認知機能(知的機能)を高めるということは、学習や仕事のみならず、運動能力を高めることにもつながります。知力をつけ、スポーツでも力を発揮したい方は、神経細胞を増やし認知機能も高めてくれる、ある2つの成分に注目してみてはいかがでしょう。

「フラバノール」と「レスベラトロール」

世界のさまざまな研究チームが、「フラバノール」と「レスベラトロール」という成分に注目しています。実はこれらが、認知機能を高め、運動能力までも高めてくれる成分なのです。

認知機能を高め、記憶力の低下を防ぐ「フラバノール」

伊ラクイア大学の研究チームは、フラバノールを摂取した被験者のワーキングメモリ(作業記憶)が増幅し、視覚情報の処理が改善したことを確認。「(フラバノールを多く含む)チョコレートやココアは、人間の認知機能の低下を防ぎ保護する栄養補助食品になりうる」という見解を、学術雑誌『Frontiers in Nutrition』に発表(2017年5月16日)しています。研究チームは、フラバノールが脳の海馬の中にある「歯状回」への血流量を増加させる作用に注目しているとのこと。海馬は、学習や記憶に重要な役割を持つ領域です。

2016年5月1日号の『Appetite』に掲載された、Georgina E Crichton博士(南オーストラリア大学)らの論文でも、「(フラバノールを豊富に含む)チョコレートを頻繁に食べている人ほど、認知機能が高い傾向にある」と明らかにしています。フラバノール摂取後は、90分~2時間ほどで認知機能が上昇するのだとか。

また、それ以前にも、米コロンビア大学メディカルセンターなどの研究チームは、2014年10月26日英科学誌『Nature Neuroscience』に掲載した研究論文で、フラバノールを摂取したグループが、記憶力を大幅に改善したと発表しています。その際にも、「歯状回」への血流量増加が見られたそう。

脳の神経細胞を活性化する「レスベラトロール」

そして、もうひとつは果物のベリー類やワインなどに含まれるレスベラトロールです。キングス・カレッジ・ロンドンの神経科学者、サンドリン・チュレ氏によれば、レスベラトロールは新しく生まれた神経細胞の生存期間を長くするのだそう。また、レスベラトロールを摂取すると前頭葉への血流量が増えるため、脳機能の改善にも役立つと報告されています。

ちなみに、長いあいだ受け継がれてきた「大人の脳には新たな神経細胞は生まれない」という独断的な説は、1998年、米サンディエゴにあるソーク研究所のフレッド・ゲージ教授らにより、「成人の脳でも神経細胞が新しく成長する」と発見され覆されました。実はその発見場所も「歯状回」なのです。

つまり、レスベラトロールを摂取することにより、新しく生まれた神経細胞の寿命を延ばし、なおかつフラバノールを摂取することにより、脳の歯状回への血流量を増やし、認知機能を高めることができるわけです。なおさら、レスベラトロールは、思考、意思、創造力をつかさどる前頭葉への血流量も増やしてくれます。

そして、これらには、運動能力の向上も期待できるんですよ。

chitekikinou-undounouryoku-02

脳機能を高めて運動能力もアップ

運動のパフォーマンスを向上させるには、身体能力だけではなく、空間認識能力や状況判断能力など「脳の認知機能」も必要だと考えた立命館大学の大学院生がフラバノールに着目。同大学の教授のアドバイスを受けながら、フラバノールを豊富に含む無糖のココアドリンクを摂取し、60分後に運動、30分毎に認知機能のテスト等を行うという実験をしました(2016年)。

その結果、運動自体も認知機能を高めるといわれてますが、フラバノールを摂取することで、運動のみを行うよりも認知機能が高まったそうです。しかも、90分後からといわれていたフラバノール効果の出現が、30分後すでに出始めたのだとか。ちなみに、この実験での認知機能テストは、特にスポーツで重要な状況判断能力が中心でした。

もちろん、この実験は「スポーツに関わる認知機能が高まれば、運動能力もアップする」という考えにもとづいて行われたもの。農学博士の大澤俊彦教授が監修した『抗肥満食品・素材の開発と応用展開―メタボリックシンドロームにおけるバイオマーカーの確立と応用(2007年)』でも「チョコレート摂取による運動能力の向上が報告されている」とはあるものの、フラバノールとの直接的な関係は記されていません。

しかし、これらは「フラバノールを含む食品の摂取で運動能力が高まる」と期待できる要素であるのも確かです。

それに、芝浦工業大学システム理工学部教授の福井浩二氏による論文『レスベラトロールの非抗酸化作用について(2016)』には、「レスベラトロールを投与したマウスは、寿命延長効果や運動機能の改善効果を示した」と記されています。

運動には認知機能が関係するという前提もあるのですから、脳機能を高める2つの成分は、運動能力の向上にも役立つと考えられるでしょう。

10年以上のブランクから56日でTOEIC920点! パーソナルトレーナーと走り抜けた英語学習の "最短距離"
人気記事

「フラバノール」と「レスベラトロール」が含まれる食品

ではここで、「フラバノール」と「レスベラトロール」が含まれる食品をご紹介します。

<フラバノール>
・チョコレート
・ココア
・ブラックベリー
・赤ワイン
・緑茶

<レスベラトロール>
・ブドウ、ブルーベリー、クランベリーなどベリー系
・赤、ロゼ、白ワイン(一番多いのは赤ワイン)
・ピーナッツの皮
・ココア

【注意点】
※ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは、フラバノール含有量が低いか含まれていない。
※甘いチョコレートは糖分が多いため、食べ過ぎには注意。
※高濃度カカオを100g以上食べると、カフェインの安全な量を超える可能性あり。
※上記をふまえ板チョコレートであれば、1日半分以下の摂取を目安に。

***
フラバノールとレスベラトロールはどちらも抗酸化物質ポリフェノールの一種。ほかの抗酸化物質にも、まだまだ隠れたパワーがあるかもしれませんね!

(参考)
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト|「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」との研究結果
NIKKEI STYLE|チョコレートをよく食べる人ほど、認知機能が高い傾向
国際ニュース:AFPBB News|ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究
Study Hacker|新たな神経細胞を育てよ。賢い大人でありつづけるための『神経新生』活性化のコツ
NHK健康ch|記憶力アップのカギ!?海馬で起きている大事件・神経細胞の生まれ変わり
Wikipedia|レスベラトロール
TANQ 立命館大学理系スペシャルサイト|運動能力がアップする、効果的なドリンクは?
日経Gooday|どれだけ知ってる?チョコレートのウソ・ホント
福井浩二(2016),『レスベラトロールの非抗酸化作用について』,芝浦工業大学システム理工学部生命科学科分子細胞生物学研究室,Vol.90 5-6 pp.286-289
大澤俊彦監修(2007),『抗肥満食品・素材の開発と応用展開―メタボリックシンドロームにおけるバイオマーカーの確立と応用』,シーエムシー出版.