blowing redheaded teen

多くの人がSNSに登録している現在、みなさんはfacebook、TwitterなどのSNSを毎日どれほど利用していますか? 登録しているだけで全然利用していない人から、1日に3,4回、あるいはもっと高頻度に開いている人まで、様々でしょう。
全然利用していないという人はそのままで良いですが、普段の勉強や仕事にも影響が出るほど中毒になっている人も多いのでは? その結果、SNSでの人間関係にストレスを感じたり、勉強中も気になって気になって仕方がない。このような方にお送りする、SNS断ちのすすめです。

まず、SNSとは

そもそもSNSとはSocial Networking Surviceの略で、インターネット上の交流を通して人と人とのつながりをサポートするコミュニティー型のwebサイトです。例としてTwitterやfacebook、mixi、LINEやInstagramなどがあります。

離れたところにいる友人や家族、場合によっては好きな芸能人など、様々な人とつながったりコミュニケーションをとれるという魅力があります。最近はこれらのうちひとつだけでなく、複数に登録してアカウントを使いこなしているという人も多いのではないでしょうか。

苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

幸せにすごしたいならfacebookをやめるべき?

遠くにいる人とも気軽に繋がり、コミュニケーションをとることができるのは確かに便利です。しかし、「SNS依存」になってしまう危険もはらんでいます。勉強や仕事を始めたときにちょうどLINEが来てしまい、そのままずるずるスマホを見続けていませんか?
ちょっと休憩に開くだけというつもりが、長い間Twitterやfacebookをチェックしてしまったり。そんなひとは、少しSNSとの付き合い方を見直していきたいですね。

また、「幸せな人生を望むならfacebookをやめるべき」という研究もあります。デンマークの幸福研究協会がおこなった研究によると、facebookを使わずに一週間を過ごした人は、そうでない人よりも毎日の生活に幸せを感じる傾向がみられたそうです。
SNS依存症になると、常に誰かに監視されていると感じたり、自分と他人を比較したり、ついつい見栄を張った投稿をしてしまったり、と嫉妬や自尊心への脅威といったマイナスの感情を持ってしまいがちになるのです。

woman closing/opening her laptop

SNS断ちしよう

そこでおすすめするのが、一定期間SNSをやめる「SNS断ち」です。SNSを断つことで確実に得られるもの、それは「時間」です。捻出できた時間に新たに生産性のあることをはじめたり、溜まったタスクをすいすい進めることもできます。
2日ほどはSNSが見たくて仕方が無い、という禁断症状におそわれるようですが、しばらくするとすっかり忘れてしまうということです。また、実際に会って行うコミュニケーションを優先するため、逆に人間関係も円滑になる、というデータもあります。

***
いかがでしょうか。もちろんSNSには悪い側面ばかりでは無く、遠くにいる人と連絡が取り合えたり災害時にも活躍したことは記憶に新しいでしょう。ただ、ダラダラと見すぎて無駄な時間を過ごしすぎていたり、半分バーチャルなSNS内の人間関係にストレスを感じるようになったら要注意です。
筆者も朝のSNSチェックを減らしたところ、こんなに時間があったのかと驚きました。自分の中でうまく距離をとって付き合っていきたいですね。

(参考)
AFP|幸せな人生望むならフェイスブックやめるべき、デンマーク調査
wikipedia|ソーシャル・ネットワーキング・サービス
東洋経済オンライン|「ネット依存」で失った4つのもの()


京都大学理学部所属。三重県立伊勢高等学校卒業。現在大学では、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への学習指導も行っている。