か月でマスターする。残りの2か月は過去問を解く。
  • 1か月の計画→テキスト100ページを5か月で3周する。1か月60ページ進める。
  • 1週間の計画→1週間につき、15ページ進める。

このように「年間→月間→週間」と段階的に計画を立てれば、「いつまでに何をどのくらいやるか」が一目瞭然になります。これはすなわち、前述の「数値をともなう小さくて明白なタスク」を決めることにも通じてくるはず。

また、進めるうちに「1週間で15ページは余裕だから、少し増やしてもよさそう」「テキストをもう1周しようかな」と計画の修正点に気づき、調整を図ることも可能。

計画的に勉強できないことを性格のせいにして嘆くより、学習内容の全体像を俯瞰し、年間計画を立てることを始めてはいかがでしょうか。

計画的に勉強できない人が見落としている3つのこと03

NG3.「初期計画の見直し」をしていない

「資格をとろう! と決めた日に、勉強の計画を立てた。でも結局、計画どおりに進められずじまい。自分はなんてダメなんだ……」

こうなってしまうのも、じつは “間違った計画” のせい。

税理士・資格講師である石川和男氏によれば、「計画を立てているとき」が一番気分が高揚しているのだそう。もちろん、その高いモチベーションを維持できれば、順調に勉強計画を達成できます。

しかし実際のところ、モチベーションは次第に下がっていくもの。このことを頭に入れずに計画を立てると、「やる気はあるからできるはず!」と思い込んであれこれ詰め込みがちに。その結果、計画を達成できず消化不良のままとなり、「計画通りにいかなかった」という罪悪感だけが残ってしまうと言うのです。

また、アドラー心理学カウンセリング指導者の岩井俊憲氏によれば、「目標が高すぎる」場合に、やる気はくじけるのだそう。実現が難しい勉強計画を立てた場合、初めの頃は「達成できる!」と信じていても、仕事が繁忙期になったり、体調を崩したりしてしまえば、次第に計画へのハードルの高さを感じるようになるもの。その結果、挫折してしまうのです。

上記のような挫折を防ぐには、勉強の初期計画を見直すことが必要です。石川氏が提案するのは、計画を立てたら「20%カット」すること。石川氏の経験則に照らすと、最初の計画から20%削除すれば、“どうにか達成できる” くらいのちょうどいい計画になるそうです。

たとえば、以下のとおり。

  • 1か月で問題集を100問解く → 80問に減らす
  • 1日に単語を50個覚える → 40個に減らす

「それでも達成できなかったら?」と思う人もいるでしょう。石川氏は、「何度でも計画を修正すればいい」と述べます。

“初めの計画どおりに進めなくてはいけない”——この考えに縛られず、達成できなければ何度も修正を繰り返し、自分がこなせる量で計画を立て直すこと。これが、計画的に勉強を進めていく秘訣なのですね。

***
“計画的に勉強できない” のは、あなたの性格に問題があるからではありません。ちょっとしたコツを知らなかっただけ。

今回の記事を参考に、自分の思うとおりに勉強を進めていってくださいね。

(参考)
STUDY HACKER|「先延ばし癖」どうすれば解消できるのか? “すぐやる” ための『3つの習慣』
DIAMOND online|合否の9割は「勉強計画」で決まると断言できる理由
リクナビNEXTジャーナル|資格を取る!と決めたら、こう計画せよー「資格の大原」講師が熱弁
PRESIDENT online|アドラー心理学で解明「やる気」の出し方

【ライタープロフィール】
青野透子
大学では経営学を専攻。科学的に効果のあるメンタル管理方法への理解が深く、マインドセット・対人関係についての執筆が得意。科学(脳科学・心理学)に基づいた勉強法への関心も強く、執筆を通して得たノウハウをもとに、勉強の習慣化に成功している。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら